30秒ごとに更新されます |

サバイバルレースになることの多いシンガポールですが、今年のリタイアは1台のみ。

ポール・トゥ・ウインを決めたハミルトンはチャンピオンシップのリードを40点に広げて残り6レースに挑みます。

シンガポールの激闘を終えたF1サーカスが再び顔をそろえるのは2週間後。ソチ・オートドロームが舞台のシーズン第16戦ロシアGPは28日(金)に開幕し、初回フリー走行は日本時間17時にスタートする予定です。それではまたロシアGPでお会いしましょう!

61周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました!

ライコネンはどこで仕掛けていくのか・・・。後ろのリカルドの動きにも注意しなければなりません。

その前に、ハミルトンが最終コーナーに差し掛かっています。

ハミルトンがトップでチェッカーフラッグを受けました!

8.9秒遅れてフェルスタッペンが2位でゴール。

ベッテルは最終的にハミルトンに40秒近く差をつけられましたが、何とか3位表彰台をゲットしました。

4番手争いはボッタスがポジションを守りきり、4位ボッタス、5位ライコネン、6位リカルドで決着。

7位にアロンソが入り、サインツ、ルクレール、ヒュルケンベルグが入賞を果たしてポイントを獲得しています。

11位以下、完走はエリクソン、バンドールン、グロージャン、ガスリー、ストロール、ペレス、ハートレー、マグヌッセン、シロトキンでした。

60周目

ボッタスとライコネン、リカルドを含む4番手争いはまだ決着せず・・・。

59周目

ペースが上がらないベッテルはフェルスタッペンに27秒差をつけられているものの、ライコネンのプレッシャーを受けるボッタスとのギャップは開いており、単独走行が続いています。

58周目

ヒュルケンベルグに周回遅れにされたシロトキンがボッタスの前に立ちはだかります。

ウィリアムズマシンはあっさりとかわしたボッタス。ライコネンも続き、ボッタスとの差は変わりません。

57周目

ライコネンはボッタスとの差をコンマ数秒に維持してチャンスを待ちます。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • 接近戦を繰り広げるピエール・ガスリーとシャルル・ルクレール(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) 徐々にスピードに乗るマーカス・エリクソン(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) 懸命にパフォーマンスを引き出すストフェル・バンドールン(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) 必死にペースを見いだすキミ・ライコネン(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日)
  • ペースを上げて前を追うランス・ストロール(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) コーナーを立ち上がるセルジオ・ペレス(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) マシンの力を引き出そうと努めるニコ・ヒュルケンベルグ(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) コーナーを駆け抜けるカルロス・サインツ(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日)
  • 順位を上げようと必死にプッシュするロマン・グロージャン(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) 隊列を先導するセーフティカー(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) スピードに乗るランス・ストロール(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日) ルイス・ハミルトンの優勝を祝福するメルセデス(シンガポールGP/シンガポール、2018年9月16日)