30秒ごとに更新されます |

2018年シーズン前半戦にあたる12戦を終えたF1サーカスはここから約1カ月の休暇を楽しみます。週明けには2日間のハンガリーテストが予定されているものの、次にグランプリが開催されるのは8月末。チャンピオンシップの争いが激化する後半戦は8月24日(金)に開幕するシーズン第13戦ベルギーGPで幕開けです。スパ・フランコルシャン・サーキットで実施される初回セッションの金曜フリー走行1回目は日本時間18時にスタートすることになっています。それでは次回ベルギーGPでお会いしましょう!

豪雨や地震、台風などの被害にあわれた地域の一刻も早い復旧復興をお祈りしております。また、全国各地とも暑い日が続いております。皆さま、どうぞご安全に、楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。

70周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました!

再びボッタスに近づくリカルド・・・。ボッタスはリカルドにポジションを"返す"のか・・・。

リカルドがオーバーテイクする形で前に出ました。

すでにラップ終盤に入ったハミルトンがまもなく最終コーナーを立ち上がってきます。

そして今、トップチェッカー! ハミルトンがポール・トゥ・ウインを達成しました!

ベッテルが2位、ライコネンが3位でゴールし、天に召された元会長のセルジオ・マルキオンネに捧げるダブル表彰台を達成。

4位リカルド、ボッタスは5位でフィニッシュを果たし、ガスリー、マグヌッセン、アロンソ、サインツ、グロージャンが10位に入ってポイント獲得。

トロ・ロッソのハートレーは11位で惜しくも入賞を逃しました。

12位以下、ヒュルケンベルグ、オコン、ペレス、エリクソン、シロトキン、ストロールが17位で完走。

69周目

リカルドもマシンに損傷がありますが、そのままレースを続けています。

ベッテルとボッタスの一件はスチュワードに申告されており、ボッタスとリカルドの一件はレース後に審議されることが決まっています。

68周目

ハミルトンを先頭に、ベッテルが2番手、ライコネンが3番手を走り、4番手に後退したボッタスはリカルドから攻撃を受けています・・・。

必死にポジションを守ろうとしたボッタスですが、ホームストレートでリカルドに並ばれてしまい、ターン1では先行を許・・・接触!

アウト側からリカルドがターンインしたところ、ブレーキングをミスしたのか、ダメージの影響か、ボッタスのターンインが遅れてしまい、2台が接触しました。

67周目

メルセデスは緊急ピットインの準備を進めていましたが、ボッタスは入りません。

後方からリカルドが接近中・・・!

66周目

ターン1でボッタスのリアをとらえたベッテルはターン2にかけてボッタスの前に出ようとするも、ターンインでボッタスのマシンをこすってしまったようです。

ベッテルのマシンに影響はない様子。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ステアリングを切るケビン・マグヌッセン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) 必死にペースを見いだすニコ・ヒュルケンベルグ(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) スピードに乗るキミ・ライコネン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) カメラに向かってポーズを取るセバスチャン・ベッテル(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日)
  • ルイス・ハミルトンの優勝を祝福するメルセデス(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) キミ・ライコネンの息子のロビン君(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) ハンガリーGPで優勝したルイス・ハミルトン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) 必死にペースアップを図るロマン・グロージャン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日)
  • シケインを立ち上がるエステバン・オコン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) 順位を上げようと必死にプッシュするマーカス・エリクソン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) ドライビングに集中するセルゲイ・シロトキン(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日) コーナーにアプローチするセバスチャン・ベッテル(ハンガリーGP/ハンガロリンク、2018年7月29日)