ハンガリーGP 2018

/ Commentary

予選

2018年F1世界選手権第12戦ハンガリーGP予選のセッションはこの後、日本時間22時に開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第12戦ハンガリーGP予選の模様をお届けいたします。土曜フリー走行ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分16秒170をたたき出し、ハンガロリンクのコースレコードを更新するペースを発揮。

メルセデスのバルテリ・ボッタスが2番手に甘んじましたが、ベッテルとのギャップはわずかに0.059秒しかありません。3番手にはベッテルの相棒キミ・ライコネンがつけています。

ルイス・ハミルトンが4番手にとどまったメルセデスはラップ全体をまとめるのに苦労しているようで、最後のフリー走行では両ドライバーがスピンを喫する珍しい場面がありました。

初日は好調をキープしていたレッドブルですが、土曜日になってペースが落ちてしまったのか、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンともに1分16秒台に乗せているものの、トップからは0.6秒以上離されています。

先ほど降雨のあったハンガロリンク、現在は雨が上がって曇り空。ただし、いつ降り始めてもおかしくない状況です。気温25.8度、土曜フリー走行では53度に達した路面温度は一気に下がって31.9度、湿度67.6%のコンディションで間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。

空模様を見ながらアタックのタイミングも重要になってくる今回の予選は上位勢も早々に始動し、メルセデスのバルテリ・ボッタスやルイス・ハミルトン、フェラーリのライコネンもすでにコース上。

レッドブルを除く18台がコースインし、いずれもインターミディエイトタイヤを履いています。

リカルドがガレージを離れました。

ボッタスはすでにアタックラップに入っています。

ボッタスが1分27秒245をマークした後、ハミルトンが0.3秒ほど速くまとめてきました。

ライコネンはメルセデス勢よりも0.8秒以上速く、1分25秒台に入れています。

路面は乾き始めているところもあれば、雨水がたまったダンプ路面の場所もあり、難しいコンデイションです。

最後にコースインしたフェルスタッペンは1分27秒304、6番手につけました。

まもなく雨雲がサーキット上空に到達すると見られています。

フェルスタッペンが3番手に上がりました。トップはライコネンのまま、ベッテルが0.3秒差のタイムで2番手に並んでいます。

ピットに戻ってドライタイヤに履き替えるドライバーが複数います。

雨が降る前にドライタイヤでアタックを完了すればインターミディエイトタイヤよりも速いタイムを刻めるかもしれません。

サインツが1分22秒台に入れてトップタイム!

ハースF1のケビン・マグヌッセンが0.2秒速くまとめて最速タイムを更新します。

さらにエリクソン、ヒュルケンベルグが最速タイムを塗り替えました。

どうやら雨が降り出した箇所があるようです!

まだドライタイヤでのアタックを完了していないドライバーが多くいます・・・。

ライコネンが1分19秒828を刻んでトップに立ち、フェルスタッペン、ハミルトン、ハートレーが4番手、ボッタスが5番手です。

ベッテルは1分25秒台にとどまって18番手・・・。

フェルスタッペンは1分20秒台にのせて3番手に上がり、リカルドがまだドライタイヤのアタックを完了していません。

ベッテルは1分19秒台に入れて4番手に上がりました。

その後、フェルスタッペンやボッタス、サインツらのタイム更新が続き、オーダーが次々に入れ替わっていきます。

1分24秒095がベストタイムのシロトキンはピットに戻っています。Q1は残り4分。

唯一、ソフトタイヤでアタックするリカルドが19番手に後退しました。走るたびにペースアップしていく各車。

現在、ノックアウトゾーンにいるのはオコン、ストロール、ガスリー、マグヌッセン、シロトキンです。

ライコネンがトップタイムを塗り替え、ベッテル、ボッタス、グロージャンが4番手、フェルスタッペン、サインツ、ガスリー、ハートレー、ハミルトンは9番手ながら、現在のラップで好タイムを刻んでいます。

ハミルトンが1分17秒419をマークしてトップに浮上!

フェラーリのチーム無線で「これ以上の雨はなし」との連絡が。

ノックアウトゾーンのメンバーはシロトキン、マグヌッセン、ルクレール、リカルド、オコンに変わっています。

Q1は残り30秒・・・リカルドが13番手に上がりました。

Q1が終了しました。まだ多くのドライバーがアタック中・・・。しかも自己ベストを更新するペースを発揮しているドライバーが多数!

全車のアタックが完了しました。

16番手以下で予選順位を確定させたのはバンドールン、ルクレール、オコン、ペレス、シロトキンでした。

予選Q1のトップタイムはベッテルがマークした1分16秒666。フェルスタッペンが2番手、ボッタスが3番手につけています。

路面コンディションが激しく変化する難しい環境となったQ1。まだ上空は灰色の雲に覆われており、天候の変化に注意しなければなりません。

Q2の開始までしばしの休息です。

Q2がスタートしました。ハースF1勢がコースに向かい、ルノーの2台が続きます。

さらに続々とコースインしていくドライバーたち。天候変化を予想して早めに動いているようです。

なんと、ベッテルはインターミディエイトタイヤをチョイス!

ベッテル以外はウルトラソフトを装着してアウトラップを走っていますが、雨が振り始めたコース上はどうやらインターミディエイトタイヤの方が適しているようです!

ベッテル以外のドライバーがピットに戻ってきます! インターミディエイトタイヤに履き替えたドライバーから順にコースイン。

セクター3、とりわけ最終コーナーに向けたラップの終盤は水しぶきが激しく上がっています。

ベッテルが1分28秒636をマーク。まだ他のドライバーはタイムがありません。

ピットレーンやガレージのある場所は雨脚が強く、ピットストレートは視界も悪くなっています。

ウィリアムズのストロールはスピンを喫し、右フロントタイヤをウオールにぶつけてしまいました。そのままピットに戻ります。

雨が強くなっていくハンガロリンク。ベッテルが1分28秒台に入れた以外は1分30秒台のサインツが最も速く、フェルスタッペンやハミルトンは1分31秒台にとどまっています。

ハースF1のマグヌッセンはウエットタイヤを投入!

エリクソンもウエットタイヤに切り替えています。

ストロールはまだタイムがありませんが、ノックアウトゾーンにいるのは11番手のアロンソ以下、ヒュルケンベルグ、リカルド、エリクソン、ストロールです。

残り5分を切って多くのドライバーがピットに戻ってきています。

ウエットタイヤに交換してコースインしたばかりのエリクソンだけがコース上。

リカルドとヒュルケンベルグはウエットタイヤを選んでコースへ。

アロンソもチームと議論した末にウエットタイヤを履いてコースに向かいました。

コースに出ているのはアロンソ、ヒュルケンベルグ、リカルド、エリクソンの4人だけ。

なんとかタイム更新を狙っていった4人ですが、コンディションがそれを許さず・・・。

Q2はここでタイムアップ!

結局、アロンソ、リカルド、ヒュルケンベルグ、エリクソン、ストロールの順で11番手以下のポジションが決しました。

Q2のトップタイムはインターミディエイトタイヤでスタートして早々にアタックに臨んだベッテルの1分28秒636でした。2番手以下に2.135秒のリードを築いており、フェラーリとベッテルの好判断が光ったセッションでした。

Q3進出を決めたのはトップのベッテルから順にサインツ、フェルスタッペン、ハミルトン、ガスリー、ボッタス、ハートレー、ライコネン、マグヌッセン、グロージャンです。トロ・ロッソがそろって予選トップ10入りを決めています。

予選Q3のスタートまで再びしばしの休息です。

ポールポジションが決するQ3が始まりました。

ハートレーを先頭に、フェルスタッペン、ボッタス、ハミルトンらがコースに入ります。

引き続き雨が降るハンガロリンク。やはりピットレーン付近が一番雨脚が強いようです。

10台すべてがウエットタイヤを装着してコースに出そろいました。

フェルスタッペンがアタックラップの先陣を切ります。続いてハートレー、ボッタスの順でアタック開始。

フェルスタッペンは1分38秒台、メルセデスの2台が1分37秒台に入れてきました。

1分37秒564を刻んだハミルトンがトップに立ち、ボッタスが0.087秒差で2番手、ライコネンが0.2秒差の3番手に飛び込んでいます。

4番手のフェルスタッペンはトップに1.3秒遅れており、サインツ、ベッテル、ハートレー、マグヌッセン、グロージャン、ガスリーのオーダーです。

アタックのタイミングとコンディション次第では誰にポール獲得のチャンスがあるか分かりません!

ハミルトンが1分36秒台に入れてライバルたちを引き離します。

ライコネンが1分37秒362をマークして2番手に上がりました。ベッテルも自己ベストを刻んでいますが、ハミルトンには1秒以上遅れています。

ライコネンがハミルトンのタイムを上回ってきそうです! セクター3でファステストを刻み・・・1分36秒186! ハミルトンよりも0.462秒速くまとめました。

オーダーはライコネン、ハミルトン、ボッタス、ベッテル、サインツ、ガスリー、フェルスタッペン、ハートレー、マグヌッセン、グロージャンに変わっています。

メルセデスの2台とガスリーがピットに戻ってきました。

サインツが1分36秒台に乗せて3番手にポジションを上げています。

サインツ以外のドライバーは新しいウエットタイヤに交換してラストアタックへ・・・。

5番手のボッタスがセクター1をファステストで通過! さらにハミルトンがチームメイトのタイムを上回るペースを見せています!

チェッカーが振られて予選終了です。まだチャンスの残るドライバーたちがラストアタックに挑んでいます。

ベッテルは・・・1分36秒210で2番手! ライコネンに0.024秒届きません!

そしてボッタスが1分35秒台に入れてトップに躍り出るも、ハミルトンが0.260秒速くまとめてトップタイム!

全車のアタックが終了し、ポールポジションはハミルトンの手に渡りました。

フロントローにボッタス、3番手にライコネン、ベッテル、サインツ、ガスリー、フェルスタッペン、ハートレー、マグヌッセン、グロージャンが10番手でした。

ハンガリーGP決勝レースは29日(日)日本時間22時10分スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!