ドイツGP 2018

/ Commentary

レース

21:30 2018年F1世界選手権第11戦ドイツGP決勝レースはこの後、日本時間22時10分にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

22:00 これより2018年F1世界選手権第11戦ドイツGP決勝レースの模様をお届けいたします。これまで数々の名勝負が生まれた伝説的サーキットのホッケンハイムリンクに2年ぶりにF1サーカスが帰ってきた今週末、トップドライバーたちが力の限りを振り絞ったスーパーラップ連発の予選はフェラーリを駆る地元ドライバーのセバスチャン・ベッテルが1分11秒212をたたき出してポールポジションを獲得。

22:01 ベッテルがラストラップを終える直前にコントロールラインを通過したメルセデスのバルテリ・ボッタスも好タイムを刻んで暫定ポールを手に入れていましたが、ベッテルに0.204秒上回られてしまいました。それでもフロントローを確保しています。

22:02 3番グリッドに並ぶのはフェラーリのキミ・ライコネン。マシンの力を最大に引き出そうと猛プッシュする走りでしたが、ベッテルとボッタスには届きませんでした。

22:03 もう1台の2列目はレッドブルのマックス・フェルスタッペンです。トップ3と同じく1分11秒台に乗せてきましたが、フェラーリとメルセデスには少し離されてしまった格好。

22:04 ボッタスの相棒でディフェンディングチャンピオンのルイス・ハミルトンはQ1でトラブルに見舞われてしまい、予選を続けようとスロー走行でのピット帰還を目指したものの、ハイドロリック漏れによるマシンやパワーユニットへの影響を踏まえてマシンを止めるよう指示され、無念の停車となりました。

22:05 フェルスタッペンと同じくレッドブルを駆るダニエル・リカルドはドイツGP週末に先だってエンジンコンポーネントを交換しており、いずれもレギュレーションで認められた規定数を超えるため合計20グリッド降格処分を受けて最後尾スタートが決まっていました。ゆえに、リカルドはQ2へと進出するも、チームは戦略的にQ2で走行せず、タイヤとマイレージの温存を選択しています。

リカルドは予選を15番手で終えたため、16番手以降のドライバーはスタート位置が変更に。リカルド以外でもトロ・ロッソのピエール・ガスリーが「戦略的な背景」からエンジン貯蔵以外のコンポーネントを一新したとのことで、リカルドが19番手、ガスリーが20番手からスタートします。ガスリーは予選17番手だったことから、18番手から20番手のドライバーはグリッド位置が2つ繰り上がります。

22:06 ハミルトンとリカルドが不在となる中、予選トップ10入りを決めたのは今週末も"ベスト・オブ・ザ・レスト"の座につけるハースF1勢。ケビン・マグヌッセンが5番手、ロマン・グロージャンが6番手からスタートします。

22:07 4列目はルノーの2台が並び、ニコ・ヒュルケンベルグが7番手、カルロス・サインツが8番手です。9番手にザウバーのシャルル・ルクレールが食い込み、10番手スタートはフォース・インディアのセルジオ・ペレス。

22:08 ハミルトンとリカルドが後方からの反撃を狙うレースはエキサイティングになること必至!? ワクワクの決戦はまもなくスタートです!

22:09 土曜日には降雨のあったホッケンハイム。決勝日は雲が多いもののドライコンディションに恵まれ、気温26度、路面温度44度、湿度51%のコンディションです。ただ、レース中には降雨の可能性も予報されています。

22:10 フォーメーションラップが始まりました。11番手以降のグリッドに並ぶドライバーは大半がソフトタイヤをチョイスしており、15番手スタートのフォース・インディアのエステバン・オコンはウルトラソフト、リカルドはミディアムを選択しています。

22:12 ベッテルがポールポジションに、ボッタスが隣の2番グリッドに到着。まずはスタートに注目してまいりましょう・・・!

1周目

シグナルが消えてレーススタート! グロージャンが少しワイドに膨らんだでしょうか。

トップ4のオーダーに変化はない模様。ただ、フェルスタッペンがライコネンを追い抜こうと猛プッシュしています!

2周目

ハミルトンがオーバーテイクを連発しています! ウィリアムズのシロトキンをかわし、フォース・インディアのオコンを追い抜いて12番手!

リカルドはスタート位置と同じ19番手のまま、ガスリーは18番手に上がり、バンドールンが最下位の20番手です。

3周目

ここからDRSの使用が認められます。

ベッテルを先頭に、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、マグヌッセンが5番手をキープ、ヒュルケンベルグ、グロージャン、ペレス、サインツ、ルクレールが10番手。

4周目

ハミルトンはさらにアロンソを料理し、ルクレールをもオーバーテイクしてすでに10番手に回復。

リカルドは17番手に上がり、ストロールのリアにつけています。

5周目

6番手のヒュルケンベルグにプレッシャーをかけるグロージャン、ペレス、サインツにハミルトンが加わって激しいポジション争いが展開されています。

6周目

ハミルトンがサインツをとらえました! 9番手に上がったハミルトンが次に狙うのはペレスです。

7周目

先頭を行くベッテルはすでに2番手以下に3秒のリードを築き、ボッタスはライコネンからプレッシャーを受ける格好。

ハミルトンに狙われていたペレスが前のグロージャンを追い抜いていきました! グロージャンはコースを押し出されるようにワイドに膨らんでしまったようです。

8周目

ストレートでハースF1マシンに並んだハミルトンが華麗にオーバーテイク。これで8番手に上がりました。

ミディアムタイヤのグリップが低いと訴えるリカルドは15番手を走行中。

9周目

ペレスへのオーバーテイクも成功させたハミルトンは続いてヒュルケンベルグをロックオン!

10周目

先頭のベッテルは7番手のハミルトンに対して24秒のリード。

フェラーリ勢のレースペースが良い中、ボッタスのペースが上がらず、徐々にベッテルから遅れ始めています。

11周目

ヒュルケンベルグとハミルトンがサイド・バイ・サイド・・・! コーナーへの飛び込みは・・・ハミルトンが前!

12周目

ハミルトンの次なるターゲットは2秒前にいるマグヌッセン。マグヌッセンは4番手のフェルスタッペンから15秒ほど遅れており、ハミルトンがライバルたちとポジションを争うためには少しでも早く前に出なければなりません。

13周目

あっという間にハミルトンがマグヌッセンに追いついてきました。フレッシュタイヤでスタートしたハミルトンのラップタイムはマグヌッセンよりも約1秒速い状況。

14周目

一方、13番手に上がったリカルドはアロンソを追いかけているところ。アロンソもルクレールを含め、前方の数台と激しくポジションを争っています。

ハミルトンがマグヌッセンを追い抜いて5番手にポジションアップ!

15周目

ライコネンがピットイン!

ウルトラソフトからソフトタイヤに履き替えて・・・やや作業に手間取ったでしょうか。戻った位置は・・・ハミルトンの前です!

16周目

ルクレールを追いかけるアロンソはブレーキングが遅れてしまったようで、ザウバーマシンの前を横切ってオーバーラン。幸い、他車との接触もなく、リカルドからポジションを守った状態でコース復帰しています。

17周目

ベッテル、ボッタス、フェルスタッペンの3名はステイアウトを続け、4番手のライコネンはすでに1回目のタイヤ交換を終えて第2スティントをスタートさせています。前の3台から13秒ほど後方にいるライコネンがペースアップを成功させて、ハミルトンとのギャップを徐々に広げています。

18周目

ファステストラップを刻んだライコネン。前とのギャップは12秒と少しになり、ハミルトンは3.5秒ほど離れた場所を走っています。

19周目

ヒュルケンベルグがピットに向かいました。全体的に隊列が接近しており、ミディアムタイヤを選んだヒュルケンベルグは16番手の位置で隊列に復帰しています。

20周目

先頭を走るベッテルと2番手のボッタスは4.8秒差、ボッタスはフェルスタッペンに対して6秒ほどのギャップをつけています。

21周目

6番手からマグヌッセンがピットに入ってきました。ルノーのサインツもピットストップに向かいます。

マグヌッセンはミディアムタイヤ、サインツもミディアムタイヤを選びました。

22周目

4番手のライコネンがフェルスタッペンとのギャップを縮めています。ピットストップ後に13秒ほどあったギャップは8秒になり、ラップタイムは0.9秒ほど速いペースです。

23周目

後方争いながらストロール、グロージャン、サインツ、ハートレーが超接近戦を繰り広げています! コーナリングの攻防戦では前後のマシンが最接近し、あわや接触するかと思われましたが、どのドライバーもうまくマシンを操ってアクシデントには至っていません。

24周目

先ほどピットストップに向かったペレスは右フロントタイヤの交換がスムーズにいかず、タイムロスがあった模様。幸い、無事にピットアウトを果たしましたが、グロージャンの後方で隊列復帰しています。

25周目

ライコネンがフェルスタッペンの5.5秒後方に接近中。1ストップを狙うトップ3ドライバーはもう少し粘りたいところでしょうか。

26周目

ベッテルがピットイン! ソフトタイヤに履き替えてピットアウトです。

ピットレーンを出たベッテルはライコネンの後方に並びます。

27周目

見た目上はライコネンが3番手、ベッテルが4番手、ハミルトンが5番手のオーダー。それぞれ2.4秒ほどの間隔で周回しています。

フェラーリがすでに第2スティントを始めた中、メルセデスとレッドブルの判断やいかに。

28周目

ボッタスはステイアウト、フェルスタッペンもまだピットには入りません。

ボッタスは1分19秒台、フェルスタッペンは1分18秒後半のラップタイムです。

ライコネンは1分17秒台から1分18秒フラットをキープ。フレッシュタイヤに履き替えたばかりのベッテルは1分17秒前半のペースで追い上げています。

29周目

ボッタスがピットに向かいました! フェルスタッペンはステイアウト。

ボッタスはソフトタイヤに交換してピットを後にします。

コース上、一部で黄旗が振られています・・・。

リカルドです! リカルドがマシンを止めています! トラブルに見舞われたリカルドがターン11付近でコース外に停車。

30周目

フェルスタッペンがピットイン。

黄旗が解除されました。

ライコネンがラップリーダーとなり、ベッテル、ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペンが5番手。

31周目

ベッテルがライコネンのコンマ数秒後ろに接近中・・・。戦略が異なる2人、フェラーリはポジションを入れ替えてくるでしょうか。

32周目

まだ一度もピットに入っていないハミルトンは1分17秒半ばのラップタイムをキープしており、前後のマシンと変わらないペースを発揮しています。

33周目

ライコネンが先頭をキープしたまま、レースは折り返し地点を迎えようとしています。

ライコネンとベッテルは1.3秒差、ハミルトンはベッテルから2.4秒後ろをキープ。

34周目

ボッタスはハミルトンから5.7秒差のところを走っており、フェルスタッペンはボッタスからさらに7秒近く遅れています。

35周目

上位勢が後方集団に追いつき、周回遅れにしていきます。ライコネンはすでに15番手のアロンソまでをラップダウンにしました。

36周目

最下位を走るバンドールンのペースがかなり落ちているようです。エンジントラブルでしょうか。前戦のイギリスGPから抱える問題を解消できぬままレースに挑むことになったバンドールンとマクラーレン。

37周目

ライコネンとベッテルは周回遅れのマシンに対応しながら猛プッシュ。

38周目

ハミルトンはまだピットに入らず。他には12番手にいるエリクソンと13番手のガスリーも第1スティントを続けています。

39周目

ライコネンの後方でがまんを強いられているというベッテル。道を譲ってほしそうですが、今のところはライコネンが先行しています。

ベッテルがライコネンに並ぶ! サイド・バイ・サイドの攻防から・・・ベッテルがオーバーテイクを成功させました!

40周目

レーダーの様子を見るに、雨雲が近づいているようです・・・。

先頭に戻ったベッテルは快調に飛ばしていきます。

41周目

3番手にいるハミルトンにボッタスが接近中。その差は1.5秒です。

42周目

ボッタスがハミルトンのDRSレンジに入ってきました。

フェラーリはベッテルを先行させましたが、メルセデスの判断はどうでしょうか・・・。ハミルトンはまだピットに入っていないため、ここでピットストップを行う可能性もあります。

43周目

ハミルトンがピットに向かいます! ソフトでスタートしたハミルトンは第2スティントに新品のウルトラソフトをチョイス。

フェルスタッペンから12秒のところに戻っていきました。

44周目

雨です! 雨が降り出しました! コース上の一部でわりと激しい雨粒が・・・!

ルクレール、アロンソ、ガスリーがピットイン!

45周目

ルクレールとアロンソはインターミディエイト、ガスリーはウエットのタイヤをチョイスしています。

46周目

ウエット路面の部分ではドライタイヤを履く面々がコントロールを乱しています・・・。

上位勢に動きはなく、ドライタイヤでの走行を続けています。

47周目

雨が降っているのはほんの一部。太陽が光をさす場所もあるため、判断が難しいところです。

フェルスタッペンがピットイン! インターミディエイトタイヤに交換します!

48周目

ラップタイムを見る限りはドライタイヤの方が速そうですが・・・。

ルクレールが再びピットに入ります!

49周目

雨天用タイヤに履き替えていたドライバーたちがドライタイヤに戻していきます。

アロンソとガスリーもスリックタイヤに履き替えました。

50周目

ボッタスがライコネンに近づいてきました。その差はすでに1秒とありません。

51周目

ボッタスがライコネンをオーバーテイク!

ペレスが濡れた路面に足を取られたのかスピンを喫してしまったようです。

52周目

ペレスはコースを飛び出したものの、なんとか走行を再開させています。

なんと・・・・・! ベッテルがグラベルに突っ込み、ウオールに激突!

53周目

セーフティカーが出動!

クラッシュしたベッテルは悔しそうな仕草を見せ、すでにコックピットを脱しています。

セーフティカー導入を受けてボッタスがピットインするも、タイヤの準備が間に合っておらず、メルセデスクルーに若干の混乱が見られましたが、ウルトラソフトに交換してハミルトンの後ろでコース復帰しています。

フェラーリクルーが慌ただしくタイヤを準備中。

54周目

ライコネンがピットイン。ウルトラソフトに履き替えます。

ウィリアムズのシロトキンがマシンを止めています。

55周目

セーフティカー先導の下、ハミルトンがトップ、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペンが4番手。

ハミルトンはセーフティカー導入のさなかにピットインしようとしてステイアウトした経緯があり、チームの混乱があったにせよ、ペナルティを受ける可能性が浮上しています。

周回遅れのマシンにセーフティカーのオーバーテイクが許可されました。

56周目

ハミルトンのピットインに関するリプレー映像が流されました。ハミルトンはピットインを指示されてピットレーンに入ったところ、ステイアウトと言われ、ラインを超えてコースに戻ってしまっています。チームはすでにピットレーンに入りかけていたことを知って再度ピットインを指示しましたが、その時にはすでにピットレーンを過ぎており、そのままハミルトンはステイアウトしている、という現状です。

57周目

セーフティカーが先導した状態でハミルトン、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペンが隊列を組み、ヒュルケンベルグが少し離れた場所に陣取ってペレス、オコン、エリクソン、ハートレー、グロージャンが10番手でポイント圏内です。

セーフティカーがこの周回で解除されるとの発表。

58周目

リスタートです!

ボッタスがハミルトンを追い抜こうと狙っていきます!

ボッタスが並ぶ! しかし、ハミルトンが抵抗! メルセデスにチームオーダーはなし。ハミルトンとボッタスが本気のバトルを繰り広げています。

59周目

結局、ハミルトンがポジションを死守し、ボッタスは2番手、ライコネンがメルセデス勢の後ろでチャンスを待っています。

60周目

ハミルトンから2秒ほど遅れたボッタスにライコネンが接近中! 4番手のフェルスタッペンもすぐ後ろにつけており、追い抜きのチャンスを狙っています。

61周目

6番手にいるペレスからオコン、エリクソン、ハートレー、グロージャン、サインツまでがコンマ数秒差の間隔で連なっており、とりわけ11番手でポイント圏外のサインツは1点でももぎ取ろうと前方のグロージャンにプレッシャーをかけています。

62周目

メルセデスのピットウオールから今のポジションをキープするよう言われたボッタス。その状況を知ったフェラーリとライコネンはどこで仕掛けて来るのか・・・。

63周目

グロージャンがハートレーをかわして9番手に上がっています!

セーフティカー導入中にオーバーテイクしたとしてサインツに10秒のタイムペナルティが科せられました。

64周目

猛チャージをかけるグロージャンがエリクソンをも追い抜いて8番手に浮上!

サインツに抜かれて11番手に下がったハートレーですが、サインツはタイムペナルティを科せられています。

ハートレーが注意しなければならないのは1秒差でプレッシャーをかけてくるマグヌッセン。

65周目

またも降雨の可能性があるようです。

ボッタスに3.7秒のリードを築いて先頭を走るハミルトン。

66周目

残り2周、グロージャンが今度はオコンにオーバーテイクを仕掛けています! グロージャンが7番手に上がりました! さらにペレスをロックオン!

67周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました!

グロージャンがペレスをかわして6番手に上がっています。5番手のヒュルケンベルグまでは少し差がありますが、2秒を巻き返せるか・・・。

ハミルトンが今、トップでチェッカーを受けました!

ボッタスが2位でゴール、ライコネンが3位フィニッシュして表彰台。

4位以下、フェルスタッペン、ヒュルケンベルグ、グロージャン、ペレス、オコン、エリクソンが9位でチェッカーを受け、続いてサインツがゴールしましたが10秒のタイムペナルティが加えられるため、ハートレーが19位でポイントを獲得しています。

11位マグヌッセン、サインツは12位、バンドールン、ガスリー、ルクレールが15位、アロンソはチェッカー受ける前にレースを終えており、16位完走扱いとなりました。

パルクフェルメに戻って大喜びのハミルトン。チームメンバー、ボッタスらとハグを交わした後、ピットレーンを駆けてファンに挨拶しました。

ドイツの激闘を終えて、これからF1サーカスは大急ぎで次の舞台に移動します。夏休み目前の5日後に開幕するのはシーズン第12戦ハンガリーGP、初回セッションは27日(金)日本時間18時にスタートすることになっています。それではまた週末、ハンガリーGPでお会いしましょう!