ドイツGP 2018

/ Commentary

フリー走行3

2018年F1世界選手権第11戦ドイツGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間19時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第11戦ドイツGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。グランプリ初日に実施された2回のフリー走行はいずれもレッドブルドライバーがタイムシート最上位に立ち、初回セッションはダニエル・リカルドが、後半はマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録しました。

ただ、リカルドはエンジンコンポーネント交換に伴うグリッド降格ペナルティを受けることになっており、レースは最後尾スタートになる予定。また、フェルスタッペンは最速タイムを刻んだセッションでトラブルに見舞われましたが、大事には至らなかったようで時間内に修復を終えて走行を再開しています。

レッドブル勢が速さを見せたとはいえ、メルセデスやフェラーリのドライバーたちも大差ないタイムを残しており、チャンピオンシップリーダーとして母国グランプリに臨むフェラーリのセバスチャン・ベッテルは上位3チームによるポール争いを予想しています。

さて、気になるホッケンハイムのお天気・・・土曜日は太陽が顔を隠して上空を雲が覆い、雨も降り出してきています。

気温19度、路面温度23度、湿度85%のウエットコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ザウバーのマーカス・エリクソンがコースに向かいます。ハースF1のロマン・グロージャン、もう1台のザウバーを駆るシャルル・ルクレールもガレージを離れました。

グロージャンの相棒ケビン・マグヌッセンも始動。

エリクソンはインストレーションラップを終えてピットに戻ってきています。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーとウィリアムズのランス・ストロールがコース上。

ここまでに始動したドライバーたちはウエットタイヤを履いていましたが、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグはインターミディエイトタイヤを選んでコースイン。

レッドブルンのフェルスタッペンはウエットタイヤをチョイス。マクラーレンのフェルナンド・アロンソやトロ・ロッソのピエール・ガスリーも同様です。

ここまでに8台がインストレーションラップを完了し、現在、コース上は4人が走行中。

ハースF1の2台は2周を走りましたが、タイヤやマシン、路面の感触を確認してすでにピットに帰還しています。

レッドブルのリカルドが加わります。

一度ピットに戻っていたヒュルケンベルグがインターミディエイトからウエットにタイヤを変えてコースイン。

リカルドは1周のシステムチェックでピットに引き上げます。

セッションが始まって10分。フェラーリやメルセデス、フォース・インディアもまだ動きはありません。

ルノーのカルロス・サインツがヒュルケンベルグに加わって走行しています。

ヒュルケンベルグはウエットタイヤに履き替えた後、タイム計測をスタートさせており、まもなくコントロールラインに戻ってくる予定です。

ヒュルケンベルグのタイムは1分36秒873。

サインツがスピンを喫してしまいました・・・! 事なきを得て走行再開。「ちょっとアクアプレーニングが・・・」とチームに報告したサインツ。走行には向かないコンディションになってきているようです。

ヒュルケンベルグは1回のタイム計測だけでピットに戻り、サインツはタイムを残さずに引き上げました。

少し雨脚が強くなってきたようにも見えます。

ルノーの2台が引き上げて以降はコース上が無人のホッケンハイムリンク。

大半のドライバーはコックピットを離れており、しばらくは待機が続きそうです。

雨の中、ホッケンハイムには多くのファンが詰めかけていますが、決勝レースがドライ予報なこともあり、このセッションはあまり多くのアクションは見られないかもしれません。

セッションが始まって20分が経過しました。フェラーリ、フォース・インディア、メルセデスの3チームは両ドライバーとも一度もコースに姿を見せていません。

タイムを残したのはルノーのヒュルケンベルグのみ。それ以外のドライバーはインストレーションラップを走っただけでタイムは計測していません。

ホッケンハイムのコース上は無人のまま、時間だけが過ぎていきます。

60分のセッションは半分の30分が終了しました。今のところ、どの陣営にも動きはありません。

雨脚は弱まることなくホッケンハイムリンクを濡らし続けています。

気温19度、路面温度23度、湿度92%です。

セッションの残り時間は15分を切りました。

雨具を着てグランドスタンドで待ち続けるファンのため、走りたい思いを持ちつつも、予選を控えたこのセッションでリスクを冒すことは避けたいのはどのチームも同じ・・・。

お、ウィリアムズのガレージから1台が出てきました! セルゲイ・シロトキンです。

さらにザウバーのエリクソンもコースに向かいます。

残り時間は10分。エリクソンとシロトキンがコース上です。

ザウバーのシャルル・ルクレールが合流しました。

アウトラップを終えてタイム計測に入ったシロトキン。1分37秒644をマークしました。

エリクソンは1分37秒927を刻み、ルクレールはさらに2.8秒遅いタイム。

ウィリアムズのランス・ストロールが加わります。

続いてトロ・ロッソのハートレーがコースイン。ガスリーに続き、フェラーリのガレージからベッテルが出てきました。

さらにメルセデスのはボッタスをコースに送り出し、フェラーリのライコネンも出陣です。

ガスリーがスピンを喫してしまったようです。事なきを得て走行を続けています。

フォース・インディアの2台も動き出しました。

メルセデスのガレージではハミルトンが準備中。

ボッタスは2周を走ってタイムを残すことなくピットに帰還。

フェラーリ勢はベッテルが1分35秒台を刻んでトップに立ち、ライコネンは1分37秒台で7番手につけています。

ハミルトンがガレージを離れました。これで全車が少なくとも一度はコースに姿を見せたことになります。

チェッカーが振られてセッション終了です。

ルクレールが1分34秒577をマークしてトップに浮上!

このセッションでトップタイムを刻んだのはザウバーのルクレール。1分34秒577を刻んでいます。

2番手にはエリクソンが入り、3番手にシロトキン、ベッテル、ガスリー、ハートレー、ヒュルケンベルグ、ライコネン、ストロールが9番手で、タイムを残したのは以上9名でした。

予選はこの後、日本時間22時に開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!