30秒ごとに更新されます |

3連戦を終えたF1サーカスは2週間の休息を得て2週間後、ホッケンハイムで再集結し、トリプルヘッダー後の2連戦に挑みます。シーズン第11戦ドイツGPは20日(金)に開幕し、初回セッションは日本時間18時にスタートすることになっています。それではまた次回ドイツGPでお会いしましょう!

52周目

ベッテルがファイナルラップに入りました!

ライコネンがハミルトンの1.2秒後方に接近! 必死に逃げるハミルトン・・・。

後方ではアロンソがマグヌッセンをかわして8番手に上がっています。マグヌッセンの後ろにはガスリーとペレスが控え、入賞をかけて激しく争っています!

ベッテルがトップチェッカーを受けます!

ハミルトンが2位でゴールし、ライコネンが3位表彰台。

ボッタスはなんとか4位を確保してゴールし、リカルドは0.617秒差で5位、ヒュルケンベルグ、オコン、アロンソ、マグヌッセン、ガスリーが10位でポイントを獲得しました。

完走は11位から順にペレス、バンドールン、ストロール、シロトキン、リタイアしたフェルスタッペンが15位完走扱いとなっています。

ただ、51周目に発生したガスリーとペレスの一件が審議対象になっており、レース結果は変更される可能性もあります。ペレスはガスリーに押し出されて10番手のポジションを失ったと訴えていました。最新情報は随時、ニュースで配信してまいります。

51周目

残り2周・・・。ベッテルとハミルトンのギャップは2.7秒に開き、ハミルトンとライコネンのギャップは1.7秒に縮まっています。

ボッタスとリカルドはコンマ数秒のバトル中!

50周目

ライコネンの無線では「まだ終わっていないぞ」とのメッセージが。ライコネンは2秒前にいるハミルトンを狙っていきます!

4番手に下がったボッタスはリカルドからも攻撃を受けています。徐々にプレッシャーを強めるリカルド。

49周目

ハミルトンがボッタスをかわして2番手に浮上!

ボッタスはライコネンから攻撃を受け続けており、必死に耐えていますが・・・数度目のアタックでライコネンがオーバーテイクを成功させました。

48周目

前が開けたベッテルはペースを上げて猛プッシュ。

ボッタスはハミルトンとライコネンからプレッシャーを受けています。

そして先ほどスピンを喫したフェルスタッペンがコース脇にマシンを止めてリタイアを喫しています。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • コースオフを喫したマックス・フェルスタッペン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) エイペックスを突くカルロス・サインツ(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) レーススタートを待つ各車(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) 必死にペースアップを図るニコ・ヒュルケンベルグ(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日)
  • ステアリングを切るセルゲイ・シロトキン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) マシンの力を引き出そうと努めるケビン・マグヌッセン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) 徐々にスピードに乗るシャルル・ルクレール(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) ペースを上げて前を追うロマン・グロージャン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日)
  • ドライビングに集中するランス・ストロール(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) 懸命にパフォーマンスを引き出すピエール・ガスリー(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) 順位を上げようと必死にプッシュするエステバン・オコン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日) マシンの力を引き出そうと努めるストフェル・バンドールン(イギリスGP/シルバーストーン、2018年7月8日)