オーストリアGP 2018

/ Commentary

レース

21:30 2018年F1世界選手権第9戦オーストリアGP決勝レースはこの後、日本時間22時10分にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

22:00 これより2018年F1世界選手権第9戦オーストリアGP決勝レースの模様をお届けいたします。ショートコースゆえにわずかなマージンが大きく順位に響くレッドブル・リンクで実施された予選はメルセデスドライバーが好タイムを連発し、最終的にはバルテリ・ボッタスが2年連続のポールシッターに輝きました。

22:01 予選Q3最初のアタックでミスがあったというルイス・ハミルトンはラストアタックにすべてをかけ、こちらも好パフォーマンスでラップをまとめましたが、ボッタスには0.019秒届かず。それでも、メルセデスのフロントロー独占に貢献しました。

22:02 予選3番手に入ったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。しかし、Q2で他者の走行を妨害してしまい、3グリッド降格処分を受けたため、スタート位置は6番グリッドに後退します。

22:03 代わって3番グリッドに並ぶのはもう1台の跳ね馬を駆るキミ・ライコネン。ライコネンと共に2列目スタートとなったのはホームレースに挑むレッドブルの片翼、マックス・フェルスタッペンです。

22:04 3列目は予選でレッドブルの1台を打ち負かしたハースF1のロマン・グロージャンとグリッド降格となったベッテル。今季まだ一度も入賞していないグロージャンはあらゆる混乱を切り抜け、堅実なレース運びでチェッカーを受け、まずはポイントを手に入れることが重要です。

22:05 7番グリッドに着くのはレッドブルのダニエル・リカルド。隣にはハースF1のケビン・マグヌッセンが並びます。予選トップ10入りを決めて5列目スタートを手に入れたのはルノー勢。カルロス・サインツとニコ・ヒュルケンベルグがダブル入賞を目指して決戦に挑みます。

22:06 予選13番手だったザウバーのシャルル・ルクレールは土曜フリー走行で発生したトラブルにより緊急にギアボックス交換が必要となり、それに伴って5グリッド降格処分を受けたため、スターティンググリッドは18番手に。

22:07 また、トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは戦略的な判断からパワーユニットの全コンポーネントを交換してレースに挑むことになり、最後尾グリッドに並びます。さらに、予選後にフロントウイングを交換したマクラーレンのフェルナンド・アロンソはピットスタートとなりました。

22:08 メルセデスが大得意のレッドブル・リンクで圧巻の勝利を遂げるのか、あるいは後続車の逆転があるのか、まずはスタートに注目です!

22:09 間もなくスタート時刻を迎えるシュピールベルクは太陽が顔を出し、青空も見えています。現在は気温22度、路面温度48度、湿度36%のドライコンディションです。

22:10 フォーメーションラップが始まりました。

22:11 11番手以降のドライバーでウルトラソフトを選んだのはウィリアムズのランス・ストロールのみ。18番グリッドに着くザウバーのマーカス・エリクソンがソフトタイヤを履いており、それ以外は新品のスーパーソフトをチョイスしています。

22:12 ボッタスとハミルトンがフロントローに並び、いよいよ決戦の幕が開きます!

1周目

シグナルが消えてレースが始まりました! ライコネンが好スタート! メルセデスの2台の間に入ってターン1へ・・・。

ターン1で先頭に立ったのはハミルトン! ライコネンとボッタスがワイドにふくらんだ模様。

ライコネンが果敢にハミルトンに仕掛けていきます! しかし、コース外に飛び出してボッタスにポジションを譲ってしまいました。

2周目

先頭はハミルトン、ボッタス、フェルスタッペンが3番手に上がり、ライコネン、リカルド、グロージャン、ベッテルが7番手。

ヒュルケンベルグがマグヌッセンにオーバーテイクを仕掛けていきますが、マグヌッセンが必死にこらえてポジションを守っています!

ルクレールがコースオフ! グラベルを抜けてエスケープロードに入ったようです。どうやら無事にコース復帰した模様。

3周目

蹴り出し良く先頭に躍り出たハミルトンに次いでボッタスが2番手、フェルスタッペンが3番手に上がり、ライコネン、リカルドは5番手にポジションを上げています。

ベッテルがグロージャンを・・・オーバーテイク!

4周目

ベッテルは6番手に戻り、グロージャン、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、オコンが10番手を走っています。

5周目

ハミルトンとボッタスのギャップは1.7秒、フェルスタッペンが少し遅れているでしょうか。全体的にはまだそれほど間隔は広がっていません。

6周目

9番手を走るヒュルケンベルグは引き続きマグヌッセンを追い抜こうとプレッシャーをかけています。

ヒュルケンベルグの真後ろにはおコントサインツ、さらにはウィリアムズのストロールも迫っています。

7周目

スタートのリプレー映像を見ると、マクラーレンのバンドールンがターン1付近で前後のマシンと接触し、マシンにダメージを負ってしまったようです。緊急ピットインを強いられてタイヤをソフトに履き替え、現在は最後尾の20番手を走っています。

8周目

5番手につけるリカルドがライコネンのコンマ数秒差に接近中。トップ5につけるドライバーのうち、ライコネンだけが第1スティントにウルトラソフトを履いています。

9周目

少しペースに苦戦している様子のライコネン。前の3台が1分09秒前半のラップタイムなのに対し、0.5秒ほど遅いペース。

それでも、必死にマシンをプッシュしてリカルドからポジションを守っています。

10周目

ライコネンが自己ベストを刻んできました。それでも、前3台に比べるとラップタイムはコンマ数秒遅いようです。

11周目

上位勢で接近戦を繰り広げているのはライコネンとリカルド。

先頭のハミルトンはボッタスに2秒以上のリードを築き、ボッタスとフェルスタッペンの間にも同程度のギャップがあります。

12周目

ヒュルケンベルグがスローダウン・・・リアから白煙が上がっています!

エンジントラブルです。「パワーを失った」とフオ刻したヒュルケンベルグ。

マシンをコース脇に止めて無念のリタイアとなりました。

13周目

ライコネンがファステストラップを刻んできました。リカルドをできるだけ引き離したいところですが、レッドブルマシンも自己ベストで猛追。

14周目

なんと・・・! 今度はボッタスのマシンにトラブルが!

スローダウンしながらマシンをコース外に出します。

ハイドロリックプレッシャーを失ったと伝えたメルセデス。

15周目

ポールシッターのボッタスが脱落し、トップ5のオーダーはハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、リカルド、ベッテルに変わっています。

バーチャルセーフティカーが発令されました。

16周目

ハミルトンはステイアウト、フェルスタッペンから後ろのドライバーはピットに入ってきます。

ハースF1のマグヌッセンもステイアウトを選択。

ソフトタイヤに履き替えたベッテルがマグヌッセンを追い抜いて5番手に。

17周目

ハミルトンが先頭をキープするもタイヤはスタート時のセットを履いたまま。

2番手のフェルスタッペン以下、ライコネン、リカルド、ベッテルはいずれも新品のソフトタイヤに履き替えました。

18周目

先頭のハミルトンとフェルスタッペンのギャップは13秒。フェルスタッペンから3秒後方にライコネンが控え、リカルドは引き続き1秒差以内の場所でライコネンにプレッシャーをかけています。

19周目

ハミルトンのラップタイムは1分08秒半ば、フェルスタッペンよりもタイムは良いものの、ライコネンやリカルドはハミルトンよりも速いペースで周回しています。

20周目

リカルドがついにライコネンをとらえる! ライコネンも必死に抵抗しましたが、DRSを使うリカルドにはかなわず、ポジションを譲ってしまいました。

21周目

これで前が開けたリカルドはペースを上げて2番手にいるチームメイトのフェルスタッペンを追いかけます。

22周目

ハミルトンが自己ベストタイムを刻み、少しペースアップを図っているようです。ピット作業完了の平均タイムは20秒前後と言われており、ハミルトンをどこでピットに呼び入れるのか、すでに1台を失ったメルセデスの判断が注目されます。

23周目

ハミルトンが23周目に入りました。13.2秒遅れてフェルスタッペンが続き、3.2秒後方にリカルド、ライコネンはリカルドの1.5秒差の位置にいます。そこからさらに4.4秒差でベッテルが5番手につけています。

24周目

クリーンエアを得て猛プッシュするフェルスタッペン。少しハミルトンとの差が縮まってきました。

25周目

後方集団では11番手にいるウィリアムズのセルゲイ・シロトキン以下、エリクソン、ハートレー、ストロール、ガスリー、ルクレールが隊列を成してオーバーテイクのチャンスを狙っています。

メルセデスがハミルトンをピットに呼び入れました!

26周目

ソフトタイヤに履き替えたハミルトン。レッドブル勢との位置関係は・・・。

ハミルトンがピットアウトしてきます。フェルスタッペンが通過、リカルド、さらにライコネンも先行してハミルトンがその後ろに入ります。その真後ろにはベッテル!

27周目

まだ第1スティントを続けているのは6番手のマグヌッセン、7番手のペレス、シロトキンのピットインで11番手に上がったエリクソンとその後ろにつくハートレーです。マグヌッセンは予選トップ10入りしたため、ユーズドのウルトラソフトを履いていますが、その他のドライバーは新しいタイヤセットでスタートしています。

28周目

ルクレールがストロールをオーバーテイク! しかし、ストロールも簡単には譲りません! 必死に抵抗してポジションを取り戻す! 14番手にストロール、ルクレールは15番手にいます。

29周目

再びルクレールが仕掛ける! ターン1にかけてインサイドに飛び込み、ストロールの前に出ました! DRSを使ってポジション奪還を目指したストロールですが、ルクレールが加速して抜かせません。

30周目

ラップリーダーとなったフェルスタッペンは快調に飛ばし、5秒ほど後ろにいるリカルドも一貫したラップタイムを刻んでいますが、後方のライコネンが迫ってきています。さらにはハミルトンもコンマ数秒後方で猛チャージをかけてきており、2番手争いが激化しています!

31周目

リカルド、ライコネン、ハミルトンによる上位3チームの三つ巴のバトルはそれぞれがチャンスを狙うも、まだオーバーテイクを実行する機会は訪れていません。

32周目

ベッテルはハミルトンの2秒ほど後ろに陣取って様子をうかがっています。

33周目

周回遅れのマシンが3台の目前に迫っています。シロトキンが道を譲り、3台を同時に先行させました。

34周目

ベッテルからすでに27秒遅れている6番手以下のオーダーはグロージャン、オコン、マグヌッセン、サインツ、ペレスがポイント圏内。

35周目

11番手のエリクソンはまだ第1スティントを走っており、ガスリーを挟んで13番手のハートレーもスタートと同じスーパーソフトを履いたまま、ルクレール、ストロール、アロンソ、シロトキン、バンドールンが18番手です。

36周目

ルノーのサインツが2度目のピットストップに向かうも、右フロントタイヤの交換に手間取り大きくタイムロス。スーパーソフトに履き替えてピットアウトしました。

37周目

リカルド、ライコネン、ハミルトンのバトルは決着せず、ハミルトンが少しライコネンと距離をとったところ、ベッテルが1秒差以内のところに接近してきました。

38周目

先頭のフェルスタッペンは2番手以下に6.7秒のリードを築いてペースをコントロール。

ライコネンがリカルドと並ぶ! サイド・バイ・サイドで・・・リカルドがこらえてポジションを死守! しかし、その後、ストレートでDRSを生かしたライコネンがオーバーテイクを決めて2番手に上がっています!

39周目

リカルドがピットイン。スーパーソフトに履き替えてコースに戻ります。

そして、ベッテルがついに動く! ハミルトンのインをついて・・・前に出ました!

40周目

先頭はフェルスタッペンで変わらず、2番手にライコネン、ベッテルが3番手に上がり、ハミルトンは4番手、2度目のピットストップを終えたリカルドは5番手で隊列復帰しています。

41周目

フェルスタッペンとライコネンのギャップは7.2秒、ライコネンとベッテルは2秒差です。

42周目

ハミルトンがベッテルとの差を詰めてきました。一時は2秒ほどに広がっていたギャップは0.5秒を切っています!

43周目

ライコネンを追いかけていたベッテルはハミルトンへの対応を求められています。

44周目

中団グループでは7番手を走るオコンにマグヌッセンが接近中! DRSを生かせる位置で逆転を狙っています。

45周目

ベッテルとハミルトンがポジションを争う中、ライコネンがフェルスタッペンとの差を縮め始めています。

46周目

自己ベストタイムを連発するライコネンは7秒以上あったフェルスタッペンのリードを6.5秒に短縮。

ベッテルとハミルトンは引き続きコンマ数秒差の接近戦を繰り広げており、ハミルトンの18秒後方にリカルドがいます。

47周目

5番手を走るリカルドがファステストラップを刻んできました。タイムは1分07秒591。

48周目

ただ、ハミルトンも1分07秒台に入れており、リカルドと前とのギャップはあまり縮まっていきません。

49周目

ライコネン、ベッテル、ハミルトンは周回遅れのマシンをかわしながら2秒弱の間隔をキープしています。

50周目

すでに9番手のペレスまでを周回遅れにしたフェルスタッペンは1分08秒前半のペースをキープ。

51周目

フェラーリ勢が1分07秒台を連発しており、フェルスタッペンとライコネンのギャップは6秒を切ろうかというところまで縮まっています。

52周目

どうやらハミルトンがピットに向かうようです。

53周目

ハミルトンが入ってきました。用意されているタイヤはスーパーソフトです。

素早い作業でハミルトンを送り出したメルセデスクルー。ハミルトンはリカルドの後ろでコース復帰!

54周目

なんとまたも上位勢にトラブル発生・・・!!!! ターン4を通過したところでリカルドのレッドブルマシンから白煙が・・・!

55周目

リカルドはコース脇にマシンを止めて戦線離脱となりました。

すでにクレーン車が駆けつけ、レッドブルマシンの撤去を始めています。

56周目

今日が29歳の誕生日だったリカルドは無念のリタイアを喫してオーストリアを後にします。

トロ・ロッソのハートレーがコース外に飛び出しています。ハートレーはまだ一度もピットに入っておらず、スタートと同じスーパーソフトを履いたまま。

57周目

どうやらハートレーにもハイドロリック系のトラブルが起きた様子。ギアが入らず、加速できません。「大丈夫なの?」と聞いたハートレーにトロ・ロッソは「大丈夫ではない」と返していました・・・。

58周目

71周で争われるオーストリアGPはニコ・ヒュルケンベルグ、ボッタス、リカルドに続いてハートレーもリタイアに終わっています。

59周目

ラップリーダーのフェルスタッペンが自己ベストタイムを更新。ただ、2番手のライコネンは4.3秒後方に迫っており、ベッテルがそこから2.5秒後ろを走っています。

60周目

懸命にマシンをプッシュするフェルスタッペンですが、フェラーリ勢のラップタイムの方がコンマ数秒速いようです。

61周目

7番手を争うフォース・インディアの2台が接近戦に! 前を行くオコンに急接近したペレスがターン3への飛び込みで先行し、7番手に上がりました! オコンは8番手に後退。

62周目

フォース・インディアは2台の戦略を分けており、オコンはすでに45周を走ったソフトタイヤを履いていますが、ペレスの方は10周ほどフレッシュ。とはいえ、ペレスのタイヤセットもすでに33周を走破しています。

63周目

5番手のグロージャンまでを周回遅れにしたフェルスタッペン。ライコネンもハースF1マシンをかわしていきます。

64周目

ん? ハミルトンがスローダウン!? いったん、コース外にマシンを出した後、コースに戻ったハミルトンですが、チームから「ストップせよ」の指示を受けて停車!

なんと、メルセデスが2台ともリタイアを喫する大波乱の展開となりました!

65周目

レッドブル・リンクを得意とするメルセデスですが、メカニカルトラブルを前に為す術なし・・・。

これで同一周回は上位3台のフェルスタッペン、ライコネン、ベッテルだけとなりました。

66周目

チャンピオンシップリーダーのハミルトンがリタイアした今、ベッテルにかかるプレッシャーは軽くなりましたが、長いシーズンを考えると1点でも多く手に入れておきたいところ。

67周目

ザウバー勢とトロ・ロッソのガスリーが激しくポジションを争っています!

DRSを生かしてまずはルクレールがガスリーを追い抜き、そのままエリクソンもガスリーを料理して前に出ました!

68周目

ポイント圏内に入っていたガスリーですが、ザウバー2台に抜かれて11番手に後退。

69周目

残り3周、フェルスタッペンが逃げます! ライコネンとベッテルの方がペースは良いものの、フェルスタッペンとライコネンの間にはまだ2.7秒のギャップ。

70周目

ライコネンが少し接近・・・。ただ残る2周で2.4秒を逆転できるか・・・。

先ほどガスリーを追い抜いてポイント圏内に入ったザウバーコンビはエリクソンを前に出し、ルクレールが10番手に下がっています。

71周目

フェルスタッペンがファイナルラップに入りました! レッドブルのお膝元レッドブル・リンクでレッドブルマシンがラップリーダーを務め、チェッカーフラッグまであと少し・・・。

フェラーリ勢は猛追の手を緩めず、ライコネンが必死にフェルスタッペンの背中を追いかけています!

が、逃げ切ったフェルスタッペンがトップでチェッカーを受けました!

ファイナルラップで1分06秒957のファステストラップを刻んだライコネンが2位でゴールし、ベッテルが3位表彰台に上ります。

すでに以降のマシンは周回遅れとなっているため、4位グロージャンから順にマグヌッセン、オコン、ペレス、アロンソ、ルクレール、エリクソンの入賞が確定しました。

グロージャンにとっては長いスランプを脱する好パフォーマンスの4位入賞。フェラーリがダブル表彰台を達成し、ハースF1、フォース・インディア、そしてザウバーがダブル入賞を果たしています。

完走は11位以下、ガスリー、サインツ、ストロール、シロトキン、マクラーレンのバンドールンが15位完走扱いとなっています。

これでトリプルヘッダーの2戦目を終えたF1サーカスは3連戦最後の舞台に移動します。5日後にアクションが再開される次の開催地はモータースポーツ発祥の地、シルバーストーン。シーズン第10戦イギリスGPは6日(金)に開幕し、日本時間18時から初回セッションが行われる予定です。それではまた次回イギリスGPでお会いしましょう!