オーストリアGP 2018

/ Commentary

予選

2018年F1世界選手権第9戦オーストリアGP予選のセッションはこの後、日本時間22時に開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第9戦オーストリアGP予選の模様をお届けいたします。メルセデスとフェラーリが接近戦を繰り広げている今週末、最後のフリー走行はフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分04秒070をたたき出してトップに立ちましたが、メルセデスのルイス・ハミルトンが0.029秒差で2番手に続いており、これから始まる予選でも両チームによる超接戦の展開が期待されます。

3番手につけたメルセデスのバルテリ・ボッタスはトップのベッテルに0.134秒遅れ、上位2名と大差はありません。クリーンラップを得てしっかりとまとめることがポールポジション獲得のカギになりそうです。

もう1台の跳ね馬を駆るキミ・ライコネンが4番手に入り、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドはトップに0.7秒以上離されています。

加えて、フェルスタッペンは土曜フリー走行終盤にトラブルを抱えてコース上で停車しており、電気系統の不具合だったようですが、予選への影響が懸念されます。

さらにセッション終了間際にはザウバーのシャルル・ルクレールがトランスミッションのトラブルに見舞われましたが、こちらはギアボックスを新品と交換して予選とレースに挑むことになり、予定外のギアボックス交換だったため、5グリッド降格処分を受ける予定です。

少し青空も見えるレッドブル・リンク上空。気温24度、路面温度34度、湿度47%のドライコンディションで間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが先頭でコースイン。ザウバー勢やウィリアムズ勢が続きます。

フォース・インディアも2台が出陣。今のところ、コースに向かった各車はすべてウルトラソフトタイヤを選んでいます。

アウトラップを終えた順にアタックラップに入ります。

フェラーリとメルセデスの4人がコースイン。フェラーリはベッテルもライコネンもスーパーソフトを履いています。

6人がタイムを残して暫定トップは1分05秒567を刻んだエステバン・オコン。

レッドブルの2人を除く18人がコース上です。まだアウトラップ中のドライバーも多く、タイムを残しているのは11名のみ。

フェラーリとメルセデスの各車がアタックラップを完了し、1分04秒294を刻んだハミルトンがトップ、ベッテル、ボッタス、ライコネンと続くトップ4です。

トップのハミルトンと2番手のベッテルのギャップはわずかに0.053秒。ボッタスはチームメイトに0.245秒遅れです。

ライバルとタイミングをずらして出陣したレッドブル勢はリカルド、フェルスタッペンの順でアタックラップに入ります。

セクター1で全体のベストタイムを刻んだボッタスがトップに浮上! ハミルトンのタイムを0.119秒上回っています。

フェルスタッペンは0.465秒差の4番手に飛び込み、リカルドはボッタスに0.687秒遅れて7番手。

ボッタス、ハミルトン、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネンに続いてグロージャンとマグヌッセンが6番手と7番手に食い込んでいます。

リカルドは最初のアタックで8番手にとどまり、ヒュルケンベルグとサインツのルノー勢がトップ10に並んでいます。

現在、ノックアウトゾーンの16番手以下にいるのはペレス、シロトキン、ストロール、エリクソン、ハートレーです。ただ、ハートレーは自己ベストを更新するペースで周回しており、ポジションを上げてきそうです。

コントロールラインを通過したハートレーのタイムは・・・1分05秒366、14番手に浮上しました。

これでノックアウトゾーンのメンバーはアロンソ、ペレス、シロトキン、ストロール、エリクソンに変わります。

シロトキンが14番手に上がり、ストロールも自己ベストを更新しましたが17番手止まり。

ノックアウトゾーンにはバンドールンが下がり、ストロール、アロンソ、ペレス、エリクソンのメンバーとなりました。

上位勢のオーダーはハミルトンがトップに返り咲き、ボッタスが0.095秒差の2番手、ライコネン、フェルスタッペン、ベッテルが5番手につけています。

上位勢のオーダーはハミルトンがトップに返り咲き、ボッタスが0.095秒差の2番手、ライコネン、フェルスタッペン、ベッテルが5番手につけています。

新しいウルトラソフトのセットを履いてアタックに臨んだグロージャンが4番手にポジションアップ!

メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3チーム以外のドライバーがコース上。

バンドールンがノックアウトゾーンを抜け出すもポジションは15番手。

16番手以下にいるのはシロトキン、ハートレー、ストロール、エリクソン、ペレスです。

すでにピットに引き上げたトップ9のオーダーはハミルトン、ボッタス、ライコネン、グロージャン、フェルスタッペン、ベッテル、マグヌッセン、リカルド、ヒュルケンベルグ。

10番手以下のドライバーはまだアタックを続けています・・・!

Q1が終了しました。

まだ数名がアタック中ですが、セクター2にイエローフラッグが振られています・・・。

イエローフラッグが解除され、ストロールが15番手にポジションを上げました!

イエローフラッグの要因となったのはルクレール。コースを飛び出してしまったようです。グラベルに乗り上げましたが、事なきを得てコース復帰しています。

最終的にQ1でノックアウトされることが決まったのは16番手のバンドールン以下、ペレス、シロトキン、ハートレー、エリクソンでした。

Q1のトップタイムはハミルトンが刻んだ1分04秒080。ボッタス、ライコネン、グロージャン、フェルスタッペンまでが0.2秒差以内のタイムを残しています。

Q2のスタートまでしばしの休息です。

Q2がスタートしました。

ルクレールが真っ先にコースに向かいます。少し遅れてメルセデス勢やトロ・ロッソのガスリー、ライコネンも動き出しました。

メルセデスのハミルトンとボッタスはスーパーソフトをチョイス。フェラーリはウルトラソフトを選んでいます。

マクラーレンのアロンソがソフトタイヤでアウトラップ中。

レッドブルのタイヤ戦略やいかに・・・。

リカルド、フェルスタッペンの順でガレージを離れたレッドブル勢はどちらもスーパーソフトタイヤを装着。

上位3チームではフェラーリだけがウルトラソフトを選んでいます。

1分03秒台に入れて1-2態勢を築くハミルトンとボッタスは早々にピットに引き上げます。

3番手につけたベッテルはウルトラソフトでトップのハミルトンから0.190秒差。ライコネンが4番手につけ、5番手にはグロージャンが食い込んでいます。

ただ、フェルスタッペンのアタックが終わって5番手に飛び込み、グロージャンは6番手に後退。

リカルドは1分05秒台にとどまって11番手となりました。

まだルノーのサインツはノータイム。アウトラップからアタックに入ったところです。

全車のタイムが出そろい、トップにはハミルトン、0.179秒差でボッタスが2番手、ベッテル、ライコネン、フェルスタッペン、グロージャン、マグヌッセン、サインツ、ガスリー、ヒュルケンベルグが10番手。

1分04秒台にのせたリカルドが9番手に上がっています。

これでノックアウトゾーンにはヒュルケンベルグ、オコン、ルクレール、アロンソ、ストロールが並んでいます。

Q3進出をかけたバトルに向けて、全車がピットに帰還しています。

残り4分を切ってまだどのチームも動きません。

フォース・インディアのオコンが出てきました。タイヤはウルトラソフトの新セットに変えています。

路面温度がわずかに下がってきています。

ベッテルとライコネン、メルセデス勢も出陣。

レッドブルのフェルスタッペンとハースF1のグロージャンはガレージで待機。

ベッテルが1分03秒544をマークしてトップに浮上しました!

Q2はここでタイムアップ!

アロンソが最終コーナーで大きくふくらんでしまい、ラップをまとめきれず・・・!

最終的に、Q2で予選を終えることになったのは11番手のオコン以下、ガスリー、ルクレール、アロンソ、ストロールです。

13番手のルクレールはギアボックス交換に伴うグリッド降格処分を受けるため、現時点でスタート位置は18番グリッドに後退する見込みです。

予選Q3に進んだのはQ2でトップタイムとなる1分03秒544をたたき出したベッテル、0.033秒差で2番手に下がったハミルトン、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、グロージャン、マグヌッセン、リカルド、サインツ、ヒュルケンベルグです。

メルセデスとレッドブルはスーパーソフトで刻んだタイムが自己ベストとなり、決勝レースのスタートではフェラーリと異なるタイヤセットを装着します。

ターン1で発生したベッテルとサインツが絡むインシデントが審議対象になっています。サインツはフェラーリマシンとの接触を回避するため、コースを外れるしかない状態だったようです。

ポールポジションが決するQ3のスタートです。

あっという間に8台がコース上。ルノーの2台はユーズドのウルトラソフトを履いています。

ガレージで待機中なのはグロージャンとマグヌッセンのハースF1コンビ。

ルノー勢以外は新品のウルトラソフトを履いてアタックに入っています。

リカルドが1分04秒252を刻み、フェルスタッペンがそれを上回った後、ライコネンが1分03秒台に入れてトップに立ちました。

ライコネンよりも速くラップをまとめたのはメルセデスの2人。ボッタスがトップ、ハミルトンが2番手です。

ベッテルはタイムが伸びず、1秒近く遅いタイムで6番手。

ベッテルはターン4にかけてブレーキングでミスがあったようです。

ハミルトンもコーナリングでリアのバランスを乱しており、それがボッタスとの0.5秒のギャップにつながった模様。

タイミングをずらしてコースインしたハースF1のグロージャンが1分03秒892を刻んで4番手に! 相棒のマグヌッセンは8番手につけています。

すでにレッドブル勢が新しいタイヤセットに交換してコースに向かいましたが、現時点のオーダーはボッタス、ライコネン、ハミルトン、グロージャン、フェルスタッペン、リカルド、ベッテル、マグヌッセン、サインツ、ヒュルケンベルグです。

リカルド、フェルスタッペンの順でアタックラップに入ったレッドブル。どちらもセクター1とセクター2は自己ベストタイムを更新しています。

レッドブル勢は2人とも自己ベストタイムで周回したものの、ポジションは変わらずフェルスタッペンが5番手、リカルドが6番手です。1分03秒台に入れていますが、トップとは0.7秒前後のギャップがあります。

レッドブルの2台がピットに帰還。

10台すべてが新しいウルトラソフトタイヤのセットを履いてコースに出そろいました。

セクター1はボッタスがファステスト! ベッテルも好ペースですが・・・。

チェッカーが振られて予選終了です。

ボッタスは1分03秒130を刻み、ハミルトンは0.019秒届かず! ベッテルもポールタイムにはおよびません!

結果、ポールポジションを手に入れたのはボッタス。ハミルトンが2番手に入ってメルセデスがフロントローを独占しました。

3番手にベッテル、ライコネンが4番手、フェルスタッペン、グロージャンを6番手に挟んでリカルドは7番手、マグヌッセン、サインツ、ヒュルケンベルグの順で予選順位が決しました。

オーストリアGP決勝レースは7月1日(日)日本時間22時10分スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!