カナダGP 2018

/ Commentary

フリー走行2

2018年F1世界選手権第7戦カナダGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間深夜3時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみくださいただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第7戦カナダGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。先ほど実施された初回セッションは1分13秒302を刻んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップに立ちましたが、2番手につけたメルセデスのルイス・ハミルトンはフェルスタッペンよりもひとつ硬いコンパウンドで0.088秒差のタイムを残しました。

3番手にはレッドブルのダニエル・リカルドが入り、4番手にフェラーリのセバスチャン・ベッテル、5番手にメルセデスのバルテリ・ボッタスが並んでいます。

ベッテルの相棒キミ・ライコネンはトップから0.425秒遅れの6番手でした。

レッドブルやフェラーリがハイパーソフトタイヤを試した一方、メルセデス勢は2人ともウルトラソフトで自己ベストタイムを記録しています。

好天のモントリオールは気温21度、路面温度44度、湿度28%のドライコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

すぐにコースに向かおうという陣営はいないようです。

フェラーリのガレージから1台、出てきました。ライコネンです。

ウルトラソフトタイヤを履いてコースインしたライコネン。

ライコネンはブレーキングに何やら違和感を覚えているようですが、ピットには戻らずに2周目に入りました。

ルノーのカルロス・サインツが加わっています。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが合流。

最初のタイム計測を終えたライコネンは1分16秒158をマークしています。

スーパーソフトを試すサインツは0.5防遅れのタイムでした。

フォース・インディアのセルジオ・ペレスとウィリアムズのセルゲイ・シロトキンも始動しています。

さらにマーカス・エリクソンやランス・ストロールもコースに入りました。

賑やかになりつつあるコース上。現在は11台が周回しています。

ハートレーが1分16秒フラットを刻んでトップに立ち、ライコネン、サインツ、ペレス、シロトキンが5番手です。

ペースアップしたライコネンが1分14秒台に入れてきました。

1分15秒822をマークして2番手につけたのはハースF1のケビン・マグヌッセン。ただ、ライコネンからは1秒以上遅れています。

新たに出陣したのはフォース・インディアのエステバン・オコン。

レッドブルのリカルドもガレージを離れています。

トロ・ロッソはガスリーにスーパーソフト、ハートレーにウルトラソフトを履かせてプログラムを分けています。

ハースF1も同様に、マグヌッセンがスーパーソフト、グロージャンがウルトラソフトを試しています。

ライコネンのタイムに0.051秒差と迫ったサインツ。7周を走ってピットに戻っていきました。

ハミルトンが出陣。

コース上ではリカルドが好ペースを見せています。

トラフィックに引っかかってしまったリカルドはラップ後半にペースを落として1分18秒台に。

ボッタスもアウトラップに入っています。メルセデス勢は2人ともスーパーソフトを装着。

ハミルトンがセクター1とセクター2をファステストで通過しています。

ラップ全体は・・・1分13秒347でまとめてきました。ハミルトンが履いているのは今週末で最も硬いスーパーソフトタイヤです。

ボッタスも1分13秒台に入れていますが、ハミルトンには0.4秒以上遅れています。

初回セッションでタイムを残せなかったルノーのヒュルケンベルグがウルトラソフトタイヤを履いてコースに出ています。

1分13秒712を刻んだフェルスタッペンが2番手に飛び込んでいます。ただ、ハミルトンがペースアップしており、最速タイムを塗り替えてきそうです。

ハミルトンのタイムは1分13秒031! ボタッタスも自己ベストを更新して2番手に上がっています。

トップ3のハミルトン、ボッタス、フェルスタッペンはいずれもスーパーソフトタイヤで周回中。

リカルドは結局、思うようなタイムを残せぬまま、4周を走っただけでピットに戻っています。

これまでに一度もコースに姿を見せていないのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルだけ。

ヒュルケンベルグは燃料を積んでロングランに取り組んでいるのか、ペースはそこまで速くなく、1分16秒フラットが自己ベストでポジションは18番手です。

ルノーのサインツがスピンを喫してリアをウオールにぶつけてしまいました。

幸い、走行を再開していますが、マシン後部が受けた衝撃はわりと激しかったように見えます。

赤旗に切り替わりました。

サインツのマシンから落ちたデブリがコースに落ちており、それらの清掃が行われるようです。

セッションは赤旗中断のため、コースに出ていた全車にピットへの帰還が義務付けられます。

ターン6を抜けてターン7へのエントリーでリアのコントロールを失ったサインツ。

すでにマシンをガレージに戻していますが、修復作業はセッション時間中に完了できるかどうか・・・。

日本時間3時32分にセッションを再開するとの通達です。

セッション再開です。

まずはフォース・インディアのペレスが出陣。ピットレーン出口でスタート練習に励み、コースインしました。

フェラーリのベッテルもコースに入っています。

ベッテルが履いているのはスーパーソフトタイヤです。

ベッテルはひとまず1分15秒台のタイムを記録。

ライコネンが1分13秒049を刻んで2番手に上がっています。

暫定トップにつけるハミルトンは1分12秒台に入れており、ライコネンに対するリードは0.272秒。

ザウバーの2台が自己ベストタイムを更新、ルクレールが5番手、エリクソンが6番手に上がっています。

ザウバーの2人はハイパーソフトタイヤで周回中。

メルセデスの2台がウルトラソフトに履き替え、ライコネンはハイパーソフトを装着しています。

スーパーソフトを履き続けるフェルスタッペンが1分12秒台に入れて2番手にポジションアップ。

レッドブルのガレージでジャッキアップされているのはリカルドのマシン。チーム代表のクリスチャン・ホーナーによると、「最初のセッションでエンジンがきちんと動いておらず、適切に整えられていなかった」とのこと。

リカルドのマシンは走行を再開できるまで30分ほど時間がかかりそうだともホーナーは明かしていました。

ライコネンが1分12秒328を刻んでトップに浮上し、ハミルトン、フェルスタッペン、ボッタス、オコン、ルクレール、ハートレー、ヒュルケンベルグ、ベッテル、エリクソンと続くトップ10。

メルセデスの2台とフェルスタッペン、ベッテル以外はハイパーソフトタイヤで自己ベストを刻んでいます。

90分のセッションは半分の45分が終了。

グロージャンが1分13秒789を記録して6番手に上がりました。

一時、44度に上昇していた路面温度は41度と少し下がってきています。

フェルスタッペンがハイパーソフトに履き替えてコースイン。

アウトラップを終えたフェルスタッペンはセクター1のファステストを刻んでいます。

フェルスタッペンは1分12秒198をたたき出してトップタイム! ライコネンに0.130秒のリードを築きました。

フェルスタッペン、ライコネン、ハミルトン、ボッタスに次ぐ5番手にグロージャンがつけ、オコン、アロンソ、ルクレール、ハートレー、ヒュルケンベルグのトップ10に変わっています。

現在、コースに出ているのはフェルスタッペン、グロージャン、バンドールン、マグヌッセン、ペレスです。

ペレスが1分13秒754をマーク。7番手にポジションアップしました。

ヘルメットをかぶったまま、ガレージで待機するリカルド。マシンは引き続きジャッキアップされた状態で、まだしばらくコースには出られそうにありません。

バンドールンが右リアタイヤをウオールにぶつけてしまったようです。

どうやら右フロントタイヤもウオールと接触していたようで、ピットを目指したものの、結局、コース脇にマシンを止めました。

バーチャルセーフティカーが発令されています。

ヘアピンを過ぎてコースの内側に停車したバンドールン。

バーチャルセーフティカー中ですが、オコンとペレスのフォース・インディア勢、マクラーレンのアロンソはステイアウトして走り続けています。

全車がピットに戻ってきました。

トラブルに見舞われているリカルド、タイヤをぶつけて走行中断を余儀なくされたサインツ、始動が遅かったベッテルはまだひと桁の周回数。

すでに20周を走っているドライバーも複数おり、大半は15周以上を走り込んでいます。

ハミルトンとボッタスがコースに入っています。

ボッタスにはすぐにピットに戻るよう指示が出ています。

ここでバーチャルセーフティカーが解除されました。

ベッテルがハイパーソフトタイヤに履き替えて出陣。

メルセデスの2台はユーズドのウルトラソフトを履いたままです。

ベッテルがアウトラップを完了してハイパーソフトのタイム計測をスタートさせています。

ベッテルは1分13秒012でまとめて4番手。

ベッテルと5番手につけるボッタスのタイム差はわずかに0.049秒ですが、ベッテルがハイパーソフトを履いているのに対し、ボッタスのタイムはウルトラソフトで刻んだものです。

レッドブルのリカルドはまだガレージにとどまったまま。

他にアクシデントに見舞われたサインツとバンドールンが走っていません。それ以外のドライバーはコース上です。

お、リカルドがマシンに乗り込み、準備を整えたようです。

スーパーソフトタイヤを履いたリカルドがコースイン。

何とか時間内に作業を終えてリカルドを送り出したレッドブルクルーは安堵の表情です。

タイヤのウオームアップに励むリカルドですが、トラフィックが発生しており、前後とのスペースを見いだしながらタイミングを図っています。

ウルトラソフトでロングラン中のボッタスが1分16秒台前半のペースをキープしているようです。

ハミルトンも同様のラップタイムを刻みながら30周目に突入。

ウルトラソフトを履くライコネンは1分16秒後半のペース。ベッテルは周回数を16に伸ばして現在はピットに戻っています。

レッドブルのリカルドは1分14秒097の自己ベストをマークして14番手に上がった後、ピットに戻って現在はまたマシンをガレージに入れています。

ハイパーソフトタイヤで長いスティントを走っているハースF1のグロージャンは1分20秒前半のタイムを記録しているようです。

もう1台のハースF1を駆るマグヌッセンは1分19秒後半のペース。同様にハイパーソフトを履くトロ・ロッソのハートレーはマグヌッセンよりもコンマ数秒速くラップをまとめています。

リカルドがハイパーソフトタイヤに履き替えてコースイン。

ハイパーソフトでクイックラップを走るリカルドがまもなくコントロールラインを通過します。

タイムは・・・1分12秒980。4番手にポジションアップです。

トップ6のオーダーはフェルスタッペン、ライコネン、ハミルトン、リカルド、ベッテル、ボッタスに変わっています。

さらにペースを上げたリカルドが1分12秒603を刻み、3番手に上がりました。

セッション終了を前に、グロージャンがピットに戻ってきています。

アロンソも引き上げてきました。

ベッテルがピットイン。入れ替わるようにアロンソが再びコースに向かいます。

ここでセッション終了です。

トップタイムはフェルスタッペンが残した1分12秒198。0.130秒差でライコネンが2番手に続き、リカルド、ハミルトン、ベッテル、ボッタスと続くトップ6でした。