カナダGP 2018

/ Commentary

予選

2018年F1世界選手権第7戦カナダGP予選のセッションはこの後、日本時間3時に開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第7戦カナダGP予選の模様をお届けいたします。初日を含め、3回のフリー走行を通してトップタイムを刻んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンは先ほど実施された土曜フリー走行で1分11秒599をたたき出しましたが、2番手につけたフェラーリのセバスチャン・ベッテルとは0.049秒しかギャップがありませんでした。

さらに、3番手だったフェラーリのキミ・ライコネンは0.051秒差、4番手に甘んじたメルセデスのルイス・ハミルトンも0.107秒差と大きなギャップは築けていません。

5番手タイムにとどまったレッドブルのダニエル・リカルドと6番手だったメルセデスのバルテリ・ボッタスが他の4人に少し後れを取っている模様。

中団グループもバトルが激化しており、"ベスト・オブ・ザ・レスト"の7番手にはフォース・インディアのセルジオ・ペレスがつけたものの、12番手に入ったトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーまでが0.2秒以内のタイムを残し、17番手に終わったハースF1のケビン・マグヌッセンを含めてもギャップは0.585秒しかありませんでした。

快晴に恵まれたジル・ビルヌーブ・サーキットは現在の気温が22度、路面温度44度、湿度20%のドライコンディション。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。

ハースF1のケビン・マグヌッセンを先頭にして・・・っと! ガレージから出てきたロマン・グロージャンのマシンリアから白煙が・・・!

ザウバーの2台とマグヌッセン、ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンがコース上ですが、グロージャンはピットレーンに停車しています。

グロージャンのもとにはハースF1クルーがかけつけ、マシンをピットに戻しています。

コースに出ている4台はすべてハイパーソフトタイヤを装着。

フェラーリのベッテル、トロ・ロッソの2台、ウィリアムズのランス・ストロールが合流しています。

フェラーリはライコネンもコースへと送り出しています。

クルーの手を借りてガレージにマシンを入れたグロージャンはコックピットを離れており、タイムを残せずに予選を終えることになったようです。

ライコネンが1分12秒050を刻んでトップに立ち、0.060秒差でベッテルが2番手、マグヌッセンが3番手につけています。

メルセデスの2台もハイパーソフトタイヤを履いてコースイン。

グロージャン以外ではまだルノーのカルロス・サインツがガレージにとどまったまま。

と、お伝えしたところでサインツがコースに入りました。

ウィリアムズのシロトキンがピットに戻っており、コース上を走っているのは18台です。

フェラーリ勢はライコネンが1分11秒725を刻んでトップをキープ、ベッテルは0.099秒差の2番手です。

ボッタスは0.8秒遅れの3番手。リカルドが1秒以上遅く、5番手に並んでいます。

フェルスタッペンは・・・1分12秒フラットでまとめて3番手。

ハミルトンは1分12秒268、ポジションは4番手です。

100分の数秒を争うフェラーリコンビ。ベッテルが0.015秒速くまとめてトップに浮上しています。

自己ベストを更新したボッタスですが、フェラーリ勢には0.2秒及ばずに3番手。

ザウバーのエリクソンはウオールにタイヤをこすってしまい、多少のダメージを負ってピットに帰還。

グロージャン不在の中、ノックアウトゾーンにいるのは16bアンてのストロール以下、ルクレール、シロトキン、エリクソンです。

15番手につけるマグヌッセンと16番手ストロールのギャップは0.118秒しかありません。

1分11秒台に入れているトップ3を含め、上位勢は多くがガレージに戻ってきています。

トップ10ドライバーでは4番手につけるハミルトンがコース上。

ハミルトンが自己ベストタイムを更新してきましたが、ポジションは3番手。トップのベッテルとは0.125秒のギャップです。

マグヌッセンが12番手にポジションアップし、16番手に下がったのはアロンソ。

Q1が終了しました。

まだ複数のドライバーがアタック中・・・。

マグヌッセンが8番手に上がった後、ハートレーがさらに上回ってきました。

結果、16番手以下で予選Q1敗退を喫したのはトロ・ロッソのガスリー、ストロール、シロトキン、エリクソン、トラブルに見舞われたグロージャンでした。

予選Q1のトップタイムはベッテルがマークした1分11秒710でした。

Q2開始までしばしの休息です。

Q2がスタートしました。

ここでも先陣を切ったのはマグヌッセン。フェラーリのライコネンはウルトラソフトを履いて出陣します。

ベッテルとハミルトンもウルトラソフトを選んでガレージを離れました。

アウトラップを完了したライコネンがアタックを開始。

ボッタスもウルトラソフトタイヤをチョイスしています。

マグヌッセンは新品のハイパーソフト、ザウバーのルクレールはユーズドのハイパーソフトを履いているようです。

ライコネンがコントロールラインを通過します・・・タイムは1分11秒620! ベッテルがそれを0.096秒上回ってトップタイム。

ハミルトンはセクター2までファステストできていましたが、タイヤをロックアップしてしまい、4番手のタイムにとどまっています。

暫定トップに立っているのはボッタスですが、2番手のベッテルとのギャップはわずかに0.01秒!

レッドブルの2台はハイパーソフトタイヤを選択。その他のドライバーもコースに出そろい、メルセデスとフェラーリの4人以外はすべてハイパーソフトタイヤを選びました。

トップ4に並ぶボッタス、ベッテル、ライコネン、ハミルトンはピットに戻っています。

リカルドは1分11秒台に入れたものの、ポジションは5番手。

フェルスタッペンが最速タイムを塗り替えてきました! 1分11秒472をマークしています。

これでトップ6のオーダーはフェルスタッペン、ボッタス、ベッテル、ライコネン、ハミルトン、リカルドとなっています。

ハイパーソフトタイヤを投入したレッドブルのリカルドは最初のアタックでチームメイトよりも0.3秒遅れてしまいました。

最後にアロンソがコントロールラインを通過して15名のタイムが出そろいます。

Q2序盤のアタックが完了し、7番手にサインツがつけ、オコンとペレスのフォース・インディア勢、ルノーのヒュルケンベルグがトップ10に食い込んでいます。

ノックアウトゾーンの11番手以下にいるのはマグヌッセン、ハートレー、バンドールン、アロンソ、ルクレールです。

ハイパーソフトに履き替えたライコネンがコースイン。

ボッタスとハミルトンも同様に最も柔らかいコンパウンドに切り替えてガレージを後にしています。

ベッテルもハイパーソフトにタイヤを交換してコースイン。

どうやらトップに立つフェルスタッペンはこのままガレージで様子を見ることにしたようです。

お、フェルスタッペンも出てきました。15台すべてがコース上。タイヤは全員がハイパーソフトです。

最終コーナー手前はトラフィックが激しく、ベッテルはピットレーンに戻っていってしまいました。ライコネンもアタックには臨まずに引き上げています。

Q2はここでタイムアップ!

リカルドが1分11秒434をたたき出してトップに浮上し、フェルスタッペンとボッタスも自己ベストを更新。

ハミルトンはラップを完了せずにピットに戻っていきました。

全車のアタックが完了しました。Q2で予選を終えることになったのは11番手から順に、マグヌッセン、ハートレー、ルクレール、アロンソ、バンドールンです。

予選トップ10入りを決めたのはQ2のトップタイムとなる1分11秒434を刻んだリカルド以下、フェルスタッペン、ボッタス、ベッテル、ライコネン、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、サインツ、オコン、ペレスです。

予選Q3のスタートまで再びしばしの休息です。

ポールシッターが決まるQ3のスタートです。

まずはメルセデスの2人がコースイン。ライコネンとヒュルケンベルグが合流します。

フェラーリのガレージからベッテルが出陣。ルノー勢も始動してコース上は6台になりました。

ハミルトンが1分11秒227を刻んだ直後、ボッタスが1分10秒台にのせて最速タイムを塗り替えます!

ライコネンは1分11秒フラットでまとめてボッタスに0.238秒遅れ。

レッドブルのリカルドが始動しています。少し遅れてフェルスタッペンも加わりました。

ベッテルがコントロールラインに戻ってきます・・・タイムは1分10秒776!

ベッテルがボッタスのタイムを0.081秒上回ってトップに立っています!

レッドブルコンビがアタックラップに入りました。

セクター2の通過タイムはベッテルに100分の数秒差でしたが、リカルドは1分11秒台にとどまって6番手。フェルスタッペンは4番手につけました。

Q3序盤のアタックを終えて、ベッテル、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、ハミルトン、リカルドのトップ6にヒュルケンベルグとサインツが続く格好です。

フォース・インディアの2台はラストの一発勝負にかけるようです。

サインツに加えてオコンとペレスがコースイン。

ライコネンがガレージを離れ、ハミルトンとボッタスもコースに入ります。

10台がコースに出そろいました。

ライコネン、ハミルトン、ボッタス、ベッテル、リカルド、フェルスタッペンの順でアウトラップからアタックラップへと入ります・・・。

わずかにコースを飛び出してしまったライコネン、ラップを断念してペースを緩めてしまいました。

チェッカーが振られて予選終了。

ハミルトンはライバルのタイムを上回れず・・・。ベッテルが1分10秒764にペースアップしてトップの座を死守します!

ベッテルのポールポジションが決定し、0.093秒差の2番手にボッタス、フェルスタッペンが3番手に上がって2列目を確保。

4番手にハミルトン、ライコネン、リカルド、ヒュルケンベルグ、オコン、サインツ、ペレスのオーダーとなりました。

カナダGP決勝レースは日本の日付が変わった後、11日(月)早朝3時10分スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!