ブラジルGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間22時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。金曜日に実施された2回のフリー走行ともトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にはチームメイトのバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2で初日を締めくくっています。

ハミルトンのベストタイムはコンディションが安定していた初回セッションの方が速く、1分09秒202をマークしました。フリー走行2回目はそれよりも0.3秒遅い1分09秒515を刻んでいます。

ボッタスもハミルトンと肉薄したタイムを残しており、メルセデスコンビが頭ひとつ抜けた格好。その後ろでフェラーリとレッドブルがしのぎを削る展開になると見られています。

さて、降雨の予報もある土曜日、インテルラゴスの空模様は曇り。灰色の分厚い雲が上空を覆い、現在、雨は降っていませんが、早い時間帯に降雨があり、路面は一部がダンプ状態です。

気温19度、路面温度27度、湿度79%のコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ルノーのカルロス・サインツを先頭に、ザウバーのマーカス・エリクソンやフェラーリのセバスチャン・ベッテルがコースイン。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソも始動しています。今のところ、コースに入った面々はすべてミディアムタイヤを履いています。

サインツはインストレーションラップを走ってピットイン。ほとんどのドライバーがピットレーンを通って再びコースに向かっています。

アロンソが1分12秒829をマーク。バンドールンは1分13秒594を刻んでいます。

マクラーレン勢はすでにタイム計測をスタートさせていますが、ザウバーの2台はピットとコースを往復。まだタイムを刻んでいません。

トロ・ロッソのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートリーがスーパーソフトタイヤを履いてガレージを出発。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが合流します。

マクラーレンとザウバーの4台はピットに戻り、現在、コース上はトロ・ロッソコンビとフェルスタッペンのみ。

ガスリーが1分14秒730をマークして3番手に。

ハートリーが1分12秒台に入れてトップタイムを更新しています。フェルスタッペンは1周を走ってピットに戻り、タイムを残したのはトロ・ロッソとマクラーレンの4台だけです。

フェラーリのキミ・ライコネンとウィリアムズのランス・ストロールがシステムチェックに臨んでいます。ライコネンはスーパーソフト、ストロールはミディアムタイヤを装着。

ストロールがストップしたようです。

バーチャルセーフティカーが発令されます。

ストロールは「ギアに何か起きている」と報告。パワーも失って身動きが取れなくなったようです。

ターン6の上り坂に差し掛かったタイミングでストップしたストロールのウィリアムズマシンは坂道をゆっくりと後退した後、停止。

ストロールがコックピットを離れます。

コース上ではガスリーだけが周回を重ねており、他の陣営は様子見中。

ウィリアムズマシンがコース外に出され、バーチャルセーフティカーが解除されました。

メルセデスのボッタスとハミルトンがコースに向かいます。ソフトタイヤをチョイス。

フォース・インディアのエステバン・オコンも同じタイヤを履いてガレージを離れました。

まだ一度もコースに出ていないのはもう1台のフォース・インディアを駆るセルジオ・ペレスだけ。

走行プランに取り掛かったライコネンが1分09秒928をマークしてトップに立ちました。

ルノーのヒュルケンベルグが2番手に飛び込み、3番手にバンドールンです。

ペレスがようやく始動しました。

まだレッドブルの2台はインストレーションラップを走っただけ。ハースF1のマグヌッセン、ウィリアムズのマッサも同様です。

ハミルトンが1分10秒台のタイムで2番手に入った後、ベッテルが1分09秒台に入れて2番手に飛び込みます。

フェラーリの2台はスーパーソフト、メルセデス勢はソフトタイヤで走っています。

マクラーレンのアロンソとバンドールンはミディアムからソフトに履き替えました。

ハミルトンも1分09秒台に乗せてきましたがフェラーリ勢には届かず。

ライコネンとベッテルが0.040秒差、ライコネンとハミルトンは0.180秒差です。タイヤは変わらずフェラーリ勢がスーパーソフト、ハミルトンはソフトタイヤで走っています。

ボッタスはトップから0.8秒遅れ、ハミルトンにも0.7秒ほどの差をつけられています。

アロンソが1分10秒368を刻んで4番手にポジションアップ。ボッタスを上回ってきました。

同じソフトタイヤを履くハミルトンからは0.555秒遅れ、ボッタスとは0.094秒のギャップです。

まだタイムを残していないのはレッドブルとウィリアムズの4台。ストロールはトラブルに見舞われており、現在、チームが調査しているとのこと。

レッドブルはエンジンのマイレージを温存するために走行を制限しているようです。

自己ベストを更新したボッタスが4番手に上がっています。ハミルトンとのギャップは0.2秒に縮まりました。

ソフトタイヤで10周したハミルトンがセクター1のファステストをマーク。セクター2はペースを緩めてしまったようです。

どうやらハミルトンは先ほどのラップでコースを少し外れてしまった様子。ペースダウンはこれが理由のようです。

ウィリアムズのガレージからマッサが出てきました。

セッションが始まって30分。前半の作業を終えてトップに立っているのはライコネンです。0.04秒差でベッテルが2番手に並び、0.180秒差のハミルトンが3番手。

4番手はボッタス、アロンソ、オコン、ペレス、バンドールン、サインツ、ヒュルケンベルグがトップ10に名を連ねています。

マッサは1分10秒671を記録して7番手に飛び込んでいます。

今日はあまりラップをうまくまとめられない様子のハミルトン。ターン1でロックアップしてしまったようです。

レッドブルのリカルドがコースイン。スーパーソフトを履いています。

リカルドは1分10秒後半のタイムでひとまず10番手に入りました。初日に明かしていたように、あまりプッシュせずにマシンの感触と路面状況を確認する作業に専念しているのかもしれません。

マッサが降雨を報告しています。雨脚はそれほど強くありませんが、ポツポツと雨粒が落ちている模様。

フェルスタッペンもようやく動き出しました。リカルドはスーパーソフトを選びましたが、フェルスタッペンはソフトタイヤを履いています。

フェルスタッペンは6番手タイムを記録。

メルセデスのボッタスがスーパーソフトに交換してコースに入っています。

ハミルトンやフェラーリ勢も新しいスーパーソフトのセットを履いてガレージを離れています。

ボッタスが1分09秒569をマークしてトップに浮上!

ハミルトンとライコネンもクイックラップに入っています。

セクター1の通過タイムはライコネンがファステスト。

ライコネンはボッタスのタイムを0.170秒上回って再びトップに。

ベッテルがそれを0.060秒更新してタイムシート最上位につけました。

レッドブルのフェルスタッペンとリカルドは6番手と7番手に並び、いったんピットに戻りました。ソフトタイヤのフェルスタッペンがスーパーソフトを履いたリカルドを上回っていますが、エンジン状況的に2人ともそれほどハードにプッシュしていなかったのかもしれません。

ハミルトンも自己ベストを更新しましたが、3番手の位置。

ライコネンがまた最速タイムを塗り替えます。ベッテルよりも0.013秒速くまとめました。

ライコネンとベッテルが0.013秒差、ライコネンと3番手のハミルトンも0.027秒のギャップしかありません。

そしてセクター3で全体のベストタイムを刻んだボッタスがトップタイム!

ハミルトンも自己ベストタイムを残したものの、ボッタスには0.003秒届かず。

メルセデスとフェラーリのギャップは0.1秒となく、ボッタスと4番手のベッテルでさえ、差は0.058秒しかありません。

すでにボッタスとライコネンはピットに帰還。

セッション終盤、コースを走るマシンはあまり多くなく、ハミルトン、ベッテル、オコン、マグヌッセン、グロージャン、ハートリーの6人だけです。

スーパーソフトを履いて7周を走ったハミルトンは1分09秒前半のペースをキープ。

ベッテルはピットレーンを通りながら、レース手順の練習も取り組んでいるようです。

残り9分を切り、レッドブルのフェルスタッペンが新しいスーパーソフトを履いてコースイン。他にも予選シミュレーションに取り掛かるドライバーが複数います。

上位勢はボッタスがコース上。ハミルトン、ライコネン、ベッテル、5番手につけるアロンソはガレージ内です。

10番手タイムを残すマクラーレンのバンドールンもガレージに戻ってしばらくコースに出てきていません。

1分10秒244をマークしたリカルドが5番手にポジションアップ。

アンダーステアがひどいと訴えていたフェルスタッペンがスピンを喫してしまったようです。すぐに体勢を立て直して走行再開。縁石に乗り上げてしまったようです。

フェルスタッペンはそのままガレージに戻りました。

ハミルトンやフェラーリ勢はユーズドのスーパーソフトで最終調整中。

ボッタスは作業をすべて終えたのか、ガレージに引き上げています。

それ以外にもセッション終了を前にすでに作業を切り上げている陣営もあります。

チェッカーが振られてセッションが終わりました。

トップタイムはボッタスがマークした1分09秒281。ハミルトンが0.003秒差で2番手、0.045秒差だったライコネンが3番手に入り、0.045秒差のベッテルが4番手です。

予選はこの後、日本時間深夜1時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!