ブラジルGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間深夜1時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。現地午後の雨予報に備えて早々にスーパーソフトタイヤが使用された初回セッションではメルセデスのルイス・ハミルトンが1分09秒202のトップタイムを記録。

僚友バルテリ・ボッタスが0.127秒差で2番手に続き、3番手に入ったフェラーリのキミ・ライコネンはトップから0.542秒遅れました。

フリー走行1回目はトロ・ロッソコンビ以外のドライバーがスーパーソフトを使ってショートランとロングランに取り組んでいます。

トロ・ロッソ勢はピエール・ガスリーがMGU-Hのトラブルに見舞われ、ブレンドン・ハートリーも白煙を上げてコース上に停車し、2人合わせて7周しか走れていません。2人ともMGU-Hを交換して予選とレースに臨むため、グリッド降格ペナルティを受けることになっています。

気になるインテルラゴスの空模様は・・・雲は増えたものの晴れ。現在の気温は29度、路面温度50度、湿度40%のドライコンディションです。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ハースF1のロマン・グロージャンがコースに向かいます。ハースF1は初回セッションでテストドライバーのアントニオ・ジョビナッツィを起用する予定でしたが、天気予報を踏まえてケビン・マグヌッセンが走行し、今回のフリー走行でジョビナッツィがマグヌッセンからマシンを借り受けています。

トロ・ロッソのハートリーに続いてジョビナッツィも出陣。

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、マクラーレンのフェルナンド・アロンソもガレージを離れます。

フェラーリガレージからはキミ・ライコネンも出てきました。

グロージャンが1分13秒台のタイムをマークしました。他のドライバーたちもインストレーションラップから直接プログラムを開始するようです。

ベッテルが1分10秒993を刻んでいます。

現在コースに出ている8名はすべてソフトタイヤを装着。

グロージャンとジョビナッツィのハースF1勢はユーズドのソフトタイヤを履いています。

ライコネンが1分10秒855でまとめてきました。

グロージャンは「めちゃくちゃオーバーステアなんだけど」と訴えています。

ベッテルがライコネンよりも0.080秒速く走ってトップタイムを更新。

トロ・ロッソのガスリーは1分12秒台、ハートリーは1分14秒台のタイムを残しました。初回セッションをほぼ失ってしまった2人は積極的に走っています。

アロンソは3周を走って1分12秒265をマークし、ピットに帰還。

セッションが始まって10分、また少しコース上にマシンが増えてきました。

まだガレージにとどまっているのはレッドブルのダニエル・リカルド、ウィリアムズのフェリペ・マッサ、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスのハミルトンです。

1分10秒450を記録してトップに躍り出たライコネンは7周を走行してピットへ。

フェルスタッペンが1分10秒280を刻んでトップに浮上。その後、ボッタスが0.010秒上回ってきました。

リカルドとハミルトンがガレージを後にしています。リカルドはMGU-Hを新品と交換し、今週末は10グリッド降格処分を受ける予定。

ヒュルケンベルグもソフトタイヤを履いてコースに向かっています。

最後にマッサがコースイン。こちらもタイヤはソフトです。

少し雲が増えてきたでしょうか。路面温度が45度に下がっています。

ハミルトンが1分09秒792をマークしてトップタイム。ボッタスが0.068秒差で2番手、フェルスタッペンが3番手です。

全車のタイムが出揃い、トップ5はハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン、ライコネン、ベッテルのオーダー。1分09秒台に入れているのはメルセデスの2人だけです。

6番手にはリカルドが続き、オコン、マッサ、バンドールン、ルノーのサインツが10番手につけています。

ハミルトンがさらにペースアップに成功し、1分09秒742を記録。ボッタスに対するリードは0.118秒になりました。

序盤のランを終えたドライバーがピットに戻り始めています。

フェラーリのベッテルは10周を走行。トロ・ロッソのガスリーは11周、ハートリーは13周を走りました。

スーパーソフトに切り替えたライコネンが1分10秒117を刻んで3番手に浮上。ハミルトンとのギャップはそれでも0.375秒あります。

今のところスーパーソフトタイヤを投入したのはライコネンのみ。

ライコネン以外ではマッサとウェーレインが走るだけで、他のドライバーはピットに引き上げています。

マッサは7周を走ってピットイン。初回セッションでマシンをシャルル・ルクレールに貸し出していたウェーレインはすでに16周を走り込み、ロングランを続けています。

トロ・ロッソのハートリーがスーパーソフトタイヤを装着してコースイン。

ライコネンがピットに戻り、入れ替わるようにスーパーソフトタイヤに交換したベッテルが出陣。

ボッタスもスーパーソフトを試すことにしたようです。

ペレスはユーズドのソフトタイヤでガレージを離れました。また少し路面温度が上がってきています。

ハートリーはスーパーソフトでロングランに取り組んでいる様子。

自己ベストを更新し、1分09秒875をマークしたベッテルが3番手にポジションを上げています。

さらにハミルトンがスーパーソフトタイヤに履き替えてコースイン。

ボッタスがセクター1のファステストを記録しています。

ボッタスは1分09秒563をマークしてトップタイム。ハミルトンに対するリードは0.179秒です。

スーパーソフトタイヤに履き替えたドライバーたちが続々とコースに出始めています。

まだ路面にラバーが乗り切っていないようで、縁石に乗り上げたり、コースを若干はみ出してしまうドライバーが複数います。

マクラーレンのアロンソは5周を走っただけでガレージに戻り、現在はコックピットを離れている様子。

ハミルトンが最速タイムを塗り替えました。ボッタスをわずかに0.048秒上回って1分09秒515をマークしました。

レッドブル勢もスーパーソフトに切り替えています。

フェルスタッペンは1分09秒台に入れ、ライコネンを上回りましたがベッテルには届かず。

リカルドがトップと0.2秒差の3番手に上がりました。

エリクソンがターン11でコースを飛び出してしまったようです。

黄旗が振られましたが、すでに解除されています。

エリクソンはタイヤバリアにぶつかってしまい、タイヤを傷めたようですが、再び走り出しています。

ライコネンがスーパーソフトタイヤでロングランを開始。

アロンソはまだガレージにとどまったまま、コースにはしばらく出てきていません。

ライコネンはゆったりと1周してピットに戻ってしまいました。

マクラーレンのバンドールンがスピンを喫してコースオフ。エス・ド・セナ付近でバランスを崩したようです。その後、コースに戻ったものの、ピットに引き上げています。

セッションは半分の45分が終了。トップ5はハミルトン、ボッタス、リカルド、ベッテル、フェルスタッペンとなっています。

アロンソがようやくコースに入りました。ユーズドのソフトタイヤを履いてクイックラップをスタートしています。

アロンソは1分11秒112を刻んで14番手にポジションアップ。チームメイトのバンドールンは現在12番手につけています。

スーパーソフトで10周を走ったオコンが1分10秒306の自己ベストをマークし、7番手に上がりました。

まだスーパーソフトを試していないのはアロンソとジョビナッツィ。

それ以外のドライバーはすでにクイックラップを走り、ロングランに切り替えた陣営もいます。

マッサはソフトに戻してコースイン。

アロンソは周回数を10に伸ばしてピットイン。次の走行に備えて準備を進めています。

ここまでに1分09秒台に乗せているのはトップ5のドライバー。6番手のライコネンは1分10秒117にとどまっています。

スーパーソフトに履き替えたアロンソがコースイン。

グロージャンがスピンを喫してしまったようです。事なきを得て走行を再開しています。

先ほどピットレーンに戻ってガレージ前に何か"ゴミ"を捨てたマッサ。ステアリングホイール裏にティッシュペーパーがあったようで、それを捨てに戻ってきたようです。

ハミルトンとボッタスは1分13秒前半から中盤のペースを維持。ベッテルも似たようなペースで周回しています。

10番手に浮上したアロンソがさらにペースアップしてセクター1を自己ベストで通過。

現在、フレッシュタイヤで走行しているのはアロンソだけです。

レッドブルはリカルドが1分13秒フラットのラップタイムを刻みながら、さらに周回を重ねていきます。

現在のタイヤセットで13周以上を走るメルセデス勢は1分13秒台前半のペースを維持したまま。

ライコネンがソフトタイヤでロングランに励むフェラーリは2人とも1分13秒後半のタイムです。

レッドブルのフェルスタッペンもソフトタイヤでレースシミュレーションに取り組んでおり、1分13秒後半のラップタイムを記録しています。

ロングランが始まってしばらく、タイムシートに目立った動きはありません。

上位3チームに次ぐ7番手の位置にはフォース・インディアのオコンがつけ、その後ろにウィリアムズを駆るマッサ、ルノーのヒュルケンベルグ、10番手にマクラーレンのアロンソが並んでいます。

特にオコンからヒュルケンベルグのギャップは0.1秒未満と、中団グループは今週末も接戦の展開。マクラーレンは0.3秒ほど遅れており、あと少しペースを見いだしてからんでいきたいところです。

セッション終了まで20分を切りました。

多くのドライバーが30周以上を走り込んでおり、一番少ないのは16周のアロンソ。

コース上空に雲が増えてきています。路面温度は43度に下がりました。

ピットレーン付近では若干の降雨が確認されています。

17周の走行にとどまるエリクソンを除く19台がコース上。アロンソもまもなく20周に到達します。

フェラーリによると、雨脚が少しずつ強まっているとのこと。まだ走行に影響するほどではないようですが、ドライバーたちはドライ状態のうちに走り込んでおこうと精力的に周回を重ねています。

ザウバーによると、エリクソンはこのセッションの走行を早めに切り上げ、明日に向けてマシンの準備をスタートしているとのこと。

一時的にピットインするドライバーはいますが、ほとんどはコースにとどまってロングランに専念。

ハートリーは46周を走破し、ベッテルやオコンも41周を走り込んでいます。

ソフトタイヤに切り替えたハミルトンのラップタイムが1分12秒前半に入ってきました。燃料が軽くなってきているようです。

フェラーリはベッテルがスーパーソフト、ライコネンがソフトタイヤで走行中。レッドブルはリカルドがソフトを履き、フェルスタッペンがスーパーソフトです。

ベッテルがピットに戻ってきました。ソフトからスーパーソフトに履き替えます。

ハミルトンが1分12秒台をキープする一方、4周ほど多く走るボッタスは1分13秒台。

ライコネンはボッタスと同じようなペースを維持しており、リカルドも同様です。

スーパーソフトを履き続けるフェルスタッペンは1分12秒後半のペース。

アロンソがデプロイメントがひどいと訴えています。「同じトラブルじゃない?」とも。チームからは「良いテストだから走り続けて」との指示が出てました。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

トップタイムはハミルトンがマークした1分09秒515、ボッタスが0.048秒差で2番手に並び、メルセデスが初日の両セッションで1-2を達成しています。

3番手にはリカルドが入り、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネンのトップ6でした。

土曜フリー走行は日本時間で本日11日(土)22時より開始されます。それではまた夜にお会いしましょう!