ブラジルGP 2017

/ Commentary

フリー走行1

2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行1回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第19戦ブラジルGP金曜フリー走行1回目の模様をお届けいたします。今シーズンのグランプリ週末は残すところ後2回。

すでに、コンストラクターズ選手権はUS GPでメルセデスの4連覇が決まり、ドライバーズ選手権も前戦メキシコGPでルイス・ハミルトンの4度目のタイトル獲得が確定していますが、とりわけ中団グループを中心に、わずかなポイント差でランキングを争うチームも複数おり、残るブラジルとアブダビのレースも重要な戦いであることに違いはありません。

順位を確定させたチームは来季に向けて新たな挑戦に取り組む陣営が多いものの、チャンピオンに輝いたメルセデスのルイス・ハミルトンはラスト2レースも全力で戦うつもりだと誓っており、以前とは違い「まだ2勝できるんだから」との考え方をキープしているようです。

このところ調子を上げてきているレッドブルや、順調な週末を過ごせば速さを示すフェラーリを相手に、王者メルセデスがどう"攻め"ていくのか注目です。

現地インテルラゴスの天候は青空が広がり、気温24度、路面温度38度、湿度59%のコンディション。間もなく金曜フリー走行1回目がスタートします。

ピットレーン出口のシグナルが緑に変わり、セッションが始まりました。

早々にピットレーン出口にマシンを並べていたレッドブルのダニエル・リカルドを先頭にコースイン。

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ザウバーのマーカス・エリクソンが続きます。

ザウバーはパスカル・ウェーレインに代えて今セッションに限りシャルル・ルクレールを起用。フォース・インディアはGP3王者となったジョージ・ラッセルにドライブのチャンスを与え、セルジオ・ペレスがガレージでセッションの様子を見守ります。

リカルドとベッテルは1周を走ってピットイン。

エリクソンやマクラーレンのフェルナンド・アロンソらは2周のインストレーションラップを走るようです。

ウィリアムズのフェリペ・マッサがコースに向かいました。今週末がF1ドライバーとして挑む最後の母国グランプリ。

まだメルセデスの2台はガレージにとどまっています。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが1分12秒253をマークしました。早速、プログラムに取り掛かっています。

ハミルトンがコースに入りました。

システムチェックに2周を使ったチームもいますが、タイムを刻んでいるのはフェルスタッペンだけ。

現在、コース上はフェルスタッペンとハミルトンです。

ハミルトンの相棒バルテリ・ボッタスはまだコースに出てきていません。

フェルスタッペンが1分11秒台にペースアップ。

ハミルトンは2周を走ってピットに戻っています。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが合流。さらに、メルセデスのガレージからボッタスも出てきました。

フォース・インディアのエステバン・オコンも加わります。さらにリカルドがコースイン。

ボッタスはインストレーションラップから直接プログラムを開始した様子。1分10秒820をマークしました。

7周を走ってピットに引き上げたフェルスタッペンは1分10秒959のベストタイムを刻んでいます。

ボッタスはソフトタイヤ、フェルスタッペンはスーパーソフトを履いてタイムを計測しています。

現在、コースに出ているリカルドはソフトタイヤ、フェラーリのベッテルがスーパーソフトを履いてコースイン。

ルクレールはインストレーションラップで履いたスーパーソフトでタイム計測に臨みます。

フォース・インディアを駆るラッセルはミディアムタイヤの走行を継続。

リカルドが1分11秒台を記録。今のところタイムを残しているのはボッタス、フェルスタッペン、リカルドの3名のみです。

ベッテルは1分12秒台にとどまり、ポジションは4番手。

トロ・ロッソの新コンビ、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートリーも始動しています。

お? 黄旗が振られているようです・・・。トラブルに見舞われたのはトロ・ロッソのハートリー。白煙を撒き散らした後、ターン15付近でストップしてしまいました。

バーチャルセーフティカーが発令されています。前戦に続き、またもエンジントラブル・・・。

バーチャルセーフティカーが解除されました。

今週末が5連続レース週末のハートリー。先週末には上海で世界耐久選手権の王者に輝き、大忙しのシーズン終盤を過ごす中で再び厳しい状況に直面してしまいました。

ハートリーはタイムを計測できずにマシンを降りています。

タイムシートトップに立っているのは引き続きボッタス。ベッテルが2番手につけ、フェルスタッペン、リカルド、ウィリアムズのランス・ストロールが5番手。

フェラーリのキミ・ライコネンが5番手タイムを残した後、マクラーレンのストフェル・バンドールンが1分11秒403を刻んでトップ5に飛び込みました。

メルセデスのハミルトンがソフトタイヤを履いてガレージを離れています。

全車が2周以上を走っていますが、まだノータイムのドライバーが8名。

おっと! ベッテルがスピン!

コースを飛び出してしまいましたが、体勢を立て直してコース復帰しています。

ハミルトンが1分10秒174を刻んで2番手につけます。トップのボッタスはすでに1分09秒台に入れています。

ベッテルはターン8で「ちょっとプッシュしすぎちゃった」とのことです。

ハミルトンがさらにペースを上げて1分09秒672をマーク。ボッタスを上回ってトップに立ちました。

現在のトップ5はハミルトン、ボッタス、マッサ、ベッテル、ライコネン。

メルセデスの2台はソフトタイヤ、マッサとフェラーリ勢はスーパーソフトでベストタイムをマークしています。

セッションが始まって30分が経過。

トラブルでマシンを降りているハートリー以外に、まだ、ザウバーのエリクソンとルクレール、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、フォース・インディアのラッセルはノータイム。

ルクレールとラッセルはコースに出ており、すでにタイム計測に入っていますが、アロンソとエリクソンはガレージ内。

マクラーレンのバンドールンが1分10秒610をマークして5番手に浮上しています。

アロンソはすでに8周を走りながらも、ピットとコースの往復にとどまっており、タイムはありません。

エリクソンの周回数は4、こちらも2回のランを終えていますが、タイムは記録していません。

ハミルトンが自己ベストを更新。1分09秒445をマークしました。現在のソフトタイヤで10周を走っています。

アロンソが再びコースに入っています。アウトラップからタイム計測をスタートしていますが、コントロールラインに向かうでしょうか。

アロンソはまたもピットレーンに向かい、ノータイムのまま。

ほとんどのドライバーが序盤の走行プランを終えてピットに戻ってきています。

コース上はルクレールが走るのみ。

ルクレールもピットに帰還してインテルラゴス・サーキットのコース上は無人となりました。

序盤40分の走行が完了。ここまでに使用したタイヤの1セットはピレリへの返却が義務付けられています。

快晴のインテルラゴス・サーキット、路面温度は44度に上昇。

各陣営、ガレージでの作業が続いており、まだコースに出ようというドライバーはいません。

1分09秒台のタイムを刻んだのはメルセデスの2台だけ。3番手のマッサから8番手のライコネンまでが1分10秒台です。

ザウバーのガレージからエリクソンが出てきました。新品のスーパーソフトを履いています。

90分のセッションは半分の45分が終了。エリクソン以外はまだガレージにとどまっています。

トロ・ロッソのガレージにはレーシングスーツを脱いだガスリーの姿が・・・。ハートリーはエンジントラブルでマシンを降りており、ガスリーも何かトラブルに見舞われたようで、マシンはジャッキアップされ、メカニックたちが慌ただしく作業しています。

コース上にはボッタスとアロンソが合流。

エリクソンは1分13秒130をマークして16番手につけました。

ハミルトンもコースに向かいます。メルセデス勢はスーパーソフトタイヤに履き替えて後半の走行に取り組んでいます。

ボッタスが1分09秒329を刻んでトップに再浮上。

新しいスーパーソフトを投入したベッテルは1分09秒984。トップのボッタスには0.655秒遅れています。

レッドブルの2台もスーパーソフトに履き替えてコースに入っています。

セクター2でファステストを刻んだハミルトンがコントロールラインを通過します。タイムは・・・1分09秒202。ボッタスを上回ってきました。

ハミルトンとボッタスは0.127秒差と接戦ですが、3番手に飛び込んだライコネンはトップから0.542秒遅れ。

レッドブルのフェルスタッペンは1分09秒750をマーク。リカルドはまだ1分10秒台ですが、現在のラップで自己ベストを更新してきそうです。

リカルドはセクター1で自己ベストをマークしたものの、以降はペースが伸びずにタイム更新ならず。ポジションは7番手です。

トップ5のハミルトン、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、ベッテルが1分09秒台をマークしたものの、メルセデス勢が頭ひとつ抜けた状態。

ターン12でヒュルケンベルグに押し出される格好となったハミルトン。「危険すぎる」と憤慨しています。

メルセデスコンビはすでにボッタスが27周、ハミルトンが23周を走破。

セッション残り時間は30分となり、トロ・ロッソ勢以外はスーパーソフトを試し終わったことから、この後はロングランを中心とした作業になりそうです。

トロ・ロッソによると、ガスリーはMGU-Hのトラブルで走行断念とのこと。ハートリーもエンジントラブルに見舞われており、トロ・ロッソはメキシコGPに続いて厳しい出だしとなってしまいました。

今のところ、走行しているドライバーは全車がスーパーソフトタイヤのまま。

上位勢はピットに戻ってマシン調整を進めています。

フォース・インディアのオコンが1分10秒454を刻んで8番手にポジションを上げています。

スーパーソフトを試すラッセルが自己ベストを更新して12番手にポジションアップ。ここまでは順調にプログラムを進めているようで、20周を走り込んでいます。

トロ・ロッソによれば、ハートリーのトラブルはまだパワーユニット関連の問題か、オイルシステムの問題かはっきりしていないとのこと。セッション終了後にマシンが戻ってきた後、さらに分析を進めるそうです。

多くのドライバーがピットに引き上げ、コース上はラッセルが走るのみ。

ボッタスが合流します。タイヤはユーズドのスーパーソフト。

ラッセルがピットに戻り、マッサとバンドールンがコースイン。

セッション終了まであと20分となりました。

コースに向かった各車はいずれもユーズドのスーパーソフトタイヤを装着しています。

レッドブル勢やフェラーリ勢もガレージを離れます。

ハミルトンも再びコースに向かい、スーパーソフトのロングランに取り組むようです。

先にレースシミュレーションを開始したボッタスは1分12秒後半のペースを刻みながら周回中。

レッドブルの2台はリカルドが1分12秒後半、フェルスタッペンは1分13秒半ばのペース。

ライコネンとハミルトンはアウトラップを終えた後、いったんピットレーンを通ってスタート練習に励んだ後、改めてコースに入っていきました。

ライコネンは次のラップでもピットレーンを通過。マシンとタイヤの感触を確かめながら、コースとピットレーンを往復しています。ベッテルも同様。

ハミルトンは1分13秒前半のタイムを刻んでいます。

ようやくコントロールラインを通過したベッテルのラップタイムは1分14秒前半。ライコネンは1秒速いペースです。

ベッテルが少しペースを上げてきました。1分13秒フラットをマーク。

ハミルトンとボッタスも1分13秒フラットで接近したタイムを刻み続けています。

トロ・ロッソ以外でガレージにマシンを入れているのはマッサとバンドールン。

バンドールンはコースに加わったものの、マッサは出てきていません。

コース上の17台は全車、スーパーソフトのセットを装着。

タイヤの状態を問われたフェルスタッペンはどうやら不満を抱えているようでグリップ不足の理由が分からないと訴えました。

ウィリアムズのガレージではマッサがコックピットを離れ、エンジニアと打ち合わせ中。どうやらこのままセッションを終えることになりそうです。

アロンソがピットに引き上げていきました。ここまでに24周を走ってベストタイムは1分10秒476、10番手につけています。

ウィリアムズのマッサは1分10秒102を刻んで7番手につけています。

メルセデスのボッタスは42周を走破。チームメイトのハミルトンも周回数は36に達しています。

ハミルトンもセッション終了を前にピットに戻っていきました。

チェッカーが振られて初回セッションが終わりました。

トップに立ったのは1分09秒202を刻んだハミルトン。ボッタスが2番手、ライコネンが3番手でした。

金曜フリー走行2回目はこの後、日本時間深夜1時より開始されます。また後ほどお会いしましょう!