US GP 2017

/ Commentary

レース

03:30 2017年F1世界選手権第17戦US GP決勝レースはこの後、日本時間早朝4時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

03:50 これより2017年F1世界選手権第17戦US GP決勝レースの模様をお届けいたします。土曜日に行われた予選はフリー走行を通してトップの座を維持し続けたメルセデスのルイス・ハミルトンが1分33秒108を刻んでポールポジションを獲得。ラストアタックではタイムを更新できませんでしたが、ライバルであるフェラーリのセバスチャン・ベッテルのベストタイムはハミルトンに0.2秒届かず、ハミルトンのポールが決まっています。

03:51 メルセデスのもう一角、バルテリ・ボッタスもファイナルランで自己ベストを更新できず、フロントローをベッテルに明け渡す格好に。ボッタスと共に2列目に並ぶのはレッドブルのダニエル・リカルドです。

03:52 予選を5番手で終えたのはフェラーリのキミ・ライコネン。隣の6番グリッドには予選順位でいくとレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入るはずですが、フェルスタッペンはエンジンコンポーネントを交換して15グリッド降格処分を受けたため、後方グリッドに後退。

03:53 フォース・インディアのエステバン・オコンが繰り上がりで6番手スタートを確保し、4列目にはルノーと共に初のレースに挑むカルロス・サインツとマクラーレンのフェルナンド・アロンソが並びます。

03:54 予選Q3に進んだフォース・インディアのもう一台を駆るセルジオ・ペレスとフェルスタッペンの後退でトップ10スタートを手に入れたウィリアムズのフェリペ・マッサが5列目。

03:55 マレーシアと日本を欠場して久々のレースに臨むトロ・ロッソのダニール・クビアトが11番グリッドに入り、ハースF1のロマン・グロージャンがお隣です。予選13番手だったマクラーレンのストフェル・バンドールンは最新型の内燃機関を投入して5グリッド降格ペナルティを科せられ、さらに決勝日の朝になってMGU-Hに問題が発覚し、マクラーレンはパワーユニットの総交換を決断。25グリッド降格処分が追加され、合計30グリッド降格となります。

03:56 フェルスタッペンやバンドールン同様にエンジンコンポーネントを交換して降格処分を受けたのはルノーのニコ・ヒュルケンベルグとトロ・ロッソのブレンドン・ハートリー。ヒュルケンベルグが18番グリッドに入り、ハートリーはバンドールンと共に最後列からスタートします。

03:57 また、予選セッションで他車の走行を妨害したとしてウィリアムズのランス・ストロールとハースF1のケビン・マグヌッセンに3グリッド降格処分が下りましたが、エンジンペナルティを受けたドライバーが多いため、ストロールは予選順位より2つ上の15番グリッド、予選最下位の20番手だったマグヌッセンは3つ繰り上がって17番手スタートとなります。

03:58 勝てばタイトル獲得決定の可能性もあるハミルトンと、チャンスをつなげるためには勝利必須のベッテルがフロントローに並ぶ今週末。まずはスタートからターン1にかけての勝負に注目です!

03:59 間もなくスタート時刻を迎えるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。気温25度、路面温度35度、湿度52%のドライコンディションです。

04:00 オリンピックメダリスト、ウサイン・ボルトの合図でフォーメーションラップが始まりました。14番手スタートのザウバーを駆るパスカル・ウェーレインがソフトタイヤをチョイス。エリクソンやストロール、マグヌッセン、バンドールンがスーパーソフトを選んでいます。

04:03 ハミルトンとベッテルがフロントローに着きます。いよいよレーススタートです・・・!

1周目

シグナルが消えて各車発進! レースが始まりました!

ベッテルが好発進! ハミルトンがカバーに入りますがターン1はベッテルが先に到着・・・そして・・・前に出ました!

ハミルトンが2番手、ボッタス、リカルド、オコン、ライコネン、アロンソが7番手。

2周目

上り坂に向かってリカルドがボッタスに近づく! ターン1はリカルドがインサイドを取り、ボッタスの前に出ます! が、ターン2までにボッタスが盛り返してポジションを奪い返す!

3周目

ライコネンがオコンを追い抜き、5番手にポジションアップ!

リードは変わらずベッテルがキープし、ハミルトンが1秒とない間隔でチャンスを狙います。ボッタスとリカルドの攻防も継続中。

4周目

DRSを生かしながらボッタスのリアにぴたりとつけるリカルド。再びターン1でインをつく!

ただ、ブレーキングが遅かったこともあり、オーバーラン! ボッタスもエイペックスを逃しましたが、ポジションは死守しています!

5周目

スタートで一度、ポジションを落としたライコネンですが、その後はペースも良いようで5番手に戻り、ボッタスとリカルドの攻防戦に加わろうとしています。

その前ではハミルトンがファステストを連発してベッテルにプレッシャーをかけます。

ルノーのヒュルケンベルグがガレージにマシンを入れてしまいました。後方スタートで巻き返しを狙っていましたが、何かトラブルが起きた模様。

6周目

ハミルトンがベッテルをロックオン! DRSを生かしながらベッテルに並んだハミルトンはコーナーのインをついて前に出ました。これでリーダーはハミルトンに!

7周目

ベッテルをかわしたハミルトンは一気に加速。

ザウバーのウェーレインがガレージにマシンを入れてコックピットを離れています。

レーススチュワードからはハースF1のマグヌッセンとウェーレインが接触した一件を認識しているものの、審議対象にはなっていないことが明かされています。

8周目

徐々にリードを広げるハミルトン。ベッテルの5秒後方ではボッタスがリカルドとライコネンからのプレッシャーに耐えています。

9周目

2周目にターン1でポジションを争ったリカルドとボッタスの一件が審議対象になっています。

10周目

後方スタートのフェルスタッペンがなんと6番手に浮上! 猛チャージをかけてすでに上位争いに加わってきています。

5番手を走るライコネンまでは8.5秒。

11周目

トップ5のドライバーは1分40秒後半から1分41秒前半のタイムをキープ。フェルスタッペンも同様です。7番手に下がったオコンは1分42秒台と少しペースが足りません。

12周目

リカルドとボッタスの一件はおとがめなしの裁定が下っています。

ベッテルは左フロントタイヤにブリスターが発生しているようで少し苦しい状況。

13周目

リカルドがピットイン! 新しいスーパーソフトに履き替えてピットアウトしています。戻った位置はルノーのサインツの後ろ9番手です。

14周目

フレッシュタイヤを履くリカルドがホームストレートでサインツを料理。8番手に上がり、今度はアロンソを捕らえていきます。

15周目

オコン、そしてアロンソがピットに向かいました。2台が抜けてリカルドは6番手にポジションアップ。

オコンとアロンソはどちらもソフトタイヤをチョイス。

16周目

リカルドがコース脇にマシンを止めます・・・!

セクター1ではファステストをマークしていたリカルドですが、一体何があったのでしょう・・・。

リカルドの無線によると「エンジンが逝っちゃった・・・」とのこと。好ペースを発揮していたリカルドは無念のリタイアとなってしまいました。

17周目

ベッテルがピットに入ってきました。ソフトタイヤを履いてピットアウト。フェルスタッペンから8秒ほど離れた5番手でコース復帰しています。

リカルドのストップで掲示されていたイエローフラッグは解除されています。

18周目

現在トップ4を走るハミルトン、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペンはまだスタートと同じタイヤを履いています。

19周目

メルセデスが先にピットに呼び入れたのはボッタス。ライコネンはステイアウト。タイヤ戦略が異なるフェルスタッペンもコースにとどまっています。

ボッタスはベッテルと同じくソフトタイヤに交換してコースへと戻っていきました。

20周目

メルセデスのピットボックスにハミルトンが入ってきます。

ベッテルが1分39秒台のファステストラップを刻んでおり、早めのタイヤ交換が必要と判断したようです。

ソフトタイヤを履いたハミルトンはベッテルの前でコース復帰! ただ、真後ろにいるベッテルが勝負どころと見たのかハミルトンのリアにぴたりとつけて追い回しています。

タイヤ交換直後のハミルトンのペースが悪くないと知ったベッテルは少し間を取ってきました。

21周目

ライコネンがピットに入ってタイヤ交換を完了。ソフトタイヤを選択しました。

まだ第1スティントを走るフェルスタッペンがラップリーダーとなり、ハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネンが5番手。

22周目

フェルスタッペンは1分40秒後半のラップタイムを刻み、1.5秒ほど後ろに控えるハミルトンは1分39秒台に入れています。

ベッテルやボッタスは1分40秒前半のペース。

23周目

ハミルトンがフェルスタッペンに接近中。戦略が異なるとあってあまり抵抗しないかと思われましたが、サイド・バイ・サイドに持ち込んだハミルトンを一度は退けたフェルスタッペン。ただ、やはりペースの良いハミルトンにはかなわず、ターン14を抜けたところでハミルトンがリードを奪い返しました。

24周目

8番手を走るアロンソにペレスが迫っています。

リアにぴたりとつけられたアロンソ。ペレスが・・・オーバーテイクしました!

25周目

レッドブルのクルーが準備しています。フェルスタッペンが入ってきました。

選んだコンパウンドはソフトタイヤ。ライコネンが通過して11秒弱のタイミングでコースに戻ったフェルスタッペンは5番手につけています。

お? アロンソがピットレーンに向かっているようです。かなりスローダウンしていますが、トラブルでしょうか。

26周目

アロンソはマシンをガレージに入れました。ポイント圏内を走っていた中でのリタイア・・・。またもエンジントラブルとのことです。

27周目

現在、トップ10を走るのはハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、マッサ、オコン、ペレス、サインツ、クビアト。

マッサだけがまだ第1スティントを走っています。

28周目

ハミルトンとベッテルは4.4秒の差があり、ベッテルとボッタスは3.8秒の間隔。ライコネンもボッタスからは3秒少し遅れており、レース中盤はマシンとタイヤをケアしながらペースをコントロールしているようです。

29周目

フェルスタッペンはライコネンから6秒以上後方を走っており、6番手のマッサはさらに26秒離されています。

新品のスーパーソフトでスタートしたマッサはステイアウトを続けていますが、後方からオコンとペレスのフォース・インディア勢がプレッシャーをかけてきています。

30周目

オコンがマッサに仕掛けていきましたが、タイヤをロックアップしながらもマッサが巧みにポジションを死守! ペレスもチャンスがあればと狙っていましたが、オーダーは変わらずマッサが6番手にいます。

ただ、マッサはそのままピットに入り、タイヤ交換を完了。

マッサと争ったフォース・インディア勢はタイヤに負担をかけてしまいましたが、オコンが6番手、ペレスが7番手に上がっています。

31周目

マッサは12番手でコースに戻りました。タイヤはウルトラソフトを選択。

代わってポイント圏内に入ったのはロマン・グロージャンです。

32周目

オコンとポジションを争うペレスの後ろにサインツが接近! さらにクビアトも加わってきそうです。

33周目

上位勢もベッテル、ボッタス、ライコネンのギャップが縮まっており、1秒から2秒の間隔になっています。

34周目

サインツがペレスに並ぶ! サイド・バイ・サイドに持ち込んだ後、オーバーテイクを成功させたサインツが7番手に上がりました。

ペレスはターン1にかけてインサイドを取るも、サインツがポジションをキープ。

ペレスはクビアトからプレッシャーを受けています!

35周目

少しペースを上げたライコネンがボッタスの0.7秒後方に近づきました。ボッタスも前のベッテルとは1.3秒差。

さらにライコネンの後ろからは1分38秒台を刻むフェルスタッペンが差を詰めてきています。

36周目

ボッタスはベッテルを追いかけながらライコネンにも対応しなければなりません。

37周目

メルセデスのリアをとらえて離れないライコネン。サーキット・オブ・ジ・アメリカズがもたらすオーバーテイクのチャンスを生かしたいところですが、メルセデスをどこで捕まえるか・・・。

38周目

フェルスタッペンがピットに入っていきました。タイヤをスーパーソフトに交換。

特に問題があったわけではないようで、ボッタスやライコネンがピットインすることを想定して事前にピットストップを行ったようです。フェルスタッペンはピットイン前と同じ5番手でコースに戻っています。

39周目

ベッテルがピットへ。フェラーリクルーが用意しているタイヤはスーパーソフトです。

タイヤ交換後のラップで好ペースを見せたフェルスタッペンよりも少し前でコースに戻ったベッテル。

ハミルトンは「タイヤの状態はいい」と報告しており、メルセデスは難しい判断を迫られています。

40周目

ひとまずここはステイアウトを決めたメルセデス。ハミルトンとボッタスが40周目に入りました。

ハミルトンと4番手に下がったベッテルのギャップは現時点で25秒弱。

41周目

トップ3のハミルトン、ボッタス、ライコネンは1分39秒台を刻んでおり、ハミルトンとライコネンは1分39秒前半、ボッタスは1分39秒後半のペースです。

ユーズドのスーパーソフトに履き替えたベッテルは1分38秒前半のラップタイムを刻み、フェルスタッペンも1分38秒台をキープしています。

42周目

ついにライコネンがサイド・バイ・サイドに! アウト側から大回りしながらもボッタスをリードしたライコネンがそのまま前のポジションを維持して・・・2番手に浮上!

43周目

ホームストレートに戻ってすでに一定のリードを得ていたライコネンはボッタスからプレッシャーを受けずにターン1を通過。

44周目

44周目に入ったハミルトンはピットに戻らず。4番手のベッテルとの差は22秒を切っており、このままチェッカーを目指すことに決めたようです。

45周目

先頭を走るハミルトンと2番手に上がったライコネンのギャップは10.5秒。ライコネンはすでにボッタスを2秒以上引き離しています。

4番手を走るベッテルは自己ベストタイムを刻みながら、ボッタスに接近していきます。現時点でその差は7秒。

46周目

オコンとサインツの6番手争いは引き続きコンマ数秒の接近戦が繰り広げられており、抜きどころを探るサインツですが、なかなか道が開きません。

47周目

4番手のベッテルと5番手のフェルスタッペンが1分38秒台のタイムで上位勢に迫ってきています。

ボッタスとベッテルの差は4.4秒に縮まり、フェルスタッペンはベッテルの1.8秒後ろにいます。

48周目

ベッテルが周回遅れにしたマグヌッセンとエリクソンが接触! すぐ後ろにはフェルスタッペンがいましたが、ギリギリのところで難を逃れています。

マグヌッセンはスピンを喫しましたが、体勢を立て直してコースに戻っています。エリクソンは多少なりとマシンにダメージがありそうですが、レースを続けています。

49周目

ベッテルが1分37秒957のファステストラップを刻んで猛チャージ中。

マグヌッセンとエリクソンの一件が審議対象になっています。

オコンとサインツの対決に動きが出始めています。サインツがまた少し差を詰めてきました。

50周目

ベッテルがボッタスの1秒後方に迫ってきました! メルセデスとしてはボッタスに踏ん張ってほしいところ・・・。

51周目

さらにベッテルのコンマ数秒後方にフェルスタッペンが来ています。

周回遅れのマシンを挟みながら・・・ターン1でベッテルがボッタスをオーバーテイク!

ボッタスよりもフレッシュなタイヤを履くベッテルはトラクションに優れ、これで3番手に上がりました。すぐ前にはチームメイトのライコネンがいます。ベッテルの方がペースは断然良く、フェラーリはポジションを入れ替えるでしょうか。

52周目

ターン1でベッテルがライコネンの前に出ました。ライコネンはアウト側にラインを取り、ベッテルがインサイドから抜けていきました。

残り5周、ハミルトンとベッテルは15秒のギャップ。

53周目

ボッタスがフェルスタッペンからも攻撃を受けています。オーバーラン気味にコースを飛び出したボッタスはいったん前をキープしたものの、すぐにフェルスタッペンがオーバーテイクして4番手に。

メルセデスはボッタスをピットに入れます。

ユーズドとのウルトラソフトタイヤを履いたボッタスはポジション変わらず5番手でコース復帰。

54周目

ベッテルと13秒ほどのギャップがあるハミルトンはタイヤをいたわりながらペースをコントロール。

ライコネンも1ストップできており、後方に迫るフェルスタッペンを抑えながら表彰台を目指します。

55周目

ベッテル、ライコネン、フェルスタッペンが1.2秒ほどの間隔で連なっています。

ラップタイムはフェルスタッペンが最も速い状況ですが、残り周回は2周・・・。オーバーテイクを仕掛けるチャンスは徐々に減ってきています。

56周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました!

フェルスタッペンがギアアップ・・・! ライコネンをロックオン! 逃げるライコネンですが、すぐ前にベッテルが迫っており、難しい状況に直面しています。

フェルスタッペンがライコネンに並んだ! 前に・・・出ます!

一足先にハミルトンがチェッカーを受けます! ポール・トゥ・ウインを達成!

ベッテルが2位でゴールし、土壇場でライコネンをかわしたフェルスタッペンが3位表彰台!

ライコネンは4位フィニッシュとなりました。5位ボッタス、オコン、サインツ、ペレス、マッサ、クビアトがポイントを獲得しています。

フェラーリからフェルスタッペンのオーバーテイクに物言いが入っている様子。

レースコントロールより、フェルスタッペンがコース外に出てアドバンテージを得た可能性があるとして審議しています。

審議結果が出ました。フェルスタッペンに5秒のタイムペナルティ! ライコネンは4.011秒差でゴールしていたため、3位表彰台はライコネンとなります!

優勝したハミルトン、2位のベッテル、3位のライコネンがそれぞれトロフィーを授与されました。

コンストラクターズ選手権はメルセデスの優勝が決まり、ドライバーズ選手権はハミルトンが66点をリードして残り3レースに挑みます。

オースティンの熱戦を終えたF1サーカスはこの後、次の舞台メキシコシティへと移動します。シーズン第18戦メキシコGPは今週27日(金)に開幕し、初回セッションは日本時間24時にスタートすることになっています。それではまた次回メキシコGPでお会いしましょう! 皆さま、今週も良い一週間を!