US GP 2017

/ Commentary

フリー走行3

フェルスタッペンがタイム計測を開始しました。

2017年F1世界選手権第17戦US GP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間25時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第17戦US GP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日のフリー走行は2回のセッションともメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。ウルトラソフトタイヤを使った後半のセッションでは1分34秒668をマークし、唯一、1分34秒台を刻んでいます。

2番手に食い込んだのはレッドブルのマックス・フェルスタッペン。ハミルトンとは0.397秒差のベストタイムを残しており、3番手にフェラーリのセバスチャン・ベッテルが入りました。

4番手から6番手もメルセデス、レッドブル、フェラーリのオーダーとなり、上位6台のタイム差は0.8秒ほどと、今週末は"ビッグ3"と呼ばれる3チームの接近戦が予想されます。

ただ、フェラーリは初日にトラブルやアクシデントが相次いでおり、まだ本調子を見せているわけではないようです。ベッテルは「マシンは速いから心配していない」と語っており、まずはこれから始まる最後のフリー走行に注目してまいりましょう。

今日も雲が多めながら青空が見えるオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。気温26度、路面温度32度、湿度67%のドライコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

まずはレッドブルのマックス・フェルスタッペンを先頭に、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ザウバーのマーカス・エリクソンが続いてコースへ向かいます。

ハースF1のロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンもガレージを離れています。

インストレーションラップを完了したドライバーから順にピットに戻ってきます。

まずはマクラーレンのストフェル・バンドールンがタイム計測を行っています。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、ウィリアムズのフェリペ・マッサ、トロ・ロッソのブレンドン・ハートリーもコース上です。

バンドールンは2周を走ったところでガレージへ戻りました。

ハートリーがまずタイムを出して1分41秒499をマーク。

続いてサインツが1分37秒125、僚友のヒュルケンベルグが1分37秒613でした。

メルセデスの2台は現在ガレージにおり、まだコースへ出ていません。

現在コース上にはサインツ、ヒュルケンベルグ、ハートリーの3人となっています。

ここでフェラーリのベッテル、メルセデスのバルテリ・ボッタス、レッドブルのダニエル・リカルドがコースへ向かいました。

サインツは自己ベストを更新して1分36秒813をマークしました。

フェラーリのキミ・ライコネンもガレージを後にしています。

メルセデスのルイス・ハミルトンもここでコースへ向かいました。

キミ・ライコネンがセクター1、2を全体ベストで通過。

ライコネンが1分35秒562を記録。

ハミルトンはどれくらいのタイムを出すのか。

メルセデスの2台もライコネンに続き1分35秒台をマーク。

マクラーレンおよびウィリアムズの2台はガレージで作業中の模様です。

レッドブルのフェルスタッペンは現在ガレージでマシンを降りています。

メルセデスのハミルトンがタイムを更新して1分35秒125を出しました。

フォース・インディアのエステバン・オコンとセルジオ・ペレスは1分37秒台のタイムを刻んでいます。

レッドブルのリカルドは1分36秒101というタイムでした。

フェラーリのベッテルとライコネンは一旦ピットへ入ります。

ここでマクラーレンのアロンソがタイムを出して1分36秒404。

ハミルトンがピットへ戻ります。

現時点でタイムを出していないのは、フェルスタッペン、バンドールン、マッサ、ストロールとなっています。

ボッタスは一度ピットへ入りましたが、すぐにまたコースへ復帰しました。

トロ・ロッソのクビアトは「マシンがなんか変だよ」と報告してピットに帰還。「ステアリングホイールがかなり重い」と訴えています。

グロージャンがコースを飛び出してグラベルで止まってしまいました。

バーチャルセーフティカーが発令されています。

バーチャルセーフティカーが発令中のため、各車が一旦ガレージへ戻っていきます。

ルノーとザウバーの2台はコース上にとどまっています。

レッドブルのフェルスタッペンはグロージャンがスピンを喫する直前にコースインしていましたが、こちらもバランスを崩してコースオフを喫しており、グリップを得られていない様子。バーチャルセーフティカー発令によりペースアップができないため、ゆったりとしたペースで周回を続けています。

サーキット周辺は強い風が吹いている模様です。

バーチャルセーフティカーが解除となりました。

すぐさま各車ガレージを後にしてコースへと向かっていきます。

ウィリアムズのストロールはまだノータイム。しばらくガレージにとどまっていましたが、先ほどコースに入ってアウトラップを終えたところです。。

ベッテルが1分34秒570をマークしました。

ここでハミルトンがベッテルのタイムを0.092秒上回り、1分34秒478を記録。

メルセデスとフェラーリの2台が1分34秒台のタイムをマークしています。

風の強いコンディションの中、各チームがプログラムを行っています。

ストロールは1分36秒421を出して現在9番手タイムとなっています。

セッション残り時間が15分を切りました。

ここでピットへ入るチームが増えて、現在コース上は4台が走行中となっています。

トロ・ロッソのガレージではメカニックたちが大急ぎで作業中。クビアトのマシンにはテクニカルトラブルが生じていたようで、修復作業が進められています。

ベッテルは1周のみ走ってガレージへと戻ります。

マクラーレンのアロンソ、バンドールンがコース上です。

ハースF1のマグヌッセンも走行を続けています。

バンドールンは1分36秒599でアロンソとは0.195秒の遅れとなりました。

アロンソは自己ベストを更新して1分36秒239をマーク。

フェルスタッペンが新品のウルトラソフトを履いてコースイン。フェラーリ勢はユーズドのウルトラソフトでガレージを離れています。

ヒュルケンベルグが1分35秒608をマークして6番手タイム。

ベッテルとライコネンは1周を追加してすぐにピットイン。ボッタスもユーズドタイヤで周回していますが、ハミルトンはどうやら走行を終えたようです。

ウルトラソフトを1セットしか使っていないレッドブルのリカルドはガレージにとどまったまま。

セッション残り3分を切って再度ハミルトンがコースへ。

お、リカルドが新しいウルトラソフトタイヤを履いてコースに向かいました。

ボッタスはピットへ戻り、走行を終えたようです。

チェッカーが振られてセッション終了です。

最後のフリー走行は1分34秒478を刻んだハミルトンがトップ、0..092秒差でベッテルが続き、0.214秒差のボッタスが3番手でした。

予選はこの後、日本時間早朝6時に開始されることになっています。いつもは土曜フリー走行終了から2時間後に始まる予選ですが、今週末はグランプリスケジュールが通常と異なり、土曜フリー走行と予選の間が4時間あきます。それではまた後ほどお会いしましょう!