US GP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第17戦US GP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間早朝4時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第17戦US GP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。オースティンの週末はウエット路面で始まったものの、初回セッション中盤以降は路面が乾き、ドライタイヤでの走行が実現、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分36秒335を刻んでトップに立ちました。

ハミルトンと同じくスーパーソフトを試したフェラーリのセバスチャン・ベッテルが2番手に入り、もう一台のメルセデスを駆るバルテリ・ボッタスが3番手につけています。

レッドブルはマックス・フェルスタッペンが4番手につけるも、ダニエル・リカルドは16番手と下位に沈みました。フェラーリのキミ・ライコネンは7番手。

ストフェル・バンドールンがトップ5に食い込み、好調な滑り出しを決めたマクラーレンですが、フェルナンド・アロンソはテクニカルトラブルに見舞われたとのことで走行時間を大きく失い、終盤になってドライタイヤで1周を走りましたがタイムは計測していません。

多少雲はあるものの、午前と違って晴れ間が見えるオースティン。現在の気温は25度、路面温度30度、湿度73%のドライコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

まずはトロ・ロッソのダニール・クビアトがコースへ向かいました。

続いて、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとハースのロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンが続きます。

ブレンドン・ハートリーもコースへ出ています。

ルノーのカルロス・サインツもコースへ向かいました。

クビアトがまずはソフトタイヤで1分39秒733を記録。

続いてマクラーレンのアロンソは1分39秒023を出しました。

ライコネンが全体ベストで走行中。

マグヌッセンがスピンを喫してイエローフラッグが出ましたが、すぐに解除されました。

フォース・インディアのエステバン・オコンが1分37秒509でファステストタイムを更新しました。

メルセデスのルイス・ハミルトンはソフトタイヤでのプログラムを進めています。

バルテリ・ボッタスがスーパーソフトで1分36秒976を記録してファステストを更新。

フェラーリのキミ・ライコネンがボッタスのタイムを上回る1分36秒667を出しました。

セバスチャン・ベッテルはまだガレージにとどまっていてタイム計測を行っていません。

レッドブルの2台がライコネンのタイムを上回りました。

マックス・フェルスタッペンはソフト、ダニエル・リカルドはスーパーソフトで走行しています。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは一旦ガレージへ戻っています。

リカルドがセクター3で全体ベストを更新して1分36秒116を記録。

ベッテルがコースへ出てアウトラップを行っています。

ハミルトンはセクター1で全体ベストも後が続かず、タイム更新とはなりませんでした。

セクター3でベッテルがコースを飛び出しイエローフラッグ!

ベッテルはすぐにコースへ戻り、イエローフラッグも解除。

現在のトップタイムはレッドブルのリカルド、フェルスタッペン、メルセデスのハミルトンと続いています。

コース上ではランス・ストロール、マーカス・エリクソン、パスカル・ウェーレインが走行を続けています。

ヒュルケンベルグもコースに出てプログラムを進めます。

ウィリアムズのストロールはスーパーソフトを装着しています。

ストロールのタイムは1分38秒534。

ヒュルケンベルグはユーズドのソフトタイヤで走行を続けています。

ザウバーの2台がここでガレージへ戻ります。

ストロールもガレージへ帰還して現在コース上にはヒュルケンベルグのみとなっています。

ボッタスがガレージを出発してコースへと向かいます。

トロ・ロッソのハートリーもガレージを後にしました。

ボッタスは新品のウルトラソフトでの走行となります。

ヒュルケンベルグはピットへ入り、チームメイトのサインツがコースへ向かいました。

ボッタスが1分35秒596を記録してトップタイムを更新。

ハミルトンもウルトラソフトにてタイム計測を開始しました。

ボッタスのタイムを0.928秒上回る1分34秒668をハミルトンがマークしました。

フォース・インディアのオコンは1分36秒490で5番手タイム。

レッドブルの2台は現在ガレージに入っています。

ここでアロンソが1分36秒304を記録して4番手タイムとなっています。

キミ・ライコネンのタイムは1分35秒514となっています。

フェルスタッペンは新品のウルトラソフトにて走行を行っています。

ベッテルはいまだガレージにて作業を行っている模様です。

マグヌッセンはセクター2、3で自己ベストを出すも1分37秒285で11番手タイムとなっています。

ここでベッテルもガレージを後にしてコースへと入りました。

セルジオ・ペレスはセクター1、2を自己ベストで通過。

ベッテルは1分35秒192で3番手タイムを計測。

アロンソはユーズドのウルトラソフトで6周目を周回中。

ストロールは自己ベストをつないで1分37秒788の14番手タイムです。

ザウバーのエリクソンとウェーレインのタイム差は0.02秒となっています。

ガレージに戻っていたメルセデスのハミルトンが出発。

クビアトは1分36秒761で11番手タイムを記録。

ここでサインツは新品のウルトラソフトにて走行を始めました。

トロ・ロッソのハートリーはロングランを行っています。

ボッタス、ハミルトンもロングランプログラムを進めています。

フェラーリ、レッドブルの2台は現在ガレージにとどまっています。

フェルスタッペンがコースへと向かいました。

セッション残り時間が30分を切りました。

ロングランを行っているボッタスのタイムが1分41秒243となっています。

ハミルトンは10周目の周回に突入。

ベッテルはこれからロングランを行う模様です。

エリクソンのみがスーパーソフトにてロングランを行っています。

ライコネンがピットへと入りました。

ライコネンはピットレーン出口にてスタート練習をするようです。

リカルドがコースへ入りました。

ハミルトンは13周を走ってガレージへ戻りました。

今のところトラブルもなく各チームがプログラムを進めている模様です。

ここでボッタスがユーズドのスーパーソフトに履き替えてコースへ入りました。

ハートレーはウルトラソフトで18周を走りました。

メルセデスの2台はガレージにて作業を行っています。

オコンは16周、ペレスは11周をウルトラソフトにて周回しています。

フェルスタッペンは15周を消化したところでピットへ入りました。

ベッテルはまだこのセッションでロングランを行っていません。

ボッタスは無線でタイヤの状態があまり良くないと伝えている模様です。

サインツはスーパーソフトでの走行が18周目に突入しています。

ベッテルは「フロントアクスルに違和感がある」と訴えてピットに帰還。すぐにコックピットを離れてエンジニアたちと共にマシンをチェックしています。

ベッテルのマシンはまだガレージで作業を行っています。

セッション残り10分を切ったところでハミルトンがソフトタイヤでコースへ。

バンドールンはスーパーソフトで12周を消化し、現在も走行を続けています。

フェルスタッペンがユーズドのソフトタイヤで1分39秒879をマーク。

ベッテルがガレージを後にしてコースへ入りました。

ベッテルは1周のみでガレージへと戻りました。

ハミルトンはここまで順調にプログラムを進めているようです。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

2回目のフリー走行は1分34秒668を刻んだハミルトンがトップに立ち、2番手にフェルスタッペン、ベッテルが3番手に並びました。

土曜フリー走行は日本の日付が22日(日)に変わった後、深夜1時より開始されます。予選は通常のグランプリ週末スケジュールより2時間遅く始まりますが、明日のグランプリ2日目もぜひコメントライブでオースティンのセッション模様をお楽しみください。それではまた夜にお会いしましょう!