30秒ごとに更新されます

さて、灼熱のマレーシアの一戦が終わり、連戦で迎える次週は年に一度のお祭、日本GPです! 鈴鹿サーキットを舞台にシーズン第16戦として開催される日本GPは6日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは10時にスタート予定です。それではまた5日後の日本GPでお会いしましょう!

56周目

フェルスタッペンがファイナルラップに入りました! 11秒遅れてハミルトンも最後の1周へ。

リカルドとベッテルのギャップは12秒以上。ベッテルは大きくペースダウン。エンジンを冷やしていたようですが、タイヤもきつくなっていたようです。

フェルスタッペンがトップチェッカー! トロ・ロッソからレッドブルに昇格してすぐに初勝利を遂げて以来、2度目の優勝です。

ハミルトンが12秒遅れて2位でゴールし、そこから9秒後にリカルドがフィニッシュ。3位表彰台をゲットしています。

4位ベッテル、5位ボッタス、6位ペレス、7位バンドールン、8位ストロール、9位マッサ、10位オコンがポイント獲得。

11位以下、完走はアロンソ、マグヌッセン、グロージャン、ガスリー、パーマー、ヒュルケンベルグ、ウェーレイン、エリクソンが18位でした。

チェッカーが振られた後ですが、ベッテルの左リアタイヤが破損しています!

ベッテルによると、誰かとぶつかったようですが・・・。

ベッテルは壊れたマシンを乗り捨て、ステアリングを取って現場を離れます。後ろからきていたザウバーのウェーレインがベッテルを拾ってピットを目指すようです。

ベッテルのオンボード映像を見ると、ウィリアムズのストロールとぶつかった模様。ストロールは「ベッテルが寄せてきた」と主張しています。ベッテルのマシンにどれだけのダメージがあるのか気がかりですが・・・。新たな情報が入り次第、ニュースにてお届けしてまいります。

55周目

フェラーリからベッテルに対して、「エンジンの温度は問題ない。アタックしてよし」とのゴーサインが出ましたが、すでにギャップは5秒以上、開いています。

54周目

スーパーソフトを履くベッテルのペースが落ちてきました。今のタイヤセットで25周を走破。

53周目

残り3周、リカルドとベッテルのギャップが3秒に開いています。

52周目

ルノーのヒュルケンベルグがピットに入りました。早々にタイヤを交換する戦略を取りましたが、チェッカーまでもたず。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • ポジションを争うケビン・マグヌッセンとフェルナンド・アロンソ(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) 記者会見に出席したダニエル・リカルド(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) メディアの質問に答えるルイス・ハミルトン(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日)
  • F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日)
  • F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日) F1 Beauty in マレーシアGP(マレーシアGP/クアラルンプール、2017年10月1日)