30秒ごとに更新されます

ティフォシの大歓声が上がる中、表彰式が始まりました。

今年も熱戦の展開を見せたモンツァのレースを終えて、ヨーロッパラウンドは閉幕します。この後、F1サーカスはシーズン終盤のフライアウェイ戦に挑み、2週間後にシンガポールで再集結する予定です。シーズン第14戦シンガポールGPは15日(金)に開幕し、初回セッションは日本時間19時にスタートすることになっています。それではまた次回シンガポールGPでお会いしましょう!

53周目

先頭のハミルトンがファイナルラップに入りました! ペースをコントロールしながらチェッカーを目指します。

リカルドはすでにペースを緩めて4番手を確保することにしたようです。

ハミルトンがトップチェッカーを受けます!

ボッタスが2位でゴール。

ファイナルラップに入ったウィリアムズ勢にペレスが加わって大接戦! ストロールにマッサが近づき、さらにペレスもオーバーテイクを狙いましたが、ストロールがなんとかこらえる・・・!

ボッタスから30秒ほど遅れてベッテルが3位フィニッシュを果たし、リカルド、ライコネン、オコンがチェッカーを受けて、ストロール、マッサ、ペレスの順でレースを終えました。

ポイント圏内最後のひと枠を手にしたのはフェルスタッペン。

11位以下、完走はマグヌッセン、クビアト、ヒュルケンベルグ、サインツ、グロージャン、ウェーレイン、アロンソが17位完走扱い、エリクソンもチェッカーを受けられませんでしたが18位完走扱いとなっています。

リタイアはバンドールンとパーマーでした。

52周目

なんと、マクラーレンからアロンソに「バックオフ、リタイアしなければならない」との連絡が・・・。

アロンソがピットに戻っていきます。

51周目

リカルドのファステストラップ更新を知ってか知らずか、ハミルトンがまた少しペースを上げてきました。50周目は1分23秒488で周回。

50周目

リカルドがまたもファステストラップを更新! 1秒以上速いペースを刻んでベッテルにプレッシャーをかけます。その差は4.3秒、残り周回は4周です。

49周目

先ほどマグヌッセンを追い抜いて10番手に上がったフェルスタッペンですが、バトルのさなかに相手をコース外に押し出した可能性があるとして審議対象になっています。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1 Free practice 3 Free practice 2 Free practice 1
 
  • F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日)
  • F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日)
  • F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) F1 Beauty in イタリアGP(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日) 懸命にパフォーマンスを引き出すジョリオン・パーマー(イタリアGP/モンツァ、2017年9月3日)