イタリアGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第13戦イタリアGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間18時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第13戦イタリアGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。

雨模様のモンツァ・サーキット。レースコントロールより、土曜フリー走行のスタートを遅らせるとの発表です。

金曜日に実施された2回のフリー走行はメルセデスドライバーたちが最速タイムを出し合い、初回セッションではルイス・ハミルトンが上回ったものの、2回目のフリー走行はバルテリ・ボッタスが1分21秒406を刻んでトップに立ちました。ハミルトンは0.056秒の接戦で2番手に控えており、ボッタスは先週末のスパと違ってモンツァではチームメイトに匹敵するペースを発揮できているようです。

メルセデスに次ぐ位置には母国グランプリに挑むフェラーリ勢が並びました。セバスチャン・ベッテルが0.140秒差の3番手、4番手のキミ・ライコネンはトップから0.4秒ほどのギャップです。

エンジン交換に伴うグリッドペナルティが決まっているレッドブル勢はマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドともベストタイムはボッタスから1秒以上遅れています。

雨が降り続くモンツァは気温14度、路面温度16度、湿度83%のウエットコンディション。

スタート予定時刻を迎えましたが、降雨による低グリップコンディションのため、セッション開始はディレイとなっています。

予選とのスケジュールの兼ね合いがあるため、すでに60分のカウントダウンは始まっており、遅延が続けばその分、走行時間がなくなっていきます。

まだ雨脚は弱まらず。路面チェックもありません。セッション開始はまだ先になりそうです。

セーフティカーがコースに入りました。路面状況の確認に向かいます。

セーフティカーの路面確認の結果、コンディションに変化なし、とのこと。まだセッションは始まりません。

次の路面確認は日本時間18時30分に行うとのこと。まだ雨は止まず、FIAのチャーリー・ホワイティングによると、このままコンディションが整わなければ土曜フリー走行は中止、予選は予定通りの時間にスタート予定だそです。

予選開始予定の時間には天候も落ち着くと見ているようです。

最悪は日曜日の朝に遅延する可能性を示唆したホワイティングですが、予報を見る限り、予定通りできそうだとのことでした。

セーフティカーがコースに入ってコンディションチェックを進めています。

セッションは日本時間18時44分に開始されるとの発表です。

各ガレージでは開始に向けた準備が始まっています。

フェラーリ勢をはじめ、ハースF1やメルセデスのドライバーたちもヘルメットをかぶってコックピットに乗り込んでいきます。

レッドブルのガレージからダニエル・リカルドが登場。マックス・フェルスタッペンもピットレーン出口に並んで開始を待つようです。

どちらもタイヤはフルウエット。

予定から44分遅れて、ようやくセッションがスタートしました。

レッドブル勢に続いてトロ・ロッソのカルロス・サインツ、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、フェラーリのベッテルがコースイン。

ライコネンやダニール・クビアトらも動き出しました。

リカルドとフェルスタッペンがピットに戻ってきました。

マクラーレンのアロンソとストフェル・バンドールンらはガレージを出発。

トロ・ロッソのサインツとクビアト、ライコネンは2周目に入っています。

かなり滑りやすい状況のようです。

サインツがタイム計測を完了。1分42秒973をマークしました。

続いてクビアトがコントロールラインを通過して1分45秒台。

メルセデスのハミルトンとウィリアムズ勢はまだガレージ内。

どうやら雨脚がまた強くなってきたようです。

トロ・ロッソ勢は引き続きコースにとどまって周回を重ねています。

他にはザウバーのエリクソンとフォース・インディアのオコンが走るだけ。

エリクソンが1分44秒台をマーク。サインツは1分41秒台に乗せています。

ハミルトンとウィリアムズコンビがガレージを離れていきました。

厄介なコンディションながら、ルノー勢も再度コースに入って走行中。

ヒュルケンベルグが1分41秒491をマークしてトップに立ちます。

ハミルトンはインストレーションラップを走っただけでピットに戻っています。

ウィリアムズの2台はステイアウトし、1分42秒台を刻みました。

全車が少なくとも1周を走り、コース上にいるのはウィリアムズ勢とパーマー、マクラーレンのバンドールンが合流しました。

マッサが1分40秒660をマークしてトップに浮上。

すでに走行終了を決めたチームも多く、レッドブルのガレージではリカルドのマシンがジャッキアップされ、予選に向けて準備している模様。

フェラーリコンビがガレージを離れました。

フェラーリのライコネンとベッテルがタイム計測をスタートさせています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

ライコネンはコントロールラインには向かわずピットに戻ってしまいました。ベッテルも同様。

結局、7台がタイムを残し、ウィリアムズのマッサがマークした1分40秒660がトップタイムとなりました。2番手にストロール、3番手にヒュルケンベルグが並んでいます。

予選はこの後、日本時間21時より開始される予定です。それではまた後ほどお会いしましょう!