イタリアGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第13戦イタリアGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第13戦イタリアGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。ヨーロッパラウンド最終戦を迎えた今週末、不安定な天候だった初回セッションはメルセデスのルイス・ハミルトンが1分21秒537を刻んでトップに立ちました。

2番手に入ったのはハミルトンに0.435秒差で同じく1分21秒台を記録した僚友バルテリ・ボッタス。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンが3番手と4番手に並んでいます。

そのフェラーリ勢に迫るペースを見せたレッドブルですが、モンツァの一戦を前に新しいエンジンコンポーネントを投入しており、ダニエル・リカルドが20グリッド、マックス・フェルスタッペンが15グリッド、それぞれエンジンペナルティを受けることになっています。

太陽が顔を出してきたモンツァは気温25度、路面温度33度、湿度52%のドライコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンがコースイン。

今のところハースF1勢以外に動きはありません。

ルノーのガレージからニコ・ヒュルケンベルグが登場。

ルノーのジョリオン・パーマーとフォース・インディアのエステバン・オコンが加わりました。

すでにハースF1勢は最初のタイム計測を完了しており、グロージャンが1分25秒224、マグヌッセンが0.153秒差のタイムを残しています。

フェラーリのライコネンも動き出しました。

現在、コースにいるドライバーは全員がソフトタイヤを履いています。

レッドブルのフェルスタッペン、メルセデスのボッタスがガレージから出てきました。

さらにマクラーレンのストフェル・バンドールンも始動。

まだ一度もコースに姿を見せていないのはレッドブルのダニエル・リカルド、ベッテル、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、メルセデスのハミルトンです。

おっとっと・・・ライコネンが縁石に乗り上げてしまいました。

ベッテルがガレージを後にしています。

セッションが始まって10分、ライコネンが1分22秒750を刻んでトップに立ち、ペレスが2番手、オコンが3番手に並んでいます。

ボッタスがコントロールラインを通過します。1分22秒474をマークしてトップタイムです。

フェルスタッペンが0.256秒遅れの2番手タイムをマークしています。

周回を重ねるごとにラップタイムが改善されていきます。

アロンソとハミルトンが合流。まだリカルドはガレージから出てきていません。

ボッタスが自己ベストを1分22秒393に更新、ライコネンが0.042秒差に迫って2番手、ベッテルはトップから0.116秒遅れの3番手です。

マクラーレンのアロンソはスーパーソフトを履いています。アロンソ以外は全車、ソフトタイヤの評価に励んでいます。

ハミルトンが好ペースで第2セクターを通過。最後は・・・1分22秒103でまとめてきました。ボッタスのタイムを0.3秒近く上回ってトップに立っています。

ようやくリカルドの準備が整ったようです。

スーパーソフトタイヤを装着したレッドブルに乗り込み、リカルドがコースに向かいます。

ハミルトンがさらにペースを上げてきました。1分21秒台に乗せて2番手以下に0.4秒のリードを築きます。

リカルドは1分22秒752を刻み、6番手につけました。

現在はほとんどのドライバーがピットに戻っており、リカルド、ペレス、アロンソの3人だけが周回を重ねています。

ペレスとアロンソもピットに引き上げてきました。

リカルドもピットに戻るようです。入れ替わるようにハースF1のグロージャンがコースイン。タイヤはソフトからスーパーソフトに履き替えています。

さらにスーパーソフトタイヤに交換したマグヌッセンとフェルスタッペンがガレージを離れます。

序盤の走行を終えてトップはハミルトン。唯一、1分21秒台を刻んでいます。ボッタスが2番手、ライコネン、ベッテル、フェルスタッペン、リカルドと続き、オコン、マッサ、ペレス、ストロールがトップ10に名を連ねています。

フェルスタッペンが自己ベストタイムを更新しました。ポジションは3番手。トップからは0.453秒遅れですが、2番手のボッタスとは0.016秒のギャップしかありません。

フェルスタッペンは周回数を8に伸ばしてピットイン。

引き続きコースにとどまるハースF1勢はグロージャンが10番手、マグヌッセンが13番手につけています。

ウィリアムズのストロールとマッサ、トロ・ロッソのクビアトが加わりました。

新しいスーパーソフトを履いてコースに入った面々は予選シミュレーションに臨むようです。

フェラーリのベッテルとライコネンがスーパーソフトタイヤに履き替えてコースへ。

クイックラップを走っていたウィリアムズのマッサですが、コースを少しはみ出してグラベルに乗ってしまい、「もう1回トライする」とのこと。

ベッテルが1分21秒546をマーク。ハミルトンのタイムを上回ってトップに立っています。

ライコネンは0.551秒差で3番手につけました。

おっと、ストロールがスピン! 進行方向と逆を向いてしまいました。接触などはなく、体勢を立て直して走行再開。

1分21秒406を刻んだボッタス。ベッテルよりも0.140秒速くまとめてトップに躍り出ました。

ハミルトンも好タイムを残しましたが、ボッタスには0.056秒届かず・・・!

ライコネンも1分21秒台に入れてきましたが、ポジションは変わらず4番手。トップからは0.4秒ほど遅れています。

アロンソよりマクラーレンのピットウオールへ・・・「パワーがない」との報告。

マクラーレンは「調査する」と返し、アロンソは走行を続けています。

デフォルト設定を変更するよう指示されたアロンソは「いけそう」と答えて無事にパワーを取り戻したようです。

マクラーレン勢はバンドールンとアロンソがランデブー走行を続け、バンドールンがアロンソのスリップに入って加速する練習に取り組んでいます。

セッションは半分の45分が終了。

すでに全車が10周以上を走り込んでいます。最も多く走っているのはザウバーのエリクソンで21周。

アロンソが自己ベストを更新しましたが、ポジションは16番手。トップからは2.168秒遅れています。

リカルドがユーズドのソフトタイヤに履き替えてコースに入ります。フェルスタッペンはユーズドのスーパーソフトで走行を続けており、ロングランでタイヤを評価するようです。

ソフトのリカルドは1分25秒前半、スーパーソフトのフェルスタッペンは1分25秒後半のラップタイム。

ウィリアムズの2台はどちらもスーパーソフトを履いてロングランに取り組むようです。

ルノーのヒュルケンベルグは何か問題が起きたようで、ピットインするよう指示を受けました。

メルセデスは2台が少しの間隔を置いてガレージを出発。タイヤはどちらもスーパーソフトです。

ロングランが始まったこともあり、タイムシートにはあまり動きがありません。

レッドブル勢は2台のラップタイムに差がなくなってきています。タイヤはリカルドがソフト、フェルスタッペンがスーパーソフトです。

新しいスーパーソフトを履いたマクラーレンのアロンソが1分22秒台を刻んで8番手にポジションアップ!

バンドールンが7番手につけており、アロンソは0.02秒遅れで8番手でした。

残り時間は30分。雨予報もありましたが、太陽の光がコースを照らしています。

サインツのトロ・ロッソマシンから白煙が・・・。コースマーシャルのいるターン5で停車。

サインツはすでにエンジンコンポーネントを交換したことに伴ってグリッド降格処分を受けることが決まっており、さらなるエレメント交換となればグリッド降格が追加される可能性があります。

サインツは白煙を上げながら走行を続けており、コース上、一部にオイルがまけているかもしれません。

ボッタスがソフトタイヤに切り替えています。スーパーソフトを継続するハミルトンは1分24秒半ばのペース。

フェラーリはソフトのベッテルが1分25秒前半、スーパーソフトを履くライコネンが1分26秒前半のペース。

周回数を20に伸ばしたハミルトンがピットに戻ります。

ピットストップでタイヤをソフトに交換し、ハミルトンがピットアウト。

ボッタスは1分24秒半ばのペースをキープして26周目のラップを走っています。

ボッタスがピットに戻っていきました。他にストップしたサインツとトラブルに見舞われたヒュルケンベルグは走っていませんが、それ以外のドライバーはコース上です。

セッション終了まで15分を切りました。

最終セクターでイエローフラッグが振られています。

アスカリシケインでマグヌッセンがストップ!

バーチャルセーフティカーが発令されました。

マグヌッセンは身動きが取れず、マシンを止めてコックピットを離れています。コースマーシャルが駆けつけてマシンの撤去を開始。

マグヌッセンの無線によると、サスペンションにトラブルが発生した模様。

バーチャルセーフティカーが解除されました。

メルセデスの2台はピットに戻っています。

フェラーリは引き続きベッテルがソフト、ライコネンがスーパーソフトで周回中。

フェラーリ勢は今のタイヤセットで20周以上を走り、ベッテルは1分25秒後半のラップタイムを刻んでいます。

ライコネンがピットに戻ってタイヤを交換。ソフトに履き替えました。

マクラーレンはバンドールンがソフト、アロンソがスーパーソフトを評価中。

ラップタイムはバンドールンが1分27秒台、アロンソは1分26秒半ばを刻んでいます。

ベッテルは現在のタイヤセットで24周を走っていますが、ペースはほとんど変わらず。

フォース・インディアのペレスとオコンは共に周回数を42に伸ばしており、かなり走り込んでいます。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

初日後半のフリー走行は1分21秒406をマークしたボッタスがトップ、0.056秒差でハミルトンが2番手に並び、ベッテルとライコネンが3番手と4番手でした。

土曜フリー走行は2日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!