イギリスGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第10戦イギリスGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第10戦イギリスGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。先ほど行われた今週末最初のセッションはメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分29秒106をマークしてトップに立ち、0.078秒およばなかった僚友ルイス・ハミルトンが2番手に続きました。

今週末はミディアム、ソフト、スーパーソフトのドライタイヤ3種類が持ち込まれていますが、1-2を決めたメルセデスコンビはいずれもソフトタイヤで自己ベストタイムを刻んでいます。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが3番手と4番手に並び、フェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルが続く格好でした。

これから始まるセッションではレースと予選の双方を意識したシミュレーションに励むチームが多いと思われます。

午後になっても雲が多いシルバーストーンは気温17度、路面温度30度、湿度51%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグがまず先にコースへ入りました。

ハースのロマン・グロージャン、トロ・ロッソのダニール・クビアトが続きます。

その他チームはまだガレージにて待機しています。

ニコ・ヒュルケンベルグがクイックラップに入りました。

ケビン・マグヌッセン、ストフェル・バンドールン、ジョリオン・パーマーも走行を開始しました。

まずはヒュルケンベルグがソフトタイヤで1分32秒153を出しました。

マクラーレンのストフェル・バンドールンはスーパーソフトを装着しています。

ウィリアムズのフェリペ・マッサとランス・ストロールがコースインしました。

バンドールンが1分31秒263を刻み、トップタイムを更新しました。

メルセデス、ザウバーの2人、フェルスタッペンはコースにはまだ出ていません。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルがソフトタイヤで1分30秒320のトップタイムを刻みました。

レッドブルのリカルドが1分30秒148で最速タイムを更新しました。

セバスチャン・ベッテルがセクター1でファステストを更新しました。

ベッテルはセクター2で自己ベスト、セクター3でもファステストを出し、1分29秒850を記録しました。

キミ・ライコネンがセバスチャン・ベッテルを上回る1分29秒161を刻みました。

メルセデスのルイス・ハミルトンが1分28秒780を叩き出しました!

ライコネンは一旦ガレージへ戻りました。

ダニエル・リカルドがセクター1、2で自己ベストを更新しました。

序盤の走行プランを終えたドライバーはいったんピットに帰還。

ハミルトンは1分28秒543を刻みトップタイムを自ら更新しました。

パスカル・ウェーレインはソフトタイヤで走行しています。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソはスーパーソフトでアタックを開始しました。

ルイス・ハミルトンは一旦ピットへ戻り、タイヤを交換してまたコースへ復帰しました。

フェルナンド・アロンソが自己ベストを更新して1分30秒238で5番手タイムを記録しました!

現在コース上は、セルジオ・ペレス、エステバン・オコン、ニコ・ヒュルケンベルグ、マーカス・エリクソン、パスカル・ウェーレインの5台が走行中です。

メルセデスのバルテリ・ボッタスがコースへ出ました。

ボッタスはスーパーソフトへタイヤをチェンジしました。

フォース・インディアのペレスとオコンのタイム差は0.23秒!

バルテリ・ボッタスが1分28秒496でルイス・ハミルトンのタイムを更新して暫定トップに立ちます!

1分28秒台は現状メルセデスの2台だけとなっています。

ハミルトンがセクター1全体ベストを更新!

ここでフェラーリのライコネンとベッテルも1分28秒台へ突入!

ハミルトンは1分28秒543でボッタスに0.047秒届かず2番手タイムとなりました。

ハミルトンのマシンにトラブル発生か!ガレージへ帰還します。

現在コース上のマシンはスーパーソフトで走行を行っています。

バルテリ・ボッタスがコースへ戻りました。

ウィリアムズのフェリペ・マッサが1分30秒006で現在6番手タイム!

ダニエル・リカルドはセクター2、3で自己ベストを更新し、1分29秒586を出しました。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは全セクターで自己ベストを更新してリカルドのタイムを抜き、1分29秒098で5番手タイムです。

トロ・ロッソのカルロス・サインツは現在タイム計測がありません。

ヒュルケンベルグが自己ベストを更新して1分30秒041で8番手タイムを記録!

ザウバーのマーカス・エリクソンも自己ベストを更新しながら走行中です。

エリクソンは1分32秒053で18番手タイムとなりました。

ウェーレインは自己ベストを更新してチームメイトのエリクソンのタイムを抜き、1分31秒929を出しました。

上位タイムは変動なくメルセデスのボッタスとハミルトンが1-2

上位勢ではボッタスのみコースに留まり走行を続けています。

ボッタスがピットへ帰還し、ハミルトンがコースへ出ました。

マッサが1分30秒006で惜しくも1分29秒台には届かず!

エステバン・オコンは現在1分30秒383で10番手タイムとなっています。

ルイス・ハミルトン以外のマシンはすべてスーパーソフトでの走行となっています。

現在のオーダーはボッタス、ハミルトン、ライコネンのトップ3にベッテル、フェルスタッペン、リカルドが6番手。

残り時間は30分を切りました。

ルイス・ハミルトンはソフトタイヤで走行を続けています。

現在トップタイムのボッタスから10番手タイムのオコンまで1.84秒の差となっています。

アロンソは未だにガレージに留まっています。

ザウバーのエリクソンとウェーレインは共にピットへ帰還しています。

セルジオ・ペレスはユーズドのソフトタイヤで走行中です。

ライコネンがコースオフを喫し、セクター2とセクター3で黄旗が出ています。

ライコネンがコースへ戻り、黄旗が解除されました。

ランス・ストロールはソフトタイヤでロングラン中です。

セバスチャン・ベッテルはスーパーソフトで16周を走行しています。

現在ルノーのジョリオン・パーマーとザウバーのパスカル・ウェーレイン以外のマシンがコースで走行しています。

ベッテルがピットインしてソフトタイヤへ交換しコースへ戻りました。

トロ・ロッソのカルロス・サインツは1分30秒555の11番手、とダニール・クビアトは1分30秒562の12番手タイムを記録しています。

ハースのロマン・グロージャンは1分30秒661で現在14番手タイムとなっています。

メルセデスのボッタスは現在ミディアムタイヤで走行しています。

残り時間は10分を切りました。

フェラーリのキミ・ライコネンはスーパーソフトで1分32秒台で走行しています。

セバスチャン・ベッテルはソフトタイヤでライコネンと同じく1分32秒台で走行中です。

マクラーレンのアロンソはセッション通してスーパーソフトで走行を行っています。

ターン16でのフェリペ・マッサとマックス・フェルスタッペンについて審議対象となっています。

上位陣のタイムはメルセデス、フェラーリ、レッドブルのチーム順となっています。

初回に続いて2回目のフリー走行もボッタスがトップに立ち、1分28秒496を記録しました。2番手に0.047秒差のタイムを残したハミルトン、3番手はライコネンでした。

土曜フリー走行は15日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!