アゼルバイジャンGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第8戦アゼルバイジャンGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間19時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第8戦アゼルバイジャンGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。2回のフリー走行が実施された初日はいずれのセッションでもレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録し、後半のフリー走行では初日最速となる1分43秒362をマークしました。

フェルスタッペンは後半のセッション終盤にターン1でウオールにぶつかってしまいましたが、チームメイトのダニエル・リカルドも2番手と3番手の位置につけており、フリー走行の段階とはいえレッドブルとしては上々の滑り出しと言えます。

フリー走行2回目にレッドブル勢の間、2番手に食い込んだのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。ルイス・ハミルトンは黄旗や赤旗の影響からスーパーソフトでのクイックラップを断念してロングランに集中しており、10番手にとどまっています。

フェラーリ勢はキミ・ライコネンが4番手、チャンピオンシップリーダーのセバスチャン・ベッテルは5番手でした。

土曜日もバクー市街地サーキットは晴れ間が広がり、気温26度、路面温度57度、湿度60%のドライコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ルノーのジョリオン・パーマーを先頭に、マシンがコースへとなだれ込んでいきます。

メルセデスのハミルトンも始動。あっという間に11台がコース上です。

一度ピットに戻るドライバーもいるようですが、すぐにまたコースに向かっていきます。

フェラーリの2台は1周のシステムチェックでマシンをガレージに入れてしまったようです。

メルセデスのボッタスとハミルトン、レッドブルのリカルドも1周を走っただけでピットに引き上げてきています。

パーマーが早速タイムを計測しています。1分53秒040をマーク。

が・・・そのパーマーにトラブル発生!

リアに炎が見えます・・・白煙というよりは黒煙でしょうか。

が・・・そのパーマーにトラブル発生!

リアに炎が見えます・・・白煙というよりは黒煙でしょうか。

コースマーシャルが消化器を持って駆けつけ、ルノーマシンを襲った炎を消火。

パーマーは停車後、すぐにコックピットを離脱しており、ケガなどはないようです。

外側から見るには火は消えているようですが、まだ消火活動が続いています。

ターン2付近には黄旗が振られています。

一方、コース上では数名が作業を続けています。

タイムシートに名を刻んでいるのはトロ・ロッソのカルロス・サインツとフォース・インディアのセルジオ・ペレス。

フォース・インディアを駆るエステバン・オコンも最初のタイム計測を完了しました。

フェラーリのベッテルがスーパーソフトタイヤに履き替えてコースイン。

メルセデス勢はボッタスとハミルトンがミディアムからソフトにタイヤを変えてガレージを出発しました。

ターン2付近の黄旗はまだ継続中。

タイムシートのオーダーはトロ・ロッソのクビアトが1分47秒台を刻んでトップに立ち、サインツが2番手に並んでいます。

ベッテルは1分51秒台、ボッタスは1分52秒台をマークしてそれぞれ3番手と4番手につけました。

ハミルトンがボッタスのタイムをコンマ数秒上回り、4番手に飛び込みます。

ようやくターン2の黄旗が解除されました。

1分47秒262を刻んだボッタスがトップに浮上。

しばらくガレージにとどまっていたウィリアムズ勢も揃ってコースに入り、これで全車が少なくとも一度はコースを周回したことになります。

ミディアムタイヤをインストレーションラップに使った後はソフトもしくはスーパーソフトで走行プログラムを進める各車。

全体的にはスーパーソフトを履く陣営が多いようです。

ソフトを使っているのはメルセデス、レッドブル、ザウバーの3チームです。

メルセデス勢が1分44秒台に入れてトップ3はボッタス、ハミルトン、ペレスのオーダーに変わりました。

ベッテルはスーパーソフトで3周を走った後、ピットに戻ってしまい、現在はガレージ内。

そのベッテルと、アクシデントに見舞われたパーマーを除く18名が周回を重ねています。

ボッタスが1分43秒720をマーク。

フォース・インディアの2台が自己ベストを更新し、ペレスが2番手、オコンが3番手に上がっています。

ソフトタイヤで7周したボッタスがピットイン。

ライコネンがボッタスに0.395秒遅れの2番手タイムを刻んできました。

タイヤはボッタスがソフト、ライコネンがスーパーソフトです。

まもなくセッションは折り返し地点を迎えようとしていますが、ピットに戻ってくるドライバーが増えてきました。

ライコネンは一度ピットレーンを通って再びコースに向かったようです。

搭載している燃料量は不明ですが、ボッタスが1分43秒720をマークした一方で、ハミルトンは1分44秒390にとどまっており、ギャップは0.670秒あります。

ウィリアムズのマッサが1分43秒台にのせて2番手にポジションアップ! トップのボッタスに0.124秒差と迫っています。

開始から30分、半数ほどのドライバーがピットに帰還しています。

ボッタスがスーパーソフトに履き替えてガレージを出発。

その前に予選シミュレーションをスタートさせたベッテルが1分44秒台をマークして5番手にポジションを上げています。

しばらくピットで作業をしていたベッテル。無線のやり取りを聞く限り、何やらトラブルを抱えているようでピットインの指示が出ています・・・。

メルセデスのハミルトンも新品のスーパーソフトタイヤを履いてコースに入っています。

メルセデス以外ではフォース・インディアの2台がコースにいますが、こちらはまだ序盤からのスティントを続けています。

スーパーソフトタイヤのセットを履くフォース・インディア勢はペレスは14周、オコンは12周を走っています。

ペレスがピットに戻っていきました。

マクラーレンのバンドールンとレッドブルのフェルスタッペンがコースに向かいます。

アウトラップとウオームアップラップを走ったハミルトンがセクター1をファステストで通過。

セクター2は自己ベストにとどまったハミルトンですが、6番手のポジションは大きく上げてきそうです。

ハミルトンは1分43秒348を刻んでトップに浮上! ボッタスには0.372秒差をつけました。

フェルスタッペンに続いてリカルドもスーパーソフトタイヤに履き替えてガレージを離れています。

自己ベストタイムを刻んだボッタス。ハミルトンには0.299秒届かず、ポジションは2番手のままです。

また少しボッタスがペースを上げてきました。ただ、ハミルトンにはまだ0.082秒およびません!

フェルスタッペンはリミッターがかかってしまっているようで、思うようにスピードが上がらない様子。

チームの指示を受けてセッティングを調整したフェルスタッペン。1分43秒台に入れて3番手に上がりました。

セッションの残り時間は15分。

ハミルトンがチームに対して「まだ問題あり。温度が下がっている」と訴えています。

その間、ボッタスが1分43秒057をマークしてトップの座を奪っています。

フェラーリによると、ベッテルのマシンは「ウオーターシステムを確認中」とのこと。もう一台の跳ね馬を駆るライコネンはスーパーソフトタイヤでペースアップを図っています。

ライコネンが1分42秒837をマーク! トップに立ちます!

しかしながら、ボッタスがすぐさま好タイムを刻み、ライコネンをわずかに0.095秒上回ってトップに返り咲き!

なんと・・・フェルスタッペンがスローダウン!

「全部、スイッチが切れちゃった」と報告したフェルスタッペン。ターン16を過ぎてマシンを止めました。

フェルスタッペンはマシンを離脱。マシンを撤去しようとするコースマーシャルを手伝っています。

レッドブルマシンがコース外に出され、黄旗は解除となりました。

トップ3に並ぶボッタス、ライコネン、ハミルトンはガレージ内。4番手のフェルスタッペンはすでにマシンを降りています。

フェラーリのガレージではライコネンがコックピットを離れており、どうやらこのセッションの走行は完了したようです。

メルセデスのボッタスがユーズドのスーパーソフトを履いてコースに向かいます。

最後のフリー走行でトラブルを抱えたベッテルは結局、今のところ7周しか走れておらず、残り時間はあとわずか・・・。

メルセデスのガレージからハミルトンが出てきました。もう少し走り込むことにしたようです。

マクラーレンのアロンソとバンドールンはピットに引き上げています。

ウィリアムズのストロールがターン2のエスケープゾーンにマシンを止めています。どうやらリバースギアに入らない模様。

しばらく身動きが取れない様子でしたが、動き出しました。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションでトップに立ったのはメルセデスのボッタス。1分42秒742をマークしました。0.095秒差でライコネンが2番手、ハミルトンが3番手に続いています。

トラブルを抱えたフェルスタッペンとベッテルが無事に予選を戦える状態になるのか、火災を抱えたルノーのパーマーのマシン修復が時間内に間に合うのか・・・気になるところは多々ありますが、注目の予選はこの後、日本時間22時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!