30秒ごとに更新されます

23:32

土曜フリー走行は24日(土)日本時間19時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!

23:31

このセッションのトップタイムはそのフェルスタッペンがマークした1分43秒362。0.1秒差でボッタスが2番手に続き、もう一台のレッドブルを駆るリカルドが3番手で初日を締めくくっています。

23:30

フェルスタッペンのクラッシュ後、チェッカーが振られてセッション終了。

フェルスタッペンはターン1でコントロールを失い、ステアリングを切ったものの、間に合わずにウオールにぶつかってしまったようです。

23:29

なんと、フェルスタッペンがウオールに接触! ターン1を曲がりきれずにオーバーランし、そのままマシン左側からウオールにぶつかってしまいました。

23:28

エリクソンがタイヤをロックアップしてオーバーラン。「なんでこうなるのか理解できない!」と不満げなエリクソンに対し、チームは「引き続きプッシュせよ」と指示しています。

23:27

バンドールンがピットに引き上げてきます。このセッションでは28周を走行。

23:24

バンドールンがバイブレーションのひどさを訴えています。タイヤをロックアップしてコースオフを喫してしまいましたが、走行を再開しています。

23:23

コース上はかなり日陰部分が多くなってきました。路面温度は36度に低下。

23:22

ソフトタイヤで長いスティントを走っていたハミルトンもピットに戻ってきています。

23:21

スーパーソフトのタイヤセットで25周を走破したボッタスがピットに帰還。

全コメントを読む: フリー走行2 フリー走行1 Free practice 3 Free practice 2 Free practice 1
 
  • 集中して作業に取り組むセルジオ・ペレス(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) ステアリングを切るフェリペ・マッサ(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) ロングランのプログラムを進めるセバスチャン・ベッテル(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) ウオールにぶつかったジョリオン・パーマー(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日)
  • ペースアップを図るロマン・グロージャン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) 予選とレースに向けて調整に励むルイス・ハミルトン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) コースの感触をつかむバルテリ・ボッタス(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) スーパーソフトタイヤを試すダニール・クビアト(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日)
  • クイックラップに集中するマックス・フェルスタッペン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) マシンの力を引き出そうと努めるルイス・ハミルトン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) 必死にペースを見いだすストフェル・バンドールン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日) インストレーションラップを走るキミ・ライコネン(アゼルバイジャンGP/バクー、2017年6月23日)