カナダGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第7戦カナダGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間23時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第7戦カナダGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。F1サーカスがフランス語圏のケベック州モントリオールに乗り込んだ今週末、初日のフリー走行では初回セッションでメルセデスのルイス・ハミルトンが、後半はフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録しました。

2回目のフリー走行でタイムシート最上位につけたライコネンは唯一、1分12秒台にのせており、モントリオールを得意とするハミルトンをも0.215秒上回りました。

2番手のハミルトンに0.05秒差ながら3番手だったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。4番手にメルセデスのバルテリ・ボッタスが入っています。

5番手に食い込んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンはトップから0.453秒差でしたが、6番手以降は1秒以上のリードをつけられています。

すっきりと晴れ間が広がったジル・ビルヌーブ・サーキット。気温19度、路面温度29度、湿度34%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

セッションがスタートしました。

ピットレーンのオープン前から準備していたライコネンを先頭に、ベッテルとフェラーリ勢がコースイン。

ハースF1もロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの2人をコースへと送り出しました。

インストレーションラップを終えたライコネンとベッテルがピットに戻ってきました。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソがガレージを出発。

ハースF1の2台もいったんピットに戻りましたが、グロージャンはすぐにコースに向かいます。

レッドブルのダニエル・リカルドが合流。

アロンソのパートナー、ストフェル・バンドールンも始動しています。

アロンソとバンドールンは1周のシステムチェックを完了。

リカルドが2周目に入っています。

リカルドがコントロールラインを通過。1分21秒907をマークしました。タイヤはウルトラソフトを履いています。

ルノーのジョリオン・パーマーが加わりました。現在、コース上は2台が走るのみ。

パーマーのタイヤはスーパーソフト。

リカルドが1分16秒台に入れてきました。

最初のタイム計測を終えたパーマーは1分18秒875を記録。

初日にトラブルで走行時間を失った分を取り戻そうかというように周回を重ねるリカルド。

セッションが始まって10分。引き続き、コース上はリカルドとパーマーが走っているだけです。

お、ベッテルがガレージから出てきました。

ライコネンも加わり、フォース・インディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコン、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが始動しました。

メルセデスはボッタスを先にコースに送り出しました。

ベッテルが1分14秒533をマークしてトップに躍り出ます。タイヤはウルトラソフト、ライコネンも同様です。

メルセデスのガレージからはハミルトンも出陣。トロ・ロッソのカルロス・サインツも出てきました。

メルセデス勢はスーパーソフトを装着。フォース・インディア勢とルノーのヒュルケンベルグも赤いラインの入ったスーパーソフトコンパウンドを履いています。

ライコネンはセクター2まで好ペースでしたが、最後のセクターでペースを落とした様子。

一方でベッテルは1分13秒台に入れてさらにスピードに乗っていきます。

ハミルトンが1分14秒895を刻んで2番手に飛び込むも、直後にリカルドが上回ってきました。

さらにサインツもハミルトンより速くラップをまとめています。

ライコネンがようやくリズムをつかんだようです。1分14秒120を刻んで2番手に。

ハミルトンが1分13秒台に入れてきました。

これまでガレージで待機していたウィリアムズやザウバーの面々もコースイン。最後にレッドブルのマックス・フェルスタッペンが出陣しました。

マクラーレンのアロンソとハースF1のマグヌッセンはインストレーションラップを走っただけで以降はガレージにとどまっています。

現在のトップ5はベッテル、ハミルトン、ボッタス、ライコネン、リカルド。ベッテルが頭一つ抜けて2番手以降に0.5秒以上のリードを築いています。

ただ、この中ではメルセデス勢がスーパーソフトを使っており、その他3人はウルトラソフトで刻んだベストタイムです。

マグヌッセンとアロンソも合流して、コース上はかなり賑やかになっています。

フェルスタッペンは右フロント部分に気流測定用のペイントを施して周回中。

ハミルトンが自己ベストを更新。それでも、ベッテルとのギャップはまだ0.5秒あります。

マクラーレンはアロンソが13番手、バンドールンが17番手のポジション。2人ともウルトラソフトを試しています。

ハースF1のグロージャンが自己ベストを更新して8番手にポジションアップ。

アロンソが9番手に上がりました。トップから1.441秒差のベストタイムを記録しています。

フェルスタッペンが1分13秒台に入れて3番手に。メルセデスコンビの間に割って入りました。

フェルスタッペンもメルセデス勢と同じくタイヤはスーパーソフトを履いています。

60分間のセッションは半分が終了。ここからは予選を想定した走行が始まると思われます。

まだ前半の走行プランを続けるドライバーもいますが、フェラーリはライコネンに新しいウルトラソフトを履かせて送り出しています。

少し送れてベッテルも新品タイヤでコースイン。

ライコネンが1分13秒017をマーク! ベッテルには0.002秒届かずに2番手です。

レッドブルのリカルドも新しいウルトラソフトのタイヤセットに履き替えてコースに出ています。

セクター1を全体のベストタイムで通過したベッテル。セクター2は自己ベストでしたが・・・1分12秒704でまとめて最速タイムを塗り替えました!

ライコネンも1分12秒台にのせてきました。ただ、ベッテルにはまだ0.160秒届きません。

リカルドは1分13秒807をマークして5番手に。ボッタスもウルトラソフトを履いてアウトラップからクイックラップへと入っています。

ベッテルがさらにペースアップ! 1分12秒572をたたき出しました。

ニュータイヤに履き替えたドライバーたちがコースに揃い始めました。ハミルトンもアウトラップ中。

ライコネンは6周を追加してピットに引き上げていきました。ピットレーンを抜けてもう一度コースへ。

ハミルトンはアウトラップも含めてこれが3周目ですが、まだタイヤに熱を入れながら調整しています。

セクター1を自己ベストで通過したハミルトン。セクター2も自己ベストで、ベッテルからは0.1秒ほど遅れています。

コントロールラインを通過したハミルトンの地アムは1分13秒078。3番手に位置につけました。

トップに立つベッテルとハミルトンのギャップは0.506秒。ボッタスはトップから0.7秒ほど遅れています。

ハミルトンがようやく1分12秒台にのせてきました。ただ、トップからはまだ0.354秒差をつけられた状態。

残り時間15分。現在、コースを走るマシンはまばらですが、少しずつ新しいタイヤを履いたドライバーが増え始めています。

ベッテルとライコネンはピットに戻った後、再びコースに出てユーズドのウルトラソフトを履いてさらに周回を重ねています。

マクラーレンのアロンソが新しいウルトラソフトを履いてクイックラップを走っています。

自己ベストを更新できなかったアロンソ。現在のポジションは9番手です。

セッション終了まで10分を切りました。

トップ4につけるフェラーリとメルセデスの4台を除く16台がコース上。

トップのベッテルから1秒以内のタイムを残しているのはメルセデスとレッドブルのみ。7番手につけるフォース・インディアのオコンはトップに1.115秒遅れです。

トロ・ロッソのサインツが1分13秒667をマークして7番手に浮上。

さらにヒュルケンベルグが6番手に食い込み、レッドブルの一角、リカルドを上回ってきました。

このタイミングでボッタスがガレージを出発。

フェルスタッペンが1分12秒台をマーク。ボッタスのタイムを上回って4番手に上がりました。タイムは1分12秒965。

ハミルトンもコースに入っています。フェラーリコンビはどうやらこのセッションの走行を終了した模様。

メルセデスはハミルトンとボッタスとも、ピットとコースを往復しながらピットストップの練習等に励んでいるようです。

一部のドライバーは走行を終えてピットに引き上げています。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションは1分12秒572をマークしたベッテルがトップ。0.292秒差でライコネンが2番手に入り、ハミルトンが3番手でした。

予選はこの後、日本時間深夜2時より開始されます。真夜中のセッションではありますが、お付き合いくださる方はまた後ほどお会いしましょう!