モナコGP 2017

/ Commentary

レース

20:30 2017年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝レースはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

20:50 これより2017年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝レースの模様をお届けいたします。すべての人々を魅了し、引きつけ、F1随一のグランプリと称されるモンテカルロの一戦は今年で75回目の開催を迎え、その栄えあるグランプリのポールシッターに輝いたのはフェラーリのキミ・ライコネン。

20:51 一時、F1界を離れていた時期があるライコネンのポール獲得は2008年フランスGP以来、実に9年ぶりです。フリー走行の様子からはチームメイトのセバスチャン・ベッテルが優勢かと見られていましたが、予選Q3でうまくまとめてきたライコネンがベッテルよりも0.043秒速い一番時計を記録しました。

20:52 フロントローに並ぶベッテルと3番グリッドに収まるメルセデスのバルテリ・ボッタスのタイム差は0.002秒。ほんのわずかなギャップで2列目に甘んじたボッタスですが、今週末のメルセデスはセットアップに苦しんでおり、チームメイトの状況を思えばボッタスはしっかりと予選までに立て直してきたと言えるでしょう。

20:53 2列目の偶数グリッドにはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入り、もう一台のレッドブルを駆るダニエル・リカルドが5番手スタート。

20:54 トロ・ロッソのカルロス・サインツが3列目に食い込み、フォース・インディアのセルジオ・ペレス、ハースF1のロマン・グロージャンが予選トップ10入りを決めています。

20:55 今季初、2台揃って予選Q3進出を決めたマクラーレンですが、Q2終盤にクラッシュを喫して最後のセッションに参加できなかったストフェル・バンドールンは前戦スペインGPで他車との接触を引き起こした責任を問われて3グリッド降格処分を受けており、また、9番手タイムを残したジェンソン・バトンはターボチャージャーとMGU-Hの交換に伴うエンジンペナルティで合計15グリッド降格、最後尾スタートの予定でしたが、セットアップを変更してピットスタートとなっています。

20:56 マクラーレン勢のペナルティにより、トロ・ロッソのダニール・クビアトとルノーのニコ・ヒュルケンベルグはスタートタイヤを自由に選べる状況でトップ10グリッドに並ぶこととなり、大量得点を目指してタイヤ戦略を生かしていきたいところ。

20:57 珍しく、ここまで名前が出てこなかったメルセデスのルイス・ハミルトンは予選Q2敗退を喫して14番手にとどまりました。Q2のラストアタック中に黄旗に直面してしまい、最後のラップを完了できなかったこともありますが、今週末は初回セッションでトップタイムを刻んで以降、いつもの速さが鳴りを潜め、苦戦が続いています。スターティンググリッドは13番です。

20:58 タイヤもマシンもワイドになった今シーズン、タイトでツイスティなモンテカルロ市街地サーキットの一戦はオーバーテイクがより一層難しくなっていると思われますが、セーフティカー導入率が高く、"何が起きるか分からない"レースでもあり、チェッカーが振られる最後の最後まで目が離せない戦いとなりそうです!

20:59 間もなくスタート時刻を迎えるモンテカルロは気温26度、路面温度52度、湿度46%のドライコンディション。

21:00 フォーメーションラップが始まりました。18番と19番のグリッドに並ぶザウバーの2人がスーパーソフトをチョイス。マーカス・エリクソンはギアボックス交換で5グリッド降格処分を受けましたが、スタート位置は変わらず19番手です。

21:02 ライコネンがポールポジションに到着。ベッテル、ボッタスと順にグリッドに並んでいきます。緊張の一瞬・・・いよいよレーススタートです!

1周目

レースが始まりました! 第1コーナーを先頭で通過したのはライコネン! ベッテルが2番手をキープ、ボッタス、フェルスタッペン、リカルドと続いていきます。

目立ったアクシデントもなく、全車が順調にスタート。

ピットスタートのバトンも最後尾に着きました。

2周目

ザウバーのウェーレイン、バトンがピットイン!

ウェーレインはスーパーソフトから新品のウルトラソフトに履き替え、バトンは新品のスーパーソフトに交換しています。

3周目

バトンはこのままスーパーソフトで最後まで走りきる戦法でしょうか。スタート直前にはアメリカのインディアナポリスからフェルナンド・アロンソが電話を通して無線で激励していました。

4周目

ライコネンが先頭をキープして3周目。ベッテルが1.4秒後ろにつけ、ボッタスがさらに1.8秒後方。

5周目

6番手のサインツとそれを追いかけるペレスがコンマ数秒差の接戦状態。

10番手以降は1秒前後のギャップで連なり、行列ができています。

6周目

ボッタスが少し遅れ始めたでしょうか。ベッテルに2,8秒遅れています。

オープニングラップ後にピットインしたウェーレインとバトンがピットレーン上であわやという場面が・・・。バトンは安全性に欠けるリリースだったと不満を訴えています。

7周目

フェラーリの2台は1分17秒前半のペース、ボッタスは1分17秒後半と、0.5秒ほど遅いタイムです。

ハミルトンは現在12番手。前にはクビアト、後ろにはバンドールンがいます。

8周目

ライコネンが1分16秒666のファステストをマーク。ベッテルとのギャップを2秒以上に広げています。

ウェーレインとバトンの一件が審議対象となっています。

9周目

少しずつフェラーリ勢が後続を引き離していきます。ボッタスは1.9秒後ろにフェルスタッペンが控え、その後方にはリカルドもいます。

10周目

ライコネンとベッテルがファステストラップを出し合っています。

10周目に入ってオーダーに目立った変化はなく、ライコネン、ベッテル、ボッタス、フェルスタッペン、リカルド、サインツ、ペレス、グロージャン、マグヌッセン、ヒュルケンベルグがトップ10を走ります。

11周目

前にペースの遅いザウバーを抱えた状態のバトン。思うようにペースを出せません。

12周目

トップのライコネンと2番手のベッテルは2秒差をキープ。ボッタスが2人からまた少し遅れて4.5秒ほど離されています。

13周目

ボッタスから2.5秒候補にフェルスタッペン、その2秒後ろをリカルドが走り、6番手のサインツは姉妹チームのレッドブルから4.8秒遅れています。

14周目

ウェーレインに5秒のタイムペナルティが科せられました。ただ、おそらく1ストップ戦略と考えられるため、レースタイムに5秒加算となりそうです。

15周目

フェラーリの2台は1分16秒台のペースをキープ。ボッタスはまだ1分17秒前半。レッドブル勢が1分16秒台に入れてきています。

18番手を走るザウバーのエリクソンは1分19秒台と周辺のライバルに比べてもペースが遅く、前を行くストロールから7秒近く後方です。

16周目

おっと・・・ヒュルケンベルグのマシンから白煙が・・・! 直前にはパワーロスを訴えていましたが・・・。ヒュルケンベルグは走り続けていますが、ギアボックストラブルが疑われています。

17周目

ヒュルケンベルグはポルティエで停車。エスケープロードにマシンを運んでレースを終えます。

フォース・インディアのペレスがピットに入ってノーズとタイヤを交換。スーパーソフトに履き替えています。

18周目

どうやらペレスはフロントウイングにダメージを負っていたようで、緊急ピットストップだったようです。

19周目

黄旗が解除されました。

タイヤ交換を終えたペレスは16番手の位置でコースに戻り、ストロールにプレッシャーをかけています。

20周目

ボッタスのペースがようやく上がってきたでしょうか。セクター1を全体のベストタイムで通過しています。

21周目

ボッタスのラップタイムがフェラーリ勢と同じペースになってきました。上位3台はいずれも1分16秒前半のタイムを刻んでおり、レッドブルコンビは1分16秒半ばのタイム。

22周目

ウェーレインに引っかかる状態で走り続けるバトン。相棒のバンドールンは1分17秒前半のペースを出していますが、バトンは1分18秒台にとどまっています。

23周目

トップのライコネンと最後尾のバトンは73秒差。ライコネンがもうすぐバトンの背中をとらえようとしています。

24周目

ベッテルがライコネンの1秒後方に接近中。ベッテルのプレッシャーを感じたライコネンが少しペースを上げているようです。

25周目

フェラーリ勢の後方3番手のボッタスと4番手のフェルスタッペンは2.2秒差、リカルドは3秒後方と少し距離があいています。

6番手のサインツはリカルドから11秒以上遅れていますが、その後ろ7番手のグロージャンに対するリードは8秒近くあります。

26周目

ライコネンがバトンに接近しています。周回遅れのマシンに近づいたタイミングでベッテルがライコネンとの差を一気に縮めてきました。

27周目

ライコネンはまだバトンの後方。その間にボッタスとフェルスタッペンも追いついてきました。

ライコネンがようやくバトンとエリクソンを追い抜きます。

28周目

さらにリカルドも加わってトップ5が1.5秒から2秒の間隔で連なっています。

29周目

前が開けたライコネンとベッテルのギャップは2秒。ボッタスまでがエリクソンを周回遅れにしています。

30周目

ベッテルが少し差を詰めてライコネンの1.5秒後方。ボッタスはベッテルに3.5秒遅れの位置です。

31周目

サバイバルレースになることの多いモナコですが、今のところルノーのヒュルケンベルグがトラブルで脱落した以外、19台がレースを続けています。

32周目

フェルスタッペンがボッタスの1.2秒後方に接近中。リカルドも近づいてきました。

33周目

お! レッドブルが動きます! フェルスタッペンがピットイン。

フェルスタッペンはスーパーソフトに履き替えて6番手の位置でコースに戻りました。

ボッタスに接近したタイミングでピットストップを行ったレッドブル。オーバーカットを狙っているようです。

34周目

ボッタスにはプッシュするようにとの指示が飛んでいます。

そしてボッタスがピットに向かいました。

スーパーソフトタイヤに交換したボッタスは・・・フェルスタッペンの前でコース復帰!

35周目

ライコネンがピットイン! 新品のスーパーソフトに履き替えて戻った場所は3番手。ベッテルとリカルドの後ろです。

リカルドが1分16秒117のファステストラップを刻んでペースを上げています。

36周目

ベッテルはまだ入らず。リカルドもステイアウトです。

37周目

ベッテルのラップタイムは1分16秒264、ライコネンの方が少し速く、1分16秒114を刻んでいます。

38周目

ピットストップで何とかライコネンの前に出たいベッテルが1分15秒台に入れて猛チャージ!

39周目

まだ今のタイヤセットでペースが良いベッテルはステイアウトを続けます。

リカルドがピットイン! スーパーソフトに履き替えて戻った位置は3番手!

ベッテルはここでピットイン!

40周目

スーパーソフトに交換したベッテルがピットを後にして・・・ライコネンはまだ来ません! ベッテルが先頭に躍り出ます!

41周目

ラップリーダーとなったベッテルにライコネンが続き、リカルドが3番手、ボッタス、フェルスタッペン、ハミルトンが6番手に上がっていますが、まだタイヤはスタートと同じセットを履いています。

42周目

ベッテルとの勝負中は1分15秒台にも入れていたライコネンですが、現在は1分17秒前半のペース。ベッテルは約1秒速いラプタイムを刻んでいます。

43周目

ライコネンがベッテルから少しずつ遅れ始めています。ギャップはすでに5秒に拡大。

44周目

ライコネンと3番手のリカルドは6秒の差があり、ペースは若干リカルドの方が速いようです。

バンドールンがピットに入りました。これでまだ一度もピットインしていないのはハミルトンのみ。

バンドールンは10番手でコースに戻っています。

45周目

ハミルトンはまだピットに入らず。新品のウルトラソフトでスタートしたハミルトンは1分17秒半ばのラップタイムを記録しています。

46周目

やはりライコネンのペースが上がらず、ベッテルに1秒以上遅いラップタイムで2番手を周回中。

47周目

ハミルトンがピットに向かいました。スーパーソフトタイヤに交換して7番手の位置で隊列に加わります。

48周目

先頭のベッテルとライコネンは9秒差、ライコネンとリカルドの間には5秒のギャップがあります。

49周目

3番手リカルドと4番手ボッタスは6.4秒差、ボッタスの1.2秒後ろにフェルスタッペンがいます。ペース的にはフェルスタッペンの方が速いものの、オーバーテイクを仕掛けるところまでいけず、がまんのレースが続きます。

50周目

ライコネンが少しペースアップ。1分16秒半ばまでペースを回復させています。

51周目

フェルスタッペンがボッタスのコンマ数秒差に接近。オーバーテイクを狙っていくでしょうか。

52周目

周回遅れに対応しながらフェルスタッペンのプレッシャーを受けるボッタス。ルイス・ハミルトンはスーパーソフトタイヤでペースを取り戻したのか、1分16秒台を刻んでいます。

53周目

ライコネンよりも0.5秒速いペースのリカルド。2人のギャップは3.4秒です。

54周目

接近戦を展開しているのは4番手のボッタスと5番手のフェルスタッペン、8番手のグロージャンと9番手のクビアト、10番手のバンドールンには1.5秒後方からペレスがプレッシャーをかけています。

55周目

ターン1の出口にあるマンホールの蓋が外れている可能性が指摘されています。先ほど、ハースF1のマグヌッセンがパンクチャーを抱えて2度目のピットストップを行っており、その前にはフォース・インディアのオコンもパンクチャーに見舞われていました。オコンは「ぶつかった記憶がないのに・・・」とぼやいており、マンホールの蓋が原因でパンクチャーが発生したとすれば注意しなければなりません。

56周目

9番手を走るクビアトと3秒差の位置にいるバンドールン。ペースはマクラーレンマシンの方が良く、徐々に追い上げていますが、クビアトは前のグロージャンと接近戦を繰り広げており、バンドールン自身もペレスが1.3秒後方に控えています。

57周目

マクラーレンの無線でもターン1付近、路面の一部に破損があるとの情報がもたらされています。

58周目

7番手を走るハミルトンが前方のサインツをロックオン!

59周目

フェルスタッペンがボッタスを、ハミルトンがサインツを追いかける展開。どちらもギャップは0.8秒前後です。

60周目

黄旗が振られています。

ウェーレインがクラシュ! ポルティエでマシンが横倒し・・・。

セーフティカーが出動しました! さらにメディカルカーも現場に向かいます。

61周目

ウェーレインのマシンは海岸沿いのバリア側にコックピットがある状態で、現在、左向きにマシンが倒れています。

フェルスタッペンがこのタイミングでタイヤを交換。

バトンがマシンを止めています。シケインのエスケープロードに進入して停車。リタイアとなりました。

62周目

ザウバーの無線が公開されました。「大丈夫」との声が聞こえています。ウェーレインは少なくとも話せる状況のようです。

63周目

リプレイ映像を見ると、ポルティエでウェーレインとバトンが交錯し、ウェーレインはその衝撃で倒れてしまったようです。

バトンもマシンにダメージを負っており、ひとまず動ける状態だったことから現場を離れてトンネルを抜け、その先のエスケープロードに逃げ込んだようです。

64周目

ウェーレインがコックピットから出てきました! 自力で歩いています。メディカルカーに乗り込みました。

65周目

バトンとの接触でザウバーのウェーレインがクラッシュを喫し、セーフティカーが入ったまま、レースは65周目に入っています。

周回遅れのドライバーに対してセーフティカーのオーバーテイクが許可されました。

なんと・・・エリクソンがターン1で曲がれずにバリアに突進! セーフティカーを追い抜いた直後の出来事でした・・・。

66周目

エリクソンにケガはない様子ですでにコックピットを脱出。現場ではクレーン車にザウバーマシンが吊り上げられていきます。

セーフティカーはこの周回で解除されると発表がありました。

67周目

レース再開! 先頭はベッテル、ライコネン、リカルド、ボッタス、フェルスタッペン、サインツ、ハミルトンが7番手。

その後方で交錯! バンドールンがターン1に突っ込んでいます。

ペレスにインを突かれたバンドールンはコーナーを曲がり切れずにバリアと接触。入賞圏内にいたバンドールンですが、無念のリタイアとなってしまいました。

68周目

ターン1付近の黄旗はすでに解除されており、8番手にグロージャン、9番手クビアト、10番手にペレスです。

69周目

レッドブル対ボッタスの対決が激しさを増しています。

リカルド、ボッタス、フェルスタッペンのオーダーで、1秒前後のギャップ。

70周目

ボッタスはリカルドを追いかけたいところですが、フェルスタッペンのプレッシャーもきつく、バックミラーも注意しなければなりません。

71周目

入賞圏内のバトルも激しく、まだ全体的に1秒前後の間隔でポジションを争っています!

72周目

フェルスタッペンがボッタスのリアにピタリとつけてチャンスを狙っています。

どうやら最終コーナー手前でペレスとクビアトが接触したようです。

73周目

ラスカスでクビアトのインを突いたペレスでしたが、接触を回避できずにマシンにもダメージを負っています。

2人のインシデントはレース後に審議されるとのこと。

74周目

クビアトはその後、カジノ付近でマシンを停車。リタイアを喫しています。

ウィリアムズのストロールがピットに戻りましたが、そのままマシンを降りるようです。

75周目

7台が姿を消したモナコGP。13番手を走るペレスは3回目のピットストップを行い、12番手のオコンからは22秒ほど後ろにいます。

76周目

ベッテルとライコネンは5秒のギャップが開きましたが、ライコネン、リカルド、ボッタス、フェルスタッペンは1秒前後の間隔で争っています。

77周目

レッドブル勢は抜きたくても抜けない状況・・・。ライコネンとボッタスは必死にポジションを守ります。

78周目

ベッテルがファイナルラップに入りました! ライコネン、リカルド、ボッタス、フェルスタッペンの順でターン1を通過。最後の逆転はあるでしょうか?

ベッテルが最終コーナーを立ち上がってトップチェッカー!

2位にライコネン、リカルドが3位表彰台です。

4位以下、入賞はボッタス、フェルスタッペン、サインツ、ハミルトン、グロージャン、マッサ、マグヌッセンでした。

完走は11位パーマー、オコン、ペレスです。ストロールとクビアトがそれぞれ14位と15位で完走扱いとなりました。

伝統の一戦、モナコGPはこれにて閉幕。F1カレンダーの次なる舞台は北米大陸となり、F1一行はヨーロッパを離れて一路、カナダ・モントリオールを目指します。シーズン第7戦カナダGPは6月9日(金)に開幕し、金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間23時スタート予定です。それではまた次回カナダGPでお会いしましょう!