モナコGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第6戦モナコGP木曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第6戦モナコGP木曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。初回セッションはメルセデスのルイス・ハミルトンがモンテカルロ市街地コースの史上最速タイムとなる1分13秒425をマーク。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが0.196秒差で2番手に食い込み、3番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入りました。

ハミルトンの相棒バルテリ・ボッタスは4番手、もう一台のレッドブルを駆るダニエル・リカルドが5番手タイムを残し、トロ・ロッソのダニール・クビアトを挟んで7番手にフェラーリのキミ・ライコネンがつけています。

久々のドライブに臨んだマクラーレンのジェンソン・バトンはソフトタイヤとウルトラソフトタイヤを使って合計35周を走り、ベストタイムは1分14秒954を記録しました。

綺麗な青空が広がるモナコの気温は22度、路面温度40度、湿度68%のコンディション。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが先頭でコースイン。初回セッションはテクニカルトラブルにより3周しかできませんでした。

さらに、ギアボックストラブルで同様に走行時間を失ったザウバーのマーカス・エリクソンが続いています。

ハースF1の2台とルノーのジョリオン・パーマー、フェラーリのキミ・ライコネンがガレージを離れました。

マクラーレンはストフェル・バンドールンが先に始動。フォース・インディアのエステバン・オコンも動き出しました。

ハースF1とルノーの4人がタイム計測を完了。

トップはグロージャン。1分16秒741を刻んでいます。

ライコネンが1分15秒台に入れて最速タイムを更新。ライコネンとハースF1勢はスーパーソフトを履いています。

ルノー勢、バンドールンはウルトラソフトを装着。

各車のタイムが1分14秒台に入ってきました。現時点でトップに立っているのは1分14秒642を刻んだバンドールン。

2番手にマグヌッセンが上がり、ライコネンは3番手です。

ペレスが4番手に飛び込みました。

ライコネンが少しペースを上げたでしょうか。1分14秒734をマークして2番手。

トロ・ロッソのクビアトが1分14秒フラットを記録しました。バンドールンのタイムを0.6秒上回ってトップタイム。

おっとっと・・・オコンがポルティエに向かってマシンバランスを崩してしまいました。リアをバリアにぶつけたものの、何とかこらえて走行を続けています。

ウィリアムズの2人がアウトラップを終えてタイム計測をスタートさせています。

ルノーのパーマーがターン8でストップしたとの情報。

チームから無線で、ポルティエにて停車するよう指示されたパーマー。ダブルイエローフラッグが掲示されています。

イエローフラッグは解除されました。

ボッタスとハミルトンのメルセデス勢が始動しています。すでにボッタスは1分20秒台のタイムを残していますが、仕切り直しのタイム計測に挑んでいます。

まだレッドブルのリカルド、フェラーリのベッテル、マクラーレンのバトン、ザウバーのウェーレインはガレージの中。

1分13秒台に入れたトロ・ロッソのクビアトとサインツが1-2態勢を築きます。

フェラーリのガレージではベッテルのマシンがジャッキアップされており、メカニックが慌ただしく作業中・・・。センサーを交換しているとの情報があります。

ウェーレインが合流しました。

トップ4に並ぶクビアト、サインツ、フェルスタッペン、バンドールンはウルトラソフトタイヤを使用。5番手のライコネンからマグヌッセン、ハミルトン、グロージャン、ペレスはスーパーソフトを試しています。

10番手につけるマッサはウルトラソフトで走行中。

マクラーレンのガレージからバトンが出てきました。タイヤはウルトラソフトを装着しています。

またイエローフラッグが掲示されました。ザウバーのエリクソンです。

カジノスクエアでリアのバランスを崩してタイヤスモークが上がりましたが、なんとか堪えて走行を続けています。

その間、フェルスタッペンが1分13秒514を刻んで2番手に上がっています。

エリクソンがピットに戻ってきています。ぶつけた部分の修復が始まるようです。

レッドブルのリカルドが出陣してアウトラップを完了。

そしてようやくベッテルもコースに入りました。

ベッテルが1分15秒台のタイムを残して全車のタイムが出揃いました。

トップ5の顔ぶれはクビアト、フェルスタッペン、サインツ、リカルド、ボッタス。

ハミルトンが6番手、バンドールン、マッサ、ライコネン、マグヌッセンがトップ10に名を連ねています。

2番手につけるフェルスタッペンはウルトラソフトのタイヤセットで11周を走り、先ほどのラップタイムは1分16秒台でした。

ベッテルが1分14秒フラットを刻んで5番手にポジションアップ。

メルセデスの2人はスーパーソフトのプログラムを終えてピットに戻っています。ボッタスが1分14秒407で6番手、ハミルトンはチームメイトに0.012秒差の7番手です。

ベッテルはさらにペースアップを成功させて3番手に上がりました。

ウルトラソフトで7周を走ったリカルドが1分13秒280をマーク! トップに立ちます。

グロージャンがコースを飛び出してしまった模様。ブレーキに苦しんでいたグロージャン、まだ苦悩は続いているようです・・・。事なきを得て走行を再開しています。

序盤に走り始めた陣営のうち、新しいタイヤに履き替えたドライバーたちがピットを離れてコースに向かい始めました。

1分13秒482をマークしたライコネンが3番手に飛び込みます。トップから0.202秒遅れのタイム。

メルセデスの2人が新しいウルトラソフトに交換してピットアウト。

現時点でボッタスが13番手、ハミルトンが14番手のポジションです。序盤はスーパーソフトを試しており、このセッションで予選用タイヤのウルトラソフトを履くのはこれが最初。

ボッタスが1分13秒908を刻んで8番手にポジションを上げています。

ハミルトンはトラフィックに引っかかり、仕切り直し。

ライコネンが1分13秒283を記録しました。トップのリカルドには惜しくも0.003秒届かず。

ハミルトンも自己ベストを更新。ボッタスよりも0.029秒速くまとめて8番手の位置に入ります。

ここでベッテルが大きくタイムを更新してきました。1分12秒台!

1分12秒759をたたき出したベッテル。2番手以降に対するリードは0.5秒以上あります。

メルセデス勢はこの数周、1分14秒から1分15秒台のタイムを刻んでおり、新品のウルトラソフトに燃料を多めに積んで走行していた可能性が高そうです。

マクラーレンのバトンが新しいウルトラソフトを履いてガレージを出発。

先にコースに出ていたバンドールンが1分13秒台に入れて11番手に上がります。

コース上、イエローフラッグが掲示されているようです。

ウィリアムズのストロールがクラッシュ! カジノスクエア手前でしょうか。バリアにヒットしてしまいました。

バーチャルセーフティカーが発令されています。

赤旗に切り替わります。

セッションは赤旗により中断。全車にピットへの帰還が指示されています。

マスネのバリアにはぶつかった形跡が残っています。マシン右側をかなり激しくぶつけてしまったストロール。

本人はすでに自力でコックピットを離れており、ケガはないようです。

現場ではコースマーシャルが散らばったデブリを集め、清掃作業を急いでいます。

セッションは日本時間22時に再開されるとの発表です。

ピットレーンの信号が再び青に変わりました。

トロ・ロッソ勢やライコネン、リカルドらがコースイン。ハミルトンも続いて合流します。

今のところ、ユーズドタイヤを履くドライバーがほとんどです。赤旗の直前に新品を投入したばかりだった陣営はそのタイヤセットを装着したまま、コースに送り出している模様。

現在は15台がコース上。

ウィリアムズのマッサが加わり、走っていないのはクラッシュしたストロールと序盤にマシンを止めたパーマー以外に、ザウバーの2人です。

ベッテルがピットに戻ってきました。フェラーリはベッテルにウルトラソフト、ライコネンにスーパーソフトを履かせています。

ベッテルが再びコースイン。ベッテルが装着しているウルトラソフトのタイヤセットは10周を走ったコンパウンドです。

パーマーを除く19名は20周以上を走破しており、一番多いのは31周のオコン。他にもライコネンやクビアト、マッサらが30周を走り込んでいます。

マクラーレンはバンドールンが27周、バトンが23周を走行。ベストタイムは2人とも1分13秒後半を記録し、ギャップは0.035秒と、かなり近いタイムを残しています。

メルセデスはレースシミュレーションに集中しているのか、ハミルトンが8番手、ボッタスが10番手の位置。マクラーレン勢はボッタスに次ぐ11番手と12番手です。

レースを想定した走行が続くセッション終盤、タイムシートに目立った変化はありません。

好天のモナコは気温23度とあまり上がっていませんが、路面温度は45度に上昇しています。

トップに立つベッテルはウルトラソフトを履いて1分15秒後半から1分16秒台のタイムを刻み、スーパーソフトを履く相棒のライコネンは1分16秒前半のペースを維持しています。

セッション終了まで残り10分。

ウルトラソフトでロングラン中のレッドブルはリカルドが1分16秒半ばのペースで周回しているようです。

メルセデスはハミルトンがウルトラソフト、ボッタスがスーパーソフトを試しています。

トラフィックにはまっているようで、あまり参考にならないタイムですが、先ほどのラップはハミルトンが1分17秒後半、ボッタスが1分20秒前半のラップタイムでした。

レースシミュレーション中、タイヤ交換を含むピットストップの練習に励む陣営も。

渋滞不回避のモナコでは前後のスペースをうまく取れなければ良いデータが集められないとあって、走行ポジションの調整も必要になってきます。

残り時間が少なくなる中、トロ・ロッソのクビアトとメルセデスのハミルトンがピットに戻り、まもなく、もう一度コースに向かうようです。

すでに走行を終えたストロールとパーマーを除く18人が初日最後の走行に臨んでいます。

ここでセッション終了です。

初日2回目のフリー走行はフェラーリのベッテルが1分12秒720のトップタイムを記録。0.487秒差でリカルドが2番手に入り、3番手にはライコネンがつけました。

明日26日(金)はモナコGP恒例の休息日。中一日を挟んで土曜フリー走行は27日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明後日にお会いしましょう!