モナコGP 2017

/ Commentary

フリー走行1

2017年F1世界選手権第6戦モナコGP木曜フリー走行1回目のセッションはこの後、日本時間17時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第6戦モナコGP木曜フリー走行1回目の模様をお届けいたします。序盤4戦のフライアウェイ戦を経て今年もスペインで幕を開けたヨーロッパラウンド。今週末は伝統の一戦、モナコ公国の市街地コースを舞台に行われるモナコGPです。

モナコでは木曜日に2回のフリー走行が実施され、金曜日は休息日、土曜日に最後のフリー走行と予選に臨み、日曜日に決勝レースが開催される日程です。

今週末はグリッドの顔ぶれに若干の変化が。アメリカのインディアナポリスで行われる、こちらも伝統のインディ500に出場するフェルナンド・アロンソに代わり、モンテカルロではジェンソン・バトンがマクラーレン・ホンダに乗り込みます。

昨年までF1の最前線で戦ってきたバトンにとってレース数で言うと"6戦ぶり"になりますが、一度限りのグリッド復帰に緊張はなく、むしろ楽しみにしているといい、「すごくワクワクしている」と明かしました。

青空が広がるモナコの現在の気温は20度、路面温度28度、湿度72%のコンディションです。間もなくフリー走行1回目のセッションがスタートします。

ピットレーン出口のシグナルが緑に変わり、セッションが始まりました。

トロ・ロッソのカルロス・サインツを先頭に、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルらがコースに向かいます。

続々とコースインする各車。トロ・ロッソやハースF1はソフトタイヤでインストレーションラップを走っていますが、概ね、ウルトラソフトを履いているようです。

マクラーレンのガレージからバトンが出陣! ソフトタイヤを履いています。

早速、タイムを計測したのはレッドブルのマックス・フェルスタッペン。1分19秒424を刻んできました。

メルセデスの2台も2周目に入っています。

ボッタスが1分19秒611をマーク。

最後にフォース・インディアのエステバン・オコンが始動して、全車が少なくとも一度はコースに姿を見せたことになります。

ハミルトンはゆったりとしたペースで1分22秒台。

フェルスタッペンは1回のタイム計測のみでピットに引き上げています。

フェルスタッペンはウルトラソフト、メルセデスの2人はスーパーソフトを履いています。

ボッタスが1分16秒347をマークしてトップに立ちます。

ハミルトンは1分19秒台に乗せていますが、ポジションは3番手。

ウィリアムズのランス・ストロールが1分28秒台のタイムを残しています。

現在はメルセデスの2台とストロールが走るのみ。

ボッタスがさらにペースを上げて1分15秒台にのせてきました。

レッドブルのリカルドが合流。

フェルスタッペンも再びコースに向かいました。トロ・ロッソのサインツが加わっています。

リカルドは1分17秒609を記録し、ボッタスとハミルトンに次ぐ3番手につけました。

徐々にコースが賑やかになってきました。システムチェックを終えていったんピットに戻っていた面々がプログラムに着手しています。

現在トップにつけるボッタスは1分15秒111を刻んでおり0.231秒差の2番手にハミルトンがいます。

3番手にフェルスタッペン、リカルド、ストロール、サインツが6番手で、ここまでにタイムを残したドライバーはこの6名です。

フェルスタッペンが1分1秒306を刻んで2番手に浮上しました。ボッタスと0.195秒差、ハミルトンのタイムを少しだけ上回ってきています。

タイヤはメルセデス勢がスーパーソフト、フェルスタッペンは序盤に履いたユーズドのウルトラソフトです。

メルセデスコンビはそれぞれ11周を走ってピットに帰還。

ハミルトンはまたすぐにコースに出てきました。

2017年型マシンの初ドライブに臨むバトンは1分22秒755をマークして現在14番手。コースは勝手知ったるモンテカルロですが、マシンはテスト走行すらしておらず、このフリー走行が初めてのドライブです。

レッドブルのリカルドが1分14秒台に入れてきました。ボッタスのタイムを0.227秒更新してトップタイム。

まだザウバー勢やルノーのヒュルケンベルグ、ウィリアムズのマッサ、フォース・インディアのペレスらはインストレーションラップを走っただけ。

ソフトタイヤで周回を重ねるバトンは9周を走ってベストタイムが1分20秒083。同じマクラーレンを駆るバンドールンに2秒ほど遅れています。

ただ、タイヤはバトンがソフトを履く一方でバンドールンはスーパーソフトを装着しています。

フェラーリのベッテルが1分14秒289を刻んでトップに躍り出ました。2番手に下がったリカルドに対するリードは0.595秒。

ライコネンは1分15秒後半のタイムでポジションは8番手。

ザウバーのパスカル・ウェーレインとウィリアムズのマッサがコースに入っています。

ヒュルケンベルグ、エリクソン、ペレスは引き続きガレージで待機中。

ペレスがコースに向かいました。

セクター1の全体ベストをマークしたライコネンが3番手にポジションアップ。

セッション開始から30分以上が経過しましたが、まだヒュルケンベルグとエリクソンはノータイムのまま。周回数はそれぞれ3に伸ばしていますが、しばらくガレージから出てきていません。

ラップごとにタイムを削るバトン。現時点のベストタイムは1分18秒429です。

トロ・ロッソのクビアトがトップに0.351秒差の2番手にポジションを上げました。

バトンがソフトタイヤでマシンの感触を確かめながら周回を重ねていきます。今のところトラブルもないようで順調にプログラムを進められているようです。

徐々にドライバーたちがピットに引き上げ始めています。

フォース・インディアのペレスが2番手に飛び込みました。タイムは1分14秒583。トップのベッテルに0.294秒差です。

レッドブルのガレージではフェルスタッペンのマシンがジャッキアップされ、マシン修復に勤しむクルーの姿が。この後、しばらく走行は難しそうです。

メルセデスのハミルトンとボッタスがウルトラソフトに履き替えてコースに入っています。

セッションが始まって40分。ここまでに使用したタイヤのうち1セットはピレリへの返却が義務付けられています。

ハミルトンが1分14秒355を刻み、ボッタスがやや速くラップをまとめて1分14秒301を記録。

ベッテルとボッタスが0.012秒差、ハミルトンもトップにわずか0.066秒しか遅れていません。

結局、ヒュルケンベルグとエリクソンはタイムを残さぬままセッション後半に突入しそうです。

ハミルトンが1分13秒台に入れてきました!

さらにボッタスもペースアップに成功し、1分13秒828をマークしてトップタイム。ハミルトンは0.117秒差の2番手です。

90分間のセッションは後半に入っています。

ハミルトンがまたまたトップタイムを更新。全セクターでファステストを刻んで1分13秒429をマークしました。

ベッテルが新しいウルトラソフトタイヤを履いてコースイン。

ハミルトンがさらに若干のタイム更新に成功。1分13秒425をたたき出しています。

メルセデス勢以外ではベッテル、マッサ、リカルド、マグヌッセン、グロージャン、ストロールがコース上。

それ以外のドライバーはガレージでマシンの微調整に励んでいます。

フェルスタッペンやヒュルケンベルグ、エリクソンはどうやらマシントラブルの修復に追われている模様。

ルノーによると、ヒュルケンベルグのマシンはエネルギー貯蔵に不具合がある様子。現在、調査中とのことです。

また、ザウバーのエリクソンはギアボックストラブルに見舞われて走行ができない状態だそうです。

トップ5のオーダーはハミルトン、ボッタス、ベッテル、リカルド、ペレス。

狭いモナコのストリートコースですが、今のところ大きなアクシデント等は発生していません。

マクラーレンのバトンはソフトタイヤで17周を走り込んだ後、ガレージに戻ったまま。次の走行はまだ少しあとになるようです。

ベッテルが1分13秒621を刻んで2番手に上がりました。ハミルトンには0.196秒届かずも、ボッタスのタイムは上回っています。

フェルスタッペンが出陣の準備を進めているようです。マシントラブルでしばらく走れていませんが、修復作業は完了できたのでしょうか。

残り時間は30分を切りました。トップは変わらずハミルトン、2番手にベッテル、ボッタス、リカルド、ペレスが5番手、マッサ、クビアト、サインツ、オコン、マグヌッセンがトップ10につけています。

1分13秒台に入れているのは上位4人。5番手のペレスは1分14秒201がベストタイムです。

タイムを残しているドライバーの中で最下位なのは18番手のバトン。ただ、今年初ドライブとあってマシンやタイヤに慣れるためのプログラムに取り組んでいたと見られ、それほどプッシュしていたわけではないと思われます。

バトンがウルトラソフトタイヤに履き替えてガレージを出発。

1分16秒台に入れたバトンは自己ベストを更新したものの、ポジションは変わらず18番手。

フェルスタッペンがコースに出ています。

バトンがさらにペースアップして17番手に上がりました。

コース上、イエローフラッグが振られています。

どうやらグロージャンがターン1でスピンを喫してしまったようです。

グロージャンは事なきを得て走行を再開しています。

バトンはさらにタイムを削って現在15番手。バンドールンには0.4秒ほど遅れています。

マクラーレンによると、バトンとバンドールンは2人ともセットアップを変更して現在の走行プログラムに取り組んでいるとのこと。

バトンがまたコンマ数秒、タイムを縮めてきました。ラップごとに自己ベストを更新する勢いです。

レッドブルのフェルスタッペンが1分14秒118をマークして5番手にポジションアップ。

グロージャンがタイヤをロックアップしてしまい、スイミングプール区間の後半でコースを飛び出してしまいました。

ターン1では毎回うまくいかないようで「ターン1はいつもミスしちゃうんだけど」と嘆いていました。

エリクソンはすでにこのセッションの走行を断念していますが、どうやらヒュルケンベルグも同じ状況になりそうです。2人とも3周を走っただけでノータイム。

ウルトラソフトで20周以上を走り込むメルセデス勢はハミルトンが1分15秒後半、ボッタスが1分16秒前半のペースで周回中。

マクラーレンはバンドールンが12番手にポジションを上げ、バトンが0.1秒差の14番手につけています。

マクラーレンはバトンが多くの周回を走る中でマシンに慣れ、セットアップにも自信を深めていると明かしています。

先ほどからターン10を逃すドライバーがちらほらいます。ベッテルも下り坂から直進してしまいました。

このセッションでウルトラソフトを試していないのはトロ・ロッソの2人。クビアトもサインツもインストレーションラップをソフトで走り、以降はスーパーソフトの評価に専念しています。

逆にウルトラソフトしか履いていないのはフェラーリやレッドブル、フォース・インディアなど複数のチームがいます。

残り時間がわずかとなってトラブルを抱えた2人とバトン以外がコース上。

ストロールがピットインしてボッタスも戻ってきます。入れ替わるようにバトンがガレージを離れました。

ストロールはピットストップの練習を挟んでコースに向かいます。ボッタスも同様。ハミルトンが今度はピットに戻ってきています。

最後にもう一度コースに向かっていったハミルトン。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションのトップタイムはハミルトンがマークした1分13秒425。ベッテルが0.196秒差で2番手に続き、フェルスタッペンが3番手に食い込んでいます。

マクラーレンのバトンは1分14秒954のベストタイムを残し、トップから1.529秒差の14番手でした。

フリー走行2回目はこの後、日本時間21時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!