スペインGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第5戦スペインGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第5戦スペインGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。先ほど行われた初回セッションはメルセデスが圧倒的な速さをアピール。1分21秒521を刻んだルイス・ハミルトンに、僚友バルテリ・ボッタスが0.029秒差で続きました。

ここまでメルセデスに肉薄するパフォーマンスを見せてきたフェラーリですが、バルセロナでは3番手と4番手につけながらもメルセデスに約1秒のリードをつけられてしまい、キミ・ライコネンがトップから0.935秒遅れ、セバスチャン・ベッテルは1.079秒差のタイムにとどまっています。

レッドブルはまだメルセデスに届くペースではないものの、トップ5に入ったマックス・フェルスタッペンはベッテルに0.1秒差と近づいており、6番手のダニエル・リカルドもフェラーリとは0.5秒のギャップです。

マクラーレンは今週末もトラブルを抱えるスタートに・・・。フェルナンド・アロンソが走り始めた途端、オイル漏れが発生してストップ。1周と走りきれずにマシンを降りることになってしまいました。マクラーレンはパワーユニットを交換して2回目のフリー走行に備えています。

朝から快晴に恵まれるカタロニア・サーキット。気温25度、路面温度44度、湿度32%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ハースF1のケビン・マグヌッセンとルノーのジョリオン・パーマーがコースに向かいます。初回セッションで開発ドライバーのセルゲイ・シロトキンにマシンを貸し出していたパーマーはこれが本日初走行。

マグヌッセンの相棒ロマン・グロージャンがガレージを離れます。

続いて始動したのはフォース・インディアのセルジオ・ペレス。

今のところ他のドライバーに動きはありません。

コースに出ている4人はいずれもミディアムタイヤを装着。ペレスと同じくフォース・インディアを駆るエステバン・オコンが合流しました。

フェラーリのガレージからベッテルが出陣しました。さらにトロ・ロッソがダニール・クビアトをコースへと送り出します。

ライコネンも始動。コース上は現在8台になりました。

あまり早めに動く陣営は多くありませんが、インストレーションラップを完了した面々はコース上にとどまってタイム計測をスタート。

1分25秒033を刻んだペレスがトップに立ち、オコンが2番手、パーマーが3番手に並んでいます。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグやウィリアムズのフェリペ・マッサもプログラムを開始するようです。

ペレスが1分24秒台に入れてきました。ベッテルはひとまず1分29秒台のタイムを残して7番手ですが、今のラップはセクター1とセクター2とも全体のベストタイムを刻んでいます。

コントロールラインを通過したベッテルのタイムは・・・1分24秒655。ペレスのタイムを0.045秒上回りました。

さらに好ペースを見せているのがライコネンです。1分23秒143でまとめてきました。

ここでメルセデスのハミルトンが出陣。

レッドブルのフェルスタッペンが2番手タイムを残しています。トップのライコネンとは1.2秒差。

ベッテルが若干のペースアップに成功して2番手にポジションアップ。ライコネンからはまだ0.8秒遅れています。

レッドブルがリカルドをコースに送り出しました。

まだザウバーの2台、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、メルセデスのボッタスは一度も姿を見せていません。

マッサが4番手に入りました。

ハミルトンはゆったりとしたペースで周回し、1分32秒台のタイムを残して15番手。

エリクソン、ボッタス、ウェーレインがガレージから出てきました。

開始から15分、まだアロンソに動きはありません。

ハミルトンは若干、マシンのコントロールを乱してしまい、1分24秒478にとどまっています。

ボッタスが1分23秒フラットを刻んでトップタイム。ライコネンとのギャップはわずかに0.081秒しかありません。

19台のタイムが出揃い、トップ5にはボッタス、キミ・ライコネン、ベッテル、フェルスタッペン、ハミルトンが並びました。

ハミルトンと0.05秒差で6番手に控えるのがマッサ。サインツ、リカルド、ペレス、バンドールンがトップ10に名を連ねています。

お、マクラーレンのガレージでアロンソが出陣の準備を始めているようです。

ハミルトンが自己ベストを更新しました。1分23秒台に入れたものの、トップ2には届かず3番手。ベッテルのタイムは0.4秒上回っています。

おっとっと・・・フェルスタッペンがグラベルに突っ込んでしまいました。

幸い、事なきを得てコースに復帰し、走行を再開しています。

序盤の走行プランを終えたドライバーたちはピットに帰還し、今はリカルド、ペレス、エリクソン、ウェーレインが走るのみ。

マクラーレンによると、アロンソのマシンはほぼ準備が整っているとのこと。

ようやくアロンソがマシンに乗り込みました。

ミディアムタイヤを装着したアロンソがガレージから出てきます。

すでにフォース・インディア勢やザウバー勢は周回数をふた桁に乗せています。

ここまでは全チーム、全ドライバーがミディアムタイヤのみを使用。

と、お伝えしたタイミングでフェラーリのベッテルがソフトタイヤに切り替えて登場です。

ベッテル以外ではミディアムタイヤでロングラン中のエリクソンが走っているだけです。

セッションが始まって30分が経過。ライコネンやボッタス、マッサらが相次いでコースイン。ミディアムからソフトのコンパウンドに履き替えています。

アロンソは2周を走ってピットに引き上げました。タイムは残していません。

先にソフトタイヤに切り替えたベッテルが1分21秒220を刻んでいますが、タイム計測をスタートさせたライコネンのペースが良いようです。

その前にマグヌッセンがコントロールラインを通過しました。タイムは1分23秒フラット。

マッサが2番手に飛び込むも、すぐさまライコネンが1分21秒112を刻んでトップに躍り出ます。

ソフトタイヤの登場で一気にタイムが削られていきます。

現時点でトップはライコネン、ベッテルが0.1秒差の2番手につけ、ヒュルケンベルグが3番手です。

ボッタスが最終コーナーを立ち上がってきます・・・1分20秒892! 1分21秒の壁を悠々と突破しました。

ボッタスと2番手に下がったライコネンのギャップは0.2秒。

ハミルトンがやってきました・・・こちらも1分20秒台に入れます! ボッタスのタイムを0.09秒更新してきました。

これでトップ5のオーダーはハミルトン、ボッタス、ライコネン、ベッテル、ヒュルケンベルグに変わります。

ハミルトンと4番手のベッテルは0.4秒差。さほどギャップは大きくありませんが、メルセデスが一歩リードといったところでしょうか。

2周のインストレーションラップを走ったアロンソはまたガレージでの待機が続いています。

再びコース上のマシンがまばらになりつつあります。

まだレッドブルのフェルスタッペンとフォース・インディアのペレス、トロ・ロッソのクビアト、マクラーレンのアロンソはソフトタイヤを履いていません。

リカルドは先ほどソフトタイヤに交換して出陣したばかり。

フェルスタッペンも柔らかいコンパウンドに履き替えて合流。

リカルドが1分21秒585をマークして5番手に上がりました。

セッションの前半が終了しました。マクラーレンのアロンソ以外はタイムを残しており、トップは引き続きハミルトンです。

フェルスタッペンは1分21秒438を記録。チームメイトのタイムを上回って5番手にポジションを上げています。

また少し、コースにマシンが増えてきました。セッション後半はレースを想定した作業が中心になると思われます。

メルセデスは2台ともユーズドのソフトタイヤでコースイン。

ボッタスはピットレーンを通って再びコースに向かいます。

フェラーリはライコネンがガレージで待機中、ベッテルはユーズドのソフトを履いてコース上です。

ベッテルとハミルトンがピットレーンに引き上げてきました。

メルセデスコンビとベッテルはすぐにまた走行を再開しています。

アロンソがようやくタイム計測を終えて1分26秒700を記録。ポジションは最下位です。

ベッテルがまたピットに戻り、入れ替わるようにライコネンがコースに向かいました。

ハースF1のグロージャンがミディアムタイヤに戻してガレージを離れています。相棒のマグヌッセンは使用済みソフトタイヤの走行を続投。

メルセデスのハミルトンは1分25秒後半、ボッタスは約1秒遅いペースで周回しています。

フェラーリはピットとコースを往復しており、はっきりとしたペースが見えにくい状況です。

レッドブル勢は新品のソフトタイヤでクイックラップを走った後、ピットに戻って待機が続いています。

メルセデスコンビのラップタイムが1分25秒半ばで落ち着き始めました。

リカルドがコースに合流します。

チームメイトに遅れてフェルスタッペンもレースシミュレーションを開始するようです。

初日の走行時間は残り30分を切りました。

ターン9付近にデブリが落ちている模様。サインツのトロ・ロッソマシンから外れたようです。

赤旗が掲示されました。デブリを確認したレースコントロールが安全性を鑑みて判断した模様。

セッションは日本時間22時05分に再開される予定です。

セッションが再開されました。

続々とマシンがコースに向かい、中断されたレースシミュレーションの続きをスタートしているようです。

フェラーリはライコネンにユーズドのソフトを履かせたまま、ベッテルはミディアムタイヤに戻しています。

20台すべてがコースに出揃いました。ミディアムタイヤを履いているのはベッテル、マグヌッセン、ストロール、ウェーレインの4人だけ。

ソフトのセットで14周を走ったライコネンが1分25秒半ばのペース、11周を重ねたミディアムを履くベッテルは1分28秒前半のタイムをマークしています。

レッドブル勢はいずれも1分27秒前半のタイムを刻みながら、フェルスタッペンが11周、リカルドが13周を走ったユーズドのソフトタイヤを履いています。

ウィリアムズはマッサとストロールが揃ってミディアムタイヤに交換。

ベストタイムはマッサが9番手につける一方、ストロールは17番手の位置にとどまっています。

コース上では一部トラフィックが発生している箇所があり、抜きつ抜かれつの本格的なレースシミュレーションに励む面々もいるようです。

その中にはアロンソの姿もありましたが、後れを取っているだけにトラフィックを嫌ったか、ピットに引き上げてしまいました。

アロンソは12周を走ってベストタイムが1分24秒077。新品のソフトタイヤも試していましたが、トラフィックが原因か、燃料を多く積んでいたことが理由か、あまりペースは伸びていません。

アロンソがまたコースに加わりました。

引き続き20台が周回を重ねているものの、タイムシートに動きはありません。

一番多く走り込んでいるのはルノーのパーマー。すでに36周を走破しています。

その他、多くのドライバーが30周以上を走り込み、さらに走行距離を伸ばしています。

メルセデス勢のペースが1分27秒半ばに落ちてきました。現在のソフトのセットではハミルトンが26周、ボッタスが27周を走っています。

ここでメルセデスコンビがピットイン。ミディアムタイヤに履き替えるようです。

セッション終了まで残り5分。ボッタスとハミルトンがソフトからミディアムに交換してコース上の隊列に加わりました。

バンドールンがミディアム、アロンソがソフトを履くマクラーレン。ペースはバンドールンが1分29秒前半、アロンソが1分28秒半ばです。

ボッタスがターン7でわずかに横滑りした模様。グラベルを通ってコースに戻り、走行を続けています。

さらにベッテルもコースオフ。ターン4でワイドに膨らんでしまいました。こちらもグラベルに乗り上げたものの、無事にコース復帰を果たしています。

ここでセッション終了です。

トップタイムはハミルトンがマークした1分20秒802。ボッタスが0.090秒差で2番手につけ、メルセデスが1-2で初日を締めくくりました。フェラーリのライコネンとベッテルが3番手と4番手に並んでいます。

土曜フリー走行は13日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!