ロシアGP 2017

/ Commentary

フリー走行3

2017年F1世界選手権第4戦ロシアGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間18時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第4戦ロシアGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日に実施された2回のフリー走行はいずれもフェラーリドライバーがタイムシートトップに立ち、初回セッションはキミ・ライコネンが、2回目のセッションはセバスチャン・ベッテルが最速ドライバーとなりました。

メルセデスもフェラーリに肉薄するペースを見せているものの、どちらかと言えばメルセデス有利と見られたソチのコースでフェラーリに先行を許す展開です。

3番手チームの座にいるレッドブルはフェラーリとフェラーリになかなか近づけませんが、スペインGPで予定している大幅アップデートに期待を寄せつつ、今週末は"ダメージを最小限に抑える"ことを目標に少しでもギャップを縮めたいとのことです。

苦境が続くマクラーレンはストフェル・バンドールンのMGU-Kトラブルによりパワーユニットの交換を決断した結果、5基目のコンポーネントを2つ投入することになり、バンドールンは15グリッド降格処分を受けています。

今季は各ドライバーにつき、それぞれ4基のエンジンコンポーネントが認められており、5基目以降はエンジンペナルティを科されます。

青空が広がるソチ・オートドロームの現在の気温は19度、路面温度34度、湿度41%のコンディションです。間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

早速、ハースF1に乗り込んだケビン・マグヌッセンがコースに向かいます。レッドブルのダニエル・リカルドが続き、マクラーレンのストフェル・バンドールンも始動。

フェラーリはキミ・ライコネンからコースに送り出すようです。

メルセデスのバルテリ・ボッタス、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、ウィリアムズのフェリペ・マッサが加わっています。

マグヌッセンとグロージャンのハースF1勢はそのままコースにとどまっていますが、リカルドやバンドールンらはピットに戻ってきています。

ボッタスも2周目に突入。相棒のルイス・ハミルトンがここでガレージを離れます。

ハースF1の2台はピットとコースを往復しながら3周を走行。

新しいサバイバルセルを投入したルノーのジョリオン・パーマーは1周のシステムチェックを経てピットに引き上げています。

ボッタスは2周を走って帰還し、ハミルトンも同様に2周のインストレーションラップを走るようです。

フォース・インディアのエステバン・オコンがペースを上げてきています。タイム計測に入った模様。チームメイトのセルジオ・ペレスもプログラムをスタートするようです。

オコンは1分38秒373を刻んできました。フォース・インディア勢はどちらもスーパーソフトを履いています。

コントロールラインを通過したペレスのタイムは1分38秒305。チームメイトをわずかに上回ります。

ロシア出身の地元ドライバー、トロ・ロッソのダニール・クビアトが1分38秒207をマーク。タイヤはスーパーソフトを履いています。

すでにウルトラソフトに切り替えたレッドブルのリカルドが好ペースで周回中。

オコンが1分37秒台に入れた直後、リカルドが0.380秒速くまとめてトップの座を奪います。

続いてフェルスタッペンがコントロールラインを通過・・・。1分37秒495のタイムはリカルドよりも0.052秒速く、またタイムシートトップのドライバーが入れ替わりました。

フェラーリコンビもウルトラソフトタイヤのプログラムをスタートさせています。

ソチではアウトラップ後の1周目にクイックラップを走るのではなく、数周のウオームアップラップを挟んでアタックするアプローチ。

一気にペースを上げたライコネンが1分35秒台に乗せてきました。2番手以下に1.8秒以上のリードをつけてトップタイム。

ベッテルもスピードを上げていましたが、ライコネンには0.191秒届かず2番手です。

メルセデスのボッタスがウルトラソフトを履いてコースに入っています。ハミルトンも遅れて合流。

ベッテルが最初のクイックラップ後に1周を挟んでまた少しペースを上げているようです。セクター1とセクター2は全体のベストタイムで通過。

ベッテルの前にボッタスがタイム計測を完了し、1分35秒623で2番手に飛び込みました。

しかし、すぐ後ろからきたベッテルが1分34秒933をたたき出しています。

続いてハミルトンがやってきます。タイムは・・・1分35秒700。まだ完全にペースを引き出せる状態ではない様子。

セッションが始まって20分、まだ4台がタイムを残せていません。

ハースF1のマグヌッセン、ルノーのパーマー、マクラーレンの2台です。

マクラーレン勢はコースに入ってアウトラップを走っており、この後、タイム計測に移行するものと思われます。マグヌッセンとパーマーはそれぞれ3周を走って現在はガレージで待機中。

ボッタスが自己ベストを更新して2番手にポジションアップ。ベッテルとはまだ0.420秒のギャップがあります。

アロンソは1分38秒533を刻んで14番手、バンドールンはまだスローペースで1分46秒台にとどまっています。

ハミルトンがセクター2のファステストを刻んでいます。ベッテルのタイムを超えてくるでしょうか。

ラップ全体を1分34秒828でまとめたハミルトンがトップタイム! ベッテルを0.1秒上回りました。

ここまで1分34秒台に入れたのはハミルトンとベッテルのみ。ボッタスとライコネンは1分35秒台、5番手につけるレッドブルのリカルドは1分36秒台です。

ルノーのパーマーはしばらくガレージでの作業が続いています。3周を走っていますが、まだノータイム。

パーマー以外のドライバーはすでに少なくとも1回のタイム計測を完了しており、それぞれのプログラムに励んでいます。

60分間のセッション前半が終了した時点でトップに立っているのはハミルトン。ベッテルが0.1秒差で2番手に続き、ボッタス、ライコネンが並びます。

5番手にリカルド、ストロールが6番手に食い込み、フェルスタッペン、フェリペ・マッサ、サインツ、グロージャンがトップ10に名を連ねています。

レッドブル勢が新しいウルトラソフトのタイヤセットを装着して再びコースに出ています。

予選シミュレーションに集中する上位勢の一方で、トロ・ロッソやフォース・インディアはまだスーパーソフトを履いただけ。

ウィリアムズのマッサもソフトタイヤでインストレーションラップを走り、その後はスーパーソフトで周回を重ねていました。

中団グループの一部を含め、それより後方の面々はまだこのセッションでウルトラソフトを試していません。

初日はコースの学習に専念し、ウルトラソフトを使わずに温存していたというウィリアムズのストロールは序盤から一番柔らかいコンパウンドの感触を確かめ、7番手タイムを残しています。

ルノーのパーマーがようやくガレージから出てきましたが、また1周を走ってピットに戻ってしまいました。

新しいシャシーに交換するため、チームクルーが徹夜でマシンを組み立て直したルノーですが、パーマー車の状態はあまり芳しくない模様。

もう一台のルノーを駆るヒュルケンベルグは10周を走って11番手タイムを刻んでいます。

セクター2とセクター3のファステストを刻んだボッタスがトップに浮上! ハミルトンを0.147秒上回り、1分34秒681をマークしています。

初日はやや苦戦気味だったメルセデスですが、ようやく本調子が出てきたところでしょうか。

ただ、フェラーリも負けていません。ライコネンがセクター1とセクター2を全体のベストタイムで通過!

ライコネンは・・・1分34秒338! ボッタスに0.343秒のリードを築いてトップタイムです!

ただ、その上を行くドライバーが現れました。ライコネンと同じく跳ね馬を駆るベッテルが1分34秒フラットでまとめています!

チームメイトのライコネンにも0.3秒差をつけたベッテル。メルセデスには0.7秒近いリードです。

ルノーのガレージではパーマー車がジャッキアップされており、これ以上の走行は断念した様子です。

残り時間は15分。このままフェラーリが1-2で締めくくるのか、メルセデスが追い上げるのか・・・?

ボッタスが自己ベストタイムを更新するも、ポジションは変わらず3番手。ベッテルとのギャップは0.363秒に縮め、ライコネンとは0.03秒差です。

ロシアでは大きなゲインを期待していないと明かしていたレッドブルはウィリアムズに接近を許す格好で、5番手にフェルスタッペン、マッサを挟んでリカルドが7番手です。タイム差は若干大きいものの、8番手にはストロールが迫っています。

セッション終了まで10分を切りました。下位グループの面々を中心にクイックラップを走るドライバーが増えています。

今日初めてウルトラソフトを履いたマグヌッセンが10番手にポジションアップ。

ルノーによると、パーマーのエンジンを交換しているようです。予選に間に合うよう作業を急ぐクルー。昨夜から大忙し・・・。

マグヌッセンがさらにペースを上げて8番手タイムを刻みました。

一方で「一体何が起きているんだ!」と不満げなのはマグヌッセンの相棒グロージャン。思うようにペースを上げられず、先ほどにはワイドに膨らむシーンも見られました。

リカルドが一瞬スローダウンする仕草を見せましたが、またペースを上げて走行を続けています。

リプレイ映像を見ると、普通に走っていたところ、突然パワーを失ったようです。

残り時間がわずかとなり、パーマーを除く全車がコースに出ています。

メルセデス勢がピットストップの練習を始めています。ボッタスとハミルトン共に、ピットレーンとコースを往復。

フェラーリのベッテルも同じくピット作業を練習しているようです。

マクラーレンのアロンソら、セッション終了時刻を前にピットに引き上げるドライバーもいます。

チェッカーが振られてセッション終了です。

トップに立ったのは1分34秒001を刻んだベッテル、ライコネンが0.337秒差の2番手に続き、最後のフリー走行でもフェラーリ勢が優位に立ちました。

メルセデスはボッタスがトップから0.363秒遅れの3番手、ハミルトンは0.541秒のリードを許して4番手でした。

予選はこの後、日本時間21時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!