ロシアGP 2017

/ Commentary

フリー走行2

2017年F1世界選手権第4戦ロシアGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間21時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2017年F1世界選手権第4戦ロシアGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。快晴に恵まれたソチの初回セッションではフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録。2番手につけたメルセデスのバルテリ・ボッタスとはわずか0.045秒差ながら、ライコネンが久々にタイムシート最上位に立っています。

メルセデスのルイス・ハミルトンはトップから0.607秒遅れの3番手、4番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入りました。

チャンピオンシップリーダーとしてソチに乗り込んだフェラーリのセバスチャン・ベッテルは相棒のライコネンに1.156秒差をつけられて5番手。まだフリー走行の段階で多くを語るのは難しいものの、今週末もメルセデスとフェラーリの接戦が繰り広げられそうです。

なお、2回目のセッションに先だってマクラーレンのストフェル・バンドールンがパワーユニットをフル交換することになり、すでに4基目を数えていたMGU-Hとターボを新品と載せ替えたため、合計15グリッド降格処分を受けることになりました。

チームによると、MGU-Kにトラブルがあったとのことです。走行時間のロスを最小限にとどめ、問題の徹底調査を可能にするため、パワーユニットをすべて載せ替えると決めたとのこと。

すっきりとした青空が広がるソチ・オートドローム。気温22度、路面温度40度、湿度29%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ハースF1のケビン・マグヌッセンとルノーのニコ・ヒュルケンベルグがコースイン。

ヒュルケンベルグは初回セッションでセルゲイ・シロトキンにマシンを貸し出しており、これが本日初走行です。ただ、母国グランプリで走行チャンスを得たシロトキンはトラブルに見舞われてしまい、わずか2周、ノータイムでセッションを終えています。

フェラーリのライコネンとハースF1のグロージャンが合流。さらにセバスチャン・ベッテルが加わります。

マグヌッセンはインストレーションラップを走っただけでピットに戻りました。ヒュルケンベルグは2周目に入っています。

グロージャンがソフトブレーキペダルに不満を訴えています。ハースF1は今週末、ブレーキディスクの新サプライヤー候補であるカーボン・インダストリー(CI)製のブレーキを試しています。

ヒュルケンベルグが1分42秒台を刻んでタイムシートに名を残しました。

ただ、直後にコントロールラインを通過したライコネンが1分36秒842をマーク。

さらにベッテルがチームメイトのタイムを上回ってトップに立ちます。セバスチャン・ベッテルのタイムは1分36秒524。

トロ・ロッソのカルロス・サインツがソフトタイヤを履く以外、全車がスーパーソフトを装着しています。

ライコネンが1分35秒台に入れてきました! ベッテルに0.544秒差をつけてトップタイムです。

トロ・ロッソのダニール・クビアトがスピンを喫してしまったようです。事なきを得て走行を再開しています。

ボッタスが1分36秒283を刻んで2番手に飛び込みます。

ターン3とターン4で苦戦している様子のグロージャン。無線での不満が止まりません・・・。

1分35秒752でまとめたハミルトンがトップに躍り出ました。2番手に下がったライコネンとは0.228秒差です。

パワーユニットの交換作業を終えたマクラーレンのバンドールンもコースに入りました。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがスーパーソフトを装着してガレージを出発。

セッション開始から15分、まだ一度もコースに姿を見せていないのはザウバーの2台のみ、とお伝えしたところでパスカル・ウェーレインが出てきました。

少し遅れてマーカス・エリクソンも出陣。

コース上では各車がスーパーソフトでクイックラップを走った後、さらに周回を重ねていきます。

フェラーリ勢はベッテルが6周、ライコネンが5周を走ってピットに引き上げました。

トップ5にはハミルトン、ライコネン、ボッタス、ベッテル、マッサが並んでいます。

システムチェック後にピットに戻っていたマグヌッセンとバンドールンがコースに入っています。まだタイムを残していないのはこの2人。

マクラーレンのアロンソは7周を走って11番手タイム。

レッドブルのリカルドが1分36秒224をマークして3番手に飛び込んでいます。

もう1台のレッドブルを駆るフェルスタッペンはトップから1.3秒遅れの7番手。

現在、コース上を走るのはウェーレイン、マグヌッセン、バンドールンの3人です。

ライコネンがウルトラソフトに履き替えてガレージを出発!

さらにベッテルもウルトラソフトを履いてコースに向かいました。

簡単にペースアップしたライコネンが1分34秒721を刻んで最速タイムを塗り替えます。

続いてベッテルがタイム計測をスタートさせました。

ルノーのヒュルケンベルグもタイヤをウルトラソフトに交換してコースイン。

ベッテルはあまりプッシュしておらず、タイム更新はなさそうです。

1周を挟んでライコネンがもう一度クイックラップを走るようです。

ベッテルは1分45秒台にとどまり、仕切り直しのラップへ。

セクター1の通過タイムはライコネンよりもベッテルの方が良さそうです。

ライコネンが1分34秒383にタイムを改善しています。

ベッテルは1分34秒480! ライコネンに0.097秒届きませんでした。

フェラーリのライバル、メルセデスもウルトラソフトのプログラムに移るようです。まずはボッタスが出陣します。

ベッテルが最速タイムを塗り替えるペースで周回中。セクター2を通過して全体のベストです。

コントロールラインを通過・・・1分34秒120をたたき出してトップに浮上したベッテル。

ハミルトンがウルトラソフトを履いてコースに入りました。

ボッタスが最初のクイックラップを完了。タイムは1分35秒313です。ベッテルからは1.2秒近く遅れています。

ハミルトンはわずかにコースを飛び出してしまったようでラップを断念。仕切り直すようです。

ボッタスは1分34秒台にのせるも、まだベッテルには0.8秒以上遅れており、ポジションは3番手です。

レッドブルコンビもウルトラソフトを履いてクイックラップに臨んでいます。

ボッタスのエンジニアは「別のテクニックを使ってもう1周してみるか?」と問いかけ。「いいね、やろう」と答えたボッタスはタイムを更新できるでしょうか。

セクター1は全体のベストタイムで通過したボッタスでしたが、セクター2とセクター3はそこまで伸びず、1分34秒790にタイムを改善したものの、ポジションは変わらず3番手です。

フェルスタッペンはソチのコース攻略に手こずっているのか、コーナーを曲がりきれずに直進。ここまでのベストタイムは1分37秒台にとどまっています。

ハミルトンが3番手にポジションを上げるも、直後にボッタスがわずかに上回り、3番手はボッタス、4番手にハミルトンと並びます。

フェルスタッペンが6番手にポジションアップ。それでもトップとは1.8秒のギャップがあります。

メルセデスコンビはフェラーリ勢に少し差をつけられてしまった格好。コース特性的にはメルセデス優位と見られていましたが、今のところフェラーリの調子は悪くないようです。

フェルスタッペンがわずかに自己ベストを更新して5番手に。チームメイトのリカルドが6番手に後退しました。

ライコネンがユーズドのスーパーソフトタイヤを履いてコースイン。ここからはレースを想定した作業を進めるようです。

18番手につけるウィリアムズのストロールと20番手のバンドールンはウルトラソフトを使っておらず、スーパーソフトのみで走行したタイムが自己ベストです。

数周でピットに戻ったライコネンと入れ替わるようにベッテルがコースに向かいました。タイヤはユーズドのウルトラソフト。

ピットインしたライコネンはユーズドのスーパーソフトタイヤに戻してピットアウト。

メルセデスはボッタスにユーズドのウルトラソフトを履かせてコースに送り出しました。

フェラーリがタイヤを分けて作業にあたる一方で、メルセデスはハミルトンもユーズドのウルトラソフトを装着したまま、再びコースに入りました。

1分34秒台に乗せているのはフェラーリとメルセデスの4台のみ。レッドブルは2人とも1分35秒台でトップからは1.4秒以上離されています。

3チームの後方にはウィリアムズのマッサがつけているものの、トップとのギャップは2秒以上。ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ペレスがトップ10に入っています。

ウルトラソフトを履くベッテルは1分38秒前半、スーパーソフトのライコネンは1分39秒前半のラップタイムをキープ。0.8秒ほどタイム差があるようです。

セッションは残り30分。

コースに出ている大半がロングランに集中しているため、タイムシートに目立った変化はありません。

ウルトラソフトでロングランを走るメルセデス勢はボッタスが1分38秒後半、ハミルトンは1分39秒後半のタイムです。

レッドブルもウルトラソフトを使ったロングランを開始。

ハースF1のグロージャンが最終コーナーの立ち上がりでスピン。まだ苦戦しているようですが、事なきを得て走行を続けています。一時、黄旗が振られましたが、すぐに解除されています。

またも黄旗が掲示されました。ダブルイエローフラッグです。

レッドブルの1台がストップしている模様!

フェルスタッペンです。「パワーがなくなった」と無線連絡したフェルスタッペンは為す術なくマシンを止め、コックピットを離れます。

レッドブルマシンがコース外に出されて黄旗解除となりました。

フェルスタッペン以外ではルノーのジョリオン・パーマーがガレージに戻っているだけで、それ以外のドライバーはコース上で周回を重ねています。

すでに全車が周回数をふた桁にのせており、トラブルで走れなくなったフェルスタッペンでも15周、しばらくガレージにとどまっているパーマーも22周を走っています。

レッドブルのリカルドがピットに戻ってタイヤを交換。ユーズドのスーパーソフトに履き替えてコースに加わりました。

残り時間は10分を切っています。

フェラーリはベッテルがスーパーソフトに、ライコネンがウルトラソフトに履き替えてロングランを継続。

現在のスティントで14周、このタイヤセットでは27周を走り込んだボッタスは1分38秒台のペースをキープしており、ハミルトンは先ほどスーパーソフトに履き替えて1分38秒台を刻みながら周回を重ねています。

残り時間が少なくなる中、現在はスーパーソフトを履くドライバーが多い様子。

ピットとコースを往復してピットストップの練習に励む陣営もあります。

アロンソがここでピットに戻ります。27周を走ってベストタイムは1分36秒765。トップからは2.645秒遅れです。

少しずつピットレーンに向かうドライバーが増えています。

終盤は大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

トップに立ったのは1分34秒120をマークしたフェラーリのベッテル。ライコネンが2番手に続いてフェラーリが1-2で初日を締めくくりました。メルセデスのボッタスとハミルトンが3番手と4番手に並んでいます。

土曜フリー走行は29日(土)日本時間18時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!