アブダビGP 2016

/ Commentary

フリー走行3

2016年F1世界選手権第21戦アブダビGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間19時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第21戦アブダビGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日は今季の展開そのものを物語るように、メルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが接戦の好タイムを刻み、両セッションを通じてタイムシート上位を独占。どちらのフリー走行もハミルトンがトップに立ち、ロズベルグが追う格好でした。

後半のセッションでメルセデス勢に次ぐ3番手につけたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ただ、終盤にギアボックストラブルに見舞われてコース上にマシンを止めており、スムーズな出だしとはいきませんでした。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがトップ5に食い込み、もう1台の跳ね馬を駆るキミ・ライコネンは6番手につけています。

今週末がラストレースのウィリアムズのフェリペ・マッサは10番手タイムを残して初日を終了。来季にレースドライバーを退くことが決まっているマクラーレンのジェンソン・バトンもおそらくはこれが最後のF1グランプリとなる可能性が高く、トラブルを乗り越えながら僚友フェルナンド・アロンソに次ぐ12番手に並びました。

土曜日のヤス・マリーナも晴れ間が広がり、気温29度、路面温度34度、湿度46%のドライコンディションです。予選前最後、そして今シーズン最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ハースF1のロマン・グロージャンを先頭に、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ハースF1のエステバン・グティエレス、トロ・ロッソのダニール・クビアトらがコースイン。

主に初日にトラブルを抱えたドライバーの姿が多いようです。マクラーレンのバトンもガレージを出発。

フェラーリはキミ・ライコネンもコースに送り出しました。

トロ・ロッソのクビアトがスーパーソフトを履いている以外はウルトラソフトを選択。

インストレーションラップを終えたグロージャンから順にピットに戻ってきます。

初日に2度に渡って左リアタイヤのパンクチャーに見舞われたクビアト。チームは原因調査のため、後半のセッションでカルロス・サインツの走行も見合わせて対応にあたっていました。

そのクビアトは2周目に入っています。

マクラーレンのバトンは一度ピットレーンに入って再びコースへ。

クビアトが早速タイム計測をスタートしています。1分49秒133をマークしました。

クビアトは3周を走ってピットイン。

現在はフォース・インディアのセルジオ・ペレスが走るのみです。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが加わりました。タイヤはスーパーソフト。

さらにもう一台のレッドブルを駆るダニエル・リカルドも合流。こちらもスーパーソフトタイヤを履いています。

ペレスが1分44秒046を記録しました。

マノーがパスカル・ウェーレインをコースに送り出しました。

レッドブルが精力的に走り込んでいます。フェルスタッペンはすでに1分42秒台に入れてリカルドも0.1秒差のタイムを残しました。

ウェーレインがタイヤからのバイブレーションを訴えています。現在はスーパーソフトで周回中。

メルセデスが動き出しました。ロズベルグとハミルトンがソフトタイヤを履いてコースに入っています。

ハミルトンが1分42秒120を刻んでトップに。ロズベルグはレッドブル勢に次ぐ4番手にとどまりました。ハミルトンとは0.6秒のギャップ。

しばらくガレージで待機していた面々も徐々にコースに出始めています。

載せている燃料量が異なるのか、ロズベルグはその後も最初のタイムを更新できません。

フォース・インディアのヒュルケンベルグは燃料システムに不具合が発生した模様。まだ一度もコースに姿を見せていません。

フェラーリのベッテルがハミルトンを100分の数秒上回ってトップに立ちます。タイヤはインストレーションラップを走ったのと同じウルトラソフトです。

ベッテルがペースアップ。1分41秒957を刻んできました。ハミルトンに対するリードはこれで0.163秒に。

ロズベルグが自己ベストを1分42秒176に更新しました。ポジションは3番手。ベッテルに0.219秒差、ハミルトンとはわずか0.056秒のギャップしかありません。

トロ・ロッソのサインツがターン18でスピンを喫してしまいました。幸い、事なきを得て走行を再開しましたが、そのままピットに戻ります。

ヒュルケンベルグ以外でまだノータイムなのはマクラーレンのバトン。

先ほどスピンを喫したサインツもタイムシートに名前は刻んでいますが、タイムは2分08秒台とまともに走れていません。

バトンがコントロールラインを通過しました。1分43秒716をマークして9番手。フェルナンド・アロンソのひとつ上のポジションです。

ここでタイムシート最上位のドライバーが変わります。ライコネンが1分41秒700を刻んできました。ベッテルのタイムを0.257秒上回っています。

ウルトラソフトを投入したレッドブルのリカルドが自己ベストを更新しましたが、ライコネンには0.131秒届かず2番手。

トップ5のオーダーはライコネン、リカルド、ベッテル、ハミルトン、ロズベルグとなっています。

メルセデス勢はスーパーソフトタイヤでの走行に専念していたため、このセッションはまだウルトラソフトを履いていません。

お! フォース・インディアのガレージが慌ただしくなっています。どうやらヒュルケンベルグが出陣する模様。

コースに入ったヒュルケンベルグはマシンを確かめながらペースを上げていきます。タイヤはスーパーソフト。

メルセデス勢がウルトラソフトに切り替えてガレージを出発しています。

ヒュルケンベルグがタイヤをロックアップさせてしまったようです。1分43秒576をマークしており、暫定9番手につけています。

ロズベルグとハミルトンがウルトラソフトのタイム計測をスタートさせました。

セクター1の通過タイムはロズベルグが上。ただ、セクター2はハミルトンの方が0.1秒ほど速いようです。

ロズベルグは1分41秒168! ライコネンに0.532秒差をつけてトップに躍り出ます。

それを超えていったのがハミルトン。タイムは1分41秒065を刻み、ロズベルグに0.103秒のリードを築きました。

マクラーレンのアロンソが1分42秒585をマークして7番手にポジションアップ。新しいウルトラソフトで周回しています。

トロ・ロッソのサインツが再始動。初日に使ったユーズドのソフトタイヤを履き続けています。

トロ・ロッソはクビアトも序盤に4周を走っただけ。最終戦にして、かなり難しい週末を過ごすことになってしまいました。

サインツがピットに戻ってきました。

残り時間は15分。ほとんどのドライバーがマシンをガレージに入れており、コース上はハミルトン、ベッテル、アロンソが走るだけです。

アロンソがピットレーンに帰ってきました。ロズベルグが出陣。

ここまでスーパーソフトでの走行に集中してきたザウバーがウルトラソフトを投入しています。エリクソンとナッサーが揃ってコースイン。

ベッテルが1分40秒台に入れてきました! これまでの最速タイムを塗り替えています。

2番手に下がったハミルトンに対するベッテルのリードは0.290秒。新しいウルトラソフトを装着してのクイックラップでした。

路面コンディションの改善も手伝っていると思われますが、ベッテルがここに来て好タイムをマークしています。

レッドブルのリカルドはユーズドのスーパーソフトを履いてコースイン。

ライコネンもウルトラソフトのニューセットで出てきました。

ハースF1のグティエレスが6番手にポジションアップ! フェルスタッペンを上回っています。

さらにフォース・インディアのヒュルケンベルグが1分42秒フラットを刻んで自己ベストを更新。6番手に上がり、グティエレスが7番手、フェルスタッペンが8番手に下がりました。

しかしながら、ペレスも好タイムを残して1分41秒台に! 6番手の座を手に入れ、ヒュルケンベルグを上回ってきました。

メルセデスは新しいセットを使わずにフリー走行最後のランに臨んでいます。

レッドブルのフェルスタッペンが1分40秒912をマーク。2番手に上がりました。

そして、ライコネンも1分40秒台に入れてきました。ベッテルとフェルスタッペンのタイムには届かず3番手。

一度ピットに戻っていたアロンソが再びコースに入って全22台が最後の調整に励みます。

チェッカーが振られてセッション終了です。

今年最後のフリー走行でトップタイムを刻んだのはベッテル。1分40秒775をマークしました。0.137秒差の2番手にレッドブルのフェルスタッペンがつけ、ベッテルの相棒ライコネンが3番手に食い込んでいます。

メルセデスの2台はハミルトンが4番手、ロズベルグが5番手でした。

予選はこの後、日本時間22時より開始されます。チャンピオンシップ決定戦に向けた重要な予選・・・! ハミルトンとロズベルグの一騎打ちに注目です。それではまた後ほどお会いしましょう!