アブダビGP 2016

/ Commentary

フリー走行2

2016年F1世界選手権第21戦アブダビGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間22時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第21戦アブダビGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。今季最終戦の舞台ヤス・マリーナ・サーキットで実施された初回セッションはメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが1-2を決めました。

ハミルトンが僚友を0.374秒上回ってトップに立ち、まずは順調な滑り出しといったところ。

メルセデスに次ぐポジションにはレッドブル勢が並び、マックス・フェルスタッペンが3番手、ダニエル・リカルドが4番手のタイムを残しています。

フェラーリはセバスチャン・ベッテルが5番手に入るも、キミ・ライコネンは7番手。間にはフォース・インディアのセルジオ・ペレスが食い込みました。

夕刻を迎えたアブダビの天候は晴れ。気温26度、路面温度29度、湿度63%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

最初にコースに向かったのはハースF1のロマン・グロージャン。最初のフリー走行ではトラブルに見舞われて走行時間を最大に生かせませんでした。

マノーのエステバン・オコンはこれが本日初登場。初回セッションはジョーダン・キングにマシンを貸し出していました。

さらにハースF1を駆るエステバン・グティエレス、マノーのパスカル・ウェーレインも始動。

マクラーレンのフェルナンド・アロンソがコースイン。

早速、タイム計測が始まっています。

グティエレスが1分45秒104を刻んでトップ、グロージャンが0.6秒差で2番手。

フェラーリのガレージからセバスチャン・ベッテルが登場。ソフトタイヤを履いています。

ウィリアムズのフェリペ・マッサはユーズドのソフトタイヤを装着してインストレーションラップを走ります。

グティエレスとルノーのジョリオン・パーマー、ザウバーのナッサーはスーパーソフトを試していますが、その他のドライバーは全員がソフトを履いて走行中。

アロンソが1分44秒台に入れてトップに立ちます。

フェラーリのキミ・ライコネンはスーパーソフトを装着してガレージを出発。

一足先に走り始めたベッテルが1分43秒337をマークしてトップタイムです。

マクラーレンのバトン側のガレージではマシンがジャッキアップされ、メカニックたちが作業中。まだしばらく走行できそうにありません。

レッドブルのフェルスタッペンがベッテルのタイムを0.104秒上回ってきました。トップ3はフェルスタッペン、ベッテル、アロンソに変わっています。

スーパーソフトを履くライコネンが1分42秒808を刻んできました。トップに立ちます。

トロ・ロッソのクビアトがまたも左リアタイヤをパンク! バランスを崩してコースを飛び出しましたが、バリアとの接触は免れ、ひとまずコースに戻っています。

クビアトは初回セッションでも同様に左リアタイヤにパンクチャーを抱えており、ピットに戻る間にラバーが外れてしまい、結局はコース脇に停車してマシンを降りています。

今回はピットが近かったことも幸いし、なんとか帰還を果たしました。

クビアトは左リアをターン17の縁石に乗せていたように見え、パンクチャーによってスピン、為す術もなくコースを横滑りしてしまったようです。

一度はウィリアムズのボッタスが最速タイムを塗り替えたものの、その後、ライコネンが再びトップに立ち、ベッテルが2番手に並びました。

現在のトップ2、ライコネンとボッタスはスーパーソフトで刻んだタイムが自己ベスト。2人のギャップはわずか1.000分の1秒しかありません。

3番手のベッテル以下、フェルスタッペン、リカルド、ロズベルグ、ペレス、ヒュルケンベルグはソフトタイヤで周回しています。

スーパーソフトのライコネンとソフトのベッテルは0.320秒差です。

メルセデスのハミルトンはゆったりと走行しており、1分52秒台のタイムを残しているものの、ポジションは21番手です。

5周から6周の走行プランを完了したドライバーはピットに帰還。

現在はハミルトン以外に相棒のロズベルグ、レッドブルのリカルド、フォース・インディアの2台がコース上。

ロズベルグが3番手に浮上。トップのライコネンとは0.037秒差。トップ3が大接戦となっています。

ハミルトンは7周を走ってピットに引き上げていきました。ベストタイムは1分52秒482。

ヤス・マリーナ・サーキットに人工照明が灯りました。

ライトが照らすコース上にはロズベルグとハミルトン、アロンソがいます。

フェラーリのベッテルがウルトラソフトを履いてコースイン。

ハミルトンはまたピットに戻ってしまいました。ロズベルグも引き上げていきます。

ウルトラソフトを試すベッテルと、ユーズドのソフトタイヤで走り続けるアロンソがコース上。

ベッテルが1分41秒404をマーク! トップに躍り出ました。

ウィリアムズのボッタスやマッサなど、他の陣営も少しずつ動き出してきています。

ウィリアムズ勢を含め、合流した面々はウルトラソフトを装着。

セッションが始まって30分が経過しました。現時点でトップ3にはベッテル、ライコネン、ボッタスが並んでいます。

ボッタスが1分41秒台に乗せて2番手に浮上。マッサは4番手タイムを刻んでいます。

ライコネンやメルセデスのロズベルグもウルトラソフトに切り替えました。

マクラーレンのバトンも遅れて始動し、ソフトタイヤで周回を重ねています。今のところ、問題は解決された様子です。

ロズベルグが1分40秒940を刻んでトップに立ちました。ハミルトンはまだスローペースを崩しておらず、最下位の位置。メルセデスがタイムシートの最上位と最下位に名前を刻んでいます。

ただ、ハミルトンのみウルトラソフトを履いており、この後、ペースを上げてくると思われます。

ライコネンがセクター1を全体のベストタイムで通過。

それを上回るペースで加速しているのがハミルトンです。

ライコネンは1分41秒586でまとめてポジションは4番手。トップから0.646秒遅れです。

ハミルトンがコントロールラインを通過します。タイムは・・・1分40秒861! ロズベルグのタイムを0.079秒更新しました!

メルセデスの2台が1分40秒台に入れて1-2態勢。ベッテルが0.269秒差で3番手に続き、フェルスタッペン、ライコネン、リカルド、ボッタス、ペレス、ヒュルケンベルグ、マッサが10番手。

すっかり夜の帳が下りたヤス・マリーナ・サーキットをF1マシンが駆け抜けていきます。

まだウルトラソフトを試していないのはバトンとトロ・ロッソの2台。3台は20番手から22番手に名を連ねています。

いったんピットに戻っていたロズベルグとベッテルがコースに入っています。2人とも先ほどタイム計測に使用したウルトラソフトを履いたまま。

90分のセッションは折り返し地点を迎えました。残り時間は45分。夜になって、また少し気温と路面温度が下がっています。

ロズベルグとベッテル以外ではボッタスとアロンソがコース上。他のドライバーはピットに戻っています。

ロズベルグは1分46秒前半のペースで周回を重ねていきます。

ハミルトンが合流。

ウィリアムズのボッタスは1分47秒後半のラップタイムを刻みながら、現在13周目を走っています。

ベッテルはソフトタイヤに戻してレースシミュレーションに取り組むようです。

徐々に賑やかになってきました。ライコネンはウルトラソフトを履いてガレージを出発。

レッドブルコンビはしばらく動きがありません。

マクラーレンのバトンはここでウルトラソフトを投入。

トロ・ロッソはサインツが5周、クビアトが4周を走っただけ。クビアトを襲ったタイヤトラブルの原因追求を優先している模様です。

バトンは1分42秒823をマークして12番手にポジションアップ。すぐ上の11番手には相棒のアロンソが並んでいます。ただ、2人のギャップは0.4秒以上あり、バトンはもう少しタイムを削れそうです。

バトンの無線でも「もう一度アタックできるかい」との質問が飛んでいます。

タイヤを分けてロングランに励むフェラーリ勢はソフトのベッテルが1分46秒半ば、ウルトラソフトのライコネンは1分47秒フラットを重ねています。

レッドブルはフェルスタッペンとリカルドがともにウルトラソフトでレースシミュレーション中。リカルドのラップタイムは1分45秒台です。

初日の走行時間は残り30分。

トロ・ロッソ陣営にはまだ動きなし。

ウルトラソフトではレッドブル勢のペースが良いようです。搭載している燃料量が不明なため、単純比較はできませんが、フェルスタッペンは1分44秒台を連発して周回を重ねています。

メルセデスはロズベルグのタイヤをソフトに交換。ハミルトンは引き続きウルトラソフトで走っています。

ウルトラソフトで13周を追加したハミルトンがピットに戻ります。

ハミルトンもロズベルグ同様にソフトタイヤに履き替えてピットアウト。

ライコネンがウルトラソフトからスーパーソフトにタイヤを交換。ベッテルはまだソフトタイヤのロングランを続けています。

メルセデスコンビのラップタイムは1分46秒フラットから1分46秒1前後。すでに現在のセットで18周を走り込んでいるベッテルは1分47秒後半にタイムが落ちてきています。

レッドブル勢はやや燃料が重いのか、フェルスタッペンもリカルドもソフトタイヤで1分49秒後半のペースです。

トロ・ロッソ以外ではハースF1のグロージャンとルノーのマグヌッセンがピットに戻ったまま、しばらくコースに姿を見せていません。

セッション終了まで15分。タイムシートに大きな変化は見られませんが、引き続き、ほとんどのドライバーがコース上での作業に集中しています。

トロ・ロッソのガレージの様子を見ると、サインツとクビアトの走行再開はかないそうにありません。サインツ車はマシンが一部分解され、メカニックが修復作業にあたっている様子。

おっと! ベッテルがスローダウン!

ターン18で停車。「ギアボックスが壊れたみたい」と報告したベッテル。

コースマーシャルが駆けつけてフェラーリマシンをコース外に出します。

 ダブルイエローフラッグは解除されました。

ベッテルは31周を走破してベストタイムが1分41秒130。トップと0.269秒差の3番手につけています。

レッドブルのフェルスタッペンにもトラブル発生でしょうか。パワーを失っているとのこと。チームは現時点でできることはないとしてピットに呼び戻すようです。

セッション終了までまだ少し時間は残っていますが、ピットに戻るマシンが増えてきています。

メルセデスはハミルトンとロズベルグの2台を呼び戻しました。

まずはハミルトンのタイヤを交換してコースに送り出し、続いてロズベルグのタイヤも履かせ直してピットアウト。ゆったりとした作業でしたが、ピットストップの手順を確認したようです。

大きなタイム更新のないまま、ここでセッション終了です。

トップタイムはハミルトンがマークした1分40秒861。ロズベルグも同じく1分40秒台に乗せて2番手につけました。3番手はギアボックストラブルに見舞われたベッテル。レッドブルコンビが続き、ライコネンが6番手で初日を終えています。

土曜フリー走行は26日(土)日本時間19時より開始されます。それではまた明日お会いしましょう!