メキシコGP 2016

/ Commentary

フリー走行3

2016年F1世界選手権第19戦メキシコGP土曜フリー走行のセッションはこの後、日本時間24時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第19戦メキシコGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。気温が12度前後と寒いメキシコシティで行われた初日のフリー走行は初回セッションこそメルセデスのルイス・ハミルトンがトップに立ったものの、後半はフェラーリのセバスチャン・ベッテルがハミルトンを0.004秒上回って最速ドライバーとなりました。

チャンピオンシップリーダーでもう一台のメルセデスを駆るニコ・ロズベルグはベッテルに0.435秒差の3番手。タイヤの使い方を理解するのに手こずったと明かすロズベルグが2日目にどこまで盛り返してくるのか注目です。

4番手にはフェラーリのキミ・ライコネンが食い込み、レッドブルはダニエル・リカルドが5番手、マックス・フェルスタッペンは7番手でした。

マクラーレンはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンがそれぞれ10番手と12番手のタイムを残しています。

初日に比べると青空が多く見えるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは気温13度、路面温度22度、湿度58%のドライコンディション。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。ハースF1のロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスがコースイン。

まだ他に続こうという陣営はありません。

インストレーションラップを終えたグロージャンがピットレーンに戻ってきました。一度、ピットレーンを通って再びコースへ。グティエレスも同様です。

マクラーレンのガレージからバトンが出てきました。

マノーのエステバン・オコンが続きます。

ハースF1の2台は2周を走ってピットに引き上げました。

マノーのガレージからはパスカル・ウェーレインも出陣。

バトンはソフトタイヤで1周してガレージにマシンを入れています。

レッドブルのマックス・フェルスタッペン、マクラーレンのアロンソがガレージを離れます。

オコンがタイム計測を完了。1分32秒013を記録しました。

ウェーレインもシステムチェックからそのままプログラムに取り掛かり、1分29秒台のタイムを刻んでいます。

オコンが一気にペースを上げて1分24秒台にのせました。

メルセデスはハミルトンとロズベルグの2人をコースに送り出しています。

ソフトタイヤを装着したロズベルグがタイム計測をスタートさせています。

ロズベルグは1分24秒046を記録。その間にウェーレインが1分22秒台を刻んで最速タイムを塗り替えています。

ハミルトンはゆったりと走って1分31秒台。

ロズベルグは順調にペースを上げて1分20秒台に入れてきました。

それを上回ったのがハミルトン。1分20秒158を記録してトップに立ちます。ロズベルグは0.408秒遅れ。

メキシコ出身のセルジオ・ペレスもフォース・インディアに乗り込んでコース上。1分27秒台のタイムを記録しています。

セクター1を全体のベストタイムで通過したハミルトン。コースを飛び出してしまいました。

3番手にペレスが飛び込み、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが4番手タイムを残しています。

ハミルトンが1分19秒721をマーク。このタイヤセットでは7周目の自己ベストです。

まだフェラーリやレッドブルのダニエル・リカルドはガレージにとどまったまま。

ルノーのケビン・マグヌッセンも一度もコースに姿を見せていません。

チームメイトのジョリオン・パーマーから少し遅れてマグヌッセンも始動。

フェラーリは先にライコネンをコースに送り出しました。

開始早々に走り出した面々は序盤の走行プランを終えてピットに戻り始めています。

ウィリアムズのフェリペ・マッサはスーパーソフトを履いて周回中。

マッサのタイムは1分20秒747。4番手に入りました。

ここでベッテルが出陣します。

マクラーレンのバトンがダッシュボードに警告が表示されたと報告。「温度」だそうです。

ライコネンは1分20秒940を刻んで6番手。タイヤはソフトを試しています。

ウィリアムズのボッタスが3番手に飛び込みました。トップのハミルトンからは0.959秒差。

ようやくリカルドが動き出しました。すでにインストレーションラップを終えていたフェルスタッペンも本格的なプログラムを開始するようです。

ベッテルがコントロールラインを通過し、1分20秒048のタイムは全体の2番手。ハミルトンからは0.327秒遅れています。

レッドブル勢もタイム計測に入っています。リカルドはひとまず1分27秒台を刻んで21番手。

リカルドが4番手にポジションアップ。フェルスタッペンも好ペースできています。

マクラーレンは燃料を多く積んでいるのか、アロンソとバトンがタイムシート下位に並んでいます。ラップタイムは2台とも1分24秒台。

セッションが始まって30分。現在のトップ5はハミルトン、フェルスタッペン、ベッテル、ロズベルグ、ボッタスです。

メルセデス勢はすでに2人とも13周と12周を走り込んでおり、ロングランを進めている様子。

リカルドがマックス・フェルスタッペンのタイムを上回って2番手に上がります。2人のギャップはわずかに0.009秒。

ハミルトンのラップタイムは1分22秒後半。

多くのドライバーが走行中とあって一部ではトラフィックも発生しています。

フォース・インディアのヒュルケンベルグが自己ベストを更新して8番手に上がっています。

ここしばらく、タイムシートはあまり目立った動きがありません。

各車、レースを想定した作業に集中しているようです。

フェルスタッペンはターン10とターン11が苦手な様子。リカルドとはあまりタイム差がありませんが、そこを改善できればさらにタイムが改善されるということのようです。

ドライバーたちは前後のスペースを見いだしながら、与えられたプログラムに取り組んでいます。

終盤の20分を迎えてピットに引き上げるドライバーが多数。

コースにとどまっているのは3周のランを指示されたロズベルグ、トロ・ロッソのサインツ、ザウバーのエリクソンです。

ロズベルグがピットに戻ってきます。

ウィリアムズのマッサが加わりました。

エリクソンはスーパーソフトを履いて予選シミュレーションに取りかかる模様。

サインツはいったんピットに帰還。

セッション終了まで15分、まだマッサとエリクソン以外はガレージの中です。

エリクソンは1分21秒509をマークして14番手に浮上。

ボッタスが合流します。

路面温度が32度まで上がっています。気温はさほど変わらず14度。

レッドブル勢、メルセデスのハミルトン、フェラーリのベッテルがガレージを離れます。

ハミルトンが「コース上にマシンが多すぎる」と訴えますが、トラフィックを避けてうまくクイックラップを走れるでしょうか。

フェルスタッペンが1分19秒137を記録しました。トップに立ちます。ボッタスは3番手。

マノーの2台を除く20台がコース上。

混み合うスタジアムセクションを抜けるリカルド。多少なりとタイムロスは免れません。

リカルドのタイムは1分19秒444。チームメイトには0.307秒およびませんでしたが、ハミルトンを抜いて2番手です。

マノーの2台もコースに出ました。

ラップをまとめようと懸命なロズベルグでしたが、コースを飛び出してタイムロス。現時点で7番手です。

ハミルトンもまだタイムを更新できておらず、やはりトラフィックが課題のようです。

ハミルトンが1分19秒231を刻んで2番手に上がります。フェルスタッペンにはわずか0.094秒届きませんでした。

ロズベルグはトップから0.481秒遅れの4番手。

トップ5のメンバーはフェルスタッペン、ハミルトン、リカルド、ロズベルグ、ボッタスに変わっています。

セッション終了を前にマシンを降りるドライバーも出始めました。

マクラーレンのアロンソはコックピットを離れて走行終了。

ライコネンやメルセデス勢はピットレーン出口にマシンを止めてスタート練習に励んでいます。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションでトップに立ったのは1分19秒137を刻んだフェルスタッペン。ハミルトンが0.094秒差の2番手に並び、3番手にはもう一台のレッドブルを駆るリカルドが入りました。

土曜フリー走行はトラフィックの問題もあり、予選の序列を想像するにあまり参考にはならなかったかもしれません。

注目の予選はこの後日本時間早朝3時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!