イギリスGP 2016

/ Commentary

予選

20:30

2016年F1世界選手権第10戦イギリスGP予選のセッションはこの後、日本時間21時より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

20:55

これより2016年F1世界選手権第10戦イギリスGP予選の模様をお届けいたします。先ほど実施された最後のフリー走行ではメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが互いの最速タイムを塗り替え合う展開となり、最終的にハミルトンが0.063秒差上回ってトップに立っています。

20:56

メルセデス勢に続いたのはレッドブル。こちらも同じマシンを駆るダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが100分の数秒を競うパフォーマンスを披露し、リカルドが3番手、フェルスタッペンが4番手に並びました。

20:57

5番手タイムを残したフェラーリのセバスチャン・ベッテルはベストタイムを刻んだ直後、ギアボックスの違和感を訴えており、チームが調査した結果、新品との交換が必要になったとのことで、レギュレーションで定められている6戦連続使用の規約を守れずに新しいギアボックスを搭載することになりました。ベッテルには5グリッド降格処分が科せられます。

20:58

また、土曜フリー走行で激しいクラッシュを喫したザウバーのマーカス・エリクソンですが、セッション後に病院で検査を受けており、チームによるとまだ連絡がないようで、この予選はフェリペ・ナッサーのみが参加することになったと明かしています。

なお、エリクソンはマシンにダメージを負っており、新しいギアボックスとの交換を余儀なくされています。そのため、ベッテルと同様に5グリッド降格処分を受けます。

20:59

雲が上空を覆うシルバーストーンの気温は20度、路面温度25度、湿度79%のコンディション。間もなく予選Q1がスタートします。

21:00

Q1が始まりました。早速、マノーのパスカル・ウェーレインとリオ・ハリアントがコースに向かいました。ソフトタイヤを履いています。

21:01

フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグがハードタイヤをチョイス。セルジオ・ペレスも同様です。

21:02

メルセデスはハミルトンとロズベルグがソフトタイヤを履いてアウトラップを走っています。

21:03

フォース・インディア勢は1周を走ってピットに引き上げます。

その他のドライバーはそのままアタックラップへ。

まだ半数ほどのドライバーがガレージで待機中です。

21:04

ロズベルグが1分30秒724を刻んでトップに立ち、ハミルトンが0.015秒差で2番手。メルセデスの超接近戦は予選でも変わらないようです!

21:05

レッドブルのリカルドとフェルスタッペンがガレージを出発。

21:06

フェラーリの2台はまだ動かず。マクラーレンのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンもまだコースには出ていません。

21:07

アロンソとバトンがガレージを離れた。トロ・ロッソのサインツ、ベッテルも始動しています。

21:08

ハードタイヤでシステムチェックに臨んだフォース・インディアのヒュルケンベルグはソフトタイヤに履き替えてアタックラップに臨んでいます。ペレスはまだガレージ内。

21:09

序盤に動き出した面々がピットに戻り始めています。メルセデスの2台も引き上げました。

21:10

ベッテルが4番手に飛び込む! リカルドを上回っています。まだライコネンはアタックラップを完了していません。

マクラーレンのアロンソは10番手、バトンは12番手につけました。

21:11

ライコネンのタイムは・・・1分31秒326。ベッテルを0.280秒上回って4番手です。

現時点のトップ5はロズベルグ、ハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、ベッテル。

21:12

最後にペレスがアタックラップを開始しました。ペレスがコントロールラインを通過すれば、21台のタイムが出揃います。

土曜フリー走行でクラッシュを喫したザウバーのエリクソンは予選に参加していません。

21:13

ペレスのタイムは1分32秒336、11番手につけました。

21:14

これでノックアウトゾーンの17番手以下のメンバーはパーマー、マグヌッセン、ハリアント、ナッサー、ウェーレインです。

21:15

残り時間が少なくなる中、下位グループのメンバーを中心にアタックが続けられています。

21:16

グロージャンが12番手に飛び込む! もう一台のハースF1を駆るグティエレスも10番手に上がっています。

21:17

マクラーレン勢はタイムが十分と判断したのか、コースには出ていませんが・・・。

21:18

Q1が終了しました。

クビアトが15番手にポジションアップ! なんと、バトンが17番手に下がってしまいました・・・!

21:19

全車のアタックが終わり、Q1敗退を喫したのは17番手から順にバトン、ウェーレイン、ハリアント、ウェーレイン、ナッサーが21番手、エリクソンは予選に参加できていません。

21:20

16番手だったマグヌッセンと17番手のバトンはわずか0.059秒差しかなく、ほんの少しの違いが明暗を分けた格好です。

21:21

ん? 体重測定に向かっていたバトンが急いでガレージに戻っています。上位勢の誰かのタイムが抹消されるのかもしれません!

21:22

まだ正式な発表はありませんが、バトンはヘルメットをかぶり、コックピットに座っています。

21:25

Q2がスタートしました。まだバトンの件は情報が入っていません。

リプレイ映像で流されたルノーのマグヌッセンの走行シーンではウッドコートコーナーで4輪すべてがコース外に出ており、これがマグヌッセンのベストタイムだった場合はタイムが取り消しとなります。

21:26

すでにコース上ではタイムアタックが始まっており、ロズベルグやハミルトンらも始動しています。

21:27

まずはロズベルグが1分29秒970を刻んできました。あっという間に1分30秒の壁を突破。

21:28

ハミルトンが1分29秒243をマーク! ロズベルグのタイムを大きく上回ります!

21:29

マクラーレンのガレージではバトンがマシンを降りています。リプレイ映像を見てマグヌッセンのベストタイム抹消の可能性があると考えたチームがバトンを戻したものと思われます。

21:30

1分29秒台に乗せたメルセデス勢はピットに帰還。遅れて始動したフェラーリ勢らがアウトラップからアタックラップへと入ります。

21:31

ルノーのマグヌッセンはまだ出てこず。

21:32

最終コーナーでライコネンがスピンを喫してしまいました! 激しくタイヤスモークをあげて停車、体勢を立て直して走行を再開しましたが、このタイヤではタイムは出せそうにありません。

21:33

ライコネンがタイヤを履き替えてコースイン。

21:35

バトンによると、Q1終盤にアタックしなかったのはエンドプレートがマシンから外れてしまい、その修復作業をしていたために、アタックの時間がなくなってしまったとのこと。

21:36

おっとっと・・・ライコネンがまたタイヤをロックアップしてしまいました・・・!

21:37

フェラーリは4番手につけるベッテルもコースへと送り出しています。

21:38

トップ6ではベッテルだけがコース上。7番手以下のドライバーはマグヌッセンを含め全車が最後のアタックに向かっています。

21:39

ほとんどのドライバーが自己ベストを更新しそうです。

21:40

Q2はここでタイムアップ!

グロージャンはベストタイムを刻むも11番手どまり。

21:41

アロンソは・・・8番手に浮上! しかし、サインツが8番手に上がる!

21:42

全車のアタックが完了し、11番手以下でノックアウトされたのはペレス、マッサ、グロージャン、グティエレス、クビアト、マグヌッセンでした。

予選トップ10入りを決めたのはQ2のトップから順にハミルトン、ロズベルグ、フェルスタッペン、ベッテル、リカルド、ライコネン、ボッタス、サインツ、アロンソ、ヒュルケンベルグです。

21:43

ポールポジションが決するQ3のスタートまでしばしの休息です。

21:48

注目のQ3が始まりました。メルセデスの2台がガレージを後にしています。

21:49

レッドブルやフェラーリのベッテル、マクラーレンのアロンソも始動。

21:50

ロズベルグがアタックラップを開始しました。続いてハミルトンがコントロールラインを通過。

21:51

セクター2の通過タイムはハミルトンの方が速いようです!

ロズベルグは1分29秒606をマークしていますが、ハミルトンは・・・1分29秒339!

21:52

3番手に飛び込んだフェルスタッペンは1分30秒313、ハミルトンに0.974秒遅れです。

21:53

フェラーリはライコネンが5番手、ベッテルが6番手に並びました。

お? ハミルトンのタイムが抹消されてしまいました! ロズベルグがトップに上ります。ハミルトンはコプスで4輪がコース外に出てしまった模様。

21:56

その結果、ロズベルグがトップ、フェルスタッペン、リカルド、ライコネン、ベッテル、バルテリ・ボッタス、サインツ、ヒュルケンベルグ、アロンソが9番手、ハミルトンはノータイムとなりました。

10台すべてがピットに戻ってきています。この後、最後のアタックが始まります。

21:57

ハミルトンを先頭に、各車が次々とガレージを出ていきます。

21:58

ハミルトンから順にアタックが始まります。今度はレーシングラインを守って・・・!

ハミルトンがセクター1をファステストで通過していきました!

21:59

が、セクター2ではロズベルグに対してプラス表示となったハミルトン。

最終セクターを終えて・・・1分29秒287! ロズベルグのタイムを0.319秒上回ってきました!

22:00

チェッカーが振られて予選終了です。

ハミルトン以外のドライバーはあまりタイムが伸びていない様子。自己ベストを更新できません。

22:01

10名すべてがチェッカーを受け、ポールポジションを獲得したのはハミルトン!

ロズベルグが2番手、3番手にフェルスタッペンが並びます。

4番手以下、リカルド、ライコネン、ベッテル、ボッタス、ヒュルケンベルグ、サインツ、アロンソが10番手です。

ベッテルはギアボックス交換に伴うペナルティを受けるため、11番手に後退する予定です。

22:02

イギリスGP決勝レースは10日(日)日本時間21時スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!