オーストリアGP 2016

/ Commentary

フリー走行3

2016年F1世界選手権第9戦オーストリアGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間18時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第9戦オーストリアGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日の金曜日は初回セッションでメルセデスのニコ・ロズベルグがコースレコードを更新する好パフォーマンスを披露。1分07秒373をマークしました。

後半のセッションでもタイムシート最上位に立ったのはロズベルグです。ただ、開始早々に雨に見舞われてしまい、各車とも後半に入るまで待機を強いられています。

インターミディエイトタイヤが登場した後、再びドライタイヤに履き替えていきましたが、結局、序盤にロズベルグが記録したタイムは更新されず、1分07秒967が最速でした。いずれもセッションも2番手には僚友ルイス・ハミルトンがつけています。

初回のフリー走行はメルセデスに次いでセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのフェラーリコンビが上位に並びましたが、後半のセッションはフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが3番手タイムを残しました。

土曜日も雨の予報があるレッドブル・リンクですが、今は太陽も顔を出しています。気温24度、路面温度41度、湿度55%のドライコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。早速、マノーのパスカル・ウェーレインとハースF1のエステバン・グティエレスがコースに向かいます。

マクラーレンのジェンソン・バトンが続き、ザウバーのマーカス・エリクソンらも始動しました。

まだガレージにとどまったままのベッテルはフリー走行2回目終盤にグラベルにはまって初日の作業を終えましたが、その後、ギアボックス交換を強いられ、5グリッド降格処分を受けるとのことです。

ウェーレインやグティエレスらはインストレーションラップを完了してピットに戻ってきましたが、エリクソンはコース上にとどまり、すでにタイム計測を開始。

1分12秒348を刻みました。

相棒のフェリペ・ナッサーが0.070秒差で周回し、ザウバーの2台がタイムシートに名を刻んでいます。

メルセデスのハミルトンは2周を走ってピットへ。ロズベルグも2周目に入っています。

メルセデスの2台はいったんピットに帰還するも、すぐにまたコースへ。

フェラーリもベッテルとライコネンをコースに送り出しています。

メルセデス勢はどうやら燃料を重めに積んでいるのか、比較的ゆったりとしたペース。タイヤはウルトラソフトを履いています。

ベッテルが1分07秒797をマークしてトップに立ちます。

続いてライコネンが1分07秒台をマーク。ベッテルに0.180秒届きませんでしたが、2番手に並んでいます。

フェラーリ勢がそれぞれ自己ベストを更新。ベッテルは1分07秒307をたたき出しています!

レッドブルのマックス・フェルスタッペンも1分07秒台に乗せてきました。

メルセデスはハミルトンが1分10秒半ば、ロズベルグは1分11秒を切る程度のペースで周回を重ねています。

トップ5のオーダーはベッテル、ライコネン、フェルスタッペン、ヒュルケンベルグ、クビアトです。

先ほどターン8でコースオフを喫したハミルトンは「何か調子が変なんだけど」と無線で連絡。リアタイヤが激しいブリスターに見舞われており、これが原因でしょうか。オーバーステアに苦悩しているようです。

今度はフォース・インディアのセルジオ・ペレスがターン8でコントロールを乱しました。幸い、無事にコースに戻っています。

初日同様にターン8の攻略に手間取るドライバーが多い様子。コースを飛び出すシーンが多く見られています。

レッドブルのリカルドが3番手に飛び込んでいます。タイムは1分07秒798を記録。

マクラーレンの2台はインストレーションラップを走って以降、ガレージでの作業が続いており、チームによると、サイドポッドのカバーが外れてしまったとのことで、次の走行に向けて調査しているそうです。

マクラーレン勢以外ではウィリアムズのボッタスもまだノータイム。先ほどコースに入ってアウトラップをスタートさせています。

ボッタスの相棒マッサは1分07秒831をマークし、現在4番手のポジションです。

ボッタスは1分08秒台のタイムで6番手につけました。

マクラーレンがバトンをコースに送り出し、コース上でのプログラムを開始。

少し遅れてアロンソも出陣します。

1分08秒916をマークしたバトンが11番手に飛び込みました。

路面温度が45度に達しました。太陽が暑い日差しをコースに降り注いでいます。

お! ライコネンが好ペースできています! 1分07秒234でまとめてトップタイム!

ベッテルのタイムをわずかに0.073秒上回ったライコネン。フェラーリの1-2態勢が続きます。

メルセデスは序盤の走行を終えてからまだコースには出てきておらず、ハミルトンが17番手、ロズベルグが20番手の位置です。

セッションは半分の30分が終了。トップ5のオーダーはライコネン、ベッテル、リカルド、ボッタス、マッサに変わっています。

ウルトラソフトが採用された今年、レッドブル・リンクではコースレコードの更新が相次ぎ、初日のロズベルグに続いてベッテルが、さらにライコネンが更新しています。

新しいウルトラソフトを履いたリカルドが3番手に浮上。トップのライコネンには0.405秒遅れです。

もう一台のレッドブルを駆るフェルスタッペンが4番手に上がり、フェラーリ、レッドブル、ウィリアムズと続く序列ができました。

メルセデスはハミルトンを襲ったグレイニングの問題に対処している模様。

メルセデスのロズベルグがガレージを離れます。新しいウルトラソフトを装着。

現在は大半のドライバーがガレージに戻っており、終盤の予選シミュレーションに備えています。

なんと! 先ほどコースに入ったばかりのロズベルグがクラッシュ!

何が起きたのでしょうか。かなり激しくスピンをしており、マシンダメージも確認されています。

赤旗に変わります。

ロズベルグは無事なようで、自力でコックピットを脱しました。

リプレイ映像を見ると、単にドライバーエラーというわけではない様子。

左リアタイヤのパンク、あるいは左リアサスペンションの破損により、コントロールを失った結果、コースを飛び出し、ガードレールにぶつかった上、数度のスピンを喫したようです。

現場にはすでにクレーン車が駆けつけ、マシンの撤去作業を進めています。

ガレージに戻ってきたロズベルグは急いでエンジニアの元へ。何が起きたのか確認しています。

残り時間は15分を切りましたが、まだ赤旗は解除されていません。

ロズベルグのマシンがトラックの荷台に載せられました。ギアボックス等々へのダメージも懸念されています・・・。

コース上の赤旗が解除されました。セッションは日本時間18時48分に再開されるとのこと。

セッション再開です。早速、フェラーリ勢やマッサ、ハースF1のグロージャンがコースに出ます。

メルセデスがハミルトンをコースに送り出しました。ロズベルグを襲ったトラブルがハミルトン車に起きる可能性は低いと判断されたようです。

その他の陣営も予選とレースに向けた最終準備を開始。

ハミルトンがセクター1をファステストで通過するも、セクター2はタイムが伸びず。

1分07秒754をマークしたハミルトンは4番手に上がりました。

暫定トップは1分07秒098を記録しているベッテル。2番手にライコネンが続き、リカルド、ハミルトン、フェルスタッペンがトップ5に名を連ねています。

ベッテル、サインツ、ロズベルグを除く19台がコース上。

ターン8の黄色い縁石に乗り上げてしまったアロンソのマシンから何やらパーツらしきものが落ちていたようです・・・。

今度はターン9でボッタスがスピン! ランオフエリアに逃げ込み、後続の通過を待ってコースに戻ります。

ドライバーのコースオフの度に黄旗が振られていますが、ロズベルグの事故以降は大事に至らず、いずれもすぐに解除されています。

トロ・ロッソのサインツは11周の走行にとどまっており、しばらくガレージから出てきていません。

ここでベッテルがコースイン。

先ほどピットンしたフォース・インディアのヒュルケンベルグも再びコースに出ます。

全車がウルトラソフトでの走行に励み、チェッカーを迎えようとしています。

セッションはここで終了です。

トップタイムはベッテルがたたき出した1分07秒098。0.136秒差でライコネンが2番手に入り、フェラーリが1-2を決めました。

3番手にはメルセデスのハミルトンが続き、リカルドとフェルスタッペンのレッドブル勢が後ろに並んでいます。

予選はこの後、日本時間21時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!