オーストリアGP 2016

/ Commentary

予選

2016年F1世界選手権第9戦オーストリアGP予選のセッションはこの後、日本時間21時より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第9戦オーストリアGP予選の模様をお届けいたします。先ほど実施された土曜フリー走行では終盤にメルセデスのニコ・ロズベルグがクラッシュを喫するアクシデントが発生。チームはターン2の縁石を出る際に「異常なほど高い負荷」がかかったことでサスペンションが破損したと分析しています。

これで9分間の赤旗中断を強いられたセッションは最後の12分間でタイム更新が相次ぐも、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがそれまでに記録していた1分07秒098のタイムが破られることはなく、ベッテルがトップで締めくくりました。

0.136秒差の2番手に相棒のキミ・ライコネンが入り、予選を目前にしてフェラーリが1-2を決めています。3番手に入ったルイス・ハミルトンはチームメイトのロズベルグの事故を受けて、縁石と距離を取るよう指示されていたことから、全力での走行がかなわなかったようです。

土曜フリー走行でマシンにダメージを負ったロズベルグは新しいギアボックスを載せて予選に臨むことになり、また、フェラーリのセバスチャン・ベッテルも初日のセッション後に予定外のギアボックス交換を行っているため、2人は5グリッド降格処分を受けることが決まっています。

さて気になるレッドブル・リンクの空模様は晴れ。気温27度、路面温度52度、湿度49%のドライコンディション。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。すぐにコースインするドライバーはいません。

お、ルノーのガレージからジョリオン・パーマーが出てきました。

トロ・ロッソ勢やマノー勢らが始動。

メルセデスのガレージからハミルトンが出陣します。ただ、ロズベルグのマシンはまだ修復途中・・・。

フェラーリやレッドブル、ウィリアムズ、マクラーレンはまだ動かず。

パーマーが1分09秒156をマークしました。ウェーレイン、マグヌッセン、サインツなど次々にコントロールラインを通過。暫定トップに立ったのは1分08秒600を刻んだマグヌッセンです。

それを大きく上回ったのがハミルトン。1分07秒014をたたき出しました!

0.643秒差でフォース・インディアのペレスが2番手。

ウィリアムズのフェリペ・マッサがガレージを後にしています。

今のところ全車がウルトラソフトでのアタック。

ルノーのマグヌッセンとパーマーは一度タイムアタックに臨んだ後、ピットに引き上げていきました。

お? メルセデスのガレージの様子を見るに、ロズベルグのマシン修復が終わったようです。

一方、コース上ではハミルトンがセクター1をファステストで通過! 1分06秒台突入はなるでしょうか?

ウィリアムズのマッサが2番手タイムを残します。

マクラーレンの2台がコースイン。フェラーリのガレージからはライコネンが登場です。

ハミルトンのタイムは・・・1分06秒947! 新たなるコースレコードの誕生です。

ついにロズベルグが出陣! メルセデスクルーも満足顔。

一方でフォース・インディアには悪いニュースが。ペレスに何やらトラブルが起きているようです。

フェラーリのベッテルが1分07秒030をマークして2番手に。ハミルトンには惜しくも0.083秒届かず!

ライコネンがトップに0.303秒遅れの3番手。

ロズベルグがセクター1、セクター2をファステストで通過!

コントロールラインを通過して・・・ロズベルグのタイムは1分06秒690! メルセデスクルーも大喜びのことでしょう!

マシン修復が終わったばかりとは思えない速さを見せつけたロズベルグ。ハミルトンに0.257秒差をつけて堂々のトップです。

それに迫るペースを見せるのがベッテル。1分06秒761を刻んで2番手に飛び込む! ロズベルグとはわずか0.071秒差!

フォース・インディアのガレージにマシンを入れたペレスはコックピットを離れています。

現時点でノックアウトゾーンにいるのはグロージャン、クビアト、エリクソン、ウェーレイン、ナッサー、ハリアントです。

ロズベルグが自己ベストを更新しています。タイムは1分06秒516。まだまだ伸びそうです。

下位グループを中心に、最後のアタックに臨むドライバーがコースに向かいます。

クビアトがクラッシュ!

赤旗に切り替わりました。Q1は1分44秒を残して時計が止まっています。

かなり激しいクラッシュでしたが、クビアトは無事です。チームの無線での問いかけに「ごめん」と返したクビアト。自力でマシンを降りています。

クビアトはターン8の縁石に乗り上げた際にサスペンションを傷めてしまい、コントロールを失いました。コーナーの内側にあったタイヤバリアに激突し、マシンに大きなダメージを負った状態でもマシンは止まらず、そのままターン9のグラベルに乗り上げて、最後はウオールにぶつかって停車しました。

事故現場の周辺ではコースの修復作業とマシンの撤去作業が進められています。

さらに、フォース・インディアのペレスがサスペンショントラブルにより、これ以上の走行を断念しています。土曜フリー走行ではロズベルグが縁石の影響を受けてサスペンションにダメージを負っており、先ほどのクビアトのクラッシュしかり、ドライバーたちにとっては縁石が最大の的になりつつあります。

予選Q1のセッションはクビアトのクラッシュを受けて赤旗中断されています。残り時間は1分44秒。

現時点でノックアウトゾーンの17番手以下にいるドライバーはマグヌッセン、パーマー、ハリアント、クビアト、エリクソン、ナッサーです。

どうやらセッション再開の準備が整いつつあるようです。

Q1再開の時間が発表されました。日本時間21時32分に再びグリーンライトが灯ります。

すでにピットレーン出口にはマシンが行列を作っています。上位勢はおそらくこのままガレージで次のセッションに備えるはず。

ルノーやザウバーが2台を送り出しています。マクラーレンもアロンソとバトンが列に加わりました。

Q1がリスタートしました! タイヤに熱を入れながらアタックに備える各車・・・。

なんと・・・! サインツのトロ・ロッソマシンから白煙が・・・!

ターン2のコース外にマシンを出して停車したサインツ。ダブルイエローが振られています。

Q1はここでタイムアップ!

最後のアタックに臨んだハリアントが自己ベストを更新するもQ2には届かず。

全車がアタックを完了し、Q1で予選を終えることになったのは17番手以下、マグヌッセン、パーマー、ハリアント、クビアト。、エリクソン、ナッサーです。

なお、ペレスは13番手でQ2進出を果たしましたが、サスペンショントラブルによりすでにマシンを降りています。

Q1のトップタイムはロズベルグがマークした1分06秒516でした。

Q2のセッションは日本時間21時41分にスタート予定。

Q2がスタートしました。メルセデスの2台に加えて、レッドブルのフェルスタッペン、フォース・インディアのヒュルケンベルグ、マノーのウェーレインがコースイン。

ヒュルケンベルグが審議対象になっています。黄旗中に減速しなかった可能性が疑われているようです。

すでにマシンを降りたサインツとペレスを除く14台がコース上。

ハミルトンが1分06秒228を刻んでトップに立ち、ロズベルグが0.175秒差で2番手に。

ライコネンがスーパーソフトでアタックに臨んでいます。

ベッテルも同様にスーパーソフトを装着。他陣営とタイヤ戦略を分けてきました。

スーパーソフトでQ2の最速タイムを刻めればレースのスタートタイヤとなります。

ハースF1のグロージャンはグラベルに乗り上げてしまい、いったんピットへ。

Q2序盤のアタックを終えた各車もピットに戻り始めました。

レッドブルのリカルドとフェルスタッペンがスーパーソフトに履き替えてコースへ。

レッドブルは2人ともペースアップに成功しているようです。

リカルドが1分06秒840、フェルスタッペンも0.026秒差の好タイムを残しました。

ここでメルセデスもスーパーソフトに切り替えます。

雨雲がコース上空に到達・・・。バトンがターン3でコースオフ!

現時点でノックアウトゾーンにいるのはグティエレス、ウェーレイン、グロージャン、アロンソ、そしてQ2の走行を断念しているサインツとペレスです。

一部での降雨を受けて、コースに出ていたマシンがピットに引き上げてきます。

全車が帰還。

終盤は誰も走らぬまま、Q2が終わりました。

Q2で予選を終えたのは11番手から順にグティエレス、ウェーレイン、ロマン・グロージャン、アロンソ、サインツ、ペレスです。

Q2のトップタイムはハミルトンが刻んだ1分06秒228。他にロズベルグ、ベッテル、リカルド、フェルスタッペン、ボッタス、ライコネン、マッサ、ヒュルケンベルグ、バトンがQ3進出を果たしています。

日本時間22時04分に始まるQ3はコンディションがかなり難しそうです・・・。

ポールポジションが決するQ3のスタートです。

フェラーリのベッテルが先頭でコースイン。インターミディエイトタイヤを履いています。

ベッテルによると、コース上はかなり濡れている模様。ところどころ、激しい水しぶきが上がっています。

10台すべてがコースに出揃いました。レッドブル・リンクに再び太陽の日差しが降りそそぎ始めています。

あっという間にコンディションが改善しており、タイムシートのオーダーも変化が激しくなっています。

暫定トップに立っているのはリカルド。ロズベルグが2番手、フェルスタッペンが3番手に飛び込み、ハミルトン、バトン、ライコネン、ベッテル、マッサ、ボッタス、ヒュルケンベルグのオーダーです。

厄介なコンディション・・・。この好機を手に入れたいヒュルケンベルグが2番手タイムを刻みます!

まだ10台すべてがインターミディエイトタイヤを履いています。

そろそろ各チームが動き始めそうです・・・。バトンが1分16秒536を刻んで2番手に浮上。

フォース・インディアがヒュルケンベルグにウルトラソフトを履かせて送り出しました。ピットに戻ってきた他のドライバーも同様。

レッドブルの2台は少しほかとタイミングをずらす戦法のようです。

ヒュルケンベルグが1分14秒996をマークしてトップに立つ!

続いてマッサがヒュルケンベルグを上回り、ライコネン、ハミルトンがさらにタイムを塗り替える!

ドライタイヤで2度目のアタックを完了したヒュルケンベルグが1分10秒716を刻んでトップに!

ここでチェッカー!

まだ多くのドライバーが最後のアタック中!

全車がチェッカーフラッグを受けてQ3のトップタイムをマークしたのはハミルトン! 1分07秒922がポールタイムでした。

2番手にロズベルグが続きましたが、ギアボックス交換によるペナルティを受けるため、スターティンググリッドは7番手に下がる予定。

そのロズベルグに代わってフロントローに並ぶのが予選3番手につけたヒュルケンベルグです。4番手のベッテルもロズベルグ同様にグリッド降格処分を受けるため、5番手タイムを残したバトンが3番手スタートに昇格!

予選6番手以下はライコネン、ボッタス、フェルスタッペン、マッサの結果でした。

暫定グリッドではポールポジションにハミルトン、フロントローにヒュルケンベルグ、バトンとライコネンが2列目に並びます。

オーストリアGP決勝レースは21日(日)日本時間21時スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!