ヨーロッパGP 2016

/ Commentary

レース

21:30 2016年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP決勝レースはこの後、日本時間22時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

21:50 これより2016年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP決勝レースの模様をお届けいたします。快晴の下に行われた土曜日の予選ではメルセデスのニコ・ロズベルグが他車を寄せ付けぬ速さでポールポジションを獲得。1分42秒758のポールタイムを記録しました。

21:51 ロズベルグとポールポジションを争うと予想されていたチームメイトのルイス・ハミルトンはQ3のクイックラップを走っている途中、ターン11で右フロントタイヤをウオールにぶつけてしまい、マシンにダメージを負ってセッション終了。このインシデントでセッションは一時的に赤旗中断しました。

21:52 Q3のセッションが再開されると、すでに最速タイムを刻んでいたロズベルグとマシンを降りたハミルトン以外のドライバーが最後のアタックに向かうも、ロズベルグのタイムを上回るドライバーは現れず、ロズベルグのポールポジションが決しました。

21:53 2番手に入ったのはフォース・インディアのセルジオ・ペレス。ただ、ペレスは土曜フリー走行でクラッシュを喫した結果、予定外のギアボックス交換を強いられ、5グリッド降格処分を受けたためにスターティングポジションは7番手に後退しています。

21:54 ペレスに代わってフロントローに並ぶのは3番手タイムを記録したレッドブルのダニエル・リカルド。ロズベルグには1.2秒離されましたが、フェラーリ勢を抑えて1列目を確保しました。パートナーのマックス・フェルスタッペンはトラフィックにはまって思うようにアタックできず、9番手にとどまっています。

21:55 フェラーリはセバスチャン・ベッテルがリカルドと同タイムを刻むも、リカルドの方が先にチェッカーを受けたためにベッテルは4番手、キミ・ライコネンが5番手の予選結果でした。スターティンググリッドはフェラーリ勢が2列目に並びます。予選6番手のウィリアムズのフェリペ・マッサが5番グリッドに、トロ・ロッソのダニール・クビアトが6番グリッドに繰り上がります。ペナルティを受けたペレス、ウィリアムズのバルテリ・ボッタス、フェルスタッペンに次ぐ10番手の位置からスタートするのがハミルトンです。

21:56 マクラーレンはフェルナンド・アロンソが14番手、ジェンソン・バトンはトラフィックにうまく対応しきれずQ1敗退を喫して19番手に終わりました。とはいえ、バクー市街地サーキットはストリートコースながらオーバーテイクのチャンスがあると言われており、レースでポイント圏内まで巻き返すべく全力を尽くします。

21:57 なお、決勝レースに先だってトロ・ロッソがカルロス・サインツのギアボックス交換を決断し、予選13番手だったサインツは5グリッド降格処分を受けて18番手からスタートすることになりました。さらにルノーもケビン・マグヌッセンのギアボックスを交換したほか、サスペンションのセットアップも変更したため、マグヌッセンはピットレーンスタートとなります。

21:58 ここ数戦、運に見放されてきたロズベルグとリカルドの2人がフロントローに並ぶ今回のレース。サポートレースのGP2ではターン1の混乱が目立っており、まずはトラブルに巻き込まれることなくオープニングラップを乗り切ることが必須です。

21:59 間もなくスタート時刻を迎えるバクーは快晴、気温33度、路面温度43度、湿度31%のドライコンディション。

22:00 フォーメーションラップが始まりました。12番手スタートのヒュルケンベルグ、17番手スタートのパスカル・ウェーレインと20番グリッドに並ぶエリクソンがソフトタイヤをチョイス。

22:02 ロズベルグがポールポジションに、リカルドがフロントローに着きました。いよいよスタートです・・・!

1周目

シグナル消灯! レースが始まりました! ロズベルグはきっちりとスタート。中団から後方にかけて数台が接触しているようです。

ただ、そこまで大規模なアクシデントはなかったようで、クラッシュを喫したドライバーやストップしたドライバーは今のところ確認されていません。

ハースF1のグティエレスがフロントウイングにダメージを負っているようです。

2周目

オープニングラップを先頭で終えたのはロズベルグ。2番手にリカルド、ベッテル、ライコネン、ペレスが5番手に上がり、マッサ、フェルスタッペン、クビアト、ボッタス、ハミルトンは10番手のまま。

マノーのハリアントがピットイン。タイヤをソフトの新しいセットに履き替えてコースに向かいます。

3周目

ボッタスがクビアトをかわそうと仕掛けるも、クビアトが華麗な防御を見せてポジションを守ります。

ただ、ターン3にかけてボッタスがサイド・バイ・サイドに持ち込み、8番手に上がりました。

4周目

スタートのリプレイ映像を見ると、グティエレスはターン1のインサイドを取ったものの、周辺のマシンに挟まれ、逃げ場なく、若干前にいたヒュルケンベルグのマシンにぶつかってしまい、フロントウイングにダメージを負ってしまいました。

ヒュルケンベルグはこの反動でマシンのコントロールを一瞬乱したものの、なんとかハンドリングしてレースを続行。現在、ヒュルケンベルグは13番手、グティエレスは17番手を走っています。

トロ・ロッソのクビアトは思うようにペースが上がらないのか、フェルスタッペンとハミルトンにもポジションを奪われ、11番手に後退。

5周目

フェルスタッペンを追い抜いたボッタスに、ストレートでフェルスタッペンとハミルトンが襲いかかる!

アウト側から攻めたフェルスタッペンとハミルトンですが、いったん引きます。ただ、ハミルトンはフェルスタッペンのオーバーテイクを成功させて8番手に浮上!

ハラハラドキドキの攻防が続きます!

6周目

先頭のロズベルグはすでに7秒以上のリードを築いて独走状態。

ベッテルがリカルドを抜く! リカルドはペースが上がらず、ベッテルやライコネンは後方でがまんを強いられてきました。

まずはベッテルがリカルドを料理し、本来のペースを引き出しながらロズベルグを追いかけます。

続いてリカルドはライコネン、そしてペレスのプレッシャーを受けますが、はたしてどこまで持ちこたえられるか・・・。

その間、フェルスタッペンとアロンソが最初のピットストップを完了。どちらも新しいソフトタイヤのセットを履いてコースに戻りました。

7周目

ロズベルグのペースは上がる一方、1分50秒台を刻みます。追うベッテルは1分51秒後半のタイムで差は広がるばかり。

レッドブルがリカルドをピットに入れます!

これで前が開けたライコネンは後方のペレスに注意しながら一気にペースアップ。

ストレートを走行中、コース上に入り込んだ青色の、ビニール袋でしょうか、ベッテルのマシン前部に引っかかり、まだ一部がフロントにくっついたままの状態です。

8周目

ロズベルグとベッテルのギャップは10秒に拡大。

ライコネンはベッテルよりも1秒遅いペースで周回しており、先頭から徐々に遅れ始めています。ペレスも少しペースダウンしてライコネンとの差は2.4秒。

9周目

ベッテルにピットインの指示が出ます。ベッテル本人はまだ今のタイヤでいけると感じているようですが、チームはアンダーカットを狙って戦略を練っているようです。

ただ、ここでは入らず。

お、ベッテルではなくライコネンがピットに入ってきました。

ベッテルにピットインの指示を出していたフェラーリですが、土壇場でライコネンに切り替えた模様。

ライコネンはソフトタイヤに交換して11番手の位置でコース復帰。ザウバーのエリクソンのすぐ後ろです。

10周目

ライコネンがエリクソンを交わして10番手に。9番手を走るウェーレインとは3秒差。ウェーレインはその前を行くグロージャンとコンマ数秒差の接近戦を展開しています。

11周目

ロズベルグが1分49秒930のファステストラップをマーク。

タイヤ交換を終えたリカルドはグロージャンとウェーレインの2人をまとめて料理し、2秒前にいるヒュルケンベルグを追いかけます。

グロージャンはピットに向かってタイヤ交換。

お、ライコネンがウェーレインをロックオン! 狭いコースにスペースを見いだし・・・オーバーテイク!

ライコネンが8番手に上がり、ウェーレインは続いてマッサとエリクソンからプレッシャーを受けます。

12周目

ロズベルグのペースアップが止まりません。2番手のベッテルに14秒近いリードを築き、今も快調に飛ばしていきます。

ベッテルと3番手のペレスは10秒以上の開きがあり、4番手に上がったハミルトンがペレスの1秒ほど後ろに近づいています。

ライコネンがピットエントリーのラインを踏んだとして審議対象になっています。

13周目

猛チャージをかけるライコねgな1分49秒735のファステストラップを刻みました。前を走るヒュルケンベルグとは3秒と少しのギャップ。

ヒュルケンベルグはスタートでソフトタイヤを履いており、まだピットには一度も入っていません。

14周目

現在トップ5に並ぶロズベルグ、ベッテル、ペレス、ハミルトン、ボッタスはスタートと同じユーズドのスーパーソフトタイヤを履き続けており、6番手のリカルドはすでに1回目のタイヤ交換を終えてソフトタイヤで周回中、ヒュルケンベルグを挟んでライコネンとマッサも第2スティントを走っています。

リカルドとライコネンは対ベッテルを見据えた戦いに集中。ベッテルとリカルドは18.7秒差、ベッテルとライコネンは21秒強のギャップです。

15周目

ロズベルグやベッテル、ペレスは自己ベストタイムを刻みながら15周目に突入。

ヒュルケンベルグより1.5秒速いラップタイムで追いかけるライコネンがあっという間にリアをとらえます!

16周目

ハミルトンがここでピットへ。

ライコネンがヒュルケンベルグに並ぶ! 華麗にオーバーテイクを決めてライコネンが6番手に上がりました。

ハミルトンはブレーキのバイブレーションを訴えながら、ソフトタイヤに履き替えてコースに戻っています。ポジションは9番手。マッサから6秒ほど後ろです。

17周目

さらにフォース・インディアがペレスのタイヤ交換を実施。ソフトタイヤのセットに履き替えてピットアウトします。

ピット出口、後ろにはハミルトンの姿も見えていますが、ハミルトンの前、8番手で隊列に加わりました。

18周目

先頭のロズベルグはすでにリードを20秒近くまで広げています。このロズベルグを含め、2番手のベッテルと3番手のボッタスがまだ第1スティント中。

ボッタスとの距離を詰めるリカルドにライコネンが接近しています!

19周目

ペースはライコネンの方が1秒ほど速く、追い抜く場所を探っているようです。

ホームストレートでライコネンがリカルドの前に出る! リカルドはすぐさまトウを取ろうとしましたが、ライコネンのペースが速く追いつけず。

ライコネンは続いてボッタスとの対決に集中。その差は1.6秒。

20周目

3番手のボッタスとライコネンが1秒差に近づきました。そして一気にDRSが使える場所まで接近!

ウィリアムズはここでボッタスのタイヤ交換を実施。

ライコネンは前が開けた状態でペースアップしていきます。19秒前にいるベッテルとの位置関係は・・・。

21周目

フェラーリがベッテルをピットに呼び入れました! ソフトタイヤに交換。そしてピットを出て・・・ライコネンが2番手! ベッテルはライコネンの2.4秒ほど後ろでコースに戻りました!

さらにヒュルケンベルグもタイヤ交換を済ませています。こちらはソフトからスーパーソフトタイヤに履き替えました。

22周目

ようやくロズベルグが動きます。ピットに入ってソフトタイヤのセットを装着。

ポジションは先頭のまま、コースに戻っています。

2番手のライコネンと3番手のベッテルは3秒差。そこから5秒後ろにペレスが控え、目下、そのペレスを追い回しているのがハミルトンです。コンマ数秒差の間隔をキープしながら、何度もオーバーテイクを仕掛けていきます。

ただ、ペレスも防御に徹してハミルトンに道を譲りません。

23周目

ハミルトンはペレスとのギャップを2秒に広げていったん引きます。ハミルトンの4秒ほど後ろを走っていたリカルドが2回目のピットストップへ。

これでマッサが6番手に上がり、そこから6秒後方にボッタス、さらに8秒と少し後ろにサインツがいます。サインツはアロンソとジェンソン・バトンのマクラーレンコンビからプレッシャーを受けており、集中力が問われる場面をむかえています。

24周目

サインツからアロンソ、ジェンソン・バトン、ヒュルケンベルグ、ナッサー、リカルド、グロージャンはそれぞれ1秒前後の間隔で連なっており、いつどこでポジションが入れ替わるか分からない状態です!

レッドブルは17番手を走るフェルスタッペンにも2ストップ戦略を採用しており、リカルドとフェルスタッペンはいずれもユーズドのミディアムタイヤで第3スティントを走っています。

25周目

2番手と3番手に並ぶフェラーリコンビが自己ベストタイムを刻んでペースを上げますが、先頭を走るロズベルグに追いつけるほどのラップタイムではありません。

ライコネンとベッテルのタイムを比べると、よりフレッシュなタイヤセットを履くベッテルの方が0.2秒ほど速いようです。

26周目

ヒュルケンベルグがサインツをかわして8番手に上がりました。

バトンがピットに向かいます。マクラーレンは先程の周回でアロンソのタイヤ交換も済ませており、2ストップ戦略を採っているようです。

27周目

ライコネンのバックミラーにベッテルの姿が映り始めました。ライコネンも自己ベストを刻んでいますが、ペース自体はベッテルの方が0.5秒ほど良い様子。

ライコネンはピットレーンのラインを踏んだとして5秒のタイムペナルティを科せられており、2回目のタイヤ交換を実施する際に適用されます。もし1ストップを敢行した場合はレースタイムに5秒が加算されます。

28周目

お、ベッテルがライコネンをロックオン! ライコネンはさほど抵抗せずにチームメイトを先に行かせます。

トロ・ロッソのサインツがピットイン。スーパーソフトタイヤを履いて・・・バトンの目前でコース復帰。

29周目

ただ、タイヤがすでに温まっているバトンに理があり、すぐにバトンがサインツをかわしていきます。

現在、バトンは15番手、サインツは16番手です。

バトンの前を行くアロンソがパーマーに接近中。戦略が異なるルノーマシンを追い抜いていきました。

30周目

ベッテルが1分47秒582のファステストラップをマーク。先頭を走るロズベルグとはまだ17秒以上のギャップが有ります。

上位勢の接近戦は落ち着きを見せていますが、ポイント圏外では1秒差で連なるマシンが多数。

12番手を走るアロンソは2秒後方に相棒のバトンを控え、バトンに追い抜かれたパーマーをさらにサインツが追い詰めています。

31周目

サインツがパーマーを料理! 15番手に下がったパーマーにはさらにナッサーが襲いかかります。

32周目

ハミルトンにトラブルの状態を教えようとするメルセデスですが、無線内容に制限があるためか、的確に伝えられず、ハミルトンは「何言っているのか分からないんだけど・・・」と返します・・・。

33周目

トロ・ロッソのサインツがコースオフ!

サインツによるとサスペンションに問題がある模様。チームメイトのクビアトはすでにリタイアを喫していますが、その原因がサスペンショントラブルでした。

サインツはマシンを止めてコース外へ。

黄旗が解除されました。

34周目

現在のトップ10は先頭にロズベルグ、15秒ほど後ろをベッテルが走り、ライコネン、ペレス、ハミルトン、ボッタス、ヒュルケンベルグ、リカルド、マッサ、フェルスタッペンが10番手を周回中。

フェルスタッペンから10秒以上離された11番手にマグヌッセン、アロンソ、バトン、ナッサー、グロージャン、パーマー、グティエレス、エリクソン、ウェーレイン、ハリアントが20番手を走っています。

35周目

ここまでにレースを離脱したのはトロ・ロッソの2名のみ。

ラップリーダーのロズベルグは16番手のパーマーまでを周回遅れにしています。

36周目

バトンがチームメイトのアロンソに接近中。その差は0.8秒ほど。

マクラーレンは2人に同じ2ストップ戦略を取っており、現在のタイヤセットの周回数はアロンソがわずかに1周多いだけの状態です。

37周目

3番手を走るライコネンは2ストップ戦略と思われましたが、現在の位置を考えると1ストップを狙っている可能性もあります。ただ、5秒のタイムペナルティを受けるため、後ろを走るペレスとのギャップを十分に開いておかなければ表彰台には上れません。

現時点でライコネンとペレスは3.3秒差。

38周目

アロンソとバトンのバトルに動きがありました。ペースが良いバトンを前に出し、アロンソが13番手に下がります。アロンソは若干、対抗する様子も見せましたが、先行したバトンが一気にペースを上げたため、自らのレースに集中する方に切り替えました。

39周目

アロンソはナッサーにも追い抜かれてしまい、14番手に後退。

12番手のバトンは3秒前にいるマグヌッセンを追いかけています。

40周目

青旗に従わない周回遅れのマシンにイライラを募らせるライコネン・・・。「もうずっと後ろを走らされてるんだけど!」と怒りをあらわにしました。

41周目

お? マノーの1台がエスケープゾーンに逃げ込んでいます。場所はターン1。

ウェーレインです。無線連絡によるとブレーキがなくなった、とのこと。ターン1に差し掛かったウェーレインはブレーキが利かずにコースオフ。そのままマシンをコース外に出しました。

42周目

アロンソがかなり苦戦しています。ハースF1のグロージャンにも追い抜かれてしまい、15番手に後退。

バトンのペースと比べると、ラップタイムは1.5秒から2秒の違いがあり、何かトラブルを抱えているのでしょうか・・・。

43周目

相棒の分までチームを引っ張るバトンがマグヌッセンとの差を縮めてきました。すでに1秒を切っており、オーバーテイクのチャンスをうかがっています。

かつてマクラーレンでタッグを組んだマグヌッセンにプレッシャーをかけるバトン。

一方、アロンソにはリタイアの指示が出たようです。

44周目

ターン1に向かってバトンがマグヌッセンに並び・・・11番手に上がります!

アロンソは指示通りにピットへ。アロンソのもとには「トラブルが悪化している」との連絡が入っていました。

45周目

8番手を走るリカルドがヒュルケンベルグのリアをとらえています。その差は0.5秒とありません。

ストレートでDRSを使い、ヒュルケンベルグとの差をつめていきますが、メルセデスパワーには及ばず近づくのが精いっぱい。

46周目

その後方ではリカルドのパートナーであるフェルスタッペンがマッサをオーバーテイク! 9番手に上がりました。

10番手に下がったマッサと11番手を走るバトンは26秒のギャップがありますが、マッサはペースがだいぶ落ちてきており、残り周回数は少ないものの、バトンが少しずつ差を縮めています。

47周目

ライコネンは無線でステアリングホイールに問題があると報告。「前のレースと同じ感じなんだけど」と訴えましたが、チームからは「その質問には答えられない」との連絡が返ってくるのみ。「イエスかノーかくらい言えるでしょ!」と返したライコネンにレースエンジニアのデイブ・グリーンウッドは「無理」と返答しました。

48周目

1ストップを敢行するライコネンはすでに39周を走ったタイヤで懸命にプッシュしていますが、ペレスが1秒後方にピタリと付け、表彰台を確実にしようとしています。

ライコネンはレースタイムに5秒を加算されるため、ペレスとのギャップを広げなければなりません。

49周目

ペレスがライコネンのスリップに入ろうとしています! ライコネンが必死に逃げる!

少し後ろでは9番手のフェルスタッペンがヒュルケンベルグに接近しています。すでにDRSを生かせるポジションにつけており、オーバーテイクを狙ってチャンスを待つ!

50周目

11番手のバトンはまだ10番手のマッサまで22秒以上のギャップがあります。

フェルスタッペンが動く! ヒュルケンベルグに対する追い抜きを成功させ、8番手に上がりました!

51周目

ロズベルグがファイナルラップに入ります!

ペレスがライコネンをロックオン! ターン1にかけてのホームストレートでライコネンに近づき、3番手に浮上! これで名実ともに3番手の座を確保しました。

ロズベルグがトップでチェッカーを受けます!

2位でゴールしたのはベッテル。そしてペレスが3位表彰台!

4位ライコネン、5位ハミルトン、6位ボッタス、7位リカルド、8位フェルスタッペン、9位ヒュルケンベルグ、10位マッサがポイントを獲得しています。

バトンは11位に終わってノーポイント。ナッサー、グロージャン、マグヌッセン、パーマー、グティエレス、エリクソン、ハリアントが完走を果たしました。

バクーでの初レースを終えたF1一行が次に向かうのはオーストリア。シュピールベルクのレッドブル・リンクで開催されるシーズン第9戦オーストリアGPは7月1日(金)に開幕し、日本時間17時から初回セッションが行われる予定です。それではまた次回オーストリアGPでお会いしましょう!