30秒ごとに更新されます

バクーでの初レースを終えたF1一行が次に向かうのはオーストリア。シュピールベルクのレッドブル・リンクで開催されるシーズン第9戦オーストリアGPは7月1日(金)に開幕し、日本時間17時から初回セッションが行われる予定です。それではまた次回オーストリアGPでお会いしましょう!

51周目

ロズベルグがファイナルラップに入ります!

ペレスがライコネンをロックオン! ターン1にかけてのホームストレートでライコネンに近づき、3番手に浮上! これで名実ともに3番手の座を確保しました。

ロズベルグがトップでチェッカーを受けます!

2位でゴールしたのはベッテル。そしてペレスが3位表彰台!

4位ライコネン、5位ハミルトン、6位ボッタス、7位リカルド、8位フェルスタッペン、9位ヒュルケンベルグ、10位マッサがポイントを獲得しています。

バトンは11位に終わってノーポイント。ナッサー、グロージャン、マグヌッセン、パーマー、グティエレス、エリクソン、ハリアントが完走を果たしました。

50周目

11番手のバトンはまだ10番手のマッサまで22秒以上のギャップがあります。

フェルスタッペンが動く! ヒュルケンベルグに対する追い抜きを成功させ、8番手に上がりました!

49周目

ペレスがライコネンのスリップに入ろうとしています! ライコネンが必死に逃げる!

少し後ろでは9番手のフェルスタッペンがヒュルケンベルグに接近しています。すでにDRSを生かせるポジションにつけており、オーバーテイクを狙ってチャンスを待つ!

48周目

1ストップを敢行するライコネンはすでに39周を走ったタイヤで懸命にプッシュしていますが、ペレスが1秒後方にピタリと付け、表彰台を確実にしようとしています。

ライコネンはレースタイムに5秒を加算されるため、ペレスとのギャップを広げなければなりません。

47周目

ライコネンは無線でステアリングホイールに問題があると報告。「前のレースと同じ感じなんだけど」と訴えましたが、チームからは「その質問には答えられない」との連絡が返ってくるのみ。「イエスかノーかくらい言えるでしょ!」と返したライコネンにレースエンジニアのデイブ・グリーンウッドは「無理」と返答しました。

全コメントを読む: レース 予選 フリー走行3 フリー走行2 フリー走行1
 
  • サスペンションアームにビニール袋が絡まったセバスチャン・ベッテルのフェラーリマシン(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) マックス・フェルスタッペンにプレッシャーをかけるルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) チームメイトのキミ・ライコネンの前を走るセバスチャン・ベッテル(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) マシントラブルによりリタイアを喫したパスカル・ウェーレインのマシン(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日)
  • セルジオ・ペレスの3位表彰台を祝うニコ・ヒュルケンベルグとチームメンバー(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) チームと一緒にお祝いをするニコ・ロズベルグ(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) トロフィーにキスをするニコ・ロズベルグ(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) 上位勢に遅れまいとプッシュするルイス・ハミルトン(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日)
  • F1 Beauty in ヨーロッパGP(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) F1 Beauty in ヨーロッパGP(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) F1 Beauty in ヨーロッパGP(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日) F1 Beauty in ヨーロッパGP(ヨーロッパGP/アゼルバイジャン、2016年6月19日)