ヨーロッパGP 2016

/ Commentary

フリー走行3

2016年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間19時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2016年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日の金曜日は両セッションを通じてメルセデスがタイムシート最上位を独占し、いずれもトップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン。後半のフリー走行では1分44秒223を刻みました。ニコ・ロズベルグは0.690秒差の2番手につけていますが、終盤にはパワーロスを訴えてコース上に停車。あまり良い形での締めくくりとはいきませんでした。

そして、メルセデス勢に続いたのはなんとフォース・インディア。セルジオ・ペレスがハミルトンに1.113秒遅れながら3番手に食い込んでいます。4番手にウィリアムズのバルテリ・ボッタスを挟んで、もう一台のフォース・インディアを駆るニコ・ヒュルケンベルグがトップ5入り。

メルセデス最大のライバルになるであろうと見られていたレッドブルとフェラーリはやや出遅れた様子で、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが7番手と10番手につけてトップ10には入っていますが、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが8番手、キミ・ライコネンは13番手にとどまっています。

一方でマクラーレンはジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソがそれぞれ9番手と11番手のタイムを残し、まずまずのスタートを切りました。

土曜日のバクー市街地サーキットは晴れ間が広がり、気温28度、路面温度47度、湿度55%のドライコンディションで予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。

ハースF1のエステバン・グティエレスを先頭に、チームメイトのロマン・グロージャン、メルセデスのロズベルグらがコースイン。

フェラーリのキミ・ライコネンも始動しました。

初日はMGU-Kにトラブルを抱えたフェラーリ勢。ライコネンはグリップを得るのに苦労し、ベッテルはとにかくスピードが足りないと語っていました。

インストレーションラップを終えた各車がピットに戻ってきます。

ロズベルグはコースにとどまり周回を重ねます。今日から新しいエンジンを載せており、システムチェックも含めて走行。

すでにタイム計測がスタートしており、暫定トップに立っているのはウィリアムズのフェリペ・マッサ。1分48秒346をマークしています。

マッサはすでにスーパーソフトタイヤを投入しており、2番手につけたザウバーのフェリペ・ナッサーはソフトタイヤ、相棒のマーカス・エリクソンはスーパーソフトを履いています。

ピットとコースを往復するロズベルグはミディアムタイヤで作業中。ほとんどのドライバーはインストレーションラップを終えていますが、まだレッドブルとトロ・ロッソの4台は一度もコースに出てきていません。

ロズベルグが1分53秒669をマーク。

ガレージに収められたボッタスのマシンはサイドポッド付近にダメージが。ピットレーンを走行中に何やらパーツが飛び落ちたのが確認されています。

コース上ではヒュルケンベルグが1分47秒台に入れてトップに立ちました。

ロズベルグは4周を走ってピットに帰還。

フェルスタッペンとリカルドのレッドブルコンビがコースに入りました。

スーパーソフトを試すレッドブルのリカルドが1分46秒685を刻んでトップに!

徐々にコース上での作業をスタートさせる陣営が増えています。

トロ・ロッソの2台も始動しました。

リカルドに遅れてコントロールラインを通過したフェルスタッペンが0.163秒差のタイムをマークして2番手に飛び込みます。

フェラーリの2台もコースに出ていますが、燃料を重く積んでいるのかラップタイムは1分50秒台。

まだルノー、マクラーレン、メルセデスのハミルトン、ウィリアムズのボッタスはノータイム。ボッタスはまだマシン修復の作業が続いており、もう少し待機することになりそうです。

その他のドライバーはすでにコースに出ており、順次、タイム計測に臨みます。

ロズベルグがスーパーソフトタイヤに履き替えてコースへ。ハミルトンも同じコンパウンドを履いています。

今日もコースオフが相次ぎ、すでに幾度となく黄旗が振られていますが、今のところ大きなアクシデントはありません。

ロズベルグがコントロールラインを通過します・・・。タイムは1分45秒558! 2番手以下に1秒以上のギャップをつけてトップタイムです。

フェラーリによると、ここまではレースを想定した作業に取り組んでいるとのこと。ライコネンはちょうど最初の走行を終えてピットに戻ってきたところです。

ライコネンはソフトタイヤで8周を走り、まだコース上にいるベッテルも同じコンパウンドで周回数は8を記録しています。

メルセデス勢が他チームを引き離しにかかります。ロズベルグのベストタイムは1分45秒435に伸び、ハミルトンが0.240秒差のタイムを残しました。

3番手に並ぶリカルドには1秒以上のリードを築いています。

ウィリアムズによるとボッタスのマシンはピットレーンの排水口の蓋がぶつかり、その影響でダメージを負ったとのこと。目下、修復作業を急いでおり、願わくはセッション中に走行を再開させたいと全力を尽くしています。

ボッタス以外のドライバーは順調にプログラムを進めている様子。

マクラーレンはスーパーソフトタイヤの走行プランに取り組み、バトンが1分46秒710の4番手タイムを記録。アロンソは1秒遅れの12番手につけています。

相変わらず1-2態勢のメルセデスに最も接近しているのはレッドブルのリカルド。その次にバトンが控え、5番手にヒュルケンベルグ、トロ・ロッソのクビアトが6番手に並んでいます。

他にフォース・インディアのペレス、フェルスタッペン、サインツ、ハースF1のグロージャンがトップ10に名を連ねています。

フェラーリはベッテルが17番手、ライコネンが19番手の位置。2人ともスーパーソフトに履き替えてコースに出たところです。

どうやらボッタスは走行が難しい模様。まだガレージでは作業が続いていますが、ボッタス自身はその場を離れてしまいました。

セッションは半分の30分が終了。

ライコネンが「トラブルがあるみたい」と報告。クイックラップを走ろうとコースに入ったものの、またピットに引き上げます。

タイヤの熱入れに難を抱えていたフェラーリ。コンディションが改善したこの機会を生かして、マシンを仕上げていきたいところですが、ライコネンは足止めを食らってしまいました。

フェラーリはライコネンがパワー不足を訴えてピットに戻っていると説明。

ベッテルが1分45秒694を刻んで3番手に浮上しました。ロズベルグに0.259秒差と迫る好タイムです。

ウィリアムズのマッサが自己ベストを更新して4番手にポジションを上げています。トップとは1.075秒差です。

セッション後半に入り、ほとんどのドライバーがピットに戻って次の作業に備えています。

現在、コース上にいるのはベッテル、リカルド、ウェーレイン、パーマー、マグヌッセン、ナッサー、エリクソンです。

ルノーのパーマーがグリップ不足を訴えてピットに戻りました。

チームメイトのマグヌッセンはターン1でオーバーランし、エスケープゾーンに逃げ込んだ後、コースに復帰しました。

ウィリアムズはまだボッタスが走行しないとは明かしていませんが、今の様子を見ると走行は難しそうです。

ボッタスの相棒マッサは13周を走って4番手タイムを残し、マシンの感触が「かなり良くなった」とフィードバックしています。さらにパフォーマンスを引き出すため、微調整するようです。

フェルスタッペンが新しいスーパーソフトタイヤを履いてコースイン。リカルドも新しいセットで予選シミュレーションに臨むようです。

メルセデスもロズベルグに新しいタイヤセットを履かせてコースに送り出しました。各陣営の予選を想定したプログラムが始まっていきます。

フェルスタッペンが1分46秒フラットを刻んで5番手に浮上。トップと0.6秒差のタイムを残しました。

残り時間は15分を切っています。

ウィリアムズはボッタスの走行ができないと認めました。インストレーションラップ後にピットレーンを走行中、排水口のフタがボディワークにヒットし、ダメージを負った結果とあってフラストレーションがたまる時間を過ごしています。

フォース・インディアのヒュルケンベルグがセクター2のファステストを記録。全体では1分45秒822でまとめて5番手に飛び込みました。トップとは0.387秒差。

アウトラップからタイヤの熱入れも終えたロズベルグが好ペースで周回中。セクター1とセクター2は全体のベストタイムです。

セクター3はあまり伸びませんでしたが、1分44秒610をマークして最速タイムを塗り替えました。

しばらくガレージにとどまっていたハミルトンが新しいスーパーソフトタイヤを装着してコースイン。

ロズベルグには0.930秒遅れながらヒュルケンベルグが2番手に飛び込みました!

ライコネンもなんとかマシン調整が終わったようで予選シミュレーションをスタートさせています。

レッドブルのリカルドはすでにマシンを降りており、このセッションでの走行は終了した模様。何かトラブルでしょうか・・・。

リカルドとボッタスを除く20台がコース上。

フォース・インディアはヒュルケンベルグをここでピットに呼び入れます。

ライコネンは自己ベストを更新したものの、トップに2秒以上遅れてポジションは15番手。まだ苦戦は続いているようです・・・。

マクラーレンはバトンが8番手、アロンソが9番手に並んでいます。

セッション終了を前にピットに引き上げるドライバーが複数。フェルスタッペン、ベッテルがピットに向かいました。アロンソも同様。

お、ライコネンがまた少しペースを上げたようです。1分46秒フラットをマークして9番手に上がります。

ハミルトンがセクター1を全体のベストタイムで通過。最後にロズベルグの記録を上回ってくるでしょうか?

ハミルトンがコントロールラインを通過します。タイムは・・・1分44秒352! ロズベルグを0.258秒上回りました。

バトンはハミルトンに走行の邪魔をされたと不満気。

わお! セッション終了もまもなくというところでペレスがウオールにヒット!

チェッカーフラッグが振られていますが、同時に赤旗も振られています。

ペレスはマシンにかなりのダメージを負っており、予選までに修復が実現するかどうか・・・。フォース・インディアにとっては試練の時間となりそうです・・・。

ペレス自身にケガはないようで、すでにコックピットを離脱し、損傷したマシンの状態を心配そうに見つめています。

このセッションでは1分44秒352を刻んだハミルトンがトップ、ロズベルグが2番手、3番手にヒュルケンベルグがつけました。

これまでのフリー走行ではいつもと違ったオーダーが見られている今週末。はたして予選の結果やいかに・・・!

注目の予選はこの後、日本時間22時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!