ロシアGP 2016

/ Commentary

レース

20:30 2016年F1世界選手権第4戦ロシアGP決勝レースはこの後日本時間20時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

20:50 これより2016年F1世界選手権第4戦ロシアGP決勝レースの模様をお届けいたします。メルセデスが他車を寄せ付けぬ速さを示す今週末、土曜日の予選ではニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンによるポール争いが予想されていましたが、ハミルトン車に積まれたパワーユニットのMGU-Hトラブルが再発してしまい、Q3で走行できないアクシデントに見舞われました。

20:51 結果、ライバル陣営と一人で対決する格好になったロズベルグですが、最後のクイックラップでミスを犯したものの、0.706秒の大量リードを築いて堂々のポールシッターに輝いています。

20:52 2番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが入ったものの、ギアボックス交換に伴うグリッド降格処分がくだされており、スターティンググリッドは7番に後退。相棒のキミ・ライコネンは予選4番手、レースは3番手スタートとなります。

20:53 ロズベルグと並んでフロントローに着くのはウィリアムズのバルテリ・ボッタス。ライコネンを挟んでウィリアムズのフェリペ・マッサが2列目スタートを確保しました。

20:54 3列目はレッドブルのダニエル・リカルドとフォース・インディアのセルジオ・ペレスが並び、ベッテルの隣、8番グリッドには母国グランプリに挑むレッドブルのダニール・クビアトが入ります。

20:55 9番手にトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンが並び、トップ10最後の一枠からスタートするのがハミルトンです。

20:56 メルセデスはハミルトンのトラブル発生を受けて、エンジンの交換を決断。スペアとして持ち込んでいたメルボルン仕様のエンジンを載せ、ターボチャージャー、MGU-Hを新しいものと交換しています。中国でもトラブルが起きたMGU-Hはこれが今季3基目。また、トラブルを招く可能性を除外すべくコントロールエレクトロニクスとエネルギー貯蔵も載せ替えたとのことです。

ただ、メルセデスは今週末にアップグレードしたコンポーネントを投入しており、他のメルセデスエンジンを積むマシンと同等のスペックにするため、土曜夜に急きょチャーター機を手配し、燃料システムをイギリスの本拠地からロシアへと空輸しました。日曜日の早朝に到着したパーツはすぐにハミルトンのマシンに載せられ、無事に火が入り、レーススタートを迎えようとしています。

ドライバー1人につき、5基のパワーユニット搭載が認められている今年、ハミルトンはこのレギュレーションの範囲内でパーツを載せ替えているため、グリッドペナルティはありません。

20:57 また、ほんのわずかな差でQ3進出を逃したマクラーレンはジェンソン・バトンが12番手、フェルナンド・アロンソが14番手からのスタート。バトンは0.1秒に満たない差でトップ10入りできずに悔しがっていたものの、チームの進歩をレースで発揮したいと意気込んでいます。

20:58 ロズベルグの開幕4連勝なるか、はたまたフェラーリ勢の巻き返し、10番手スタートのハミルトンの猛追なるか? まずは混戦が予想されるスタートに注目です。

20:59 間もなくレースのスタート時刻を迎えます。青空が広がる日曜日のソチ・オートドローム。気温は17度、路面温度41度、湿度62%のコンディションです。

21:00 フォーメーションラップが始まりました。13番手スタートのフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグはユーズドのソフトタイヤをチョイス。16番手のハースF1を駆るエステバン・グティエレスと最後尾につけるザウバーのマーカス・エリクソンがソフトタイヤの新しいセットを履いています。

21:03 ロズベルグがポールポジションに着きました。いよいよレーススタートです・・・!

1周目

レッドシグナル消灯! レースが始まりました! ロズベルグはキレイに発進。ライコネンもうまく滑りだしたようです。

ライコネンがボッタスのインを突く! ライコネンが2番手に上がります!

中団から後方にかけてクラッシュが多発! フェラーリの1台が巻き込まれたようです!

ベッテルです! ベッテルがノーズからウオールにぶつかっています。

バーチャルセーフティカーが発令されました。

2周目

セーフティカーが出動。ピットが慌ただしくなってきました。

フォース・インディアのヒュルケンベルグもオープニングラップでマシンを止め、マノーのリオ・ハリアントも同様。

フォース・インディアのセルジオ・ペレスは右リアタイヤがバーストした状態でピットを目指していました。

ベッテルは外れたフロントウイングをコックピットに入れて清掃のお手伝い。かなり怒りをあらわにしており、無念のリタイアとなります・・・。

レッドブルのクビアトとリカルド、ザウバーのエリクソン、フォース・インディアのペレス、ハースF1のグティエレスがタイヤ交換を完了しました。

それ以外のドライバーはステイアウト。

3周目

レースは3周目に入り、トップはロズベルグがキープ、2番手にライコネンがつけ、ボッタスが3番手、マッサ、ハミルトンが5番手に浮上し、フェルスタッペン、アロンソ、グロージャン、マグヌッセン、パーマーが10番手です。

スタートのリプレイ映像を見ると、リカルドとクビアトのレッドブル勢の間に挟まれていたベッテルはターン2への飛び込みでレッドブルの1台、クビアトと思われますが、リアに突っ込まれ、右リアタイヤがパンクしてしまい、スピンを喫してクラッシュしたようです。

セーフティカーはこの周回で解除されるとのこと。

レース再開です!

4周目

ボッタスがライコネンからポジションを奪い返す! ハミルトンもマッサをかわす! リスタートでポジションの変動が多く見られています!

5周目

ボッタスに抜かれたとはいえ、好ペースのライコネンは再度追い抜こうとロックオン! ストレートではややウィリアムズ優勢でしょうか。ライコネンの真後ろにはハミルトンが接近しています。

必死に逃げるボッタス。すでに1台を失っているフェラーリのガレージはクリーンなバトルを願っていることでしょう。

6周目

4番手のハミルトンから少し遅れ始めたのがマッサ。2.5秒ほど離されています。

16番手まで下がっていたクビアトがザウバーのエリクソンをとらえました。レッドブルはリカルドも18番手と後退しており、厳しいレースとなっていますが、リカルドもまもなくペレス、そして前のエリクソンを追い抜きそうです。

7周目

ハミルトンからプレッシャーを受けるライコネン、必死にボッタスをかわそうとしますが・・・ハミルトンがライコネンに並ぶ! ハミルトンが前に出ました!

すでに先頭のロズベルグは4秒以上のリードを築いています。

8周目

ハミルトンは次のターゲットに定めたボッタスを追い回しています。ライコネンもその2台の後ろでチャンスを待ちます。

再度、リプレイ映像を見ると、クビアトはターン2でベッテルに突っ込んだ後、さらにもう一度、フェラーリマシンのリアにぶつかっており、中国での一件とは違い、今回ばかりはさすがにクビアトの責任が問われそうです・・・。

9周目

ベッテルとの接触を引き起こしたとして、クビアトに10秒のストップアンドゴーペナルティが発令されました。さらに、グティエレスもオープニングラップでヒュルケンベルグと接触しており、その責任を問われてドライブスルーペナルティを受けています。

10周目

トップを走るロズベルグはリードを5.9秒に拡大。ボッタスはまだハミルトンを抑え続けています。ロズベルグにとってはボッタスが良いアシストになっているとも言えますが、本来のペースを出せないハミルトンはフラストレーションを抱えているはず。

11周目

ハミルトンがなかなかボッタスを抜けません。DRSを使って近づきはしますが、トラクションにやや苦戦しているのか、うまく並べず。ライコネンはハミルトンの1秒ほど後ろで状況を見守っています。

12周目

ライコネンと5番手を走るマッサは3秒のギャップ。さらにその後ろは5秒以上離されています。

サインツがピットストップを完了。新しいソフトタイヤを履いてコースに戻りました。

13周目

ターン2に向かって再度攻撃を仕掛けようとしたハミルトン。が、ここでもうまくいかず、ボッタスがポジションを死守しています。

ウィリアムズ、メルセデス、フェラーリのピットウオールはこの状況をどう判断するでしょうか。

14周目

ライコネンがハミルトンとの間隔を詰めてきました! 1秒ほどあったギャップは0.5秒に縮まっています。ライコネンはタイヤ交換が近いのか、ハミルトンにプレッシャーをかけ始めています。

ボッタスを攻め続けていたハミルトンのタイヤはグレイニングが出ており、少しペースが落ちてきています。

15周目

ロズベルグがファステストを刻んで15周目に入りました。2番手以降とのギャップは10秒以上。

ボッタス、ハミルトン、ライコネンはそれぞれコンマ数秒差の大接近戦に。

16周目

上位勢にまだ動きはありません。

ロズベルグは1分41秒台のペースで1周あたり2秒のリードを増やしていき、ボッタスに引っかかるハミルトンとライコネンはがまんのレースが続きます。

17周目

お、ウィリアムズが動きます! ハミルトンとライコネンを抑え続けて最初のタイヤ交換へ。

スーパーソフトタイヤからソフトタイヤに交換してピットアウト。メインストレートではアロンソが通過していき、ボッタスはグロージャンの前、7番手の位置でコースに戻りました。

前が開けたハミルトンとライコネンはペースを上げていきたいところですが、ハミルトンもタイヤが厳しい状態のようでライコネンが迫っています。

18周目

ハミルトンがピットイン。ソフトタイヤに交換してコースに向かいます。ボッタスとの位置関係は・・・。

ピットレーンから出てきたハミルトンとボッタスはサイド・バイ・サイド!

ただ、先にタイヤを温めているボッタスが有利、ハミルトンの前をキープします!

そして、「ここが重要なところだぞ」とのメッセージを受け取ったのはライコネン。

19周目

ライコネンのペースは1分42秒台と悪くなく、まだピットには入りません。

ウィリアムズのマッサがタイヤ交換に向かいました。

またもボッタスに引っかかってしまったハミルトン。すぐ前をアロンソが走っています。

お! ハミルトンが動く! DRSを使ってウィリアムズマシンに並ぶと・・・コーナーでオーバーテイク! ハミルトンがボッタスをかわしました!

20周目

ロズベルグはまだステイアウト。フェラーリはどうするでしょうか。フェラーリもライコネンをコースにとどめます!

そしてボッタスをかわしたハミルトンが勢いそのままにアロンソもオーバーテイク!

トップ3につけるロズベルグ、ライコネン、フェルスタッペンに加えて5番手のアロンソと8番手のバトンはまだスタートと同じタイヤを履いています。

21周目

ライコネンがピットイン! ハミルトンとボッタスとの位置関係に注目!

フェラーリクルーは全力でタイヤ交換を完了しました。ソフトタイヤに履き替えたライコネンがピットを出てきます。ライコネンはボッタスの前! ハミルトンには先に行かれてしまいましたが、ボッタスの前でコースに戻りました。

マクラーレンはまずバトンをピットに呼びます。

22周目

メルセデスのクルーがロズベルグを迎えます。きっちりと作業を終えてロズベルグがピットレーンを出ます。前も後ろも開けた状態でロズベルグがコースに戻りました。

大量リードを築いていたロズベルグはトップを維持したままレースを続けます。

23周目

トロ・ロッソがフェルスタッペンをピットに呼びました。

先頭のロズベルグと2番手のハミルトンは12.795秒差。ハミルトンの3秒後ろにライコネンが控え、4番手のボッタスは前から2.8秒差のところを走っています。

全車が少なくとも1度のタイヤ交換を完了しました。

24周目

ロズベルグとハミルトンがまったく同じラップタイムを刻んでいます。23周目はどちらも1分41秒540をマークしました。ライコネンのペースもメルセデスと同等。

ボッタスは0.5秒ほど遅く、1分42秒台で周回しています。

25周目

ハミルトンがさらにペースを上げてきました。1分40秒922のファステストを刻んでいます。

アロンソがザウバーのエリクソンをオーバーテイクして8番手に上がりました。

26周目

ロズベルグを追いかけたいハミルトンですが、少しペースを緩めてタイヤをいたわります。ギャップは12.8秒。ライコネンはメルセデス勢より0.4秒ほど遅いラップタイムです。

27周目

サインツに10秒のタイムペナルティが科せられました。他車をコース外に押し出したことが理由です。

数周前にはルノーのパーマーとバトルしていたサインツ。ターン2でインサイドに飛び込みましたが、パーマーも必死に防御し、サイド・バイ・サイドでコーナーを抜けたところ、パーマーがワイドに膨らんだようです。

28周目

ナッサー、クビアト、ウェーレインの3台が激しくポジションを争っています! 一度はウェーレインがナッサーを追い詰めましたが、ナッサーにポジションを奪い返され、そこに加わったクビアトのプレッシャーを受けたウェーレインはブレーキングをミスしてクビアトに抜かれてしまいました。

29周目

ロズベルグとハミルトンのペースがまた少し上がったようです。ハミルトンは僚友よりも0.3秒ほど速いペースですが、まだギャップは12秒以上あります。

30周目

ポイント圏内を争うバトルではマグヌッセン、グロージャン、リカルド、サインツの四つ巴!

ザウバーのナッサーに5秒のタイムペナルティが科せられました。ターン2でレースディレクターの指示に反した走行をしたことが理由です。

サインツの後方ではペレス、バトン、パーマーが大バトル。レッドブルはリカルドをピットに呼び入れてタイヤ交換を済ませました。

31周目

接近戦が続くのは8番手のマグヌッセンからグロージャン、サインツ、ペレス、バトン、パーマーです。

32周目

ターン2でペレスがサインツのインを突く! サイド・バイ・サイドでターン3に向かい・・・サインツが必死にペースを上げますが、ペレスが前! サインツもあきらめずにペレスのリアから離れません!

後方ではクビアト、リカルド、ナッサーがコンマ数秒差の接近戦を繰り広げており、そこにラップリーダーのロズベルグが近づいています。すでにグティエレスとウェーレインを周回遅れにしたロズベルグはまずナッサーをかわしていきます。

33周目

バックマーカーの間に入ったロズベルグと2番手のハミルトンのギャップが8.5秒に縮まっています。

ロズベルグの登場に伴い、いったんバトルに小休止が訪れたリカルド、クビアト、ナッサーの3名。

34周目

ん? トロ・ロッソの1台がスローダウンしています!

フェルスタッペンです。フェルスタッペンがエンジントラブルを抱えた模様! コース脇にマシンを止めました。ポイント圏内にいただけに悔しさをにじませます。

35周目

トロ・ロッソマシンがコース外に出され、イエローフラッグは解除されました。

36周目

ロズベルグとハミルトンのギャップは7.6秒に。ライコネンはハミルトンの11秒ほど後ろで周回しており、4番手のボッタスには8秒以上のリードを築いています。

中団グループは今も混戦状態にあり、フェルスタッペンのリタイアで7番手に上がったマグヌッセンにグロージャン、ペレス、サインツ、バトンがプレッシャーをかけています。

37周目

またもファステストを刻んだハミルトンですが、ピットウオールからウオータープレッシャーにトラブルがあるとの無線連絡。これがレースに大きな影響を与えるだけの問題かどうかはまだ分かっていません。

38周目

一方、ロズベルグのペースは1分39秒台に入ってきました。リードを少し広げて9.5秒。

39周目

ハミルトンのペースが落ちてきました。ロズベルグが1分39秒後半を刻んでいるのに対し、ハミルトンは1分41秒前半。

3番手のライコネンは14秒ほど後方で1分42秒前半のペースを維持していますが、ハミルトンの状況を見て攻撃に出てくるでしょうか。

40周目

11番手につけるバトンはあとひとつポジションが上がればポイント圏内に入れます。前にいるサインツの1秒差以内のところにピタリとつけ、チャンスを待ちます。

41周目

ライコネンがペースアップしてきました! ハミルトンよりも0.5秒速いラップタイムを刻んでいます。

ハミルトンの元には状況変わりなしとの連絡。まだ水圧が下がったままのようです。

42周目

すでにリカルドを周回遅れにしたロズベルグがパーマーの背中をとらえます。

43周目

ロズベルグが周回遅れの対応をする間、ハミルトンとの差を詰めてきているのがライコネン。0.5秒から0.8秒速いペースで現在は11秒後方を走っています。

44周目

残り周回数は10周となりました。今もペースを上げ続けるライコネンがハミルトンにどこまで近づけるのか、最後まで目が離せません!

メルセデス、フェラーリ、ウィリアムズに次ぐ6番手の位置を走るのはマクラーレンのアロンソ。5番手のマッサには42秒以上の差をつけられていますが、7番手のマグヌッセンに対して8秒を稼いでいます。

45周目

そのマグヌッセンは後方からのプレッシャーに耐え続け、今もポジションを守っています。なかなか抜けないグロージャン、ペレス、サインツ、バトンをロズベルグが周回遅れにしていきます。

46周目

必死にハミルトンとの距離を詰めるライコネンもバックマーカー対応を強いられ、思うようにペースを出せません。

47周目

ウィリアムズがマッサをピットに呼びました。後方のアロンソに対するリードは大量にあるため、ここでタイヤを交換してチェッカーを目指すことにしたようです。

48周目

11番手のバトンはなんとかしてサインツを追い抜き10番手に上がりたいものの、抜きどころがなく、ずっとトロ・ロッソマシンのリアばかり見ています。

49周目

そのサインツが9番手のペレスに少し遅れ始めました。しばらく1秒差以内につけていましたが、タイヤが限界に達したのか、3秒ほどのギャップに広がっています。

50周目

サインツがタイヤをロックアップしたのをチャンスと見たバトンがオーバーテイクを成功させました。サインツはこの後、ペナルティを受けるため、バトンがこのままの位置をキープできていればポイント獲得は確実でしたが、コース上で追い抜いてポイント圏内を確保しています。

51周目

ロズベルグのリードは15秒に広がり、ハミルトンはトラブルと闘いながらも2番手をキープ、ライコネンはハミルトンより速いラップタイムですが、その差はまだ8秒あります。

10番手に上がったバトンがペースを上げてさらに前を狙っています。

52周目

9番手のペレスはグロージャンの0.3秒後ろで追い抜きのチャンスを狙い続けていますが、ここもしばらくポジションに変化はありません。

53周目

ロズベルグがファイナルラップに入りました。52周目には1分39秒094のファステストを刻んだロズベルグ。

ハミルトンもどうやら最後まで走りきれそうです。

大量リードを築きながらも最後までプッシュすることを忘れないロズベルグが最終コーナーを立ち上がってきます!

そしてトップチェッカー! ロズベルグが開幕から4連勝、昨年の後半戦から数えると7連勝を達成!

今週末もトラブルに見舞われたハミルトンですが、逆境をはねのけて2位でゴールしました。ライコネンが3位でチェッカーを受けています。

ロズベルグと同一周回でフィニッシュしたのは4位のボッタスと5位のマッサ。6位以下は周回遅れとなりましたが、アロンソが今季初ポイントを獲得し、マグヌッセン、グロージャン、ペレス、そしてバトンが最後の1ポイントを手に入れています。

メルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフによると、ハミルトンのマシンは水漏れがあったとのこと。それでもハミルトンはマシンをいたわりながら2位表彰台を手に入れました。

2016年シーズン序盤のフライアウェイ戦はこれにて終了。次はヨーロッパラウンド開幕戦となるスペインが舞台です。バルセロナのカタロニア・サーキットで行われるシーズン第5戦スペインGPは13日(金)に開幕し、初回セッションは日本時間17時にスタート予定です。それではまた次回スペインGPでお会いしましょう!