ロシアGP 2014

/ Commentary

フリー走行3

2014年F1世界選手権第16戦ロシアGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間17時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2014年F1世界選手権第16戦ロシアGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。初日に実施された2回のフリー走行はいずれもメルセデスマシンがトップに立ち、初回セッションはニコ・ロズベルグ、後半はルイス・ハミルトンが最速タイムをマークしました。

メルセデスに次ぐ速さを見せているのがマクラーレン。ケビン・マグヌッセンはフリー走行2回目に2番手につけ、前半のセッションで3番手だったジェンソン・バトンは後半も6番手に食い込んでいます。

ただウィリアムズ勢も調子は悪くなく、バルテリ・ボッタスが5番手、フェリペ・マッサが7番手で初日を締めくくりました。

午後のフリー走行から参加したケータハムの小林可夢偉は1分44秒952がベストタイム、出走したドライバーの中で最下位となりました。

本日も快晴に恵まれたソチ・オートドローム。現在の気温は21度、路面温度17度、湿度58%のコンディションです。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。まずはマルシャのマックス・チルトンとロータスのパストール・マルドナドがコースイン。

フェラーリのキミ・ライコネンが加わり、ロータスのロマン・グロージャン、ケータハムのマーカス・エリクソンらも始動します。

レッドブルのセバスチャン・ベッテルがガレージを離れました。

インストレーションラップを走ったドライバーたちはピットに戻ってくるようです。

ロータスのマルドナドは2周目に入っていますが、ほとんどのドライバーはピットに帰還。

ザウバーのエイドリアン・スーティル、トロ・ロッソのダニール・クビアトもコントロールラインを通過して2周目に。

フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグがコースへ向かいます。ヒュルケンベルグは今回のロシアGPで新しいギアボックスを搭載し、決勝レースは5グリッド降格処分を受けることが決まっています。

スーティルが1分43秒432をマークし、クビアトは1分42秒台に入れてきました。

ザウバーのエステバン・グティエレスが無線でスロットルに問題があるようだと報告。

リプレイ映像によると、ベッテルはいったんピットレーンに向かいかけましたが、チームからステイアウトを言い渡され、白線を横切るようにしてコースに戻りました。

暫定トップに立っているのはトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌ。1分42秒600をマークしています。

ハミルトンが1分42秒030を刻んでトップに躍り出ます。相棒のロズベルグはアウトラップを終えてタイム計測をスタートさせたところ。

ロズベルグは1分41秒859を記録。ベッテルが1分41秒999を刻んで2番手に入っています。

ベッテルは次のラップでさらにペースを上げ、1分41秒554でまとめて最速タイムを塗り替えました。

さらにハミルトンが1分40秒台に入れてトップに返り咲き。トロ・ロッソのクビアトが自己ベストを刻んで2番手に飛び込みました。

コースレイアウトを気に入るドライバーが多く、また路面コンディションは週末を通してさらに改善されていくだろうとの予想も多く聞かれています。

ロズベルグが2番手に浮上しました。ハミルトンとは0.4秒ほどのタイム差。

初日に好調だったマクラーレンは目下、ケビン・マグヌッセンが6番手、ジェンソン・バトンはひとまず11番手につけて仕切り直しのラップを走っているところです。

バトンはマグヌッセンを上回るタイムを残し、6番手につけました。

ハミルトンがピットに戻る中、ロズベルグも1分40秒台に入れています。ハミルトンとのギャップは0.1秒に短縮。3番手に入ったクビアトも1分40秒台に乗せました。

おっと・・・マグヌッセンがストップしてしまいました。

赤旗が振られます。コース上にマクラーレンマシンが停車したため、赤旗中断となりました。

リプレイ映像を見ると、マグヌッセンはターン3に向かう中でトラブルに見舞われた模様。マシンを止めてコックピットを離れたマグヌッセンはリアの部分を確認しています。

赤旗が振られたことを受けて全車がピットに帰還。

コース上ではマーシャルがマシンの撤去作業を急いでいます。

まだタイムを残していないドライバーも多く、レッドブルのダニエル・リカルドに至ってはインストレーションラップすら走っていません。

レースコントロールより、セッションは日本時間17時23分に再開するとの通達です。

マクラーレンマシンはコース外に出され、ピットレーン出口には再開を待つドライバーたちが列を成しています。

セッションが再開されました。ウィリアムズのボッタスを先頭にマシンがコースに入っていきます。レッドブルのリカルドもようやく始動。

ノータイムの面々を中心に、すでに走行プログラムをスタートさせた陣営が大半です。

ロータスのマルドナドは2周を走ってピットに戻り、そのまましばらく出てきていません。

ロータスによれば、マルドナドのマシンはバッテリー交換が必要になったため、その作業を行っているようです。

マルドナドを除く20名のタイムが出揃いました。

トップに立っているのは1分40秒725をマークしているハミルトン。ロズベルグが0.1秒差で2番手に続き、3番手のクビアトもトップから0.2秒差のペースを発揮しています。

ケータハムの可夢偉は6周を走ってベストタイムが1分47秒053。

セッションは残り時間30分を切っています。

スリッピーな路面に手こずるドライバーが多く、アンダーステアに苦しむマシンもかなりいるようです。

ウィリアムズのボッタスが1分40秒655をマークしてトップに立ちました。

タイヤは今のところ全車、ミディアムコンパウンドを使用しています。

マルドナドはまだガレージから出て来られず、ノータイムのまま。

初日はバトンやマルドナドが速度違反を犯していましたが、本日、ピットレーンの速度制限は時速80kmから時速60kmに引き下げられています。

ロータスのグロージャンはアンダーステアに苦悩している様子。いったんピットに戻ってマシンを調整します。

タイムシート最上位はロズベルグに変わり、最速タイムは1分40秒178となっています。

フォース・インディアのヒュルケンベルグが自己ベストを更新して8番手にポジションアップ。

ロータスのガレージに止められたマルドナド車はバッテリーの交換が行われていますが、マシンに取り付けられたランプは赤色が灯され、危険な状態を知らせています。メカニックたちはややマシンと距離を取り、慎重に様子を見守っているようです。

バトンの無線ではマグヌッセンのトラブルがバトン車に影響することはないとの情報がもたらされています。

残り時間は15分。コースに出ているのはライコネンとバトンのみです。

ロズベルグとグロージャンが合流。ソフトタイヤを履いて出てきました。

先にコースに出ていたバトンとライコネンもオプションタイヤのプログラムに切り替えています。

ライコネンは1分41秒025を刻んで6番手に。

タイヤの耐久性が高いという意見が多く、それにともなってタイヤを作動域に到達させるのが難しいともドライバーたちは話していました。

バトンは4番手タイムを記録。初日はプライムタイヤの方が調子良く、オプションはもう少し作業が必要だと語っていました。

ハミルトンがソフトタイヤでのタイム計測を完了。タイムは1分38秒726をたたき出しました!

セッション終了まであと10分。

マルドナドはまだ出動の準備が整わず、ロータスはグロージャンのマシンのみでの作業が続いています。

ボッタスは1分39秒650をマーク。ハミルトンに次いで2番手に飛び込み、もう一台のウィリアムズを駆るマッサが3番手に入っています。

ロズベルグはボッタスとマッサの間に飛び込んでいます。今のところハミルトンが唯一の1分38秒台。

おっとっと! ハミルトンがスピン! ターン17でかなり激しくタイヤをロックアップさせてしまいました。

ウオール等との接触は免れ、体勢を立て直して走行を再開したハミルトンはそのままピットレーンへ向かいます。

ロズベルグはハミルトンに1秒以上遅れて3番手につけ、その後もベストタイムを更新できずにいます。

マルシャのチルトンはコックピットを離れ、ピットウオールでモニターを見ており、トラブルで走行ができない状態のようです。今週末は1台だけのエントリーにとどめたマルシャ。さまざまな意味で難しい週末が続きます。

リカルドが1分39秒755でまとめて4番手に上がります。メルセデス勢が占めていたトップ4にレッドブルマシンが食い込みました。

全セクターで自己ベストを刻んだロズベルグが1分39秒016にペースアップ。2番手に浮上しました。それでも、ハミルトンとは0.3秒のギャップがあります。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションでトップに立ったのは1分38秒726を刻んだハミルトン。終盤にスピンを喫して予定より早めに走行を切り上げましたが、唯一1分39秒を破ったドライバーです。

2番手にはチームメイトのロズベルグが入り、ウィリアムズのボッタスが3番手でした。

予選はこの後日本時間20時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!