All | 2010 | 2009 | 2007 | 2006 | 1994 | 1992 | 1989 | 1983 | 1980 | 1967

 何か根本的な変更があったのだと直感した。彼は自分自身に幻滅し、引退を考えているのだと思う。    ミハエル・シューマッハのファンを動揺させるようなコメントを発したエディ・ジョーダン(2010年9月17日) 2010年9月17日

 韓国にはF1水準のサーキットを建設した実績がありません。従うべきガイドラインがあればわれわれの作業がずっと楽になったでしょうし、もっと早く完成させることができたでしょう。    韓国インターナショナル・サーキット建設における苦労を語るジェイソン・チョウ氏(2010年9月15日) 2010年9月15日

 それでも、あれがルイス・ハミルトンだ。彼はとても素晴らしい人間であり優れたレーシングドライバーである。    イタリアGPでフェリペ・マッサを巻き添えにしてクラッシュしたルイス・ハミルトンのアグレッシブな走りを擁護するマーティン・ウィットマーシュ(2010年9月13日) 2010年9月13日

 有罪だと判断するためには罪を証明する必要がある。   フェラーリには処分を与えるべき証拠がなかったと主張するジャン・トッド(2010年9月9日) 2010年9月9日

 僕は10年レースをしてきて道を譲れと言われたことはないし、チームメイトにそうさせたこともない。    チームオーダーに意見するジェンソン・バトン(2010年9月11日) 2010年9月2日

 フェラーリの1-2だったのは間違いないと感じている。その順番がどうあるべきだったかについては何とも言えない。    チームオーダー疑惑でフェラーリがポイントをはく奪されることはないと述べたジャン・トッドFIA会長(2010年9月2日) 2010年9月2日

 本当のことを言うと、初めて出て行った時はちょっと怖かったんだ。   F1最年少テストドライバーの記録を作った16歳のマレーシア人ドライバー、ナビル・ジェフリ(2010年9月2日) 2010年9月2日

 ああいったミスは通常、ジュニアフォーミュラでしか見ない。    ジェソン・バトンに仕掛けて接触したセバスチャン・ベッテルを非難するマーティン・ウィットマーシュ(2010年8月30日) 2010年8月30日

 僕の生まれたところでは"くだらないことをしなければ獲物は捕まえられる"という意味のことわざがあるんだ。基本的には"タラレバ"の話さ。    母国ドイツのことわざを引き合いに出してとり逃したポイントについて語るセバスチャン・ベッテル(2010年8月26日) 2010年8月26日

 うまくいけば最高。ダメだったらすべてが水泡に帰す。   間近に迫った13番目のチームについてのFIAの決定を待つジャック・ビルヌーブ(2010年8月25日) 2010年8月25日

 今回、懐かしのニキは自分の口を閉ざす最高のチャンスを逃した。   元フェラーリドライバーであるニキ・ラウダからの批判に反撃するフェラーリ(2010年8月21日) 2010年8月21日

 前進より後退の方が圧倒的に多い。ポイントを取ろうとして奇策に出ているが、どれも失敗に終わった。   ゲルハルト・ベルガーによる苦戦するミハエル・シューマッハ評(2010年8月19日) 2010年8月19日

 昨年は彼を笑い飛ばしていた。彼がここまでのポテンシャルを持っているとはまったく信じていなかったのだ。   エイドリアン・スーティルを再評価するゲルハルト・ベルガー(2010年8月18日) 2010年8月18日

 来年は本当の意味での戦いができるように、僕らは正しい方向に進んでいると確信している。   ポジティブな見方を示すミハエル・シューマッハ(2010年8月17日) 2010年8月17日

 確かにアメリカと同様、ダニカは広告面では大きな役割を果たすだろう。でもF1は目指すものが違うし、肉体的にも精神的にももっと厳しいチャレンジだ。   ダニカ・パトリックのF1での成功は厳しいと考えるビタントニオ・リウッツィの見解(2010年8月13日) 2010年8月13日

 彼の数々の功績についてはとても尊敬してるけど、別に友達になろうなんて思っちゃいない。   ハンガリーGPでミハエル・シューマッハによってウオールへと押しやられたことを完全に許してはいない様子のルーベンス・バリチェロ(2010年8月11日) 2010年8月11日

 マイケルが無情のロボットみたく言われるのは絶対におかしいと思う。   ルーベンス・バリチェロとのバトルで非難される兄ミハエル・シューマッハを擁護するラルフ・シューマッハ(2010年8月10日) 2010年8月10日

 ルーベンスは状況にとてもうまく対処したと思う。彼は他の誰よりもミハエルのドライビングスタイルや倫理を理解しているのではないだろうか。   ミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロの一件について自説を披露するスターリング・モス卿(2010年8月3日) 2010年8月3日

 もし彼が天国に行きたいのなら、というか彼が天国に行けるかどうか知らないけど。ともかく、彼が僕より先に行く分にはいいんだ。でも僕が彼より先に行くなんてまっぴらだね。   ハンガリーでのあわや接触という一幕の後、ミハエル・シューマッハより先に、もしくは一緒に死ぬ気はないと語るルーベンス・バリチェロ(2010年8月2日) 2010年8月2日

 僕のマシンから外れたタイヤがビッグ・ナイジに当たったと聞いた時は、彼よりもタイヤのほうを心配したよ!   古巣のウィリアムズのメカニック、愛称ビック・ナイジのタフさを冗談めかして語るニコ・ロズベルグ(2010年8月1日) 2010年8月1日

このページのトップへ上へ