レラ・ロンバルディ  イタリア

  • 氏名 マリア・グラツィア・ロンバルディ
  • 生年月日 1941年3月26日
  • 出身地 イタリア アレッサンドリア・フルガローロ
  • 没年月日 1992年3月3日 (50歳343日)
  • 死亡場所 イタリア・ミラノ
  • チーム Brabham, March, ウィリアムズ
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1974 Brabham 1 0 0 0 0 - 0 0 - 0 0 0 -
1975 March, Williams 12 10 0 0 5 6 0 0 21 0 0 0.5 21
1976 March, Brabham 4 2 0 0 2 12 0 0 22 0 0 0 -
Total 17 12 0 0 7 6 0 0 21 0 0 0.5
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 イギリスGP ブランズハッチ 1974年7月20日 レース結果
ラストレース オーストリアGP シュピールベルク 1976年8月15日 レース結果
プロフィール

レラ・ロンバルディはF1で初めてポイントを獲得した女性として永遠にその名を歴史に刻んだ――ただし1975年スペインGPは早い段階で打ち切られたため、正確にはハーフポイントである。彼女は全17戦に出走しており――これもまた女性最多記録にあたる。

自動車を所有してさえいない一家に生まれたロンバルディ。レースに興味を持ったきっかけがまた変わっていて、スポーツ中の事故で病院に急行する際、スピードに魅了されたというものだった。やがてレーシングドライバーの雑用係として働き始めるとその関心はさらに高まった。コ・ドライバーに昇格し、さらにパートナーを説得してドライバーの座を交代してもらうと、初レースで優勝してしまった。

しばらくツーリングカーで戦った後シングルシーターに転向。1974年ブリティッシュ・フォーミュラ5000に参戦中、古いブラバムでイギリスGP予選に挑んだが、通過はならず。

1975年、ヴィットリオ・ザノン伯爵にF1でエントリーするための資金援助を求め、南アフリカで予選通過を果たした。これで自身のスポンサーを獲得し、スペインのハーフポイントでさらに話題を呼んだが、公平を期すために言うとレースは26周で中止されており、彼女はリーダーから2周遅れだった。だが活躍はこの一度きりではなく、同じシーズンのドイツGPで7位に入っている。

1976年はわずか1戦でロニー・ピーターソンと交代させられ、しばらくRAMチームで古いブラバムに乗っていたが、やがてF1から姿を消した。しかし彼女はその後もスポーツカーで走り続け、1992年にガンのため死去した。

このページのトップへ上へ

最新画像

1975年4月27日

6位入賞を遂げたレラ・ロンバルディー

1975年4月27日

ポイントを獲得したレラ・ロンバルディ

1975年3月1日

レラ・ロンバルディ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ