ジェームス・ハント  イギリス

  • 氏名 ジェームス・サイモン・ウォリス・ハント
  • 生年月日 1947年8月29日
  • 出身地 イギリス・サリー州ベルモント
  • 没年月日 1993年6月15日 (45歳290日)
  • 死亡場所 イギリス・ウィンブルドン
  • チーム Hesketh, March, Wolf, マクラーレン
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1973 March 8 7 0 2 6 2 0 0 4 2 0 14 8
1974 March, Hesketh 15 15 0 3 6 3 0 1 2 0 0 15 8
1975 Hesketh 14 14 1 4 8 1 0 1 2 1 0 33 4
1976 McLaren 16 16 6 8 10 1 8 11 1 2 1 69 1
1977 McLaren 17 17 3 5 9 1 6 10 1 3 1 40 5
1978 McLaren 16 16 0 1 6 3 0 1 2 0 0 8 13
1979 Wolf 7 7 0 0 1 8 0 0 8 0 0 0 -
Total 93 92 10 23 46 1 14 24 1 8 2 179
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 モナコGP モナコ 1973年6月3日 レース結果
ラストレース モナコGP モナコ 1979年5月27日 レース結果
プロフィール

マシンに乗って走るコース上に匹敵する速さで人生を駆け抜けたエキセントリックなイギリス人ドライバーと言えば、常人の予想をはるかに上回る生涯を送ったジェームス・ハントの名が挙げられるに違いない。反抗的で過剰なほどに活発だった少年時代を過ごしたハントは大人になってなお、その傾向を強め自身の感情を包み隠さず表に出す人物だった。魅力的な刺激、美女、酒、世界タイトル、自らが欲するものをすべて手に入れたのがハントだ。

裕福な家に生まれ、テニスなどの球技の腕を磨き、魅力あるルックスで女性相手にも数々の成功を収めたハントには無敵の空気が漂っていた。18歳で初めてレースを見たときにワールドチャンピオンになるという野望を胸に抱いたのも、そんなハントだったからこそ。両親がそれほど熱意を示さなかったことからハントは自分の手で野望を成し遂げなければならず、まずはわずかな予算でミニを用意した。フォーミュラ・フォードに進むと"ハント・ザ・シャント(壊し屋ハント)"の二つ名を頂戴するほどクラッシュを連発、事故で負ったマシンのダメージを修理するのにほとんどの資金を費やしている。その最たるものが湖に突っ込んだフォーミュラ・フォードのクラッシュだ。マシンにきちんとしたシートベルトが備わっていれば溺れていただろうが、ハントにはそうするだけの金銭的な余裕がなかった。

F3に昇格すると、速さが増したことによりクラッシュも大きくなる。ハント自身、この状況に決して満足しておらず、キャリアを通してレース前にハントが抱えていた恐怖心は有名な話。ハントは緊張のあまりマシンに乗り込む前に嘔吐することもしばしばあった。レースで勝利を収める一方、あるときはクリスタル・パレスでデイブ・モーガンと接触し、マシンを降りたハントがコースを横切ってモーガンを突き飛ばすなど、反抗的な子どもという評価が先に立ち、F1での将来は期待が薄かった。

しかし、嬉々として独自のレースチームを立ち上げていたアレキサンダー・ヘスケス卿(ロード・ヘスケス)がF2マシンの1台をハントの手に任せればよりエキサイティングだろうと考えたことでハントをめぐる状況に変化が訪れる。ヘスケス卿を"ザ・グッド・ロード(神)"と呼んだハントのレース哲学は、女性やシャンパンに向けられるものと同じくらいの強さで勝利とチャンピオンシップに向けられていた。下部カテゴリーで今ひとつ成功を収められなかったヘスケス卿は、コストが似たようなものならばF1に個人の資産をつぎ込んだ方がいいと考える。1973年、ヘスケス卿のチームはハントをドライバーに据えてF1に参入するも、当時はF1のきらびやかな面にしか興味のないお遊びチームだと見なされていた。

だが、チームはデビューイヤーに2回の表彰台を記録してそのポテンシャルを示す。最終戦アメリカGPではハントが2位に入っている。2年目の表彰台フィニッシュは3回で、さらに強さを増した1975年にはオランダGPでハントがニキ・ラウダを抑えての優勝を飾った。それ以外にも3戦で2位フィニッシュを果たしたハントは選手権を4位で終えたものの、資金が尽きたヘスケス卿の道楽に終わりのときが訪れ、チームはこの年をもってF1を撤退している。

ただ、ハントにとっては幸運なことに、このとき重大な決断を下した人物がもう一人いた。ランキング2位のエマーソン・フィッティパルディがマクラーレンを離れて兄のチームであるコパスカー・フィッティパルディへの加入を決めたのだ。市場に出ていた中で最も経験豊富なドライバーだったハントはマクラーレンと契約を交わし、上位の常連となる。とはいえ、トップチェッカーを受けたイギリスGPで失格になった際にはフェラーリのラウダから35ポイント遅れだった。続くニュルブルクリンクでのレースではラウダが生命にかかわる大クラッシュを喫し、ハントが勝利。ラウダがイタリアGPで奇跡的な復活を遂げるまでに2人の差は14ポイントに縮まり、カナダGPとアメリカGPで連勝を決めたハントは最終決戦のF1世界選手権イン・ジャパンを前についにラウダまで3ポイント差の位置に迫る。

かなりの悪天候に見舞われてラウダが自主的にレースをリタイアしたため、ハントのタイトル取りは3位以上が条件となった。余裕をもってレースをリードしていたハントだが、路面が乾き始めると共にタイムは落ちていき、パンクチャーを喫してピットインした後に5位でコースに復帰する。そこから猛チャージをかけたハントはアラン・ジョーンズとクレイ・レガッツォーニをパスして1ポイント差でタイトルを手にしたものの、チャンピオンシップの目が消えたと思い込んでいたせいで当初のリアクションは怒りに満ち溢れたものだった。

自らの目標を達成してしまうとレースへの熱望は次第に衰えていき、ハント自身もその後は取り立てて楽しんでいなかったことを認めている。1977年にはマクラーレンで3勝するも1978年は未勝利に終わり、翌年にはウルフへ移籍。しかしながら、モナコGPでのリタイアをきっかけにシーズン半ばでの引退を決意した。

波瀾万丈の私生活を送っていたハントはレースから離れた人生は困難だと悟り、1990年にコメンテーターとしてF1の世界にカムバックしてマレー・ウオーカーとコンビを組む。最初のうちは真剣に仕事に打ち込んでいるとは言えず、初回放送の間にワインを2本空けていたほどだが、すぐに真摯な態度へと改めたハントは洞察力のあるジャーナリストとして尊敬を集めた。だからと言ってハントが丸くなることはなく、相変わらずの率直で正直な歯に衣着せぬもの言いがレーサー時代に増してその魅力を高めていた。

ハントとウオーカーの絶妙なコンビは13年にわたって続き、2人の声がF1の声となった。1993年6月15日、それまでに2回の離婚を経験していたハントはガールフレンドのヘレンに3度目の結婚を申し込む。その数時間後、激しい心臓発作に見舞われたハントはウィンブルドンの自宅にて45年の人生に幕を引いた。

【長所と短所】

キャリア初期はクラッシュやインシデントに悩まされ、ワールドチャンピオンという目標との間には大きな隔たりがあったものの、感情を制御できない性格はハントをひどくタフなことでよく知られる競争者にもしていた。女性やアルコールにかける情熱、そしてたびたびの麻薬使用は、ハントが愉快な人物であるのと同時に予測しがたい人物でもあったことを意味している。

【キャリア最高の瞬間】

1976年F1世界選手権イン・ジャパンの終盤、5番手からの巻き返しで3位に浮上してタイトル獲得の条件を満たしたとき。

【キャリア最低の瞬間】

友人であるヘスケス卿の資金が尽きてハントにF1参戦のチャンスを与えてくれたチームの運営が継続できなくなり、一時的にシートを失ったとき。

【注目のコメント】

ジェームス・ハント(1973年モナコGPでのデビューについて)
「マシンに乗り込む前、僕はグリッドやらそこら中に吐きまくった。ずたぼろでガクガク震えていた」

「安全性なんてくそくらえだ。僕がしたいのはレースだけ」

マレー・ウオーカーとの掛け合いで
ウオーカー「(ルネ)アルヌーは周回遅れになるときにプロストを妨げた・・・ルネは私に、数年間ターボをドライブしていたために自然吸気のマシンに対応するのに手を焼いていたと語ったのだが、彼があんなにも遅いのはそのせいだ」

ハント「もちろん、そんなのナンセンスさ」

マレー・ウオーカー
「ジェームスは45年の生涯に多くの人々が90歳までに詰め込む以上のものを包み込んだ」

【トリビア】

1976年世界選手権イン・ジャパンの週末にグランドスタンドから丸見えの場所で放尿を始めたハント。終わった瞬間に観客席から大きな拍手喝采が起こった。

1997年のあるテストにて、前夜にニキ・ラウダと飲みに出てそのまま夜を明かしてしまったハントはコースサイドにマクラーレンを止めて寝ていた。

ハントは熱心なセキセイインコのブリーダーだった。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

1979年5月13日

1978年6月4日

ジェームス・ハントの前に出たマリオ・アンドレッティ

1977年10月23日

マクラーレンを駆るジェームス・ハント

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ