シリル・アビテブール  フランス

  • 氏名 シリル・アビテブール
  • 生年月日
  • チーム ケータハム
  • その他 チーム代表
driver portrait
プロフィール

シリル・アビテブールはトニー・フェルナンデスに見込まれてF1チームの運営を引き継いだ。ケータハムにとってのF1参戦3年目の終わりにチーム代表の役職に就いたアビテブールはインフラストラクチャーを整えてケータハムを入賞常連チームに導くことをフェルナンデスから期待されている。

アビテブールはパドックで最年少のチーム代表だが、エンジンサプライヤーのルノー・スポールと共に2007年からF1に携わってきた。2001年に大学を卒業した後、ブーローニュビヤンクールのルノー本部で仕事を始め、2010年までにルノー・スポールF1のエグゼクティブ・ディレクターに上りつめている。

2012年9月にCEOとしてケータハムに加わったアビテブールは、同年11月にチーム代表であるトニー・フェルナンデスの後任に指名された。フェルナンデスは自身が所有する『AirAsia(エアアジア)』に焦点を戻す一方、リャド・アスマットはケータハムのグループCEOにとどまることになる。アビテブールはリーフィールドの新ファクトリーから成功を目指してテクニカルチームを率いていく役目を担っている。

このページのトップへ上へ

最新画像

2013年11月22日

FIA記者会見に出席したブースとアビテブール

     

このページのトップへ上へ