クレイ・レガツォーニ  スイス

  • 氏名 ジャン-クラウディオ・ジュゼッペ・レガツォーニ
  • 生年月日 1939年9月5日
  • 出身地 スイス・ルガーノ
  • 没年月日 2006年12月15日 (67歳101日)
  • 死亡場所 イタリア・パルマ フォンテヴィーヴォ
  • チーム BRM, Ensign, Shadow, ウィリアムズ, フェラーリ
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1970 Ferrari 8 8 1 4 7 1 1 2 1 3 0 33 3
1971 Ferrari 11 11 0 3 4 3 1 4 1 0 0 13 7
1972 Ferrari 10 10 0 2 6 2 0 3 2 0 0 15 7
1973 BRM 14 14 0 0 10 6 1 1 1 0 0 2 18
1974 Ferrari 15 15 1 7 12 1 1 5 1 3 0 52 2
1975 Ferrari 14 14 1 3 9 1 0 3 2 4 0 25 5
1976 Ferrari 15 15 1 4 12 1 1 3 1 3 1 31 5
1977 Ensign 17 15 0 0 6 5 0 0 7 0 0 5 17
1978 Shadow 16 11 0 0 6 5 0 0 15 0 0 4 16
1979 Williams 15 15 1 5 10 1 0 0 3 2 0 32 5
1980 Ensign 4 4 0 0 1 9 0 0 12 0 0 0 -
Total 139 132 5 28 83 1 5 21 1 15 1 212
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オランダGP ザントフォルト 1970年6月21日 レース結果
ラストレース アメリカGPウエスト ロングビーチ 1980年3月30日 レース結果
プロフィール

本名ジャン-クラウディオ・ジュゼッペ・レガツォーニ、通称クレイ・レガツォーニはF1で最も尊敬されるパフォーマーにして最も悲しいストーリーを持つ人物の一人だ。1970年、レガツォーニはF2で際立った成功を収めているさなかにフェラーリからグランプリデビューを果たし、すぐに洗練されたドライバーであることを示す。デビュー戦イギリスGPで4位に入る素晴らしい結果を残したのみならず、オーストリアGPでは2位表彰台に。そして、イタリアGP優勝によってフェラーリファンの心をわしづかみにした。

レガツォーニはさらに2シーズンをフェラーリで過ごしながらも1973年にチームを追われてしまう。だが、1974年には再びフェラーリに戻ってニキ・ラウダとコンビを組んだ。ラウダの良きチームメイトを務めたレガツォーニは1974年に世界選手権制覇まであと一歩のところにつけ、翌年からは2年間にわたってラウダをサポートしたものの、1977年にカルロス・ロイテマンと交代させられている。

エンサインとシャドウでの振るわぬ2シーズンを経て、ウィリアムズに移った1979年はシルバーストーンでチームに初勝利を捧げて脚光を浴びたレガツォーニ。しかし、またしてもロイテマンにシートを奪われてエンサインへと戻った。

悲劇が訪れたのはそれから間もなくのこと。レガツォーニはロングビーチで開催された1980年第4戦アメリカ西海岸GPにて、全速のショアラインドライブを走行中にスロットルが故障で開いたままになり、エスケープロードを走り抜けた末に減速できないままウオールに衝突してしまう。脊髄に深刻な損傷を負ったレガツォーニは車椅子での生活を送ることになった。レース引退後はコメンテーターを務めたが、2006年に自動車事故でこの世を去った。

『Carlton Books(カールトン・ブックス)』刊:
"The Ultimate Encyclopedia of Formula One(ザ・アルティメイト・エンサイクロペディア・オブ・フォーミュラ・ワン)"より

このページのトップへ上へ

最新画像

1979年7月14日

ウィリアムズに最初の勝利をもたらしたレガツォーニ

1979年7月14日

ウィリアムズの初優勝

1977年10月2日

クレイ・レガッツォーニ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ