ESPNF1 APP

ドライバー

/ ジャン-ピエール・ベルトワーズ

ジャン-ピエール・ベルトワーズ  フランス

  • 氏名 ジャン-ピエール・モーリス・ジョルジュ・ベルトワーズ
  • 生年月日 1937年4月26日
  • 出身地 フランス オー・ド・セーヌ県ブローニュ・ビヤンクール
  • 没年月日 2015年1月5日 (77歳254日)
  • 死亡場所 セネガル・ダカール
  • 関係 義兄 - A.F.セベール
  • チーム BRM, Matra
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1967 Matra 3 2 0 0 2 7 0 0 14 0 0 0 -
1968 Matra 12 12 0 1 6 2 0 0 5 2 0 11 9
1969 Matra 11 11 0 3 9 2 0 1 2 1 0 21 5
1970 Matra 13 13 0 2 8 3 0 1 2 0 0 16 9
1971 Matra 7 7 0 0 5 6 0 0 6 0 0 1 22
1972 BRM 11 11 1 1 6 1 0 0 4 1 0 9 11
1973 BRM 15 14 0 0 7 4 0 0 5 0 0 9 10
1974 BRM 15 14 0 1 6 2 0 0 7 0 0 10 13
Total 87 84 1 8 49 1 0 2 2 4 0 77
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 モナコGP モナコ 1967年5月7日 レース結果
ラストレース アメリカGP ワトキンズグレン 1974年10月6日 レース結果
プロフィール

オートバイのレーサーとして大成功を収めたジャン-ピエール・ベルトワーズが初めて4輪でレースしたのは1963年のこと。スポーツカーでのキャリアが始まったばかりの1964年にランスでクラッシュを喫し、片腕がうまく動かせない状態になってしまった。それにもかかわらず、1965年にはマトラでフランスF3のタイトルを獲得。1966年はモナコで行われたF3のレースで勝利を飾り、その数カ月後に初めて挑んだグランプリレースのドイツGPでF2クラス優勝を決めている。

F1マシンでレースができたのは少し先の1968年になってから。このときもマトラを駆って戦っている。5位入賞の結果を残してレース続行のゴーサインを受けたベルトワーズはオランダGPで2位フィニッシュを果たす。1969年も成長を続け、再度2位に入ってランキング5位でシーズンを締めくくった。1970年と1971年もマトラにとどまるも、アルゼンチンで実施されたスポーツカーレースでイグナツィオ・ギュンティの死につながるクラッシュを引き起こしたとして、一時的なライセンス停止の処分を科されている。1972年に状況は好転したように見え、少なくとも大荒れのコンディションになったモナコGPではBRMのドライバーとしてキャリア初優勝をマーク。しかし、それはベルトワーズにとって最初で最後の優勝だった。BRMでさらに2年を過ごした後、ベルトワーズはF1の世界から去っている。

『Carlton Books(カールトン・ブックス)』刊:
"The Ultimate Encyclopedia of Formula One(ザ・アルティメイト・エンサイクロペディア・オブ・フォーミュラ・ワン)"より

このページのトップへ上へ

最新画像

1973年3月3日

1972年5月14日

BRMで勝利に向かって走るベルトワーズ

1972年5月14日

ジャン-ピエール・ベルトワーズ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ