ヨッヘン・リント  オーストリア

  • 氏名 カール・ヨッヘン・リント
  • 生年月日 1942年4月18日
  • 出身地 ドイツ・マインツ
  • 没年月日 1970年9月5日 (28歳140日)
  • 死亡場所 イタリア・ミラノ
  • チーム Brabham, Cooper, ロータス
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1964 Brabham 1 1 0 0 0 - 0 0 13 0 0 0 -
1965 Cooper 10 9 0 0 5 4 0 0 7 0 0 4 13
1966 Cooper 9 9 0 3 6 2 0 1 2 0 0 24 3
1967 Cooper 10 10 0 0 2 4 0 0 4 0 0 6 13
1968 Brabham 12 12 0 2 2 3 2 4 1 0 0 8 12
1969 Team Lotus 10 10 1 3 4 1 5 8 1 2 1 22 4
1970 Team Lotus 10 9 5 5 6 1 3 5 1 1 0 45 1
Total 62 60 6 13 25 1 10 18 1 3 1 109
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストリアGP ツェルトベク 1964年8月23日 レース結果
ラストレース イタリアGP モンツァ 1970年9月6日 レース結果
プロフィール

制御が効いているのか否かが決して分からなかったヨッヘン・リントは常に注目を集める刺激的なドライバーだった。たとえマシンが向かうべき方角とは逆になっていようとも、可能な限り素早く自身の望む場所へと駆り立てる天賦の才能――それが彼の強みだった――運命の時が訪れるまでは。その日は1970年にやって来た。ついにマシンが言うことを聞かなくなったリントが支払った代償はその生命だった。ただ、それまでに獲得したポイント数により、リントはこの年のワールドチャンピオンに輝いている。

ドイツで生まれたリントは第二次世界大戦中に爆撃で裕福な両親を失い、オーストリアに住む祖父母の元で育てられた。何かを予言するかのように、リントは何でも自分の思うままにやりたがる少年であり、スピード違反で警察に厄介になるのはしょっちゅう。ウォルフガング・フォン・トリップスに触発されたリントはヒルクライムを始め、後にツーリングカーやシングルシーターへと手を広げていく。イギリスへ渡るとブラバムのF2マシンを購入し、2度目のレースでキャリアを決定づける瞬間が訪れた。当時は無名だったリントが、クリスタル・パレスでグラハム・ヒルやジム・クラーク、デニス・ハルムといった面々を倒したのだ。

リントはF2で快進撃を続け、F1に着手した後でさえ同シリーズでの勝利を挙げた。F1には当初ブラバムからのスポット参戦だったが、1965年からはクーパーと契約を結んでいる。マシンの競争力は低かったものの、リントは自らの腕でそこから2秒を引き出し、1966年には1度の3位表彰台をもってドライバーズチャンピオンシップの3位に入った。優勝可能なマシンに恵まれずにさらに1年を過ごしたリントはブラバムへ移籍。2回の選手権制覇を果たしたばかりのブラバムだったが、リントの加入後は信頼性不足に悩み、3位に2度入った以外はすべてのレースをリタイアするという有り様だった。ブラバムを後にしたリントはロータスへ向う。

チーム加入後しばらくはコリン・チャップマンと強固な関係を築けず、ロータスでの第2戦で高速走行中にリアウイングの支持に不具合が発生し、まったく同じ問題に手を焼いていたチームメイトのグラハム・ヒルとクラッシュした後は特に難しい状況だった。しかし、ワトキンズグレンで初勝利を記録してからのリントは態度を変え始める。1970年はロータス72を駆る予定だったが、マシンが間に合わなかった。旧型車ロータス49で挑んだモナコGPでは、相次ぐリタイアによって5番手からジャック・ブラバムの後方2番手まで上がる。記録破りのラップタイムを連発してあっという間にブラバムの背後につけたリントはプレッシャーをかけ続け、ファイナルラップの最終コーナーでついにライバルのミスを誘い、語り草となる勝利を飾っている。

それから2レースでロータス72がリントの手元に届く。才能に見合うだけのマシンを得たリントは突如としてオランダ、フランス、イギリス、ドイツの4連勝を決め、ワールドチャンピオンシップに手をかけた。だが、ブルース・マクラーレンやピアス・カレッジという友人の死を受け、また、王座がすぐそこに見えていることから、リントは戴冠を果たせばF1から引退すると妻に約束した。

そして、リントはモンツァで運命の日となる1970年9月5日を迎える。その前の数戦でフェラーリがトップスピードをかなり上げていたため、ロングストレートでの空気抵抗を軽減するためにウイングを外すことを選んだドライバーが数名いた。フリー走行のセッション終了が近づいたとき、リントはパラボリカのアプローチでブレーキを踏んだものの、右ブレーキシャフトの故障で左に逸れたマシンはバリアに突っ込む。それはリントのヒーローであるフォン・トリップスが亡くなったのと同じ場所だった。ロータスは翌レースを欠場し、後任のエマーソン・フィッティパルディが優勝したアメリカGPでリントのタイトルが確定。これまで、死後に王者となったのはリントしかいない。

【長所と短所】

アグレッシブなスタイルは速さを備えると同時に痛快であり、今にもコントロールを失うのではないかとハラハラするファンに愛された。また、キャリア初期のリントはクラッシュするか勝つかという極端なレースが大半だ。マシン保護の観点からは好ましからぬスタイルであり、60戦中リタイアの数は35に上るものの、速さと安定性を両立させたロータス72ではその才能は明らかだった。

【キャリア最高の瞬間】

1970年モナコGPで勝利したこと。ロータス72はレースできる水準に達しておらず、型落ちのロータス49を駆っての偉業だった。

【キャリア最低の瞬間】

ブラバムでのシーズンは非常にフラストレーションのたまるものであり、チャンピオンチームでありながらも信頼性の低さからリントは2回しか完走が果たせなかった。ただし、その双方で表彰台に上っている。

【注目のコメント】

「もしかしたら40代まで生きていないかも。でも、その時までに僕がこの人生で経験するものは他の誰よりも多いだろう」

「人がどれくらい生きるかなんて誰にも分からない。だから、可能な限りのことを、できる限り速くやらなくちゃならない」

【トリビア】

リントは1965年にル・マン24時間で優勝しており、インディアナポリス500に2度参戦した。

リントがオーストリア市民になったことはないが、モータースポーツキャリアのすべてを通じて、オーストリアで獲得したレースライセンスを使用している。

このページのトップへ上へ

最新画像

2010年3月11日

ヨッヘン・リント

1970年9月6日

ヨッヘン・リント

1970年9月5日

ヨッヘン・リントが駆ったロータスの残骸

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ