ロレンツォ・バンディーニ  イタリア

  • 氏名 ロレンツォ・バンディーニ
  • 生年月日 1935年12月21日
  • 出身地 リビア・バルカ
  • 没年月日 1967年5月10日 (31歳140日)
  • 死亡場所 モナコ・モンテカルロ
  • チーム BRM, Cooper, フェラーリ
driver portrait
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
1961 Cooper 4 4 0 0 2 8 0 0 17 0 0 0 -
1962 Ferrari 3 3 0 1 2 3 0 0 10 0 0 4 12
1963 BRM, Ferrari 7 7 0 0 4 5 0 1 3 0 0 6 10
1964 Ferrari 10 10 1 4 7 1 0 1 3 0 0 23 4
1965 Ferrari 10 10 0 1 9 2 0 1 3 0 0 13 6
1966 Ferrari 7 7 0 2 4 2 1 1 1 2 0 12 9
1967 Ferrari 1 1 0 0 0 - 0 1 2 0 0 0 -
Total 42 42 1 8 28 1 1 5 1 2 0 58
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 ベルギーGP スパ 1961年6月18日 レース結果
ラストレース モナコGP モナコ 1967年5月7日 レース結果
プロフィール

ロレンツォ・バンディーニのレースキャリアはメカニックとして働いていたガレージのオーナーから貸し出されたサルーンカーでスタートした。1959年に新カテゴリーのフォーミュラ・ジュニアのグリッドにたどり着いたバンディーニは、それから2年でフェラーリの目を引くだけの走りを見せるも、1961年には同郷のジャンカルロ・バゲッティに空きシートを奪われている。

バンディーニにデビューの機会を与えたのはスクーデリア・チェントロ・スッドで、クーパー・マセラティを駆ったバンディーニは1962年にフェラーリのシートを射止めた。バンディーニはフェラーリ初レースのモナコで3位表彰台を達成。時折チームによって選ばれるという乗り方だったにもかかわらず、非選手権レースの地中海GPのウイナーにもなっている。1963年にフェラーリから放出されながらも、ウィリー・メレスの負傷によってすぐに復帰したばかりか、フェラーリドライバーとして参加したル・マン24時間でも勝利を収めた。

バンディーニがキャリア唯一のグランプリ優勝を決めたのは、1964年のオーストリア・ツェルトベクでのことだった。同シーズンはチームメイトのジョン・サーティースから3ポジション後方のランキング4位で締めくくっている。1965年と1966年のモナコGPでそれぞれ2位に入り、同地が得意の舞台であることを示したバンディーニ。1966年の後半にはついにフェラーリのナンバー1ドライバーとなった。

だが、モナコはバンディーニにとって破滅の地でもあった。1967年モナコGPでデニス・ハルムのブラバムマシンを追って2番手を走っていたバンディーニは、シケインでバリアに接触してマシンが横転。救出にあたったマーシャルの装備が不適切だったことが相まって、炎に包まれたマシンの中に取り残されたバンディーニは重度のやけどを負った。それから1週間が絶たぬ内に、バンディーニはこのときの負傷が元で帰らぬ人となった。

『Carlton Books(カールトン・ブックス)』刊:
"The Ultimate Encyclopedia of Formula One(ザ・アルティメイト・エンサイクロペディア・オブ・フォーミュラ・ワン)"より

このページのトップへ上へ

最新画像

1967年5月7日

チームメイトの事故現場を通るクリス・エイモン

1966年7月3日

ロレンツォ・バンディーニとマイケル・パークスをリードするジョン・サーティース

1965年8月1日

フェラーリ158のコックピットに収まったロレンツォ・バンディーニ

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ