ドライバー

/ ゲイリー・パフェット

ゲイリー・パフェット  イギリス

  • 氏名 ゲイリー・パフェット
  • 生年月日 1981年3月24日
  • 年齢 34歳324日
  • チーム マクラーレン
driver portrait
プロフィール

グランプリに参戦したことがないにもかかわらず、ゲイリー・パフェットの名はよく知られている。9歳でカートを始めたパフェットはすぐにカートの第一人者であるマーティン・ハインズのチームと契約に至った。国内のタイトルを獲得した後、1997年にシングルシーターへ移行。翌年フォーミュラ・ボクソール・ジュニアBクラスを圧倒的な走りで制し、Bクラスのコースレコードをも記録した。

4年間で4つのタイトルを獲得したパフェットは1999年にマクラーレン・オートスポーツBRDCヤングドライバー・オブ・ジ・イヤーに選出され、翌シーズンはマクラーレンでテストをする機会を得た。チームに印象づけることに成功したパフェットは、毎年この任務を続けている。

パフェットはマクラーレンでの役職と平行してシングルシーターでのレースを続け、2000年にイギリスF3スカラシップクラス、2002年にドイツF3選手権で優勝。メルセデスの支援を受け、2003年にチームの財政問題からF3000でのシートを失うものの、DTMに転向する。フルシーズンでの参戦初年度にランキング2位、2005年には王座を手にした。

DTMのタイトルを勝ち取ったパフェットはレースシート獲得の望みをかけて2006年にマクラーレンとフルタイムのテストドライバー契約を結ぶも、チームが2007年のドライバーに選んだのはルイス・ハミルトンだった。同年はDTMに復帰し、2009年と2010年にランキング2位に入っている。

マクラーレンのテストドライバーとしての仕事は2014年まで続くも、メルセデスエンジンからHondaへ切り替えるのを潮にチームから離脱。また、2015年にはDTM内でもチームを移籍している。

翌年は豊富な経験とフィードバック能力を買われ、ウィリアムズのシミュレータードライバーに指名された。2016年シーズンを通してメルセデスパワーを搭載するFW38の開発を前進させることがパフェットに期待されている。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年1月12日

オートスポーツ・インターナショナル・ショーに登場したパフェット

2013年5月19日

DTMマシンの前でポーズを取るバトンとパフェット

2012年11月6日

パフェットやエンジニアと話すマグヌッセン

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ